« 日光田母沢御用邸記念公園 | トップページ | ギアナ高地(2)・・エンジェルフォール・・ »

2012年8月29日 (水)

ギアナ高地(1)・・ロライマ山

Photo_4 世界3大名瀑にもう一つ加えて、世界最大の長さ(979m)を誇るエンジェルフォールを見たいために南米ベネズエラまで出かけてきました。
4月から10月までが雨季で毎日のようにあるスコールのお蔭で、数々の滝は轟音を立てて流れ落ちていました。
秘境なので参加者の平均年齢は低く、10人中、71歳の私が最年長だったのです。

ギアナ高地はベネズエラ南東部からブラジル北部、ガイアナ、スリナム、仏領ギアナにまたがる高原状の山地で日本の1.5倍ほどある。
南半球にあるのだと思い込んでいたら、赤道から北緯10度あたりまでの北半球にあり熱帯である。
先日記事にしたヤノマミ族もブラジル側に住んでいる。
数億年における浸食で、堅い地層だけが残ったものがテプイと呼ばれるテーブルマウンテンとなった。

このテプイの中で面積が1番広い(東京23区ほどもある)のがアウヤンテプイでここからエンジェルフォールが流れ落ち、テプイで最も高い(2810m)のがロマイア山(コナン・ドイルのSF小説<失われた世界>や映画<ジュラシックパーク>の舞台になったりした所)だ。

成田からメキシコ(ここのホテルで6時間くらい休む)、そしてベネズエラの首都カラカスへ。カラカスと国内各地を結ぶフライトは世界最悪の遅延路線で、この日も何と7時間も遅れるということで急遽カラカスの標高2250mのアビラ山に4WDで登る。
カラカスは世界3大犯罪都市の一つとも言われ治安が凄く悪いという。
サウジやロシアに次ぐ世界有数の産油国だそうで、バス満タン120リットルで200円とか。そのため、この後行ったブラジル国境のサンタエレナでは早朝6時には数キロメートルもガソリンスタンドに車の列ができ、買ったガソリンを隣のブラジルに売りに行くと大変儲かるのだそうだ。
国の事情は良くわからないが、豊富な石油資源がある割にはあまり豊かに見えない。貧富の格差があるのかさえも伺い知れなかった。

                                           アビラ山からカリブ海

Photo

                                       アビラ山からカラカス市街Photo_2

                                      市街地を1枚だけ車から撮影Photo_3

前日(19日)にやっと着いたギアナ高地の入り口のプエルトオルダス(地図参照)では、オリノコ川とカロニ川の合流地点へ船で行く。オリノコ川は茶色、タンニンを含んだカロニ川は青灰色っぽい。
Photo_5

                        漁師さんが丁度大きな魚を釣った
Photo_6 Photo_7

                                             ラ・ジョミスナの滝Photo_8

                             イャギズモという水中に生える不思議な木Photo_9

この後ブラジル国境サンタエレナまで650km移動。21時に到着。

                                               連泊したロッジPhoto_10

翌朝(20日)6時から7時半までヘリコプターでいよいよロストワールド・ロマイア山の着陸にチャレンジ。
気象条件がベストだったので山頂に着陸出来て大感激だった。
Photo_11
Photo_12
Photo_13
Photo_14
                                           滝も流れ出しているPhoto_15
Photo_16
                                                        着陸Photo_17
Photo_18
Photo_19
頂上は岩だらけで、熱帯でありながら3000m近い厳し環境で、降り続く雨がすっかり土を流してしまい、そんな中で食虫植物が多く自生していた。
最近の研究によると、アフリカのサハラ砂漠の砂が偏西風で地球を一周してこのギアナ高地に飛んできて、リンやカリウム分が多いので、ギアナ高地の植物の栄養分になっているのだという。
Photo_20
Photo_21
Photo_22
Photo_23
Photo_24
Photo_25
Photo_26
Photo_27
Photo_28

|

« 日光田母沢御用邸記念公園 | トップページ | ギアナ高地(2)・・エンジェルフォール・・ »

コメント

お帰りなさい!
さぞお疲れでしょう。
御無事でよかったですねえ。

>カラカスは世界3大犯罪都市の一つ

もう一つはヨハネスブルグ?
あとの一つは何処でしょう?
連泊されたロッジの食事や水廻りはいかがでした?

