« 峠恵子著『ニューギニア 水平垂直航海記』 | トップページ | 湖東三山の紅葉 »

2012年11月15日 (木)

滝川渓谷&里美かかし祭り

福島県東側最南部で茨城県と接する所にある矢祭町に、滝川渓谷があります。
「ふくしま遊歩道50選」のひとつで、十和田湖の方の奥入瀬渓谷のようにきれいな流れです。
違うのは3kmの山道を登っていくので7滝あって、巨大な奇岩や天然の老木が生い茂る渓谷美だけでなく爆音が響くことです。
滝にはそれらしい名前が付けられています。

    おぼろ滝         鋸歯の滝      見返りの滝
Photo Photo_2 Photo_3

                       みすじの滝

Photo_4
  せせらぎの滝         乾杯の滝      銚子の口滝
Photo_5 Photo_6 Photo_7

               上の方は赤や黄色に彩られていましたPhoto_8
Photo_9
Photo_10
Photo_11
                       水芭蕉の新芽Photo_12
帰路、茨城県に入るとすぐの常陸大子町の里美地区でかかし祭りが開催されていました。
小さな子や小学生から大人までが製作したかかしがたくさん展示されています。藁などで様々な発想のもと、実に巧みに作られていてなかなかの芸術作品が並んでいました。
これらのかかしが田畑にあったら、烏をはじめとする鳥たちが逃げてくれるでしょう。アイディア満載で楽しいお祭りです。
Photo_13
Photo_14
Photo_15
Photo_16
Photo_17
Photo_18 Photo_19 Photo_20 Photo_21
Photo_22 Photo_23 Photo_24 Photo_25

|

« 峠恵子著『ニューギニア 水平垂直航海記』 | トップページ | 湖東三山の紅葉 »

コメント

矢祭って合併しないで頑張る立派な?面白い?町長がいた町ですよね。
案山子ってそれだけでユーモアを感じるのはなぜでしょう。

投稿: 佐平次 | 2012年11月15日 (木) 21:53

お早うございます。
滝川渓谷の七滝をみて三重にある赤目48滝を思い出しました。
情緒がある滝です。
常陸太子町では案山子祭りですか。おちこちで行われているのですね。
なかなか芸術的で面白いですね。

案山子を見ると町が賑わい人口が増える感じですね。子供達はワクワクして夢があります。
中津の耶馬渓もやっていますが今や全国行事ですね。
tona様はお元気一杯で万全ですね  ( ^^) _U~~

投稿: macchanny | 2012年11月16日 (金) 09:08

 
おはようございます
 
7つも滝のある山道。なかなか険しそうですが美しい所ですね。
滝の名前が面白いですね。あぁほんとだ!とおもうものあり、
そうかな?と思うものあり。見返りの滝ではtonaさんも少し離れられてから
振り返って名残を惜しまれたのでしょうか(意味が違うかな?)
なんと 水芭蕉の新芽がもう顔をのぞかせているんですね。
こんな姿なんですね、初めて見ました。
 
案山子たちのユニークなこと。ジャンルが何でもありで楽しいですね。
稲藁やむしろを使って作られているのが特徴でしょうか。
力作ぞろいの芸術作品ですね♪
 

投稿: ポージィ | 2012年11月16日 (金) 09:10

★佐平次さま、おはようございます。

そうですね。こんなに身をきって頑張る前町長以下議員や職員の町を、まず国会議員から見習って欲しいです。そして凄い高給のわが市も。
何でも案山子にしてしまえば笑えますね!

投稿: tona | 2012年11月16日 (金) 09:16

★macchannyさま

こんにちは。
パンフレットには48滝と書いてありますので赤目48滝と同じですね。赤目の滝は見たことがありません。名前の付いたのが7滝有って、あと小さなのがたくさんあるので48と付いたのですね。

案山子といえば、奈良県にもたくさんあるそうですね。
中津の耶馬渓にもあるのですか。耶馬渓には行ったことがありますが、それは知りませんでした。
子どもたちもとても上手です。毎年やっているのはとても良いことですね。
すっかり、読書より食欲の秋です。

投稿: tona | 2012年11月16日 (金) 09:57

★ポージィさま

はい、登山と同じでした。
坂だから滝がいっぱいあるのも頷けました。
奥入瀬みたいですとありませんものね。
全国の滝にはいろいろな名前が付いていますが、改めて命名の謂われで見てみますと、ぴったりのには賞を送りたいほどです。
見返りは、そう、振り返って見たらいいのかなあと考えましたが、それほどではありませんね。

