« スローリーディング | トップページ | 正岡子規の別号 »

2012年8月 9日 (木)

八子ヶ峰(やしがみね)へ

昨夜から今朝にかけては涼しく生き返りました。
しかし暑くて体が茹でられているような感じで、思考が停止状態になり、無気力になるというなんだか情けない今年です。
仕事に追われていたらこんなことないでしょうに、働いている人々に申し訳ない。暑さで体力が失われると気力が失われ、これからずっとこんな調子かもしれない。これはまずい。
今朝の「天声人語」に三上触男さんの句が載っていました。<政治家の顔みたくなき暑さかな>
政局は、一に当選、二に入閣、三四がなくて五にゴルフ、そんな旧型議員が多すぎないかと人語子が仰る。
とうとう身を削ることなく、議員数も減らすことなく消費増税法案が成立する運びになりました。三上さんの句にますます頷きたくなります。

               ☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

この夏最後の山行(8月6日)ではとても奇跡的な天気のめぐり合わせにびっくりでした。
蓼科山の懐に抱かれ、かなたに白樺湖を望む八子ヶ峰(やしがみね)に行ったのですが、登山口に着くまで雨で下りたら止み、登山中は晴れたり曇ったり、そしてバスに乗り込んだらまた降ってきたのです。
八子ヶ峰頂上は1833mで東峰は1869mですがかなり登山口まで上がるので、登るのに楽ちんな山です。亜高山帯ですから涼しいです。

                                              目の前は蓼科山

Photo
Photo_2
Photo_3

いかにもこの標高らしいお馴染みの花が咲いていました

                                             ツリガネニンジン

Photo_4

                                                  ホタルブクロ

Photo_5

                                                   アサマフウロ

Photo_6

                                                 ノコギリソウ

Photo_7

                                                タカネコウリンカ

Photo_8

         マルバタケブキにはツマグロヒョウモンのような蝶がたくさん群れていた

Photo_9

                                ノアザミか。総苞がべとべとしているので。

Photo_10

                                                   タカネナデシコ

Photo_11

                                       ウスユキソウ
Photo_12 Photo_13

                                                   チダケサシPhoto_14

                           ネバリノギラン ベトベトだ
Photo_15 Photo_16

                                                      

                                                      頂上

Photo_17
タカネマツムシソウ 以前はここ頂上にたくさん咲いていたそうだが、今はポツポツしかない。
Photo_18

山の花畑はどこもどんどん花が減っているそうだ。一番の原因が鹿の増加だという。北海道で狼を飼っている人が増えすぎた鹿を殺して、その肉を人間と狼で食べていると放送されていました。なかなか美味しいとか。
Photo_19

|

« スローリーディング | トップページ | 正岡子規の別号 »

コメント

すがすがしいですね。
鹿は房総の山にも増えて地元の人たちは困っているようです。鹿のステーキを一度食べたことがあります。普通にうまかった^^。

投稿: 佐平次 | 2012年8月10日 (金) 10:58

こんにちは。
オリンピックで選手たちの一生懸命な姿に感動をもらっている今、
政治のニュースを見ると、とたんに眉間に皺がよってしまいます。
まさに「政治家の顔みたくなき暑さかな」という感じ。
有権者の一人としてそうも言っていられないのですけれど。
ほんと一に当選、二に入閣、ですね。消費税反対を唱えている
政党・議員たちだって、次の選挙で票を得るために反対と言っている
だけにしか見えません。ただ反対というだけで対案は何も言わないのですもの。

そんなどろどろとは間逆の清々しい夏山ですね。この夏幾つめに
なるでしょうか。何と今回は登山中だけ晴れ間が出たのですね。
何とラッキーな。良かったですね♪
ここの山に咲く花たちも何と可愛いのでしょう。
けれど、増えすぎてしまった鹿害がでているのですね。
あちこちで深刻ですね。

