« 蜘蛛手の歌 | トップページ | この香りを知りたい »

2013年1月26日 (土)

北京の大気汚染

中国の名だたる都市のスモッグ、特に北京のスモッグは凄まじい。昔の霧のロンドンを彷彿とさせる。この大気汚染の原因は石炭の燃焼と自動車の排気ガスというが、この1年の汚染状態は目を瞠るほどで、それだけこの1年の経済成長が著しかったということか。
当然、病人も続出し、呼吸器・喘息がもう予約で春先まで一杯らしい。航空機の運航にも支障をきたし、高速道路も一時通行禁止。
先日は何処かの写真で住宅の真上に高速道路が出来ていて、自動車がピュンビュン走っているのを見て目が点になりました。
そしてまた見たのが、体に巨大なこぶが出来たりする異常な病気にかかった人たち。衣食住何でも恐ろしい薬品漬けではさもありなん。
転覆落下した新幹線を埋めちゃう国ですから、もう本当に何でもありの中国ですね。
谷崎光さんの『中国人の裏ルール』によれば、

バスと地下鉄には時刻表がない。乗務員はお茶を飲んでおしゃべりし、それに疲れると適当に発車するのだという。
・・外国人を乗せたタクシーは必ず遠まわりをする・・バーの酒は偽物
注射針は使いまわしなど病院は何重にも恐ろしい所・・薬局の薬は7,8割は偽物
商品は何でもちょっと小さめ、少なめで洋服も表示より1割小さい(減らした分を横流し)・・壁時計を進めて毎日少しずつ勤務時間を減らす
博物館の展示は嘘・・約束は守らない・・反日デモはすべてやらせ
中国政府のだまし方というのが面白い その中で、よその国の欠点ばかりをあげ、我々は彼らよりはるかにましだ、と国民に思わせる。日本がこのヤリ玉に上げられる典型的な例なのだそうだ。
特に侵略など、現在自分たちがやっていることを「日本は危険な国だ。攻めてくるかもしれない」とヨソに転嫁してしまう。この精神構造が政府だけでなく、国民に多く見られるというのである。まあ、報道官などの記者会見を見ていればその通り。
共産党員、役人などなど汚職だらけで、清く正しく美しくなんてあり得ない(日本も一部そうなんですが)。あ~あ、中国には絶対行きたくないです。

若宮清『中国人の99.99%は日本が嫌い』の帯には
「ウソを100回言い続ければ真実になる」とか「どんなに自分が悪くても絶対に謝らない」ーーそれが、中国人のDNAだとある。毎日のように隣国からうすら寒い風が吹き込んできます。

その昔買った140冊の週刊朝日百科の『世界の美術』を何も読んでなくて、捨てようとしたらもったいなくなって、ぼちぼちと読んでいます。

Photo

|

« 蜘蛛手の歌 | トップページ | この香りを知りたい »

コメント

北京の大気汚染の状態、ニュース映像で見ましたが、霞んでますね。
非常に細かい微粒子だそうで、気管の奥にまで入り込んでしまうとか。
健康被害が深刻ですね。やがて季節が移ると強い西風に乗って
黄砂と共に日本に求んでくるのでしょう。
 
『中国人の裏ルール』のお話伺うと、ひたすら恐ろしく嫌悪感ばかりが
生まれてしまいそうですね。まさか全てが書かれているそのまま
ではないと思いますが…。
でも、たしかにいろいろ違いがあることは事実ですね。習慣ひとつとっても。
夫は来月8度目の中国出張が待ってます~~ 食事にどうしても馴染めず、毎回辛そうです。 
週刊朝日百科の『世界の美術』存在すら知りませんでしたが、
美術好きのtonaさんにはぱらぱらめくるだけでも楽しそうな本ですね。

投稿: ポージィ | 2013年1月26日 (土) 12:06

中国へは行くべきでないでしょう
今の様になってしまったのは、先進国にも責任がある様にも・・・・
今まで利用しようと、ちやほやしすぎました
中国も、先進国に負けない様、一気に何事も追いつこうとして、結果、金銭主義に・・・
日本人は観光で行き、素材が何か分からぬまま『うまいな~さすが中国4000年の味』などとhappy02

投稿: OB神戸家 | 2013年1月26日 (土) 14:24

こんにちわ、北京のスモッグが大変だということは最近話題になっていますね。
状況を見ると信じられない感じです。
是非中国人に日本を見て欲しいものです。そうすると如何に本国が出鱈目をやっていて一方で意図的に外国(日本)を非難しているということが分かるはずです。
急激な工業化は良いのですが国そのものが悲鳴をあげているようです。
韓国も同じようが現象があるはずです。
日本は震災とか政権交代とか色々とありましたが成熟した素晴らしい国だと思います。
この国を世界中の人達に見せてあげたいとよく思いますね。特に東京は世界ベストの町だと思っています。

