« 266の資格を持つ人 | トップページ | ブックフェア »

2012年7月 7日 (土)

田沢湖と秋田駒ケ岳

10日も前の6月26,27日は秋田県でもこの時期には珍しく快晴のお天気で、秋田駒ケ岳に登り(バスで8合目まで行ってしまいます)、また麓の田沢湖を遊覧しました。
帰り田沢湖駅から家まで4時間しかかからなかったのですから、新幹線のお陰で随分近くなったものです。盛岡からは新幹線は単線の在来線に入っていくのが興味深かったです。

Photo

田沢湖は日本で一番深く(423m)、そのため冬でも湖面が凍らず、水の色もバイカル湖のように翡翠色から藍色まで彩られて美しい。

Photo_2

昔は透明度が日本一だったのに、今では川から水が流れ込むようになったため、わずか4mくらいの透明度に落ちてしまった。かつてクニマスが棲んでいたが、流れ込む水が酸性で絶滅した。その後の中和対策で放流されたウグイが見られるようになった。クニマスも富士山五湖の西湖から戻されるかもしれない。

Photo_3

辰子像(舟越保武作) 辰子は自分の美貌、若さを永遠にと願い、お告げの水を飲んだら渇きがおさまらず、龍へと変身し湖に身を沈め主となった。悲しむ母親が松明を投げるとそれが魚の姿になったのがクニマスだという。

Photo_4

                湖の遊覧船から秋田駒ケ岳を望む

Photo_5

秋田駒ケ岳(1637m)は高山帯ではないのに、高山植物が美しい山です。いくつかの山からなる活火山だ。以下はもう数回載せた高山植物と山の景色です。

Photo_6

ハクサンチドリ ベニバナイチゴ コミヤマハンショウヅル ショウジョウバカマ
Photo_7 Photo_8 Photo_9 Photo_10

                    まだ雪が残っている

Photo_11

オオバキスミレ キバナノコマノツメ ツマトリソウ コヨウラクツツジ
Photo_12 Photo_13 Photo_14 Photo_15

                      田沢湖が見えた

Photo_16

                  ミヤマダイコンソウのお花畑

Photo_17

イワテハタザオ チングルマ ミヤマウスユキソウ ムシトリスミレ(若葉色の葉はネトネト)
Photo_18 Photo_19 Photo_20 Photo_21

Photo_22  

                     阿弥陀池とお花畑

Photo_23

               イワカガミ(2枚目の白いのはヒメイワカガミ)
Photo_24 Photo_25 Photo_26 Photo_27

Photo_33

                    遠方の山は岩手山

Photo_28
Photo_29
8

ヒナザクラ シラネアオイ サンカヨウ タカネスミレ
13 Photo_30 15 16

                    タカネスミレの群生
Photo_31
Photo_32 
田沢湖温泉の宿でいただいた食事は、たくさんの山菜やイワナの甘露煮や軟らかい地元の豚肉やきりたんぽ鍋など奥さん手作りで、旅館やホテルで供される刺身をはじめとするテーブルいっぱいの食事より、ずっと美味しい1番の御馳走でした。
田沢湖駅前で売っていた「しょっつるラーメン」

|

« 266の資格を持つ人 | トップページ | ブックフェア »

コメント

こんにちは。
秋田への登山旅、お天気に恵まれて素晴らしい景観と美しい自然を
お楽しみになれたのですね。良かったです~
最初に田沢湖の美しい水の色に見とれました。そうそう、ここがクニマスの
故郷でしたね。田沢湖にはクニマスにまつわるそんな伝説まであるのですか。
それなのに絶滅してしまったことは何と残念なことだったでしょう。
少し前に西湖のクニマスの泳ぐ映像をTVで見ました。
色々条件が整わないと繁殖できないようで、西湖では少しながら
条件に合う場所があって、そこで命を繋いでくる事ができたようです。
いつの日か、田沢湖にもまたクニマスが泳ぐ日が来るといいですね。

駒ケ岳は美しい山なのですね。高山植物もちょうど見ごろの時期
だったのでしょうか。素適な花たちとたくさんお会いになれましたね。
木道と 阿弥陀池とお花畑 のお写真を拝見しながら、こんな所を歩いてみたい
と憧れました。 

投稿: ポージィ | 2012年7月 7日 (土) 14:13

じっくり東北の初夏を楽しまれてこられましたね。
田沢湖は、一昨年の秋、通過しただけです。
辰子像の写真を撮りましたが、前からのものだけです。
横からの姿は全然別の像に見えます。
ガイドは辰子さんの民話も詳しく話して
くれたのですが、詳しくは忘れてしまいました。
もう一つの湖・八郎潟にも関連するお話でしたね。

