« 紐に引かれた子 | トップページ | 鴨長明著『方丈記』と天変地異 »

2012年7月24日 (火)

サンショウウオの天ぷら

福島県桧枝岐村の民宿でサンショウウオの天ぷらとイワナの刺身を食べました。サンショウウオといえば卵は実際に見ましたが、サンショウウオはテレビで見ただけ。
天ぷらはこの画像ではさっぱりわかりませんが、あの姿そのままの形で揚げられ、魚と肉の中間のような味でした。イワナの刺身も初めてで、なかなかの美味、さっぱりしています。
ごはっとう・・そば粉ともち米を良く練って延ばし、ひし型に切ったものをゆでて、じゅうねん(えごま)やきな粉につけて食べるもので、すりゴマがまぶしてありました。
スズタケのわっぱめし・・スズタケはクマザサの一種でイネ科スズタケ属 佃煮風になっていてこりこりしていませんでした。
裁ちそば・・そば粉100%で実に美味しくて感激のそばです。由来は延ばした生そばを手を定規のようにあて布を裁つように包丁を手前に引いて切ることから付いたそうだ。
地方に行くとまだまだこの年になっても食べたことのない食物があって楽しいものです。
Photo
Photo_2 Photo_3 Photo_4

群馬県と福島県に跨る尾瀬の最北は御池(みいけ)と言って、桧枝岐から入る。ここに広沢田代という湿原がある。
Photo_6

                   ニッコウキスゲとワタスゲ
Photo_7

        ワタスゲ               カキツバタ
Photo_9 Photo_10

                     モミジカラマツPhoto_11
翌日の16日(月)に日本百名山の会津駒ケ岳(2133m)に登りました。山頂付近には高山植物だけでなく、池塘があるのが珍しく、頂上も見晴らしが良く、さすが百名山です。
Photo_12
        ユキザサ              ツマトリソウ
Photo_13 Photo_14

                      マイズルソウPhoto_15

                      ミツバオウレン
Photo_16
                  イワナシ(初めて出会う)Photo_17
        サンカヨウ            ツルリンドウの実
Photo_18 Photo_19

                     頂上が見えてきたPhoto_20

                        アカモノPhoto_21

                       イワイチョウPhoto_22
                      ハクサンコザクラPhoto_23
                   池塘
Photo_24 Photo_25

                        雪渓Photo_26

                  雪融けの池に山頂が写るPhoto_27

                       振り返るとPhoto_28
                          山頂Photo_29

                   山頂からの尾瀬の燧ケ岳
Photo_30

|

« 紐に引かれた子 | トップページ | 鴨長明著『方丈記』と天変地異 »

コメント

おはようございます。

福島へいらしたのですね。
今回もまずまずのお天気に恵まれたようで、このところついてますね。
広沢田代という湿原は尾瀬の最北の一部ということになるのですか?
そんな風に両県にまたがっていたのですね。
そして会津駒ケ岳登山も。
先日NHKの番組を見ていて、雪解けの水溜りになっているくぼみを
「池塘」ということを初めて知りました。(紹介されていたのは苗場山。
tonaさんもご覧になったかも)
湿原でも会津駒ケ岳でも、多彩な花たちがなんとも可愛らしく美しいですね。
2300m超えともなると、雪がまだこれほど残っているというのも
驚きでした。

驚きといえばサンショウウオって日本でも食べるのですね。
天然記念物(オオサンショウウオ)のイメージが強かったので驚きました。
今Wikipediaを見てきましたら、種類が多く採集・飼育禁止は一部でした。
他にも郷土色満載のお食事でしたね。
 