次のご報告お待ちしております。

投稿: zooey | 2012年8月29日 (水) 22:56

★zooeyさま

早速に有り難うございます。
帰宅した日はまだ緊張のためかしゃきっとしていましたが、そのあとはごろごろしている状態です。

3大犯罪都市の1番は昨年体験したヨハネスブルグですが、3つ目は以前はニューヨークだったのが、ケニアのナイロビやチュニジアのトリポリという説が昨年ありました。今年はどのように変わったか、3番目はわかりません。
ここのロッジともう1ヶ所は次に行くカナイマのロッジに連泊しました。
4泊とも1晩中蚊取り線香をたきました。電気は自家発電で、ここは暗くて懐中電灯で補いました。水洗トイレ、シャワーは湯が出ました。水道水は茶色です。
食事はビュッフェ形式でしたのでまあまあ、しかし生野菜は遠慮しておきました。
鶏肉が多いです。
最後の晩のカラカスの5つ星ホテルでのスープとシーフードは美味しかったです。

投稿: tona | 2012年8月30日 (木) 09:04

ご無事に帰ってこられましたか。
凄い探検をされてきたのですね。写真を見ていて暑さもすっ飛んできた次第です。

瀑布も雨季であれば水量も豊富で迫力満点ですね。地球にこんなところがあるんですね。
ジェラシックパークは大阪のUSJのテーマパークですがゴジラが口を開けたところに観客は船ごと真っ逆さまに滝から落ちていくという場面が再現されました。
まさかゴジラはいなかったでしょうね?

tona様はこの地球の探検家ですね。豊かの地球にはまだまだ魅力いっぱい。色んなことが日々動いているのですね。
滝を目指して旅をされるという、旅人であり悠久のロマンチストですね。
それにお体も元気で素晴らしい限りです。
有難うございました。
  

投稿: macchanny | 2012年8月30日 (木) 09:32

こんにちは♪

お帰りなさい。無事のお帰り何よりです(^^)
先日はお帰りになられたばかりのところ、コメントにお返事いただき
ありがとうございました。時差ぼけとお疲れは癒えましたでしょうか。


滝をいや瀑布をご覧になりたくての秘境への旅。
お写真を拝見すると、まさしくそこは秘境。「世界ふしぎ発見」など
TVで見る世界が広がっていますね。
そして4WDを駆って山へ登ったり、ヘリコプターで山頂へ降り立ったり、
冒険家の旅そのものですね。ワイルド!
やはり映像で見るのでは全然及ばない迫力や感動がありそうですね。
日本の高い山とは異なる景色や植物たちに直に触れての素晴らしい旅ですね。

続きが楽しみです。

投稿: ポージィ | 2012年8月30日 (木) 10:10

★macchannyさま

お蔭さまで無事帰り着きました。有り難うございます。
今回は滝巡りの旅でした。
アアビラ山、ロマイア山頂を極めた以外は滝ばかり見て回りましたから。
雨季があり、ジャングルがあるとあちこちに滝の水量が多くなるのですね。実に豪快です。
大阪のUSJはまだ訪ねたことがありませんが、コナン・ドイル自身も探検家から聞いた話から書いたそうです。滝を発見したエンジェル始め、アフリカにもたくさんいますが探検家は凄いところを探検しているのですね。
便利な乗り物を使っても大変なのに、1世紀も前にね。
ロマイアには動物は見当たりませんでした。虫はいるようです。というのもお花達は虫を栄養源にしているそうですから。
もっと若い頃に行けたら良かったです。かなりハードでしたもの。

投稿: tona | 2012年8月30日 (木) 16:42

★ポージィさま

こちらこそ有り難うございました。
昨日までごろごろとしていましたが、歯科医や皮膚科など医者巡りです。明日は眼科医ですし。というわけでやっとしゃきっとしてきました。
テーブルマウンテン(テプイ)だらけで100位あるそうです。何故かロマイアだけはテプイと言わないで山というのだそうです。
ヘリコプターはとても気持ちがいいのですが、4WDというのは凄いです。TVで見るのと同じで揺れっぱなしでしっかりつかまっていないと外へ放り出されてしまうのですよ。いやはや凄い体験でした。この老体ですからね。
本当に日本の山はなんて優しいと思ってしまうほど、大違いでした。
何処でも懸命に生きる植物に感動を覚えました。