投稿: ポージィ | 2012年8月10日 (金) 14:39

先日の中央道で虹を見たというコメントを
頂き、記事を待っていたのですが、ここでしたのね。
またまた健脚ぶりに驚いています。
涼しくて爽快だったと思います。

ツリガネニンジンって本当に可憐ですね。
学生時代に群生を見て以来50年も経ってしまい
ため息をついています。
他は殆ど分かりません。

朝日の天声人語は相変わらずの皮肉で面白いです。
中日新聞に変えてしまいましたので・・・

投稿: matsubara | 2012年8月10日 (金) 16:16

★佐平次さま

房総にも鹿ですか。
せっかく作った農作物が食べられてしまうので悔しい想いですね。
普通に美味しい!という鹿のステーキを早く食べてみたいものです。

投稿: tona | 2012年8月10日 (金) 17:11

★ポージィさま

本当に昨年来皺をよせていたら増えてしまったような気がするくらいです。(都市でもあるのですが)
暑いのもいや、政治家の顔もいや、本当に上手に詠ったものです。
そうです!消費税反対を恰好良く唱えている人こそ曲者です。
日本の財政をどうするかということも、また対案もなく叫んでいるだけですものね。騙されないようにしなくては。と言ってもどの政党も指示できなくて本当に困りました。

登ったとは言えない山も含めて5山です。
今年はまあまあお天気に恵まれてお花をたくさん見ましたのでとてもついていました。
お蔭様でしてありがとうございます。
殆どの花が周りにも園芸種としてありますが、山でポツンポツンと咲いているのもいいものでした。
この辺りは猿もいるそうです。出逢ったら引っ掻かれそうで怖いです。

投稿: tona | 2012年8月10日 (金) 17:28

★matsubaraさま

中央道うを3時間かからないで到着の白樺湖方面です。
今回簡単な山ですので、70半ばの3人の方が初めての登山ですが、頑張って登りました。なだらかで時間が短いからです。

1500mを超えますと涼しくて気持ちが良い風も吹いて来て、幸せな気分になります。
そうですか。思い出のツリガネニンジンですね。色がいいのですね。

中日新聞は縁がありませんが、それぞれ特徴があって面白いでしょう。
天声人語だけは必ず目を通しますが、博学で文章も上手く、多くの学校で使っているようですね。

投稿: tona | 2012年8月10日 (金) 17:35

この暑さは特別で体を動かす意欲をなえさせますね。それでじっとしていると体調を悪くしそうです。
友達もそんなことを言っていました。そんな時は体を動かしてtona様のように山歩きがいいですね。
昨今の政治には何がいいのか悪いのか、正義なのか、悪なのか分からなくなってきたようです。将来の日本のためになるようなことはマスコミを含めてまったく考えていない。
今や国民は今が良ければいいという感じです。

野田総理も苦労しますね。
とてもじゃないけれど韓国大統領の竹島行は止められないですね。

投稿: macchanny | 2012年8月10日 (金) 17:51

★macchannyさま

暑くても体を動かす元気だけは欲しいです。
高い所のハイキングならまだ続けられそうです。低い位置のハイキングは夏は暑くて出来ません。

日本はロシアと韓国と中国との領土問題でこれからも大変です。弱腰と言われます。いろいろ対外的なこととか貿易とか実にいろいろな問題がからんで、私にはその方の学問が出来てないのでさっぱりなのです。
借金を抱えて増え続けるのを何も解決しない日本の政治家は、もう自分のことばかりを考えている場合ではありません。
野田総理は前任者2人とは違いますね。
しかし党と時期が悪かったです。

投稿: tona | 2012年8月10日 (金) 21:21

麓と違って山は涼しいのでしょうね。
写真でも風景をみると爽やかさを感じます。
そこにたくさんの種類の山野草。
園芸植物と違って凛とした逞しさの様なものを感じます。
それにしても珍しい植物が多いですね。
こちらでは見られないものも見せていただいて嬉しいです^^

