« 対馬・壱岐・五島(福江島)めぐり(3)福江島 | トップページ | 266の資格を持つ人 »

2012年7月 1日 (日)

あいづっこ宣言、仙厓「老人六歌仙」

子どもたちがこんな子どもに育ってほしい、大人もこういう人になろうという誓いを込めて策定されたそうで、教室で起立して生徒全員で唱和している姿が素晴らしかった。そしてインタビューに答えている生徒が、この宣言を日頃の生活に活かしているというのを聞いて大いに感心しました。
名君の会津松平家初代藩主保科正之の志を継いだ内容となっている。
その名君ぶりはBS歴史館 シリーズ今いてほしい!?日本を変えたリーダーたち(2)会津藩主・保科正之~知られざる名君”安心の世を創る”で紹介されました。本当に今いて欲しいと切実に思いましたね。

[あいづっこ宣言]

1 人をいたわります
2 ありがとう 
   ごめんなさいを言います
3 がまんをします
4 卑怯なふるまいをしません
5 会津を誇り年上を敬います
6 夢に向かってがんばります
  やってはならぬ 
    やらねばならぬ
 ならぬことは
   ならぬものです


仙厓和尚の[老人六歌仙]               
 
1.皺(しわ)がよる 黒子(ほくろ)ができる
    腰曲がる 頭はげる ひげ白くなる

2.手は震う 足はよろつく 歯は抜ける
   耳は間こえず 目は疎(うと)くなる

3.身に添うは 頭巾襟巻 杖眼鏡 
   たんぽ温石 尿瓶(しびん) 孫の手

4.聞きたがる 死にともながる 淋しがる
   心は曲がる 欲深くなる

5.くどくなる 気短くなる 愚痴になる
   出しゃばりたがる 世話焼きたがる

6.またしても 同じ話に 子を褒める 
   達者自慢に 人は嫌がる

Photo_3人が老いる現象についてユーモアたっぷりに描いていて、笑うというより苦笑させられました。1,2,3はともかく、4,5,6は気を付けていますが、絶対にあってはならぬと言い聞かせます。
駿河の白隠、越後の良寛、博多の仙厓は画僧として広く世に知られています。

八王子土産の和菓子「大久保長安小判」 大久保長安といえば、佐渡金山や石見銀山のの増産に当たった人のイメージが強いが、八王子城主の北条氏が滅亡したあと、八王子のまちづくりを行った人でもありました。
Photo_4

畑でルバーブを見てから食べたいと思っていたルバーブジャムが同じ土産に入っていました。癖のないいい味です。
Photo_5

|

« 対馬・壱岐・五島(福江島)めぐり(3)福江島 | トップページ | 266の資格を持つ人 »

コメント

お早うございます。
老人六歌仙はこうして言われると反発なく、なるほどと納得することが多いです。


あいづっこ宣言は誰が考えついたのでしょうか。全国でやったら良いですね。
こういう時こそ原点に帰ってやったらと。誰も反対しないでしょう。

子供も老人も素直になりましょうですね。

斑鳩町も法隆寺にちなんで斑鳩ホールに聖徳太子の教えを展示しているのを思い出しました。

投稿: macchanny | 2012年7月 2日 (月) 05:53

★macchannyさま

老人六歌仙はお説教調ではなくて、ユーモアがあるのがいいのですね。絵も誠にユーモラスです。
先人もこうしてたしなめているのですから、老いの過ちを犯さないようにしなくてはと思います。

この会津の宣言は多分行政がやったのだと思われます。しかしその陰に立派な教育者がいるように思えるのですが。
日本中の子どもにこの宣言を唱えて欲しいです。
小さいうちからの教育はとても大切と、御ブログでも書かれていらっしゃいますね。

投稿: tona | 2012年7月 2日 (月) 08:36

保科正之のことを学ぼうと思いつつ、、いよいよ!