私も水芭蕉の新芽初めてです。これが来年春まで長く伸びるのですね。

案山子をひとつひとつ眺めていますととても面白くて楽しいです。皆さん、とてもお上手。むしろを上手に使った宝船にも感心しました。私などは藁細工をしたことがないし、縄をなうことさえいつも感心しているくらいですから、中には小学生までも藁を使いこなしているのがあって驚きました。

投稿: tona | 2012年11月16日 (金) 10:10

こんにちは(^-^)
あちこちで紅葉が進んでいますね~♪
シックで落ち着いていてステキ! …良い色合いですね~♪(^-^)V
私も撮りましたが…どぎつい感じで(>_<) …掲示板に貼るのを躊躇しました(^^;

案山子も時代と共に変遷しますね…あまりたくさんは見た事ないのですが…
単純な昔の「へのへのもへじ」が…何となく懐かしく感じられます…(^^;

投稿: orangepeko | 2012年11月16日 (金) 11:34

アウトドアの生活が続いてよろしいですね。
紅葉シーズンですし・・・
私も赤目48滝を思い出しました。

水芭蕉の新芽ははじめて拝見しました。
うっかり通り過ぎてしまうかもしれません。

案山子のコンクールのことはいつも奈良の
前田様から写真が送られて来ます。
全国にあるのですね。いろいろ場所により
特色があり楽しそうですね。

投稿: matsubara | 2012年11月16日 (金) 12:38

★orangepekoさま

今年もそろそろ紅葉が見られるようになりましたね。少し例年より早いのでしょうか。
ほんの少し里山に登ると赤くなっていますね。

私は案山子をお祭りにしている所は初めてです。今まで見たこともない藁や莚で出来た案山子に出会えて面白く見てきました。
何も細工物が出来ない私なので、かなりの技術だと思いました。
「へのへのもへじ」案山子って懐かしいです!小さい頃田舎に住んでいたので、あちこちに見ました。ありがとうございました。

投稿: tona | 2012年11月16日 (金) 16:15

★matsubaraさま

赤目48滝知らないのです。こんな観なのでしょうね。
小説にもあったような。
そして水芭蕉も初めてです。これから雪を被るのでしょうに、きれいな緑色の葉を出しています。

奈良の案山子をネットで見たことがあります。ひょっとして前田様からのは見逃してしまったでしょうか。

投稿: tona | 2012年11月16日 (金) 16:20

秋ですね~
紅葉とせせらぎのコラボ
採りいれの終わった稲藁を利用してのユニークなかかし祭り

この辺りも直ぐに雪かも・・・・snow

投稿: OB神戸家 | 2012年11月17日 (土) 09:23

★OB神戸家さま、こんばんは。

ありがとうございます。
今日は結構大雨です。
せせらぎも紅葉もきれいでしたが、自然は厳しいのですね。もうすぐ雪とは。
昔全部利用していた稲藁の行方が最近気になっていましたが、今はどうなっているのでしょう。子どもたちに藁細工を教えているわけで、大変良いお祭りだと思いました。

投稿: tona | 2012年11月17日 (土) 16:53

 渓谷美。清らかな流れがあり、滝があり、春は新緑、秋は紅葉。いつ見てもすばらしいですね。
 
 奥入瀬渓谷。新緑と、紅葉の時期に行きましたけど、いいですね。
喧騒を忘れてほっとできる場所です。

 ここは滝が多いのですね。滝の響きも聞こえる。春は小鳥のさえずりも聞かれるのでは。
四季のある日本のすばらしい景色です。

 常陸大子町の案山子祭り。立派なものですね。普通の案山子だけでなく、ユニークな形のものがある。伝統的なものなのでしょうね。
こんなお祭りで町が一体になる。すばらしいことです。


投稿: 夢閑人 | 2012年11月21日 (水) 11:53

★夢閑人さま

奥入瀬は紅葉の時期に行っていませんが、さぞかし風情があっていいでしょうね。
きっとここ滝川渓谷のようかなあと思ったことでした。
欧州には渓谷といってもこのようなのはまだ目にしていません。ドナウ渓谷はただちょっと幅がある川が平野を流れているといったもので、日本の渓谷のようなのを期待していきましたが期待外れでした。
四季があって花とともに楽しむ日本の自然はとても有難いものです。けっして忘れてはいけないことですね。

私は案山子をこの頃殆ど見たことがありませんでしたので、とても感動しました。
皆さん芸術家揃いで、多分小さい頃から参加して鍛えているのでしょう。
自分たちだけで作り上げるお祭りにほのぼのとしたものを感じました。
有り難うございました。

投稿: tona | 2012年11月21日 (水) 16:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/56119947

この記事へのトラックバック一覧です: 滝川渓谷&里美かかし祭り:

« 峠恵子著『ニューギニア 水平垂直航海記』 | トップページ | 湖東三山の紅葉 »