« 西オーストラリアの旅(2)ワイルドフラワー巡り | トップページ | 西オーストラリアの旅(4)世界遺産シャークベイからブライトン »

2012年9月30日 (日)

西オーストラリア(3)ワイルドフラワー・ピンクの湖・カルバリー国立公園の峡谷

Photo_25 <見学3日目> 20日も花を探しながら地図上の残りのとワイルドフラワーウェイとユナロードを国立公園カルバリーまで走りました。

ワイルドフラワーでもっとも独特で有名なリースレシュノルティアに会えました!乱獲により絶滅危惧種です。花がリースのように丸く輪状に広がって咲く花です。
Photo_26
Photo_27
                   ウーリーフォックスグローヴPhoto_28
Photo_29
                        黄色い花Photo_30
CANNAという所
                 サボテンを見たのはここだけPhoto_31
                     黄色と白の花畑Photo_32
                     黄色の花 ミモザかPhoto_33
CANNAの最後の住人フランクさんの家
フランクさんは奥さんと子供が亡くなったあと、愛犬2匹と暮らしていましたが、自分の最期がきたので愛犬2匹を射殺して病院へ行き亡くなったそうだ。一間にベッドとオーブンがあるだけのシンプルな生活だったようだ。
Photo_34
Photo_35
ピンクハットラグーン
オーストラリアの土地は鉄分を含んで赤土ですが、海からの水がまざった塩分の濃いこの湖は、時間や季節によりピンク色に変わる
Photo_36
Photo_37
    ファンフラワー(花を半切りしたような5弁に開く扇状の小花を咲かせる)Photo_39
              マツバギク(南アフリカから来て自生している)Photo_40
              インド洋に到着 海の色がとても美しい!Photo_41
Photo_42
                     スモークブッシュPhoto_43
               コットントップ(花弁の表面が毛だらけ)Photo_44
三日月もきれいだったし、電気の光がない夜空に南十字星がはっきり見えました。Photo_45 

<見学4日目> 21日はカルバリー公園内の花探しと農場や峡谷見学

                      スターフラワーPhoto_46
                  パープルフラッグ(アヤメ科)Photo_47
                       ハケア?Photo_48
                      グレヴィレア?Photo_49

             ホークスヘッドからマーチソン川の峡谷を見るPhoto_50
Photo_51
                マーチソン川にいたブラックスワンPhoto_52
                       ピンクの花Photo_53
              リバーサイドサンクチュアリーの農場見学Photo_54
             フランネルソウ(フランネル・ブッシュと訂正します)Photo_56
麦や豆を作っている農家でバックパッカー宿や観光客相手の仕事をしている。ここで戴いたバーベキューやサラダが美味しかった。
今年は雨が少ないそうで農場内の花はすでに終わっていて、集めておいたワイルドフラワーを室内に飾っておいてくれました。
Photo_57
                       ラムズウールPhoto_58
                   エミューと羊に餌やりPhoto_59
                エミューって意外と怖い顔をしているPhoto_60
                 ダチョウにも餌をやったら突かれたPhoto_61
           ロスグラハムという所でマーチソン川まで降りて行ったPhoto_62
ナチュラルブリッジからアイスランドロックまで歩いての、荒々しいインド洋をの眺めは最高。
Photo_63
Photo_64
Photo_65
                         (続く)

|

« 西オーストラリアの旅(2)ワイルドフラワー巡り | トップページ | 西オーストラリアの旅(4)世界遺産シャークベイからブライトン »

コメント

地球は広いですね。
想像もできない植物や景観、やっぱり行くべきだったかな^^。

投稿: 佐平次 | 2012年9月30日 (日) 20:46

★佐平次さま

土の色だけでなく海も川も空の色も全然違いますね。
乾燥した地に一瞬だけ懸命に咲く花も素晴らしいです。
本当に残念でしたね。

投稿: tona | 2012年9月30日 (日) 20:57

連続upされていたのですね。
前の植物も拝見しました。
植物園でも見られないような
珍しい植物を拝見できました。
ありがとうございます。
よく名前まで調べられましたね。
日本語のラベルがついているはずは
ありませんのに・・・
岩も海も植物もまさに秘境ですね。

