« 左巻健男著『面白くて眠れなくなる化学』 | トップページ | 日本メルトダウン »

2012年11月30日 (金)

東京駅&シャルダン展(三菱一号館美術館)

  シャルダン展の前に降車した東京駅を見ました。東京駅は学生時代、湘南電車から地下鉄に乗り換えた駅、社会人になってから中央線に乗り換えた縁のある駅です。
今年10月1日に赤レンガ駅舎が復元されて見ようとする人がこの日も内外に溢れていた。
東京駅は1914年12月18日に完成したそうで今年で98年経つ。当時は丸の内南口が乗車口で丸の内北口が降車口だったそうだ。リニューアルに当たってたくさんの人々の苦労が結集していることを「美の壺」という番組で知って、そのディテールを見るのも東京駅舎見物には欠かせない。

                 南北ドーム内のレリーフが美しいPhoto
Photo_2
                    丸ビル5階からの眺めPhoto_3
中央線がここでストップするため、向かって右側にも駅舎が続いて奥行きがある。Photo_4
新丸ビル7階テラスから眺め(曲がってしまって見苦しい)。結構たくさん人が眺めているのが見える。Photo_6
Photo_7
Photo_8
東京駅に向かって右側には、今年5月に完成した中央郵便局や郵貯銀行本店の入るJPタワーがある。下は旧局舎部分で大部分保存された。Jp_2
                   新丸ビルの7階に蓮?Photo_9
Photo_10
                         ダンボPhoto_11
            駅前には輪タクがお客を2人乗せて漕いでいたPhoto_12
【シャルダン展】

東京駅と同じような歴史を持つ赤レンガの三菱一号館で来年1月6日まで開催されています。
Photo_19 Photo_21シャルダンは18世紀のフェルメールと言われるフランスの画家です。我が国初の個展です。
シャルダンと言う画家がいることは今まで知りませんでした。しっかりとした絵で見ごたえのある素敵な絵画でした。
チラシによれば:
「静寂の巨匠」とも言われるのですって。
何故フェルメールかと言うと、写実を基にした静謐な画風と光に対する独特な感性で称されているのだそうだ。
ちらしの表の「食前の祈り」は画家が手元に残したルーヴル美術館所蔵のもので、ロシア女帝エカテリーナ(エルミタージュ美術館所蔵)が愛蔵した「食前の祈り」も今回来日して並べられている。
ちらし裏面の個人蔵の「木いちごの籠」はシャルダンの最も美しい作品と言われている。
私が最も気に入った「羽を持つ少女」は、所蔵者により広告への画像使用が一切禁じられているというから余計目に焼き付けておけばよかった。絵葉書はあったのだったか?
シャルダンの作品は世界中に散っていて、回顧展は困難とされているわけですが、それが38点もここに集められたことは贅沢で稀と言うことです。

|

« 左巻健男著『面白くて眠れなくなる化学』 | トップページ | 日本メルトダウン »

コメント

 西武線、丸の内線と乗り継いで通ってた懐かしい東京駅。創建当時のレンガ作りの建物に復元された様子はTVで見てますが、まだ出かけて見てません。

 地震に強い建物にするため、建物の地下を堀り、大掛かりな工事で、免震構造にしてあります。その工事の様子もTVで見ました。
日本の土木技術のすばらしさに感心しました。

 あれから30年余り、周りはすっかり変わりましたね。私が通ってた頃は、丸ビルをはじめ、石造りのビルがありました。
 会社のあった郵船ビルも石造りでした。
今は近代的なビルに変わり、昔の面影はありません。高層ビルの立ち並ぶ近代な街になりました。その中に一際目立つ復元された東京駅。
 大正と平成の混在した街。
東京のまた観光地のひとつになりましたね。
そのうち出かけてみますか。 


投稿: 夢閑人 | 2012年11月30日 (金) 11:07

こんにちわ。
東京の玄関口の新東京駅が出来たんですね。tonaさまにとっては大変に思い出深い場所なのですね。シャルダンという画家は初めて聞く名前ですが東京以外では展示は無いのでしょうね。私たちが子供のころから見てきた絵画は世界的にはほんの一部なのでしょうね。
それにしても絵画のこと良くご存じですね。

投稿: macchanny | 2012年11月30日 (金) 14:00

東京駅に行かれましたね
丸ビルからの撮影は綺麗です
神戸家は東京駅を見学後、丸ビルへお茶に立ち寄っただけでした

投稿: OB神戸家 | 2012年11月30日 (金) 15:52

★夢閑人さま

通勤に東京駅と縁がおありでしたね。
しかもここで下りて外を眺めながらのようで余計ですね。
私もちょっとでしたがその修復工事を見て感動しました。時間がかかったのも頷けます。
凄い技術があちこちに使われています。
なまこ壁からきたかまぼこ形のレンガの継ぎ目も凄いし、時計の下リボンの銅細工が2ヶ月かかっているとか。
浮き彫りも意味があってじっくり鑑賞します。
丸ビルや新丸ビル、郵便局などすっかり建て替わって昔と様変わりしましたね。
突き当たりは皇居で、整然として美しい街並み面しているのがまた素晴らしいです。
ホテルは高くて宿泊はできませんが、楽しんでいる人もいるのですね。ありがとうございました。

