« 水文学(すいもんがく) | トップページ | 江戸時代の時刻 »

2013年2月27日 (水)

レ・ミゼラブル

Photo
アカデミー賞発表前後にしか行かなくなった映画ですが、今年は「レ・ミゼラブル」でした。最後を知りたい「ライフ・オブ・パイ」も観たいのですが。
久しぶりのミュージカル映画で、俳優さんの歌唱力にうっとりでした。1昨日のアカデミー賞ではコゼットのお母さん役のアン・ハサウェイが助演女優賞を取りました。なかなかの出来栄えの映画でした。

小学生のころ読んだ講談社版「レ・ミゼラブル」は書名が『ああ無情』
このシリーズは、汚れ茶色くなったのが4冊残っているのみとなりましたが ああ無情・宝島・巌窟王・乞食王子・鉄仮面・小公子・小公女・トム・ソウヤーの冒険・アンクル・トム物語・ロビンソン漂流記・・・と続きます。
第1巻が『ああ無情』で何度も読んだ1冊です。悲惨なコゼット親子、ジャン・バルジャンが教会から盗んだことに対する司教の優しさで改心してからも数奇な運命を辿ったこと、執拗なジャベール警視などが印象に残り、何故相次ぐ革命が起こったかなど歴史的なことは何も知らなかったし、ジャベール警視の気持ちも全然わかっていませんでした。

今の美しいパリからは想像も出来ない民衆の悲惨な生活がたっぷり映し出され、またいつの時代にもある若者中心の蜂起も生々しく、そんな中にもコゼットを痛めつける宿屋の女将夫婦のような悪い奴もいて、当時のフランスの様々な苦しみを見せてくれ、幸せな人はいたのかしらと疑問におもうほどです。
最後はもう悲しくて、感動して涙が止まらなくなってしまいました。良い人が死ぬ時の(ファンテーヌ、エポニーヌ、ジャン・バルジャンなど)何とも悲しいこと。

|

« 水文学(すいもんがく) | トップページ | 江戸時代の時刻 »

コメント

おはようございます。
私も小学生の頃、世界少年少女名作集をむさぼるように読みました。
勿論「ああ無情」も・・・
子供心にはジャンバルジャンとコゼットの物語として捉えました。

大人になってから帝劇で「レ・ミゼラブル」を観劇し、改めてこういう物語だったのか思い知ったしだいです。
革命が背景のとても暗い舞台でした。

アカデミー賞授賞式でのアン・ハサウェイは輝いていましたね。
オードリーへプバーンの再来かと言われる女優さんのようです。
映画も我が家近くでやっているので、観に行きたいと思っています。

投稿: nao♪ | 2013年2月28日 (木) 06:57

★nao♪さま

おはようございます。
nao♪さんも読まれたのですね。何時までも忘れられない名作全集です。
娘が帝劇でミュージカルを観たと言ってました。滝田栄がジャン・バルジャンだったそうで。
大人になって読むと背景なんかが分かるので、違った面を捉えることになりますね。だからこれらの文学全集を読みなおせば面白いと思います。
アン・ハサウェイは第2のオードリ・ヘブバーンですか。これからも楽しみ。
この頃の俳優さんたち多くて全然覚えられません。せめて主演、助演俳優さんくらいはね。

投稿: tona | 2013年2月28日 (木) 08:28

よく古い全集をおもちでしたね。
私はなんだか小豆色の全集を友達に借りて読んだ記憶があります。
レミゼラブルはそれ以来!

投稿: 佐平次 | 2013年2月28日 (木) 09:42

 

こんにちは。
レ・ミゼラブルを観ていらっしゃいましたか。感動されたのですね。
 

私も小学生か中学生のときに「ああ無情」として、
少年少女世界文学全集(出版社は忘れました)の中で読みました。
子供の頃から主人公にどっぷり肩入れ?して読むタイプだったので、
ジャン・バルジャンの境遇と追い詰められていくことが辛くて
読み返せずにそれきりになってしまいました。岩窟王などは何度も読み返したのですけれど。
今読んだら、子供の頃には分からなかったことがまたいろいろと
見えてくるでしょうね。
 