投稿: matsubara | 2012年10月 1日 (月) 08:20

★matsubaraさま

そうですね。私にとっては秘境でした。
花の名前ですが、2か所でインフォメーションセンターの方が付いて下さいましてオーキッド類を教えてもらいました。あとは添乗員さんがたくさんの本を抱えていて、以前の知識と総動員して名前がわかりました。
ですから分からないものがこの他にもたくさんあります。

インド洋の海の色もなかなかいい色をしているのですね。このようにして見るのは初めてです。南アフリカのインド洋側は記憶にないのです。

投稿: tona | 2012年10月 1日 (月) 09:08

こちらも同時にアップされたのですね…有り難うございます…
「リースレシュノルティア」…珍しいので盗掘されるのですね…
「レシェノルティア・マクランタ(Lechenaultia macrantha)」、「ハツコイソウ」の仲間で、英名のようですね…

>黄色の花 ミモザか…
日本では「アカシア・モニカ」で流通していますが「アカシア・ドルモンディ」です…
わが家にもありました…3年しか維持出来なかったような…(^^;

「フランネルソウ」??…「ナス科」で調べていたらパソの調子が・゚・(ノД`)・゚・
フリーズする前に一度切りますので…また後で出来ます…(^^;

投稿: orangepeko | 2012年10月 1日 (月) 09:24

CANNAの最後の住人というのは…
そこは保護区なのでしょうか?
以前は集落があったのに
遂に寂れてしまったということなのでしょうか?
いずれにしても愛犬を撃ち殺して病院というのはつらかったでしょうね。
リースレシュノルティア、人工的に作ったリーズにしか見えませんね!

投稿: zooey | 2012年10月 1日 (月) 09:41

★orangepekoさま

こちらにもありがとうございます。
リース・レシュノルティアはマクランタと本に出ていました。この英名を覚えるのがやっとで、これさえもすぐ忘れそうです。素敵な花なのですから是非頭に焼き付けたいものです。
「アカシア・ドルモンティ」ありがとうございます。オーストラリアではアカシア類500種は大きな一属としてワトルと読んでいるそうで国花なのですね。沿道何キロも、あるいは小山全部がワトルで覆われていて素晴らしかったです。

投稿: tona | 2012年10月 1日 (月) 09:52

★zooeyさま

リーダ自然保護区のなかにあるCANNAなのですが、添乗員さんの説明を聞いていて、私は何の疑問も持たず、白人一家の最後の住人と今まで思い込んでいました。
1968年に亡くなったそうですが、もしかしてアボリジニの方だったのでしょうか。
調べてみたのですがわかりませんでした。
すみません。
それにしても愛犬2匹を射殺する時の気持ちを考えると、自分の体も極限だったでしょうに、とても悲惨でこんな事実もあるのだと聞いていました。アメリカの西部にあるような話でもあり、小屋の中の様子からも連想しました。
花が自分でリースのように咲かせてしまうなんて驚き且つ感動しました。

投稿: tona | 2012年10月 1日 (月) 10:13

こちらにも見知らぬお花がいっぱい!
リース・レシュノルティア これは素適ですね。自然にリースができる
花があるとは、なんと素適なんでしょう。
…と、多くの人が思って乱獲。保護で何とか数を増やしてほしいですね。

海も岸壁も空も美しいですが、同時にこの土地の自然の厳しさも感じます。
CANNAの最後の住人フランクさんの生活もとても厳しいものだったのですね。
そういう土地柄だけに、バーベキューをいただいた農家さんに飾られた
ピンクのワイルドフラワーのお写真の美しさが一層目にしみる気がします。

投稿: ポージィ | 2012年10月 1日 (月) 11:19

流石にワイルドフラワーを見る旅は、バッチリとたくさんのお花に出会えて素晴しいです。
個人で行くとお花の名前も分らず、右往左往するのみでした。
リースレシュノルティアも見ていません・・・
本当に自然のものとは思えませんね。