投稿: macchanny | 2013年1月26日 (土) 15:17

★ポージィさま

ありがとうございます。今年は春の黄砂が心配ですね。黄砂だけでなく汚染物質が怖いです。
谷崎光さんが書いてあること、いつも本当かしらと首を傾けてしまいますが、たとえ数件の例でも、皆無とはいえないですね。
若宮さんの方の本を読みますと、瑣末なことでなく、中国人のトップをはじめとする精神構造が書いてあって、恐ろしくなります。
お隣にいるのが運が悪いとさえ思えます。
日本の政治家も彼らの精神構造、やり方など猛勉強する必要があります。
ご主人様のような企業戦士は辛くても出張しなければならない、大変なことです。アルジェリアのことにも通じます。

『世界の美術』は何と昭和53年から2年8ヶ月もかかって発行されたものです。西暦では1978年ですか。古いですね。でも美術の価値などは変わらないので楽しめそうです。

投稿: tona | 2013年1月26日 (土) 16:24

★OB神戸家さま

安い中国製をひたすら買わされ、また買っていた頃を思い出します。
経済的に低い時はぺこぺこもしたそうだった中国も、優位に立てばもう手のひら返すように変わり、しかしながら白人には甘くて弱い中国人だそうです。しかし経済力がアメリカと同等、それ以上になった時にはその白人も日本のように蹴落とされるのでしょうか。
金銭拝金主義で世界を支配されたら恐ろしいです。その頃生きてないですからいいと言えばそうなんですが。
かの地で食べる料理も考えると怖いですね。

投稿: tona | 2013年1月26日 (土) 16:32

★macchannyさま

こんにちは。
信じられないようなスモッグの中、人々は何を考えて生活しているのでしょうか。
それでも可愛い一人っ子を医者に連れて行っています。が数カ月先まで予約でいっぱいとはこのことも驚きです。医療関係も腐りきっているようです。袖の下で動くらしいです。
人民は全部中央幹部の9人(今度は増えたのでしたっけ)で動かされているようです。その下の共産党員は5%くらいいるらしいですね。
何も真実を知らされていない民、扇動される民らしいですが、その人民自体が上記のようなDNAを持っているらしく、これはもうお手上げのような感じです。島国と大陸の違いだけでは考えられないし、お隣同士なのにあまりにも違いすぎて眩暈しそうです。
日本人にもいろいろいますが、総じて美徳を持った素晴らしい人ですね。

投稿: tona | 2013年1月26日 (土) 16:41

だって…中国ですもん。
さもあろうかと思いますよ。

大気汚染、スモッグや食品偽装
とかく人のものを欲しがると言うか
真似したがる中国人は、絶対に真似たのではないと突っぱねる。
むろん中国には日本を理解しようとしている人も多いでしょうけど
そうじゃない人も多いですね。

投稿: pochiko | 2013年1月26日 (土) 23:29

★pochikoさま

漢文を勉強していた頃は中国人の気質はあの儒教精神というか、日本人が範として仰いでいたという感じでした。
豊かになるにつれ中国人の本性現るで、もう不愉快な報道ばかりです。
中国人の99.99%は日本が嫌いだそうですが、13億の0.01%の13万人、赤ん坊子どもを除いて9万人くらいはそうでない人もいるわけですね。
中国には今は日本が弱いと認識されてきてから、もう責められる一方なわけです。恐るべき中国ですね。

投稿: tona | 2013年1月27日 (日) 08:36

中国には20年ご無沙汰していますが、
あの頃よりひどくなっているのですね。
20年前はひどい貧しさでした。
昨年中国旅行が流れてよかったです。
尖閣諸島問題のおかげで・・・

中国人留学生を見ると選別されているのか
その900万人の一人のようでした。

以前信じられないニュースがありました。
自殺しようとした中国人が農薬を飲んでも
死ななかったそうです。農薬もニセだったので・・・
本当の話なのですね。

投稿: matsubara | 2013年1月27日 (日) 10:00

★matsubaraさま、こんにちは。

私も中国は15,6年ご無沙汰しているうちすっかり行きたくなくなりました。
世界遺産としては40以上もあるとか。TVで観るだけでいいです。

中国人留学生についてはそうなのでしょうね。私も以前発表を聞いた時に感じました。

笑い話のようなお話びっくりです。
ところでこんなDNAを持った中国人って自殺なんかするのかしら?とかうつ病に罹る人がいるのかしら?とか「ごめんなさい」という言葉があるのかしら?とか疑問に思っています。親に子どもが謝るのであるとは思うのですが。
本のタイトルが99.99%でしたので9万人くらいでした。失礼しました、