高山植物もたくさん見られてよかったですね。

投稿: matsubara | 2012年7月 7日 (土) 18:45

★ポージィさま

こんばんは。早速にコメント有り難うございました。
田沢湖は遊覧船に乗ってみたら所々翡翠色が見られ、以前来た時は乗らなかったのでわかりませんでした。
私も西湖のほんの少しの場所にクニマスが命をつないできた映像を見ました。奇跡に近い条件なのですね。
ウグイのようにクニマスが泳ぐのが実現したら素晴らしいです。

秋田駒ヶ岳のガレ場はタカネスミレとこのあとはコマクサが咲くようです。タカネスミレは今年は少ないようですし、巷で花が遅れたように少し遅れているように思いました。
緯度が北だからでしょうか、高山帯でないのに高山植物が見られます。それに昨年の岩木山(9合目)同様、8合目までバスで行けますので、それに頂上を極めなくても花が道筋にたくさんありますので、お奨めです。本格的登山ではないし、ゆっくり花を見ながらですと、とても楽ですよ。お花のお好きなポージィさんこそ病みつきになるでしょうね。
こんなお天気は最初に登った鹿島槍ヶ岳以来というくらいです。
昨年からはずっとお天気に恵まれなかったのでとても嬉しかったです。

投稿: tona | 2012年7月 7日 (土) 18:50

★matsubaraさま

早速にコメントを有り難うございました。
三湖伝説ですね。
八郎太郎は八郎潟を抜けだして今はずっと田沢湖に棲んでいるそうで八郎潟は水が枯れ浅くなり、田沢湖は深くなったというお話です。もう1つ十和田湖の主もいあるわけで面白い伝説ですね。
辰子像は遊覧船からは横しか撮影出来ませんでした。
何と言ってもお天気ですね。こんなに晴れたのは山では珍しいです。
お蔭さまで待望の高山植物をたくさん見ることが出来ました。

投稿: tona | 2012年7月 7日 (土) 19:13

ああ、元気に登れた日々が懐かしい!

投稿: 佐平次 | 2012年7月 8日 (日) 10:19

★佐平次さま

わき目もふらず働き過ぎたのですよね。
ご自身のお体を痛めつけられたのが悔やまれもしますが、ご趣味を深く追求されていることは素晴らしいです。
私は苦しくて、千メートル以上も下がりました。

投稿: tona | 2012年7月 8日 (日) 19:11

おはようございます
ご無沙汰しました
朝から連なる山々、高山植物を見せて頂きました
相変わらずの健脚ぶりに、脱帽です

秋田は20代のころ、出張で滞在したことがあります
その頃は、しょっつるに欠かせないハタハタが、シーズン中はトロ箱単位で安く売り、買ってきては樽に漬け、しょっつるを作っていたようです
今では、魚屋で1尾単位で売ってます

投稿: OB神戸家 | 2012年7月10日 (火) 08:59

お元気で安心しました。
お蔭さまでブックフェアに行ってまいりました。有り難うございました。
秋田はいいところですね。
出張滞在もいいものでしょう。名物を堪能されたことでしょう。
ハタハタは減漁で禁漁になっていたのが、解禁になったそうでよかったです。
しょっつる鍋は食べたことがありますが、はたはたは食べたことがないです。
山菜の美味しさには感動しました。

投稿: tona | 2012年7月10日 (火) 09:21

こんにちわ!
暑くなってきて涼しくて心も洗われるような写真を見させてもらいました。

田沢湖は日本で一番深い湖なのですか。芸術的ともいえる美しさですね。
私は東北の方には訪問したことは無くその内訪ねてみたいところです。
落合さんも秋田ですね。
次の2年後の船の会が秋田で開催されるので是非自然を満喫したいものです。
夢のある内容で有難うございました。

投稿: macchanny | 2012年7月10日 (火) 13:26

★macchannyさま

お帰りなさい。
お疲れの所をありがとうございます。
雨が降らないと暑いですね。それでも湿度が50%くらいですと日蔭が涼しくてまだまだ楽です。
秋田は自然が豊かで、食事も美味しい所です。
田沢湖の水の色には驚きました。深さと関係あったのですね。
2年後の会のときは是非いろいろ調べていらしてください。

投稿: tona | 2012年7月10日 (火) 15:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/55139206

この記事へのトラックバック一覧です: 田沢湖と秋田駒ケ岳:

« 266の資格を持つ人 | トップページ | ブックフェア »