カルバリーには2008年の2月に行きました。
あちらでは乾期の真夏ですからワイルドフラワーは見当たりません。
ピンクレークも殆んど水がありませんでした。
ここで我々は一生忘れられないような体験をしましたよ。
http://blog.goo.ne.jp/nao5512/e/0b4c5305da77d88e8f40943ff55d18b9
こちらで紹介していますが、この時のモンキーマイヤーまでの3泊4日の旅はサイクロンが来ている中の旅になりました。
知り合いのJTBの人が、この時の冒険旅行記の小冊子を作ってくれたくらいでした。

投稿: nao♪ | 2012年10月 1日 (月) 11:21

壮大な行きつくことのない地球の果ての様な感じがします。フランクさんの家は「老人と海」を連想させました。孤独なんですよね。
私のアフリカ時代、アフリカナイゼーションで国を追われた白人たちが祖国(イギリス等)に帰るのではなくオールとラリアを目指して「この国に行けば移民は沢山受け入れてくれる、行くことに決めた」と食事に招待してくれ、話していたのを思い出しました。
ここの大地を見るとその生活が如何に大変であるかと云う事が良く分かります。男の子が一人いましたが今頃どうしているのだろうかと思います。
川には黒鳥がいるのですね。日本ではあまり見かけません。
途中から早く日本に帰りたくなったのではないでしょうか。
土地柄に色んな景色があって、また生活があるわけですがこういったところの人達は仲間同士がお互いに助け合ってより人間らしい生活を送っているのでしょうか。日本とどちらが幸せなのでしょうかね。

投稿: macchanny | 2012年10月 1日 (月) 11:49

景色もさりながら。初めて見る花を楽しませていただいています。
マツバギク以外は見たことのない花ばかりです。

乾燥地域とありましたが,ワイルドフラワーロードはステップ気候なんでしょうか。

投稿: gaki | 2012年10月 1日 (月) 19:02

★ポージィさま

こちらにもありがとうございます。
日本ではハツコイソウと言われるレシュノルティアの種類に、リースを作るこんな個性的な花は殆どないそうで見られたのがラッキーでした。この場所には10数株くらいしかありませんでした。

フランクさんのお話は数々の西部劇を思い出しました。本当に厳しい生活でしょう。私たちは水に不自由ない生活をしているので、この乾燥だけでも耐えられません。そして食べ物が殆ど種類がないでしょう。
この農家では大きな食卓やサイドテーブルに10か所以上も様々なワイルドフラワーを飾って歓迎してくださいました。活け方も素敵ですよね。
海の色を気にしてしまうのですが、インド洋も気に入りました。

投稿: tona | 2012年10月 1日 (月) 19:47

★nao♪さま

ご紹介くださったところを読ませていただきました。
これだけでも大変な体験でしたね。
季節によって随分違うこともわかりました。
さすがに真夏は花がないのですね。
ピンクレークも水が少なくなるのですね。想像できません。
個人旅行では想像もつかない体験をされますね。
サイクロンがこの地域を襲うことも初めて知りました。
じっくり生活してゆっくり見ることが叶いませんので貴重な体験談をおいおい読ませていただきますね。

投稿: tona | 2012年10月 1日 (月) 20:22

★macchannyさま

まさに地球の果てのような光景でした。
フランクさんは、誰もいなくなったこの地に孤独に生きたのですが、慰めは2匹の愛犬ですね。愛犬も哀れでした。

アフリカからオーストラリアへですか。違いますがその大変さは日本から移民した人々の苦労にも繋がりますね。
広く受け入れてくれるオーストラリアでその父子が元気に生活していると信じたいですね。

やはり日本が一番です。この頃天災が猛威をふるう日本ではありますが、すべてにおいて素晴らしい日本です。

投稿: tona | 2012年10月 1日 (月) 20:33

★gakiさま

ワイルドフラワーロードの途中辺りからステップ気候です。
朝晩の気温差もかなりのものでした。
乾燥に弱い私は手にあかぎれ出来てしまうので、今回はクリームやバンドエイドで処置しました。
海岸寄りは温帯気候のようなのですが。