投稿: tona | 2012年8月30日 (木) 16:52

お帰りなさい。
もうそろそろ旅の記録がupされる頃かと
思っていました。
聞きしに勝るすごいところですね。
秘境には行ったことがないですので
想像ができません。
植物も見たことがないようなものばかり・・・
瀑布は大きさがテレビでは分かりませんし
音とともに迫力があったことと思います。
すべての旅をマスターした人が行くところ
ですね。

投稿: matsubara | 2012年8月30日 (木) 19:54

★matsubaraさま

早速にありがとうございます。
秘境って食べ物や滞在も大変なので、本当は体力のあるうちに先に行ければ、ベストですね。
気がつくのが時すでに遅しで、秘境はこれが最後と悲壮なる覚悟で出かけました。
登山好きな元気な方たちはこのロマイア山を5泊6日かけて登って歩くのだそうです。
植物的には多くの発見楽しみがあるでしょうが、過酷すぎます。
安心で元気に旅行出来るのは欧州です。

投稿: tona | 2012年8月31日 (金) 08:22

 お帰りなさい!ご無事だったようで何よりです。

 ロマイア山への上陸、おめでとうございます。
 さすがは最高峰のテプイ、ロマイア山の上の風景は、まるで他の星のようですね。植物も不思議な植物ばかりで、これではどのような動物がいてもおかしくないような気がします。
 台地の端から下界の展望はできなかったのでしょうか。

 それにしても、ロマイヤ山周辺の風景は、正にロストワールドなどを読んで想像していた通り!ロマイヤ山の上は乾いているように見えましたが、滝がたくさん落ちているんですね。
 これらの風景を写真で見ることができただけでも感激です。これを実際にご覧になられたとは、苦労して地球の裏側にまで行かれた甲斐がありましたね!
 大迫力のラ・ジョミスナの滝や、カラカス市街など、貴重なの写真も拝見させていただき、ほんとうにありがとうございます。
 旅行記の続きが楽しみです。

投稿: Nora | 2012年8月31日 (金) 11:37

★Noraさま

今回は大変ついていました。
この後行ったエンジェルフォールもばっちり見えたのです。
山頂の当たりをかなりぐるぐる旋回しましたが、滝が流れ出している写真の上の写真のように殆ど黒い岩だらけです。下りたったところは植物が生えていました。土もないのに凄いですね。サハラの砂や岩の砕けた所に着生し、虫から栄養を取っているのでしょう。
毎日スコールが午後3時過ぎるとあるので、その水が滝となって流れ出すようです。乾季は滝がなくなるのもあるそうです。
お蔭さまで、遠かったけれどもロマイア山頂に下り立てただけでも、行った甲斐がありました。こちらこそ嬉しいコメントをありがとうございました。

投稿: tona | 2012年8月31日 (金) 16:45

エンジェルフォール、10人の参加者の旅からお帰りに
なったのですね。
コナンドイルのSF小説や映画ジュラシックパークの舞台に
なったりした所とか、なんとも壮大なお話で、びっくりもし、
また羨ましくもあります。
目を見張るような写真の数々、これが動画で見れたら、
迫力満点、すごい光景が見れるだろうなと秘かに
想像しました。
このようなアドベンチャートリップもあるのですね。
次のブログ楽しみにしています。

投稿: 茂彦 | 2012年8月31日 (金) 17:19

★茂彦さま

1世紀も前にこんなところを探検し、聞いたドイルがSF小説にしたことも面白いですね。
もう世界殆ど探検し尽くされたようですが、より高く、より深く、そして今は宇宙までで、人間ってそういう生物なんですね。

若い方は動画や水中カメラも駆使して撮影していました、いろいろ装備も着用したりで私には何も出来ませんでした。
滝はやはり動画が迫力満点でいいですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2012年9月 1日 (土) 08:31

いよいよ凄いところへ行きますね。
テレビでみたことがありますが人跡未踏のような感じでしたよ。
写真を拝見しても鳥肌が立ちます。

投稿: 佐平次 | 2012年9月 1日 (土) 09:35

★佐平次さま

ありがとうございます。
こんな秘境はこれでおしまいです。
確かにテプイの上は取材班しか入っていませんね。
ロマイア山頂もなかなか着陸出来ない日が多いのだそうです。ラッキーでした。
帰宅してみたら猛暑日続きで、今日やっと元に戻りました。

投稿: tona | 2012年9月 1日 (土) 17:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/55533720

この記事へのトラックバック一覧です: ギアナ高地(1)・・ロライマ山:

« 日光田母沢御用邸記念公園 | トップページ | ギアナ高地(2)・・エンジェルフォール・・ »