« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月30日 (水)

この香りを知りたい

今までたくさんの花の香りや数種の香水を始め、いろいろな匂いを嗅いできましたが、今嗅いでみたい香りが2つあります。無理そうですが。
1つはもぐさ。お灸を据えるもぐさを見たことがありません。Wikipediaによれば、何でもヨモギの葉の裏にあるあの白っぽい繊毛を精製したものだそうで、とても香りが良いそうなのです。
あの産毛のようなのを集めるのですから高価で、1gが何百円もするとか。
百人一首の「かくとだに えやは伊吹の さしも草 さしも知らじな 萌ゆる思ひを」で伊吹山がヨモギの特産地と思われていたが、実際はほとんど生産されないで、栃木県の小さな山説もあるとか。現在は新潟県、富山県など北陸産が多い。

もう1つは乳香です。
オマーンやエチオピアなどで樹皮から取られる樹脂で、焚くと瞑想的な、エキゾチックというより和風の香りなんだそうだ。
キリスト生誕のとき、東方より3博士がやってきて、乳香と没薬と黄金を献上したとあって、乳香は神、没薬は救世主、黄金は現世の神を表す。

他に没薬始め麝香とか龍涎香(アンバーグリス)、甘松香(スパイクナード)などもあって想像も出来ない香りです。

ちなみに私の頭部・顔の中で唯一正常なのが嗅覚なのです。

Photo

いただいた無農薬のレモンは見てくれはごつごつと荒っぽい。 皮でお菓子、果汁でドレッシング、料理と重宝。実は以前と違って、この頃レモンを買って使うなんてしなくなりました。
昔の料理ノートや料理本を見ると、現在は殆ど作らなくなったのも多く、何と言っても豊富になった食材に加え、様々な調味料をそれもいろいろミックスしてさらに違う味を出して味わっている。
素材そのものを単純な調味でというのも時にはいいものです。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2013年1月26日 (土)

北京の大気汚染

中国の名だたる都市のスモッグ、特に北京のスモッグは凄まじい。昔の霧のロンドンを彷彿とさせる。この大気汚染の原因は石炭の燃焼と自動車の排気ガスというが、この1年の汚染状態は目を瞠るほどで、それだけこの1年の経済成長が著しかったということか。
当然、病人も続出し、呼吸器・喘息がもう予約で春先まで一杯らしい。航空機の運航にも支障をきたし、高速道路も一時通行禁止。
先日は何処かの写真で住宅の真上に高速道路が出来ていて、自動車がピュンビュン走っているのを見て目が点になりました。
そしてまた見たのが、体に巨大なこぶが出来たりする異常な病気にかかった人たち。衣食住何でも恐ろしい薬品漬けではさもありなん。
転覆落下した新幹線を埋めちゃう国ですから、もう本当に何でもありの中国ですね。
谷崎光さんの『中国人の裏ルール』によれば、

バスと地下鉄には時刻表がない。乗務員はお茶を飲んでおしゃべりし、それに疲れると適当に発車するのだという。
・・外国人を乗せたタクシーは必ず遠まわりをする・・バーの酒は偽物
注射針は使いまわしなど病院は何重にも恐ろしい所・・薬局の薬は7,8割は偽物
商品は何でもちょっと小さめ、少なめで洋服も表示より1割小さい(減らした分を横流し)・・壁時計を進めて毎日少しずつ勤務時間を減らす
博物館の展示は嘘・・約束は守らない・・反日デモはすべてやらせ
中国政府のだまし方というのが面白い その中で、よその国の欠点ばかりをあげ、我々は彼らよりはるかにましだ、と国民に思わせる。日本がこのヤリ玉に上げられる典型的な例なのだそうだ。
特に侵略など、現在自分たちがやっていることを「日本は危険な国だ。攻めてくるかもしれない」とヨソに転嫁してしまう。この精神構造が政府だけでなく、国民に多く見られるというのである。まあ、報道官などの記者会見を見ていればその通り。
共産党員、役人などなど汚職だらけで、清く正しく美しくなんてあり得ない(日本も一部そうなんですが)。あ~あ、中国には絶対行きたくないです。

