« タスマニア島の旅(6) | トップページ | 年女 »

2012年12月30日 (日)

タスマニアの旅(7)ー最終回ー

Photo_3空気が気持ちよく至る所清潔で、夜空の満天の星、景色の美味しいタスマニアはそれだけでありませんでした。
人々は非常に親切で愛想がよく、気持ちの良い応対に、観光立島の面目躍如たるものがあります。
ドライバーさんはどんなことがあってもじれることなく対応、隠れた写真スポットにもサービスであちこち連れて行って下さり、一級の品格ある方でした。各地のガイドさんもこちらのわけのわからない英語も理解してくれて、親切に調べていろいろなことを教えて下さいました。
レストランやホテルに従事する人のサービスの良いこと、きびきびしていることなどただただ感動です。

聞いた話ですが、オーストラリアは移民の国で多民族国家ですが、今急増しているのが中国人だそうです。いろいろな移民の制限を上手くくぐっているのだそうです。タスマニアを観光する人では中国人が一番多かったです。

[観光9日目] フレシネ半島のフレシネ国立公園へ

<ワイングラスベイ>
        フレシネ半島のこの山の展望台からワイングラスベイを望んだPhoto_14
ワイングラスベイ 昔、ここで殺したクジラの血で湾の海の色がワイン色に染まったことから付いた名。そんなことが想像できないような美しい浜辺です。Photo_5
Photo_6
左の水辺:ワイングラスベイ(半島の東側の海)、真中:湖 右側:半島の西側の海。伊豆半島より狭い。Photo_7
   登っていく途中は奇岩だらけ。動物に似ているのも多かった。
Photo_8 Photo_9 Photo_10 Photo_11
Photo_12
タスマニアScrubwren(スズメ目)という鳥、親切なガイドさんに教えていただいた。 Photo_13
Photo_15 Photo_16 Photo_17 

             リンゴみたいな実と莢の両方がある面白い植物Photo_48

                      食事した海岸Photo_18
                   ネックレスのような海藻Photo_19
<フレンドリービーチ> 白い砂浜と青い海が印象的なビーチPhoto_20
Photo_21
Photo_22
<潮吹き穴> 波が岩の隙間に入り込んで高く吹き上げ、間欠泉のようです。Photo_23
Photo_24
                       人と比較するとPhoto_25
                     岩の割れ目Photo_26
前日のオードブル(生ガキ)と今日のメイン(ロブスター)
Photo_27 Photo_28

[観光10日目] 

<ロス> ホバートとロンセストンを結ぶ宿場町タスマニアンウールの名産地。イングランドの田舎のような町。
             ロスブリッジ 1836年囚人によって造られた橋

Photo_29
ロスビレッジベーカリー 「魔女の宅急便」のキキのパン屋のモデルとも言われるパン屋さん。Photo_30
Photo_31
                   奥のパン焼き窯は年代物Photo_32
  郵便局の中      民家        民家         教会
Photo_34 Photo_35 Photo_36 Photo_38  

<リッチモンド> タスマニアで3番目に古い町。
               1823年建造オーストラリア最古の石橋Photo_39
             オーストラリア最古のカトリック教会(1836年)Photo_40
教会の中と墓
Photo_41 Photo_42 Photo_43

ポストとクリスマスリース
Photo_44 Photo_45

          美容師さんがサンタの帽子を被ってお仕事していましたPhoto_46
Photo_47
今年もあと一日となりました。読んでいただいた方に感謝申し上げます。
良いお年をお迎えください。

|

« タスマニア島の旅(6) | トップページ | 年女 »

コメント

タスマニアの旅(3)~(7)、まとめて拝見しました。
素晴らしい旅物語ですね。地球上には、このような
楽園とも思えるような地域もあるのですね。
こういうところへ住んでいる人々は、同じ人生でも
本当に幸せな人々だと思います。
海外旅行を楽しむのなら、やはりこういう国へ行くのが
ベストだと思いました。

一寸気になったのが、「今急増しているのが中国人だそうです」という
くだりでした。私、第二の人生では日中の合弁会社に10年いました。
(自分で希望して行ったわけではないのですが)
中国、中国人についてはよく承知しているつもりです。
美しいタスマニアが中国人によって変わらなければいいな、と思いました。

この一年、本当に内容の濃いブログを見せて頂きました。
来年もまた素晴らしいブログ見せてください。

どうぞ良いお年をお迎えください。

投稿: 茂彦 | 2012年12月30日 (日) 20:10

中国人はオーストラリアまで侵入しているのですか。
おそるべし・・・

美味しそうな生ガキとロブスター
これも羨ましいです。

最後の写真の花はセンダンに似ている
ような気がするのですが・・・

詳しく教えて頂きありがとうございます。
どうぞよいお年をお迎え下さい。

投稿: matsubara | 2012年12月30日 (日) 20:17

★茂彦さま

仰るようにいろいろ重ね合わせてみますと、この世の楽園のような島です。
人々の気持ちも良くて、最高ですね。
人によって興味が違うでしょうけれども、何と言っても癒されるのがいいですね。
特に動物、本当に可愛かったです。