投稿: ポージィ | 2012年7月25日 (水) 09:39

気持ちの良い登山でしたね。
涼風を感じます^^。

投稿: 佐平次 | 2012年7月25日 (水) 09:43

またまた山を極められましたね。
何だか90くらいまで登れそうな勢いです。

オオサンショウウオは、天然記念物ですのに
食べられるのですか。養殖なんでしょうね。
きっと・・・

20年前東京にいた時ひのえまた村から
尾瀬に入りました。
学生時代は沼田からでした。
なつかしいところです。

大抵分かりませんが、マイヅルソウは
東北で一昨年撮影しました。
キスゲとカキツバタとワタスゲもなんとか
分かりましたが・・・

投稿: matsubara | 2012年7月25日 (水) 12:01

★ポージィさま

この所お天気に恵まれています。曇っているのとは段違いです。
尾瀬ケ原には47年前に行きました。尾瀬は広くて尾瀬ヶ原や尾瀬沼や三条ノ滝などがあって、一番北に御池という所がありました。
桧枝岐は行きは塩原の方から山また山を越え、帰りは日光の方の今市からでしたが、遠い所でした。16時に出ても家には23時に到着でしたから。
苗場山の池塘やお花は素晴らしいですね。でも苗場は登山がきつくて行けません。
冬寒くて標高が高いところに池塘が存在し、付近には湿地の好きな花が咲いています。池塘に映る景色もなかなかです。

私も一瞬天然記念物のサンショウウオを食べていいのか心配になりましたが、帰ってきて調べると特別天然記念物はオオサンショウウオだけで、採集・飼育禁止も少しで、ああ、そうでないのをいただいたのだと安心した次第です。

投稿: tona | 2012年7月25日 (水) 15:00

★佐平次さま

この時期になると汗だくです。
でも標高が高くなってくるとひんやりして、風でも吹けば最高です。お天気であっての事なんですが。

投稿: tona | 2012年7月25日 (水) 15:02

★matsubaraさま

90歳なんてもうとうにあの世ゆきですよ。
75歳くらいまでかなあとふんでいます。

オオサンショウウオが特別天然記念物で、他のサンショウウオがたくさんあって、採集・飼育禁止がちょっとあり、あとは採っていいようです。私も初めて知った次第です。勿論食べるのも初めてでした。

尾瀬といえば沼田から尾瀬ヶ原ですね。
20年前に桧枝岐から入られたのですか。何れにしても尾瀬は懐かしくいいところですが、遠いですね。
湿原に咲く花はご存知でいらっしゃいますね。トキソウも咲いていたんですよ。

投稿: tona | 2012年7月25日 (水) 15:13

桧枝岐では何度か泊まっていますが、いつもお蕎麦づくしでしたね。
山椒魚は食べた記憶はありませんが・・・
あのままの姿なのですか?

昔は本当に辺鄙なところでしたが、行く度に開けていく感じがしました。

私は尾瀬の燧ケ岳や至仏山は登っていますが、会津駒ケ岳はまだ登っていないのですよ。
お天気に恵まれ、花々に迎えられ本当に良かったですね。
ハクサンコザクラが見られたなんて羨ましい限りです。
昔、苗場山に登りましたが、池塘が多い風景は良く似ていますね。
会津駒結構急登続きの山と聞きます。tonaさんの体力は凄いです。
今の私はとても無理・・・
せいぜいできるのは「尾瀬歩き」でしょうか・・・?

投稿: nao♪ | 2012年7月25日 (水) 23:00

★nao♪さま

桧枝岐は民宿がずらりと立ち並んでなかなかですね。会津駒ケ岳は山小屋どまりでないのが最高です。
この豪華な夕食で満腹、翌日の朝食のおにぎりが1個しか食べられませんでした。
サンショウウオはそのままの形ですよ。天ぷらにしてリアルな感じがそがれているので、それなりに美味しくいただけました。

苗場山はテレビで見ていい所だなあと思いましたが、とても無理そうです。
会津駒ケ岳はnao♪さんには十分登り甲斐があり、しかもそんなに急登ではないですから余裕だと思いますよ。是非登ってください。
何しろお花がいろいろあって第一目的は達せられました。

投稿: tona | 2012年7月26日 (木) 08:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/55271981

この記事へのトラックバック一覧です: サンショウウオの天ぷら:

« 紐に引かれた子 | トップページ | 鴨長明著『方丈記』と天変地異 »