アカデミー賞候補となっていたレ・ミゼラブルは歌いながらの演技で
俳優さんたちも思いを入れていきやすかったと評判でしたね。
アン・ハサウェイは映画デビュー作の「プリティ・プリンセス」で
初めて知って、今回この映画で久し振りに名前と顔を拝見。
助演女優賞、良かったです~ 何だかとても嬉しく感じました。

投稿: ポージィ | 2013年2月28日 (木) 10:33

★佐平次さま

小豆色の全集もあったのですね。
娯楽が殆どなかったので、読書だけが楽しみなあの頃でした。
しかも何度も読んでしまうので内容は強烈です。

投稿: tona | 2013年2月28日 (木) 18:55

★ポージィさま

こんばんは。
今日は春を感じました。それもそのはず、4月の気候だったとのこと。

可哀そうですと確かにもう1度読むということが辛くなりますね。ハッピーエンドですとまだいいのですが。
巌窟王は大人の本で全部で3巻で『モンテ・クリスト伯』ですね。腰を痛めた時にまた読みました。牢獄の中と脱獄してから復讐が小気味良くて、私も何度読んだかしら。映画も観ましたし。やはりフランスの貴族社会などいろいろ読みとることが出来たのは大人になってからです。

歌が生だったこと、画期的です。
アン・ハサウェイってシェクスピアの奥さんの名前で、関係ないですが、大変覚えやすい名前です。今回の受賞は当然のように多くの映画愛好者から祝福されたようですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2013年2月28日 (木) 19:10

私も子どもの時、少年少女世界名作全集で読みました。
小学館、川端康成監修のものでした。
子どもの時に受けた感動というものは凄いものがあって
今はどんなに感動したと言っても遠く及びません。
感受性がみずみずしかったのでしょうね。
暗記するくらいしつこく読んだし…
アン・ハサウェイは「プラダを着た悪魔」あたりではまだお嬢さん役でしたが
「レイチェルの結婚」あたりからぐっと大人の女優になったと感じました。

投稿: zooey | 2013年3月 1日 (金) 11:00

★zooeyさま

金色と青の表紙のがありましたが、果たしてどこの出版社か忘れました。川端康成監修があったのですね。
子どもの頃に読んだ本は仰るように強烈でした。読書の習慣もあの頃身についたのですね。
詩や歌をもう少し頭に入れておきたかったです。

「レイチェルの結婚」懐かしいです。
アン・ハサウェイはまだ主演女優賞が何時の日にかと楽しみになります。

投稿: tona | 2013年3月 1日 (金) 19:05

わー。みなさん少年少女世界名作全集をよんでいらっしゃるのですね。60うんねんまえ、なつかしいですね。同じ本を読んで夢中になっていたなんて感激です。レミゼラブル、観たいと思うのですが、最近の映画館の音の大きさには鼓膜が痛くなって仕方ありません。耳栓していくという人もおりますが、足が遠のいてしまいます。テレビで放映するまで待ちましょうかね。

投稿: yamasemi | 2013年3月 2日 (土) 14:12

★yamasemiさま

あの頃限られた本とはいえ、よく何度も読みたくなる名作を集めたものです。鎖国がなくなってから数十年で、ものすごい勢いで翻訳されたのですね。そのこと自体に感動します。
確かに映画館では大音声ですね。
私も年多くて2,3本、殆どは2年後くらいにTVでやるのを観ています。

投稿: tona | 2013年3月 2日 (土) 16:29

この映画は私も見て参りました。
名作全集の他に、小学生の時雑誌で
「コゼット物語」というタイトルで
毎月連載されていました。

ミュージカルは久しぶりでした。
オペラ座の怪人以来でしょうか。
あ、これは映画でなくステージ
でしたね。

昨日帰宅しました。

投稿: matsubara | 2013年3月 4日 (月) 22:37

★matsubaraさま

お帰りなさい。
インドとはびっくりです。
お元気でお帰りの様子、お疲れでしょうにさっそくコメントをいただきありがとうございます。
matsubaraさまもご覧になっていらっしゃるのはブログで拝見しました。
とても感動した映画でした。
映画のミュージカル風といいますと「サウンド・オブ・ミュージック」が気に入って何度も観ています。
舞台ではロンドンで見たきりです。

投稿: tona | 2013年3月 5日 (火) 08:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/56851609

この記事へのトラックバック一覧です: レ・ミゼラブル:

« 水文学(すいもんがく) | トップページ | 江戸時代の時刻 »