働いている中国人はそれこそ必死で国に合わせていると思います。
でも観光している人の中にこんなことがありました。
夜のペンギンパレードの時私たちの中に二人中国人が紛れ込んできたのですが、写真を撮ってはいけないと注意されているのに、撮ったのですよ。お蔭で現地ガイドから旅行社まで怒りの抗議がいったのです。私たちは誰もカメラを持って出なかったのにです。
添乗員さんも叱られて気の毒でした。顔が似ているのでガイドさんに理解してもらえなかったし、添乗員(男性)さんももっと声を大にして言えばよかったのにと思いました。
良いお年をお迎えください。ありがとうございました。

投稿: tona | 2012年12月30日 (日) 21:15

★matsubaraさま

こちらにもコメントありがとうございました。
↑にも書きましたが中国人に関してはこうなんですよ。不愉快になりますね。
この頃中国本土での話が仰天するようなことばかりで、注目している民族です。漢詩の世界の人とはとても同一民族に思えないです。

最後のはセンダンですね。リッチモンドであまりに美しく咲いていたのでUPしてみました。あちらは夏に向かっていることが実感できます。ところがクリスマスの飾りは方々にあるのですが、その気分に乗れませんでした。気候のせいですね。

今年も大変お世話になりました。上京の節はzooeyさまともご連絡の上、お会いできたらと思います。
またそちらがお暇な時(なさそうですね)、新幹線ですぐですので出かけます。
来年もよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えください。

投稿: tona | 2012年12月30日 (日) 21:24

世界秘境めぐりの一年でしたね。
来年はどちらにいかれるのでしょうか。
お元気でいい年をお迎えください。

投稿: 佐平次 | 2012年12月31日 (月) 10:54

tona様
いつも珍しい貴重な旅行記を有難うございます。良いお年をお迎えください。

投稿: evergrn@nifty.com | 2012年12月31日 (月) 11:19

★佐平次さま

来年は今のところ、本土は初めてのアメリカ西海岸とバルト3国に行きたいと思っています。体を鍛えておかないとダウンしそうです。
今年も面白い佐平次さんに楽しませていただきました。
ありがとうございました。
良いお年をお迎えください。

投稿: tona | 2012年12月31日 (月) 16:15

★evergrnさま

今年は素晴らしい音楽を聴かせていただきありがとうございました。
素敵なご家族の皆様、よいお年をお迎えください。

投稿: tona | 2012年12月31日 (月) 16:17

タスマニア旅行、非常に有意義で楽しかったようですね。
親切な人達に囲まれて。
旅の醍醐味は何と言ってもそこに住む人との心が通い合うことだと思います。
言葉や肌の色が違っても相手を思いやる気持ちが伝わってきます。
そのままずっと残っていたかったのではないでしょうか。勿論そんなわけにはいきませんが・・。
ワイングラスベイは丁度和歌山の大地町の鯨捕獲現場に良く似た海岸を思い出しました。
大地町も赤く染まっていたようです。
タスマニアではクジラを大事に扱っているのでしょうね。殺すということはないのかと思います。
楽しい旅で色々と珍しい事を教えて頂きありがとうございました。

投稿: macchanny | 2012年12月31日 (月) 21:22

★macchannyさま

明けましておめでとうございます。
元旦の空は晴れ渡って輝かしい新年が始まりました。
皆さまお揃いでよいお年を迎えられましたか。
コメントありがとうございました。

観光客だから無理に笑うのではなく、心からの歓待に思えました。何処かの国に垣間見える黄色人種差別が感じられなかっただけに気持ちよく見ることができました。
大地町は通りましたが海岸をじっくり眺めませんでした。日本にもそんなところがあったのですね。今はオーストラリアは反捕鯨でグリンピースの活躍するところです。歴史が変わったのですね。
こちらこそ、いつものようにだらだらした紀行文を読んでいただき、感想を書いていただき、嬉しかったです。
本年もまたよろしくお願いいたします。

投稿: tona | 2013年1月 1日 (火) 08:40

あけましておめでとうございます。タスマニア旅行記楽しまさせていただきました。読んでいてホッとするような幸せな気持ちになりました。穏やかな気候と素晴らしい環境がそこに住んでる人を穏やかな良い人にするのでしょうか。世界にはこのような楽園のような所がほかでもあるのでしょうね。悲惨な事件やテロの続く昨今、良かった、こういう楽園があるのだと嬉しくなりました。旅してくださって有難うございました。今年も楽しみにしています。

投稿: yamasemi | 2013年1月 2日 (水) 08:35

★yamasemiさま

明けましておめでとうございます。
このような気持ちで読んでいただき嬉しいです。ありがとうございました。
こんな楽園は世界には少ないでしょう。多くはまだまだ貧困、病気、戦争があって心が痛む国だらけです。
政治的には末期症状を呈していますが、日本はその中ではまだまだ安全で、日常の暮らしでは群を抜いて豊かな国のようで感謝しながら生きていきたいです。
本年もよろしくお願いいたします。

投稿: tona | 2013年1月 2日 (水) 10:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/56427889

この記事へのトラックバック一覧です: タスマニアの旅(7)ー最終回ー:

« タスマニア島の旅(6) | トップページ | 年女 »