« スロヴァキア周遊(最終回) | トップページ | 暇人が数えた »

2012年10月29日 (月)

世界記憶遺産

2012_10250411_2 炭鉱に生きる(地の底の人生記録)』山本作兵衛著

2011年5月に、585点の絵画や6点の日記が「世界記憶遺産」(世界記録遺産とも)に日本から初めて登録された。
ウィキペディアによれば、2011年の時点で268点だそうだ。こんなユネスコ世界遺産があったこともこの時に初めて知った。
アジアでは韓国が9点、中国が7点とだんとつで、欧州ではドイツが12点、フランスが7点など。オランダには「アンネの日記」がある。

この本は山本氏の人生そのもので、記録はとくにひどい明治末から大正初期までのものだが、7歳の頃から坑内に入りはじめ以後50年余も働き続けたヤマの記録である。
絵が好きだったのにそれも叶わない人生だったが、炭鉱を辞めてから孫たちにヤマの姿を残しておこうと、58年ぶりに描いたもので、9年間に渡った。習ったわけでない画法は独特で、実に生き生きしている。
私たち殆どが知らないもう過去の、地底深く漆黒の坑内で、カンテラの明かりのもとに石炭を掘り出し、運び出すさま、そして付随する生活が克明に記録される。世界の多くの鉱山でも同様に悲惨な過酷な作業であったであろう記録を、世界記憶遺産として取り上げられたのは当然であろう。
過酷な労働に対して払われる報酬はこれまた酷いもので良くも皆耐えに耐え生きてきたものと驚くばかり。
刺青、博打をしなくては男ではない。あまりの賃金の低さと子沢山のため、妻も女坑夫になって地底で働いた。帰宅すれば亭主は上がり酒、女坑夫には家事が待っていた。あの沢田マンションの奥さんのよう。比較する時代と内容は違うけれども。
何処の頁を開いても、書かれていることが茨の上を歩いているような壮絶な内容で絶句してしまう。栄養も良くなかったでしょうし、苦役の連続だったのに92歳まで生きていたというのも凄い。こんな先人の苦労の上に、現在の私たちの生活が成り立っていることは否めない。

|

« スロヴァキア周遊(最終回) | トップページ | 暇人が数えた »

コメント

新聞紙上などでなんどか読んだ記憶があります。
世界遺産にしたのはなかなか立派な計らいですね。

投稿: 佐平次 | 2012年10月29日 (月) 21:09

★佐平次さま

あれから1年以上たちます。気になっていましたがやっと手に出来ました。
外国の記憶遺産に並んでこの1冊は決して劣りません。
絵の出来栄えもさることながら、この方のこんな世界で生き方に拍手を送りたいです。

投稿: tona | 2012年10月29日 (月) 21:50

おはようございます。
世界遺産認定されたというニュースを思い出しました。
ニュースでは詳しいことは言ってませんでしたから、
この絵が描かれた背景など、tonaさんの記事で初めて知りました。
炭鉱の経営者側の記録などではなく、実際に労働をしていた方の
リアルな記録というのはとても貴重ですね。まさに記憶遺産。
それにしてもなんと過酷を極めたものだったのでしょう。
こうした多くの方々が、明治~の日本の変革期を支えてみえたのですね。
山本作兵衛さんの晩年は穏やかで平和なものであったのならいいなぁ…
 

投稿: ポージィ | 2012年10月30日 (火) 08:05

このことはニュースで放映されていましたね。
いくら絵がすきでも58年も前のことを記憶
されているとはすごいことだと思います。
画家はスケッチをしてから作品にすることが
普通です。
自分の記憶から描くことは画家も真似が
出来ないと思います。
世界遺産に認定されるのに値する絵だと思います。

投稿: matsubara | 2012年10月30日 (火) 08:49

★ポージィさま

孫に書き残したいという意思が世界中に遺産として残ることになるとは思っても見なかったでしょう。あの世で喜んでおられるますね。
その過酷さは実際に想像した以上のものでした。絵と説明からよく伝わってきます。
いろいろなことでバランスを取りながら耐えてきたこともよくわかります。
炭鉱の仕事をやめられてからは、ずっと夜警の仕事をしていて、その仕事をしながらも描いたそうです。
多分晩年は貧しいながら大勢のお子さん(7,8人)やお孫さんとの交流がありながら穏やかに過ごしたのではないかと想像します。