投稿: pochiko | 2012年8月10日 (金) 23:06

★pochikoさま

いつもpochiko家のワンちゃん、猫ちゃんに癒されます。一瞬暑さを忘れるのです。
1000mを超えると確かに涼しいです。
でも住宅の混んでない風が渡るそちらは木陰も多くてほっとすることでしょう。
私も園芸種とは異なったシンプルかつ逞しさを感じました。
2週間も経つとまた違ったお花に変わっているのですから、山では秋に向かって猛スピードで植物たちが子孫を残そうとしているのがわかります。
写真下手ですが見ていただいてありがとうございます。

投稿: tona | 2012年8月11日 (土) 08:37

私は5日から蓼科高原に行っていました。
骨折からの再起・初登りを翌6日「北横岳登山」で実行する予定でした。
ロープウェーが動き出す朝8時頃はバケツをひっくり返したような大雨で、登山は断念しました。
それが10時頃から雨がやみ時々青空も見えていましたね。
結局麦草峠から白駒池を散策しただけで、今回は温泉治療が主となりました。

tonaさんは八子ヶ峰で楽しまれたようで何よりでした。
八ケ岳は南は編笠・権現から、北は蓼科山まで全部歩いていますが、八子ヶ峰は抜けていて頭にありませんでした。
お花の種類がとても多いですね。

鹿は前日に乗ったロープウェーから見ましたよ。
あちこちで増えていて、年々尾瀬も霧ヶ峰もニッコウキスゲが少なくなっていると聞きました。

10年以上前に登った櫛形山はアヤメの大群落が素晴しかったのですが、今は一本も残っていないそうです。
何とかしないとどこも大変な事になりそうです。
かといって、今更狼を放すわけにはいきませんしね。

投稿: nao♪ | 2012年8月11日 (土) 15:15

★nao♪さま

来年行こうとしている所ですが、登山残念でしたね。6日はその通りで晴れたり曇ったりしたのです。
朝は大変な雨だったのですね。
温泉治療が出来てそれなりに良かったです。
八ヶ岳はお花の宝庫で何度も行きたいところですが、真中から赤岳までしか行っていません。
八子ヶ峰にはお花がいろいろあったのですが、数は減っているそうですね。頂上はマツムシソウの群落で素晴らしかったらしいですが数本見かけただけです。
やはりあの辺に鹿がいるのですね。
櫛形山も来年行こうと思っているのに、もうアヤメがないのですか。がっかりです。
本当に日本の山からお花が消えたら悲しいです。

投稿: tona | 2012年8月11日 (土) 16:52

始めまして。
8月9日の天声人語で引用された拙句をお取り上げいただき、光栄でございます。
静岡県在住、75歳。
心の洗われるような高山植物の写真を、ゆっくり拝見させていただきました。
ありがとうございました。

投稿: 三上 触男 | 2012年8月18日 (土) 21:20

★三上触男さま

初めまして。
天声人語に掲載されてた方からコメントいただき光栄でございます。
本当に的を得た良い句ですね。
またブログもご覧いただきありがとうございました。
ベネズエラに行っていまして先ほど帰ってまいりましてお返事遅くなり失礼いたしました。
これからまたご縁がありましたらよろく言願いたします。

投稿: tona | 2012年8月27日 (月) 15:00

鹿対策に早く狼の導入を! 懸念がある人はこのページを参照 http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/697065/221774?page=3
http://japan-wolf.org/content/faq/

投稿: 名無し | 2013年4月14日 (日) 04:55

★名無しさま

ご紹介ありがとうございました。
以前にも度ご紹介下さった方でいらっしゃいますか。
お礼申し上げます。

投稿: tona | 2013年4月15日 (月) 20:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/55386926

この記事へのトラックバック一覧です: 八子ヶ峰(やしがみね)へ:

« スローリーディング | トップページ | 正岡子規の別号 »