投稿: tona | 2012年10月 1日 (月) 20:40

木村栄一「翻訳に遊ぶ」という本を読んでいたら、スペインのフリオ・リャマサーレスの小説「黄色い雨」に出てくる老人の最後がフランクさんによく似ているのです。
もしかするとこの噺をモデルにしたのかな。

投稿: 佐平次 | 2012年10月 2日 (火) 14:12

★佐平次さま

『黄色い雨』の内容を検索してみましたら、スペインの山の方の架空の村でのお話のようですね。
スペインに実際にあったかどうか?あるいはオーストラリアのこの話がベースになったか、面白いですね。
ハイジの偏屈爺さんはハイジに救われて下に下りたわけですが。
木村栄一なる人も初めて知りました。
佐平次さんは読書範囲が広くて驚きです。
教えて下さってありがとうございました。

投稿: tona | 2012年10月 2日 (火) 15:08

 こんにちは。
 オーストラリア大陸の動物は、特殊な進化をとげたことでよく知られていますが、植物も不思議な形の独特なものばかりなんですね。
 ウェーブロックやピンクの湖などの風景も含め、またまた、ちがう惑星のようです。
 tonaさんが一つ一つの花をとても丁寧に撮ってくださったおかげで、普段見ることができない花をたくさん見ることができました。
 荒々しくも美しいインド洋にいたる旅の記録、ゆっくりと楽しませていただきました。  ありがとうございます。

投稿: Nora | 2012年10月 3日 (水) 13:28

★Noraさま、こんにちは。

嬉しいコメントありがとうございます。
有袋類はカンガルーしか見られませんでしたが、お花の方は西オーストラリアが1番多いそうでたくさん見られました。
今年は雨が少なくて、10月になるともう見られないそうです。
残念なんことにピントが合ってない写真が多くて、まだまだ素敵な花があったのに載せられませんでした。
最後のパースではいろいろなカンガルーポーなどを見ることが出来て感動でした。
インド洋をまじかにしっかり見たのは殆ど初めてですが、美しい色でした。

投稿: tona | 2012年10月 3日 (水) 16:43

「黄色い雨」を読み終りました。
記事中、こちらの記事を引用・リンクさせていただきますがよろしく。

投稿: 佐平次 | 2012年11月 7日 (水) 10:43

★佐平次さま

リンクありがとうございます。
あのとき同じようなお話に驚きました。
遂に読まれたのですね。
オーストラリアのカナでは事実の説明だけですが、愛犬を殺す時の感情はどんなだったでしょう。
ご紹介くださった小説の方はさすが描写が凄いです。
黄色い雨も寂しい風景をさしています。

投稿: tona | 2012年11月 7日 (水) 16:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/55783824

この記事へのトラックバック一覧です: 西オーストラリア(3)ワイルドフラワー・ピンクの湖・カルバリー国立公園の峡谷:

» 死を見つめる詩のような小説 フリオ・リャマサーレス「黄色い雨」 [梟通信~ホンの戯言]
翻訳家・木村榮一の「翻訳に遊ぶ」の中に出てきた本。 孤立した村で愛犬とひとり暮らして、さいごは犬を撃ち自分も死んだ男の物語。 木村が翻訳家としてやっていける自信を得た”読んでいるうちに白い炎を感じた”作品だという。 ちょっと紹介されていた、その小説が心の片隅にひっかかっていた。 そうしたら、現代の兼高かおるさんみたいなtonaさんの西オーストラリア旅行記のなかにCANNAの最後の住人フランクさんの家(写真紹介) フランクさんは奥さんと子供が亡くなったあと、愛犬2匹と暮らしていましたが、... [続きを読む]

受信: 2012年11月 7日 (水) 11:58

« 西オーストラリアの旅(2)ワイルドフラワー巡り | トップページ | 西オーストラリアの旅(4)世界遺産シャークベイからブライトン »