若宮清『中国人の99.99%は日本が嫌い』の帯には
「ウソを100回言い続ければ真実になる」とか「どんなに自分が悪くても絶対に謝らない」ーーそれが、中国人のDNAだとある。毎日のように隣国からうすら寒い風が吹き込んできます。

その昔買った140冊の週刊朝日百科の『世界の美術』を何も読んでなくて、捨てようとしたらもったいなくなって、ぼちぼちと読んでいます。

Photo

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2013年1月23日 (水)

蜘蛛手の歌

近くのお鷹の道の小川にコサギが餌を探していました。小川に登場は初めてです。
Photo
Photo_3


『光圀伝』冲方丁著
黄門様とはイメージが大分違う光圀の伝記。
兄がいながら何故世子になったのか、そのために藩主になってから義を貫くために兄の子を世子にする。自分の子は兄の世子に。
大名家にありがちな兄弟の争いもなく、素晴らしい兄に支えられ、また家康の十一男である偉大な父の試練に耐えて、気の強い光圀は成長するのである。
青年期は傾奇者(かぶきもの)として市中で暴れ回り、大名の子が出入りするのが憚られるような所に入り浸る。これが後にお膝元の水戸の藩政に大変役に立つことになるのだが。
そして天性のものだったのか、詩歌への情熱が素晴らしく旺盛で、漢詩、和歌などの創作がかなりのもので、当時の武士社会における金字塔のような存在だ。
このことは、関白近衛家の姫を正室に迎えるが、対等に楽しむことになる。また藤原惺窩の子の冷泉為景や後水尾院との交流を持つことになるほどだ。
ここで知ったのが、昔から京都の宮中公家文化の水準の高さである。現在に引き継がれたあらゆる管弦詩歌を始めとする日本文化は宮中なしでは保たれなかったことである。
あの修学院離宮を造営した後水尾院は最高と言える詩歌に秀いでる。
「蜘蛛手の歌」に至っては、七つ×七つの和歌を縦横に並べて、ことごとく文字が重なり合ってゆき、さらに斜めに二つ、四角形の対角線も同じように和歌が並び文字が重なるのだ。つまり同じ言葉が共有される。
光圀が見たこの歌はさらに驚くのは右上から周囲の重なる24を拾い出すと「東照の宮、三十三回忌を弔う歌」だそうで徳川家康三十三回忌にちなんでの贈歌だったのだ。
政治的神の徳川家康に対して文化文芸の神後水尾院だったのだ。この後も光圀が詩歌に励んだのは言うまでもないが、「大日本史」編纂に乗り出すのである。
私たちも知る、宮本武蔵、沢庵和尚、山鹿素行、林羅山父子、朱舜水、そして『天地明察』の安井算哲などの交流も描かれる。
犬公方の五代将軍綱吉との確執、綱吉が滑稽に描かれるのも興味深かった。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年1月20日 (日)

シャガールのタピスリー展と「やかん」展

先日「植物は凄い」で書きました「タラヨウの葉」をさんが送ってきてくださいました。ありがとうございました。
葉の裏に早速字を書いてみました。紙と違って思うように書けません。書いてすぐには見えませんでしたが、2日くらいしたら黒ずんできました。
ああ、葉を傷つけているのだなあと思いながら書いていたのですが、傷口を黒い物質で必死に埋めていたのです。
1枚をはがきとして出そうと郵便局へ持って行ったのですが、規格外にもならなくて受け付けてもらえませんでした。多分はがきより大きくないとだめのようです。残念でした。