投稿: tona | 2012年11月30日 (金) 17:24

★macchannyさま

こんばんは。曇っている日は4時過ぎると暗くなってきます。
東京駅は八重洲方面になるとがらっと変わっています。何でも八重洲側にも駅舎が戦後出来たそうですが、すぐ焼けてしまったのだそうです。
丸の内側だけでもこんな素晴らしい駅舎が昔の高さに戻って復活して良かったです。

絵は下手ですが、鑑賞が大好きですのでなるべく出かけるようにしています。TVの美術番組で知ることも多いのですよ。

投稿: tona | 2012年11月30日 (金) 17:29

★OB神戸家さま

丸ビルも新丸ビルもお茶するのに絶好ですね。美味しかったことでしょう。
これからはいつも寄りたくなります。
両方ともテラスを開放してくれて、東京駅が一望できるのが素晴らしいです。

投稿: tona | 2012年11月30日 (金) 17:32

こんにちは。

リニューアル東京駅とシャルダン展、充実の芸術鑑賞の日と
なられましたね。日本の古きよき建築物が、老朽化と共に
失われていくことも多い中、東京駅がこうして当時のままに
再建されたことは、素適なことだし東京に住んでいなくても
何だか誇らしく感じます。現代建築にはない、細部まで意匠を凝らした
このころの建物が好きです。
tonaさんにとっては、かっていつも利用していらした
懐かしの駅でもあるのですね。
丸ビルから見た東京駅は初めて見ました。素適ですね!
近代ビルの雰囲気はどうもあまり好きになれません。

 
シャルダン展。私も知らない方でした。知らないけれど、
ちらしに紹介されている絵を見せていただいたら、これまた好きな
タイプでした。
世界中に散らばってしまっているという作品の
38点もが集められ
展示されているとのこと、希少価値も高い作品をご覧になれて
ほんとに良かったですね。

投稿: ポージィ | 2012年12月 1日 (土) 16:54

★ポージィさま、ありがとうございます。

おはようございます。
今朝は氷こそ張りませんでしたが、初めてシモバシラが立っています。寒いですね。

新しく建てるより修復・維持する方がお金がかかるという面もあって、日本ではすぐ壊されてしまいます。
デザインは著名な建築家に頼んでいいものが建っても、にょきにょきとあっち向いたり、こっち向いたりして雑然と建っていて、統一性や落ち着きがなくてまだまだ日本は子どもの国のようです。
東京駅は説明されないと気が付かないような芸術作品ともいえるものがたくさんあって、見ていると時間を忘れます。リニューアルされて本当に良かったです。
これからは壊すのでなくてこのようにしていって欲しいですね。

ちらし裏面の婦人の絵はフェルメールに似ていますね。ポージィさんも気に入って下さったシャルダンの絵、フェルメールといっしょに何時までも忘れないと思います。

投稿: tona | 2012年12月 2日 (日) 08:43

いろいろなサイトで東京駅の姿を拝見しましたが
ここでは詳しく紹介頂き、上京が楽しみです。
年一度くらいしか参りませんが・・・

シャルダンは存じていましたが、まとめて
観賞したことはありません。
作品数が少ないのですね。
あちこちで見ましたが一点ぽつりという
感じでしたから・・・
何か落ち着く絵でした。

投稿: matsubara | 2012年12月 2日 (日) 09:31

お寒くなりましたね。今朝はベランダの桟に氷が張っていました。東京駅もじっくり見たいですしシャルダン展も是非見に行きたいとおもっています。でも12月はやはり師走ですね。なにかと気忙しいうちに一日が暮れます。遊びに趣味に仕事にと今年も暮れていきそうです。

投稿: yamasemi | 2012年12月 2日 (日) 15:09

★matsubaraさま

上京の際はもし少しでもお暇がありましたら、丸ビルか新丸ビルで眺めながらお茶しましょう。

シャルダンはおっしゃるように落ち着く絵です。
私は今回の展覧会まで全然知りませんで17世紀というのもです。
光を描く画家、カラヴァッジョやフェルメールやレンブラント、ラトゥールなど皆それぞれ違ってはいますが、よく難しい点をクリアして描いていますね。

投稿: tona | 2012年12月 2日 (日) 16:27

★yamasemiさま

本当に師走、大掃除など特にしませんがせわしいです。
お仕事もされていらっしゃって、羨ましくもあり、凄いと思います。それだけでなく趣味もいろいろされておられるのがなかなかですね。
年明け6日までですので、お忙しい合間に是非どうぞ。お奨めです。

投稿: tona | 2012年12月 2日 (日) 16:32

おはようございます。
 おー、丸ビルと新丸ビル、両方行かれましたか!
 どちらも最高の眺めですね。
 まだ外観はしっかりと撮影してないので、復原成った丸の内駅舎の美しい姿を、じっくり拝見させていただきました。

投稿: Nora | 2012年12月 3日 (月) 10:18

★Noraさま

こんにちは。
その「美の壺」で丸ビルと新丸ビルのテラスを知って行きました。絶好ですね。
そばでレンガやレリーフを見るのも楽しいです。
京葉線の東京駅の所には東京駅から移された木彫みたいのがガラスケースにありましたよ。

投稿: tona | 2012年12月 3日 (月) 16:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/56220944

この記事へのトラックバック一覧です: 東京駅&シャルダン展(三菱一号館美術館):

« 左巻健男著『面白くて眠れなくなる化学』 | トップページ | 日本メルトダウン »