« 田沢湖と秋田駒ケ岳 | トップページ | 『風さん、高木さんの痛快ヨーロッパ紀行』山田風太郎・高木彬光著 »

2012年7月10日 (火)

ブックフェア

東京ビッグサイトで行われた東京国際ブックフェアに8日行ってきました。ブログ友のOB神戸家さんに教えていただき無料招待券をネットでゲットしました。
Photo Photo_2
Photo_6 Photo_7  かごに十数冊を入れている人、熱心に掘り出し物を探している人、難しそうな本を母親にねだっている小学生など、世の中の読書好きが右往左往で、かなり熱気に包まれていました。
面白い本や見たこともない本などが多く、さすがブックフェアです。イギリスのキューガーデン発行の『種子図鑑』『花粉図鑑』にはかなり惹かれました。楽天のブースは大人気です。
で私が買ったのは、2割引きが多い中、半額で売っていた『北斎漫画』1・2・3です。まだ欲しいのがたくさんあっても、高いし、重いしであきらめざるを得ませんでした。

           半円形に4つ咲かせたアルストロメリア(ユリズイセン)

Photo_8 
Photo_9
     料理に全然使わないローズマリーも8年経つと花が咲くようになってきた
Photo_10
  数日前から咲き始めたマルバルコウソウとモミジバルコウソウ
Photo_11 Photo_12

               アサガオとコエビソウ
Photo_13 Photo_14

|

« 田沢湖と秋田駒ケ岳 | トップページ | 『風さん、高木さんの痛快ヨーロッパ紀行』山田風太郎・高木彬光著 »

コメント

ブックフェアーは地方ではなかなか
開かれません。
名古屋に行けばあると思いますが
そこまでの熱もなく・・・
古書まつりも決まったものばかりで
つまらないです。
キューガーデンのものまでは
ありません。
北斎漫画は掘り出し物ですね。

たくさん夏の花が咲き誇っていますね。
丹精こめて作られていますね。

投稿: matsubara | 2012年7月11日 (水) 08:54

あら~ 8日にブックフェアにいらしたんですか。
私たちも8日にビッグサイトに行っていたんですよ。
キャンピングカー・ショーの方でしたが。
帰りにブックフェア会場入り口まで行ったものの、入場料¥1200を見て
回れ右してしまいました(^^;)
もしかしたらすれ違ったかもしれませんね。

お庭の花はすっかり夏ですね。ルコウソウたちももう咲いていますか。
私はまた蒔くのが遅くて、やっと蔓を伸ばし始めたところです。
たぶん花は8月後半ですね。
コエビソウも見事ですね! うちのは元気なし。
あまりに放任が過ぎるのでしょう。

投稿: ポージィ | 2012年7月11日 (水) 10:24

ブックフェア良いですね。
私も工芸品について関心がありますがなかなか行けてないのが実態です。

しかし近くであれば掘り出し物もありそうだし行ってみたいですね。
勉強になりました。
北斎の本はお宝ですね。

投稿: macchanny | 2012年7月11日 (水) 20:00

★matsubaraさま

ビッグサイトは東京湾の埋め立て地で、国分寺から遠かったです。初めてです。
『世界の宮殿』『世界の大聖堂』など、めくると中がさらに広がるというシリーズもほしくなりました。
買えなくても見られただけでも良しとします。

今エンジェルス・トランペットがピンクが咲き終わり、白が夜になると香ってきます。
matsubara家にははるか及びません。とても狭いので、ネズミの額と呼んでいます。

投稿: tona | 2012年7月11日 (水) 20:20

★ポージィさま

あらまあ、偶然ですね。入って左側がキャンピングカー・ショーでした。
お会いしていれば、私は招待状をあと2通もっていたので差し上げられたのに残念です。1200円もするのですよね。

真冬はゼラニウムだけになりますが、それ以外の季節はこんな狭いのに、何かが入れ替わって咲いています。勿論多年草か種を採取した花だけです。買うのは肥料と土と殺虫剤だけす。コエビソウはどういうわけか今年も元気です。

投稿: tona | 2012年7月11日 (水) 20:32

★macchannyさま

工芸に関する展覧会もあるのでしょうが、ブックへェアでは工芸の本もたくさんあったのでしょうね。
丁寧に見ていますとかなり時間がかかりました。ですから自分の興味範囲しか見ることが出来ませんでした。
北斎漫画はおりあるごとにめくって見ることになりそうです。とても楽しみです。

投稿: tona | 2012年7月11日 (水) 20:37

ネットで招待券をゲットできるのですか?
よかったら私にも教えて下さい。
最近、本はもっぱらネットで頼むようになってしまいました。
amazonならなんでもあるし、
その中古本なら非常に安いし、
何より重いものを持ち帰らなくてすみますし。
でもたまにはブックフェアにも出かけてみたいものです。

投稿: zooey | 2012年7月11日 (水) 20:44

ブックフェア、こちらでもあれば良いの~と思います。
というよりか、入場料が取られるのですか?
それだけ貴重な本も販売されてるって事なんでしょうね。
本好きさんにはたまらないフェアですね。
一日居ても足りないくらいの本が並んでそうです。

投稿: pochiko | 2012年7月11日 (水) 22:54

★zooeyさま

来年の今ごろまたブックフェアが開催されるでしょうか。今年は8日で終わってしまいました。
その近くになりましたら、「東京国際ブックフェア」のHPを開かれますと、無料招待券の申し込みのコーナーがあるので、申し込むとすぐ郵送してくれます。
ゆりかもめに乗りますと正面に駅がありますし、東京湾の景色を楽しめました。
zooeyさまならいろいろな発見がブックフェアであると思います。

投稿: tona | 2012年7月12日 (木) 08:53

★pochikoさま

何と1200円もするんですよ。
でもパソコンのお陰でただでゲットできました。
本屋さんに並んでないような本があります。
本当に丁寧に見ていたら1日はかかります。
私が滞在したのは2時間でしたから殆どさわりだけです。
美術展のように全国行脚は難しいのでしょうね。

投稿: tona | 2012年7月12日 (木) 08:57

お出かけになりましたね
一度申し込むと来年は案内が来ますよ

買う人は重いので、宅配で送っているようです
今年は、一般の出版社が随分減ったように感じました
反面、時代を反映し電子関係が多くなりましたね
tonaさんには、物足らなかったのではないですか

投稿: OB神戸家 | 2012年7月13日 (金) 14:11

★OB神戸家さま

この度は教えていただき有り難うございました。
十分楽しめましたよ。
一般の出版社が減ったとは残念です。初めてなのでそんなことも気が付きませんでした。
そう、出版界も電子書籍に変わっていくようで、そうなると私などはついていけません。兎に角保守的すぎますので。

投稿: tona | 2012年7月13日 (金) 15:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/55164245

この記事へのトラックバック一覧です: ブックフェア:

« 田沢湖と秋田駒ケ岳 | トップページ | 『風さん、高木さんの痛快ヨーロッパ紀行』山田風太郎・高木彬光著 »