Photo
Photo_2
昨日は展覧会の梯子をしました。

Photo_7 Photo_8
まず向かったのが渋谷区立松濤美術館「シャガールのタピスリー展」
山下清の細かい作業にも驚いた所ですが、このタピスリーには唸ってしまいました。以前から大きなタピスリーをお城などで見て、どんなふうに、どのくらいの時間をかけて織るのかと気にはしていましたが、今回は実際に織った方の名前もあったし、知っているシャガールの絵からでしたので。
説明によれば、シャガールは1枚の絵画を完成させるために、スケッチやドローイングの他に、コラージュやタピスリー、テキスタイル、ステンドグラス、陶器といった様々な手法を用いた作品を残しているのだそうです。
油彩やリトグラフの絵画の本質を失いことなく、色彩や構図がそのままタピスリーにうつしとられ、ときにはそれはシャガールの絵画以上にシャガールを体現していると言われます。
このタピスリーを製作したのがイヴェット・コキール=フランス(1928~2005年)です。工房の織り子たちがこれを見て織る「原寸大の下絵」があったのですが、色などの細かい指示がびっしり書かれているのです。
その大きさは縦が2m~4mくらい、横が1.2~6mくらいと絵の大きさと比較出来ないほどです。まさに気が遠くなるというのはこのことか。
毛糸を絵の中の色と同じに染めるのも、どのくらい使用するかのも計算するのも大変だったでしょう。どのようにして織りあげていくのかも写真で見て、又展示されていた実際の小道具を見ただけでは、私には想像も出来ませんでした。

Photo_9次に向かったのが麻布のギリシャ大使館のお隣のギャラリーです。佐平次さんのご紹介とお奨めで惹かれて行ってきました。ありがとうございました。
粟辻早重のコレクション「やかん」展でした。人形作家だそうですが、収集したやかん120点の中から抜粋したものを、一つ一つ出どころや想い出のエピソードを添えてボックスの中に素晴らしい配置で展示されていました。
それは様々なデザイン、材質、購入先も国内だけでなく外国からのもあり、かなり骨董品的なものから現役のものまで、亡くなられた御主人にまつわるもの、歴史と思い出の詰まったやかんたちでした。
スイカの色と形のや、大きな弁当形のなど欲しくなりました。
いろいろなものを収集される方がいますが、毎日使うやかんとは!日本でもこの方だけかしら。楽しいひと時でした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年1月17日 (木)

『大往生したけりゃ医療とかかわるな』中村仁一著

若い人や中年はちょっとでも具合が悪くなったらすぐ医者にかかって早く治って、仕事に復帰しなければなりません。仕事が中断したら雇用者も、家族も困ります。
しかし高齢者は違います。目から鱗の1冊でした。
この本で私が意識を改めたのは・・・「健康」には振り回されず、「死」にはあらがわず、医療は限定利用を心がける・・・ということです。

人間には自然治癒力があるのだから、これに逆らう医療治療や薬は避けるべき。

自然死(いわゆる餓死)の実体
食べないから死ぬのでなく、「死に時」が来たから食べないのだ。
それは「飢餓」ーー脳内にモルヒネ様物質が分泌される
    「脱水」ーー意識レベルが下がる
    「酸欠状態」ーー脳内にモルヒネ様物質が分泌される
    「炭酸ガス貯溜」ーー麻酔作用あり
というわけで、医療措置を行わない自然死の死に際には、モルヒネ様物質が分泌されたり麻酔作用があったりで、夢うつつの気持ちのいい、穏やかな状態になるということです。
両親の最期の時も食べられないけど、管が繋がっていたのでちょっと安心していた節があります。

年をとって、充分に老化していることを認めようとせず、何とか以前のようになりたいと、医者巡りしたり、健康食品に大枚をはたいたり、人がいいといえば即なびいて中途半端に実行したりやめたりと、挙句は健康のためなら命もいらない的な行動に走っているわけです。年寄りはどこか具合が悪いのが正常と心得るべきです。 
病気や障害を理由に甘ったれたり依存したりするのも慎むべきです。そして過度の安静も廃用症候群になるので良くないことも肝に銘じます。

ただ現在ではほとんどないと言われる畳の上で死ぬということは、不審死にされることがある。町医者が殆ど無くなって往診もしてもらえなくなって。ことの前に救急車に来てもらえたらいいけれど。

