« 日本メルトダウン | トップページ | タスマニア島の旅(1) »

2012年12月 6日 (木)

魚道

奥多摩湖のある奥多摩駅の一つ手前の「白丸駅」と「古里駅」の間の多摩川沿いの遊歩道を散策しました。間に鳩ノ巣渓谷のある「鳩の巣駅」があります。
白丸には白丸ダムがあって、ここで初めて [魚道] を見聞しました。あいにく雹が降って撮影できませんでした。
魚道というのはダムで魚が遡上出来ないので、人工的な魚が登る道を川の中に造り、途中から地面の中のトンネルに入り、再びダムの上に通じさせたもの。魚道は階段と側溝からなっていて、階段がなくて側溝だけの急流だけだと魚は登りきれないから、階段で一息つきつつ登るのでしょう。
ここのはかなり急で、アユやヤマメが懸命に登っていく姿が目に浮かぶ。
ダムで遮られて魚が遡上出来ないなどと考えたこともなかったです。

Photo
Photo_2
Photo_3

Photo_5
                       鳩ノ巣渓谷Photo_6
Photo_7
                    ヒイラギ(モクセイ科)Photo_8
   ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。

最近気に入っているテレビ
「空から見てみよう plus」ずっと見逃していたのですが、最近この番組にはまっています。いろいろな都市など、空からの撮影で道や建物を克明に名前入りで映し出し、しかも歴史観溢れる建物や奇妙な建築や絶景ハウスなどの地上での訪問がとても面白い。
「謎解き!江戸のススメ」も江戸時代に潜ることが出来いいです。
「BS日本・こころの歌」は明治のころの唱歌や大正、昭和の懐かしい歌で殆ど聴いたことがあって楽しい。平成に入ってからの歌があまり頭や心に入らなくなっている、古い人間となりました。

8日から19日までタスマニア島へ行ってまいります。これから期日前投票に行くのですが、誰にどの党に投票するかやっと決めました。

|

« 日本メルトダウン | トップページ | タスマニア島の旅(1) »

コメント

おはようございます。
天気予報を見るとき、東西に細長い東京の地形を見ては、
奥多摩の自然に思いを馳せます(ちょっとオーバー表現 ^^;)。
大都会の都心とがらり違って自然豊かなのだろうなと。
せいぜい、小田急線の多摩センター間でしか行ったことがないのです。
やはり素適な自然を見ながら歩けるのですね。
でも、なんと、雹に降られたのですか!? 冬の自然は特に厳しそうです。
「魚道」そういうものの存在をTVで見聞きしたことはありますが
大切なものですよね。高速道路などで山や森を切ってしまった場合も
動物用の道を設置したりしますが、こうした配慮は割と最近に
なってから増えたことかもしれませんね。
人間の都合ばかり考えていてはダメということにやっと気付いたというか。
 
いよいよ今週末からお出かけなんですね。
私も投票日当日は法事で愛知なので期日前投票に行きますが、
まだ決められていません~

投稿: ポージィ | 2012年12月 6日 (木) 09:27

タスマニア!楽しい旅になりそうですね。
お体きをつけて!

投稿: 佐平次 | 2012年12月 6日 (木) 10:35

奥多摩周辺はなかなか風光明媚な所ですね。魚道と云うのも初めて聞きました。
こういうのは必要です。それにこういうところの魚は食べるには非常に高価なのかもしれません。
紅葉の中を泳いでいるのを見てみたいですね。

タスマニア、良いですね。何が出てくるのでしょうか。旅のお話を楽しみにしています。お気をつけて!

投稿: macchanny | 2012年12月 6日 (木) 13:35

★ポージィさま ありがとうございます

こんにちは。
そうなんですね。東京は東西に細長いですね。私は大体中央部に住んでいますが、行ったところは一番西のはずれです。
多摩川が流れています。下流に進みますとやがては京王線、小田急線などいろいろな電車が渡りますね。
雹は凄かったですよ。30分の間に路肩には氷でなく雪がたまりました。天気予報は晴れだったのですが、合羽や厚い手袋が役に立ちました。降る様子は墨絵の世界にいるようで素敵な体験でした。
人間の事ばかり考えては、結局自分たちが困るのですね。動物用の橋はカナダやオーストラリアで見ることが出来ました。あちらは日本より意識が高いそうです。

期日前投票所は思ったより混んでいました。ポージィさんもいらっしゃるのですか!

投稿: tona | 2012年12月 6日 (木) 15:35

★佐平次さま

ありがとうございます。
タスマニアデビルが楽しみなんですが。。
厳冬から初夏へ移動です。

投稿: tona | 2012年12月 6日 (木) 15:36

★macchannyさま

ありがとうございます。
東京の西側三分の一は自然が豊かです。山もたくさんあっていつも登山者で溢れています。
多摩川もこの辺りは水がとても澄んできれいですから、そういう所にしか棲めないヤマメやアユなどが遡上するのですね。
サケの遡上は北海道で見ましたが、清流の魚の遡上は未見です。特に紅葉の中のを私も見てみたいです。

タスマニアはどんなところか勉強不足のままになりそうですが、デビルやペンギン、そして花が見られたらいいのですが。
登山に近いハイキングもありますので、転ばないように気を付けて行ってまいります。帰りましたらまたよろしくお願いいたします。

投稿: tona | 2012年12月 6日 (木) 15:45

鳩ノ巣渓谷は三鷹時代息子が属していた子供クラブで毎年夏にはバンガローに泊まり、キャンプを楽しんだものです。
こうして秋の紅葉も見させていただきありがとうございます。
鮎などの魚釣りも楽しんだものでしたが、あれは釣堀のような所だったのかもしれません。
人間の作ったダムなどの構造物で魚達が遡上できないなんて・・・
せめての罪滅ぼしの魚道なのでしょうか?

今度はオーストラリアの南部タスマニア島ですか・・
パースではよく鮭を食べましたが、殆んどがタスマニアサーモンでした。
南極に近いだけに気候は厳しく、ニュージーランドに似た感じだったと聞きました。
オーストラリアでは珍しい高い山もあるそうですので、tonaさんも楽しめそうですね。
お気をつけて行ってらっしゃいませ。
旅行記を楽しみにしております。

投稿: nao♪ | 2012年12月 6日 (木) 20:18

★nao♪さま

こちらこそありがとうございます。
鳩ノ巣渓谷のバンガローでのキャンプですか。息子さんにとっても懐かしい思い出の地ですね。
御岳辺りでは釣り人を多く見かけますね。アユを釣っているのでしょうね。
きれいな川でのダムの所ではこのような魚道があるのでしょうね。今回1つ勉強になりました。

この頃オーストラリアもアメリカ同様観光ビザのイータスがいるのですが、1年しか有効期間がありません。そこで9月に取りましたので、きれないうちに行こうということに、そして向こうが夏の間にということで決めました。
朝晩の気温差が大きいそうで、また日本と逆で体がついていくのが大変そうです。今回登山と言うほどではないですがかなりウォーキングがあるそうです。
又帰りましたらよろしくお願いいたします。

投稿: tona | 2012年12月 6日 (木) 20:52

今度はタスマニアとは・・・
尽きるところがありませんね。
次は南極かしらと想像していたら
外れました。
知り合いにタスマニアに行った
人はありませんので、ご報告を
楽しみにしています。
冬に南半球とはうまい選択と思い
ました。

魚道は見たことがありません。
見ていたも多分知らないのだと
思います。紅葉がきれいですね。

ヒイラギの花は遅れて咲くのですね。

投稿: matsubara | 2012年12月 7日 (金) 08:09

★matsubaraさま

ありがとうございます。
matsubaraさま!まさか南極には行きませんよ。大洋は揺れるから怖いです。船は内海だけです。
今オーストラリアは初夏で昼は暑いらしいです。気温差に老体はまいってしまうかもしれないので、無理出来ません。

私も川の中に細い階段が続いているのが言われてみるまで気が付きませんでした。階段で一休みしている魚の姿を想像しました。

ヒイラギはギンモクセイやヒイラギモクセイより遅く咲くのですね。また来年になると忘れています。

投稿: tona | 2012年12月 7日 (金) 09:08

綺麗な渓谷ですね
人の財産や、飲料水を確保するためにダムがつくられます(一部は利権で・・・)
すると魚が遡上できません
だから魚道はできますが、水量が減少するので魚にとっては住みにくいかも・・・ね

投稿: OB神戸家 | 2012年12月11日 (火) 15:11

★OB神戸家さま

奥多摩の多摩川沿いの紅葉はなかなかでした。
魚道のことを知りませんでした。
きれいなと水を求める魚たちとって、水が減るということも受難なのですね。
環境問題も気がついてない部分が随分ありそうです。
大変遅くなりましてすみせんでした。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2012年12月19日 (水) 11:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/56261813

この記事へのトラックバック一覧です: 魚道:

« 日本メルトダウン | トップページ | タスマニア島の旅(1) »