投稿: tona | 2012年10月30日 (火) 09:42

★matsubaraさま

山本さんはもの凄い記憶力の持ち主だったそうですね。
私なんかぼけーっと過ごしたので60年も前のことは絵に描けるほど覚えていないし、覚えているのも僅か数シーンに過ぎません。全然頭の出来が違います。
そうなんですか。画家でさえも真似できない仕事だったのですね。
世界遺産の中でもこうした面では異彩を放っていますね。

投稿: tona | 2012年10月30日 (火) 09:46

地底深く漆黒の闇の世界でカンテラの明かり頼りに石炭を掘る、
想像しただけでも、寒気がします。
落盤などで出入り口が塞がれて落命するとか
そんなこともあったのではないかと想像します。
人生の大半を過酷な労働で過ごしたにもかかわらず、
92歳まで長生きとは。しかも貴重な記録を絵で残されたとは、本当に偉業ですね。こんな人生もあるとは! 
この本、読んでみたいと思っています。

投稿: 茂彦 | 2012年10月30日 (火) 10:12

★茂彦さま

仰るように事故は絶えずあったようです。
チリの事故を思い出しますね。
電気のない時代は明かり一つ取っても不便だったそうです。
掘った石炭は女性がかごに背負ってトロッコ見たいな箱に入れるのです。女性も生きるためにとても大変だったのですね。
この山本さんは特別な人のように感じます。誰にもできないような偉業を成し遂げたのですから世界記憶遺産、それも日本で今のところ唯一、当然です。凄いことです。
ご本も手にとっていただけるそうで有り難うございます。

投稿: tona | 2012年10月30日 (火) 19:26

家事をしながらテレビのニュースを聞いていたときに聞いた覚えがあります。そのような凄まじい記録とは知りませんでした。早速図書館に申し込んできます。有難うございました。

投稿: yamasemi | 2012年10月31日 (水) 10:27

★yamasemiさま

いつもコメントを有り難うございます。
私もこんなに克明な記録とは知りませんでした。
女性にとっては、女工哀史どころではないかもしれません。
ふと山本さんも刺青をしたのかしらと思ってしまいました。

投稿: tona | 2012年10月31日 (水) 15:43

世界記憶遺産、初めて聞きました。10数年前から始まったのですね。
多分日本は失われた20年ともいわれる中で関心も興味も示さなかったのでしょう。
探せば沢山あるとは思いますね。登録に向けた活動は担当の怠慢といえばそうでしょう。

炭鉱の生活はそれはそれは大変な時代だったことでしょう。そういう中での作品はどんなだったか見てみたいものです。

投稿: macchanny | 2012年11月 1日 (木) 20:17

★macchannyさま

世界文化遺産や自然遺産は日本もこのところたくさん登録されるように努力しています。
記憶(記録)遺産はまだ日本にありそうですね。今のところ何もノミネートされていないようですね。

林業や農業も大変だと小さい頃感じていましたが、この炭鉱の仕事は地の中ですからそれだけでも大変です。そして報酬が少なく一生かかっても、引っ越すときに鍋釜だけで風呂敷包み2つくらいみたいで、何のために生きているかと問いたくなるでしょう。この山本さんはそんな疑問さえも呈さず、子孫に残すべく大仕事を毎日欠かさず成し遂げたわけです。凄い方ですね。

投稿: tona | 2012年11月 1日 (木) 20:46

「世界記憶遺産」…全く知らなくて…(>_<)
アンテナが鈍っていると実感しました(*´Д`)=3

この方は好きな絵を描かれて…認められなくてもきっと幸せな晩年だったのでしょうね…

多くの方が、自分の進みたい道に進めない時代が長く…勤勉な時代の日本人の典型ですね…
でも、過酷で辛い労働だけの人生でなくて…良かった…と思いました…

ご紹介有り難うございました…図書館に行ってみます…(^^;

投稿: orangepeko | 2012年11月 2日 (金) 12:12

★orangepekoさま

コメント、こちらにも有り難うございました。
全くその通り、好きな絵を何十年ぶりに描けただけで幸せだったでしょうね。
そんなに熱中できるものを持っている方が羨ましいです。
いやならすぐ辞める、辛抱はしないという現在のあり方に警鐘を鳴らして下さる方ですが、記憶遺産になってもこんな声は届かないでしょう。
現在では過労死される方が過酷な労働をされているわけですね。
貧富も両極端なら労働もそんなことが見られます。

投稿: tona | 2012年11月 2日 (金) 18:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/55998955

この記事へのトラックバック一覧です: 世界記憶遺産:

« スロヴァキア周遊(最終回) | トップページ | 暇人が数えた »