      雪の日、バラの枝に飛びつきしならせて、暫く休息していた鳩です。
Dsc00191

| | コメント (25) | トラックバック (0)

2013年1月14日 (月)

「山下清展」 於日本橋三越本店

Photo_3 今日は初雪ですが牡丹雪で積もらないでしょう。
昨日は日曜日で最終日、激混みで、背伸びしたり、空いたスペースに割り込んだりしてどうやら観ることができました。というのも前日に友人に素晴らしいからと奨められたからだったのです。
山下清といえば、映画にもなった放浪の天才画家で、日本の原風景を描いた貼り絵が有名、図鑑などで数点観たというだけでした。
ところがそれだけではない途方もない素晴らしい作品を生み出した画家でした。
幼少期に重い消化不良に罹り、軽い言語障害になった人で、からかわれて千葉県の養護施設「八幡学園」に入園。10歳で父親も亡くす。22歳ごろから放浪を始めたが、35歳ごろアメリカの雑誌『ライフ』に驚嘆され、放浪生活を打ち切る。
山下清はずば抜けた観察力と記憶力の持ち主だったそうで、放浪の旅先では一切描かないで、帰宅した時に脳裏に焼き付いた旅先での風景を貼絵にした。
これは凄い才能です。その上画家としての天才的な才能を併せ持ったいたわけです。

貼り絵もその細かいこと!色を付けた、ちぎった紙とこよりを気の遠くなるような作業で大きな1枚に仕上げています。
「花火」や「富士山」「遠足」「桜島」などなどため息が出るほどの作品でした。
そして貼り絵だけでなく、マジックペンによるものや水彩画の細かいこと、これは素晴らしいです。
ことに1ドル360円時代、昭和36年に40日間ヨーロッパなど9カ国訪問での力作はそのしっかりした写実力で圧巻です。「凱旋門」「エッフェル塔」「ムーランルージュ」「ロンドンブリッジ」「ベニスのゴンドラ」「オランダの風車」など素晴らしい技巧で描かれているのです。
ゴッホを意識して自画像などを描いているのもほほえましい。
最後の素描による「東海道五十三次」は山下清が選んだ五十三次で、1番は日本橋ではなくて「皇居前広場」だったりで全作品が揃っていたので大変興味深く鑑賞できました。

1年に数回もらうコストコの食品ですが、パスタソースの「たらこ」は瞬く間にたらこスパゲッティができる優れ物。
Photo_4 Photo_5

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2013年1月10日 (木)

植物はすごい(1)

お正月門松用に切られたとおぼしき竹林の切り株。半月経つのにまだ切り口は真新しい。
今は門松は大きな旧家でも立ててないし、このところ見たことがありません。

Photo
今日も札幌は真冬日で最高気温が-5℃、今年に入ってからも真冬日は10日連続ということだ。10℃以下といって、寒い寒いと引っ込んでいるのも憚られる。
ホッキョクグマやトナカイだけでなく、野生の生物たちはじっと寒さに耐えている。
中でもいつも思い出されるのが映画『皇帝ペンギン』です。120日間何も食べず、-40℃のブリザードの中子育てをする皇帝ペンギン。特にお父さんは卵を温め、孵った子どもを体の中で保護し、お母さんが帰るまでじっと待つ。1分だって耐えられない中、飲まず食わずで長期間立ち続けるなんて、人間には考えられない煉獄の世界だ。
植物だって、極寒の中風雪に耐えて生きている。

田中修著『植物はすごい』~生き残りをかけたしくみと工夫~
身近な植物には「すごい」がいっぱい!という、この本にも植物がいじらしくなる項目が並んでいます。その一つの章では。