投稿: tona | 2013年1月27日 (日) 15:48

中国の大気汚染は、日本にも押し寄せて来ているのだから
困っちゃいますね。
谷崎光さんの本は何冊か読みましたが
『中国人の裏ルール』はどの本にあったのでしょう?
あるいはブログでしょうか?
留学生とか、ある程度のインテリで海外に出ているような中国人は
本当のことを知っているのでしょうが
母国に帰ったら何も言えないのでしょうね…
お上に逆らうようなことを言ったら
たちまち潰されちゃうでしょうからね。

投稿: zooey | 2013年1月27日 (日) 23:21

★zooeyさま

『中国人の裏ルール』は新人物往来社から出ている単行本です。ごく最近(2012年12月)出版されました。
留学生がそのまま海外で国籍を取って、もの凄い活躍する場合や、移民(不法も多い)の場合、それぞれレベルが違うでしょうが、その国にけっして同化しないそうです。

『中国人の99.99%は日本が嫌い』をお読みになると中国人、台湾人を別角度にて追及しているので目から鱗という面もありますし、尖閣諸島問題でも如実に現れてきましたが、恐るべし中国、恐ろしい中国としていささかショックを覚えますよ。もし気が向かれたら読んでみて下さい。

投稿: tona | 2013年1月28日 (月) 08:31

 2004年に行った時は、少しは霞んでいましたが、今ほどひどくはありませんでした。
マスクをした人もあまり見かけませんでした。

 それがTVを見て驚きました。
視界がほとんどきかない状態。あれでは交通事故が起こるのは当然でしょう。

 高度成長に感け、公害など二の次で、ただひたすら走り続けた結果でしょう。
 石炭を大量に使い、車の普及でその排気は空中に漂い、気がついたときは手遅れ。
呼吸器系の疾患が大量発生してる。
 日本も風向きによっては、人事ではない。
二酸化炭素排出削減目標など、途上国なる理由でなかなか応じない。
経済大国2位の国が、なにか矛盾してる。

 隣国でありながら、外交面はじめ、気になる国である。

投稿: 夢閑人 | 2013年1月30日 (水) 17:59

★夢閑人さま

私も15年以上も前の10月に行ったので、冬ではなかったのですが、かなり寒い時でした。
あの頃は大都市と言っても車が少なく、殆ど人は自転車でしたね。
↑にあるように交通機関の時刻表がなければ、自転車に乗らなくては職場に遅れますよね。
今の北京の状態、あんなひどい状態でよくみんなやっていると、何か中国人って強いなあという印象です。
公害等二の次というのはこれだけにとどまらないですね。庶民にとっては恐ろしい国です。でも文句は言えないのですね。デモさえ上から扇動されてするのにも最初びっくりでした。
日本に中国から輸入される食品にも、衣料品にも薬品で汚染されているものが多く、アメリカでもおもちゃにありましたが、随分問題になりましたね。何でも平気なんです。
2冊目の本で、日本も中国の考え方ややり口を研究、勉強しなければならないと説かれていました。ありがとうございました。

投稿: tona | 2013年1月30日 (水) 19:36

このブログに書かれていることは、すべてその通りです。
10年間中国人といっしょに仕事をし、何度も何度も
中国へ出張しました。(日中の合弁会社で10年間働きましたから)
毎日がカルチャーショックでした。
このところ、一所懸命本の整理(本の始末)をしていますが、
中国に関する本が多くて自分でも呆れています。
汚れていない本は、ネットの古本屋へ売却し、汚れたものは廃棄処分にと精出しています。(現在進行中)
この作業、なかなか進まず、うんざりの毎日です。

投稿: 茂彦 | 2013年1月30日 (水) 20:49

★茂彦さま ありがとうございます。

10年間も大変ご苦労されたのですね。
体験されていらっしゃるから、本当の話と納得しました。というのもあまりにひどくて、嘘とは言いませんが、ほんの1例か2例くらいの話かと思ったのもあるからです。
全部本の受け売りですが、嘘をつく、騙す、謝罪しない、と言った人々の習性の上に立つ中国共産党のあり方がもっと悪なのですね。
彼らはその富を人々が見えないところでどのように使って贅沢三昧の生活をしているのでしょうか。これとてカーテンの向こう側です。
本の処分大変ですね。私は今日本文学全集100冊以上の処分に悩んでいますが、字が小さいし、図書館で借りればいいかなあと思い切ろうとしています。

投稿: tona | 2013年1月31日 (木) 08:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/56628667

この記事へのトラックバック一覧です: 北京の大気汚染:

« 蜘蛛手の歌 | トップページ | この香りを知りたい »