投稿: 佐平次 | 2012年7月 2日 (月) 10:19

 
こんにちは。
 
春の連休に会津若松へ行ったとき、「ならぬことはならぬのです」の
教えをたくさん目にしました。一部現代には当てはまらないものもありますが、
それ以外はこういうしつけも必要であり有効だなと思いました。
幼いときにしっかり心の礎として持ってもらいたいものというのが
入っていますね。
この教えが今も引き継がれ、生かされていることが素晴らしいです。

仙厓和尚の「老人六歌仙」というのは初めて知りましたが、苦笑いになりますね。
でも、こちらも素直に受け入れられる気がします。
知らず知らずのうちに、こうなってしまってはいないか、時折り省みながら
行きたいと思います。

ルバーブジャムをついにお試しになれたのですね。クセのない良いお味でしたか。
段々に広まっていくかもしれませんね。梅ジャムも美味しそうです♪
 

投稿: ポージィ | 2012年7月 2日 (月) 10:35

★佐平次さま

議論した方々はいろんな方面から褒めていました。こんな方が政治の舞台に立つことはもうあり得ないのでしょうか。
図書館に5冊ありましたので積んどく本が終わったら私も勉強したいです。

投稿: tona | 2012年7月 2日 (月) 12:42

★ポージィさま

こんにちは。すっかり晴れて暑くなってきました。
この宣言をご旅行でまじかにご覧になられたのですね。
この教えは、大人にも欠けている人がいて大変迷惑ですし、そんな人は子どもの教育にも不適格です。小さい頃からしっかり頭に入り、行動に出たらもっともっと世の中よくなるでしょうね。何処の町も違う内容でもいいからやって欲しいくらいです。

老人六歌仙ですが、123は誰にでも現れることですが456が全然みられない方がいます。忙しくしているコーラスの先生です。とても爽やかな方です。優秀な息子や孫の話も一切しないで優秀なことを知っているその友人から聞きました。

ルバーブジャムはすぐなくなりそうで、梅ジャムへ。これも私好みのようなジャムです。

投稿: tona | 2012年7月 2日 (月) 12:53

津波や原発の被災者の皆さまたちはまだまだ苦しんでいるのに、昨今の政争に明け暮れている政界を本当に悲しく思います。

名君保科正之の事はつい先日もtvで取り上げられていました。
今の時代こそ、こういう人が出て欲しいですね。

ふふふふ仙崖和尚の「老人六歌仙」ですね。
私が20歳の時に入社したさる企業の創始者が仙崖和尚の禅画のコレクター・・・
ついに丸の内の本社の一角に美術館を開設し、私はそに配属されました。
20歳の時に見たこの絵と書には笑っちゃいましたね。

仙崖さんの禅画は外人さんに人気があり、中でも〇△□が描かれた絵は「宇宙」と訳され、これぞ禅の世界を現すものと好評でした。

毎年10月に、あの美術館で「仙崖展」が催されます。
機会があったら訪ねてみてください。

投稿: nao♪ | 2012年7月 3日 (火) 21:12

★nao♪さま、おはようございます。

つまらない政争で議論が空転して、もっと今は大変な時なのになんという現在のお粗末な政治でしょう。保科正之さん、蘇って日本を何とかしてくださいと言いたいです。
無私無欲の政治家んなていません。少しでもそんな気持ちがある人は皆無、絵空事ばかりで、毎日のように怒ります。

そうなんですか。毎年の10月に「仙厓展」があるとは気が付きませんでした。
この絵、20歳のときにご覧になった時は笑いが大半だったでしょうね。今見ても十分にそうなのですが、つい年齢がそうなってわが身と重ね合わせてしまい、心に響きます。
良い企業に就職され、環境と職種抜群の部署で磨きをかけられたことは素晴らしかったですね。

投稿: tona | 2012年7月 4日 (水) 08:33

先日テレビで見ました。
保科正之を誇り地元の
小学生がこの宣言を唱和
していましたね。

仙厓は岐阜の出身ですが、
遠く九州で活躍しました。
こちらで紹介下さり嬉しく
存じました。
近年知らない人が多いですので・・・

ルバーブジャムは、リンクしている
ブロガーが手作りをしておられました。
私はまだ味わっていません。

昨日箱根から帰り、コメント
遅れました。

投稿: matsubara | 2012年7月 4日 (水) 08:37

★matsubaraさま

お帰りなさい。こちらの方に見えて地震に遭われたようですね。この所では久しぶりです。

テレビでご覧になられましたね。生き生きと元気に唱和したのがいつまでも頭に残ります。

仙厓和尚は美濃出身ということを初めて知りました。博多では20年も活躍されたようですね。出光美術館にコレクションが多いそうですので、10月に気が向いたらまた出かけようと思います。

ルバーブはまずこの辺では手に入りません。あったら作ってみたいところです。
癖のない美味しさですぐなくなります。

投稿: tona | 2012年7月 4日 (水) 09:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/55096269

この記事へのトラックバック一覧です: あいづっこ宣言、仙厓「老人六歌仙」:

« 対馬・壱岐・五島(福江島)めぐり(3)福江島 | トップページ | 266の資格を持つ人 »