植物は「病気になりたくない!」といろいろ工夫しているんだそうです。
病原菌を退治するために白やネバネバの液を出したり、タンパク質を分解する果汁を出したり、香りを出してやっつけたり、傷つけられたらかさぶたを作って身を守る。
かさぶたを作るという機能は、例えばタラヨウの葉のように字を書くと傷口を黒い物質で固めるため、文字がくっきりと黒く浮かび上がるというものです。
昔、葉っぱに文字を書いたのが、「葉書き・はがき」の語源になったとか。
タラヨウは「ハガキノキ」とも呼ばれ、「郵便局の木」と定められ、東京中央郵便局とか多くの郵便局に植栽されている(見たことありませんが)。
定形外なら段ボールでもボール紙でも送ることが出来るが、タラヨウの葉に書いても120円の切手で届くそうだ。出してみたいし、また頂戴してみたいものです。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2013年1月 7日 (月)

今日は爪切りの日

新年になって初めて爪を切る日で、「七草爪」と呼ばれる。
七草に浸した水に爪をつけて切ると、その年は風邪をひかないと言われているそうだ。初めて知ったけれども、七草が揃わないので蕪と大根の葉でやってみます。

今年も夫が撮ったダイヤモンド富士。4日の立川、多摩川ベリです。

                   16:00はまだ左側の上の方

Photo
                     16:21 もう少しPhoto_2
                    16:21 山頂に乗るPhoto_3
                    16:23 半分入るPhoto_5
          16:24 最後 乗ってから3分半ちょっとで沈むかPhoto_6
                    16:26 沈んで2分後Photo_7
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
帚木蓬生著『アフリカの瞳』
新年の早々、100頁を過ぎてもまだまだ重く暗い話にやめてしまおうと思ったものの、大体この手の本はそれを過ぎるとぐんぐん読みすすめるものです。
南アフリカの貧困、汚職、病気、犯罪などなど、どれ一つとってもそこには堂々巡りで何一つ救いようがない社会が描かれる。エイズ禍とその治療薬を巡る薬品会社と医者らによる治験を暴いていく、もう一つの軸は自分たちで菜園程度の農業を成功させていくもので日本人の医者と、勇気ある現地人の妻と子どもが主人公。
地道な活動が、悲惨なこの国における希望と救いとなっていて安心して読み終わった。

群馬富岡製糸場跡を見物した娘たちのお土産。
刺身コンニャクにも、紫蘇や青のりだけでなく、めんたいや柚子、酢漬けや味噌漬けまであって驚きました。
かりんとうまんじゅうというのが、おまんじゅうの外側が本当にかりんとうになっていて、2つの味を同時に楽しむというなかなか凝った饅頭で美味しい。
Photo_8
Photo_9

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2013年1月 4日 (金)

年女

                 あけましておめでとうございます

Photo_3
今年は年女です。
知人に「えと飴」をいただきました。昔懐かしい味の飴です。おみくじは「大吉」でいいことばかり書いてある。
実は蛇は震え上がってしまう大嫌いな生き物です。
しかし、昔から蛇は生命力が強く多産と豊穣の象徴であり、金運に縁の深い生き物とされてきました。
気が付かなかったですが、平成元年も二十一世紀も巳年で始まり、巳年は新しい時代の幕開けを告げる、大変縁起の良い干支と書かれていました。
開運干支ふきんももらいました。これも望むことが書いてあります。
Photo_4 Photo_5
Photo_6
子どもが年賀に文明堂ともち吉の福袋を買ってきてくれました。もち吉の袋は不織布で大きい。
Photo_7
Photo_8
Photo_9
Photo_10
「トナカイの赤鼻、血管が発達」という記事が暮れの朝日新聞にありました。
私のHNの「tona」の由来。今日のような寒い朝に鼻が赤くなるので娘にもらった名。(赤い鼻を持っていても寒さに弱いなあ)
ノルウェーの北極圏地域に棲むトナカイの赤い鼻が写っています。
記事によると、鼻が赤いのは鼻の毛細血管がよく発達していて(密度が人間より25%も高い)、赤血球が十分供給され、外気を取り入れる際に温め、脳を守る役目があるのだそうだ。

| | コメント (20) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »