« いろいろな人(3) | トップページ | 雪の北陸方面へ(2)金沢 »

2013年2月12日 (火)

雪の北陸方面へ(1)高山・白川郷

3連休の9~11日に高山、白川郷、金沢、永平寺に行ってまいりました。

高山へは長野新幹線で上田に出、バスで松本、安房トンネル経由。

                     新幹線からの浅間山Photo
                  松本で北アルプスの常念岳Photo_2
                  白骨温泉付近のダム湖Photo_3
<高山> 今回の旅で一番冷えて、手袋しても冷たくなるほどでした。
ここは4度目ですが、本を見たら、2005年の合併で全国の市町村で一番大きな市となって、何と東京都とほぼ同じ面積だというではありませんか。人口は東京の約1321万人に対してたった約9万人だそうで、空気もきれいに感じます。

古い町並みは伝統的建造物群保存地区です。たくさんの人で賑わっていました。Photo_4
                 いろいろな格子があって面白いPhoto_5
Photo_6
Photo_7
Photo_8
                         宮川Photo_9
                       高山別院Photo_10
Photo_11
高山陣屋 徳川幕府は直轄領を400万石まで増やしたそうで、飛騨高山藩は1692年に潰され、城も壊され、代官所が置かれた。Photo_12
Photo_13
Photo_14
Photo_15
Photo_16
<白川郷> ライトアップの白川郷を見たいためにツアーに参加したのですが、、、雪化粧のライトアップの世界遺産を見たい人が多く、加えて3連休が重なって道路が大渋滞し、しかも7時半でライトアップが消えるという。結果、展望台に登ってたくさんの合掌造りを見ることは叶いませんでしたが、国重文の和田家など10分だけ見ることが出来ました。(夫撮影)Photo_17
Photo_18
Photo_19
Photo_20

|

« いろいろな人(3) | トップページ | 雪の北陸方面へ(2)金沢 »

コメント

雪の白川郷は会津の大内宿と似て非なる所だと思います。
観光化されてないのが素朴さをズームアップされている様に思います。
昔の大内宿は、今のように混み合う事はなかったですけど
ひなびた様な味わい深さがあったのですけど
人が多く訪れるのは良い事だと思うのですが
失くして欲しくないものが増えたようです。
白川郷はいつまでも、その姿を保って欲しいと思います。

投稿: pochiko | 2013年2月12日 (火) 23:01

★pochikoさま おはようございます。

大内宿はpochikoさんのブログで拝見させていただたことがありますね。往還道の両側に整然と並んでいる茅葺屋根の家が趣があって素晴らしい景観ですよね。
豪雪地帯と言いますから今ごろは雪を被って想像しても素敵な風景だと思います。
行ってみたいと思っていましたが、ツアーになくてあきらめています。車があれば日帰りも出来そうなのですが、車がないのです。
今、大内宿についてサイトで見てみました。ここも伝統的建造物群に指定されるまで困難な過程を経ていて、保存も大変だったのですね。今では年間100万人以上の観光客が訪れているそうで、ご心配されていることも頷けます。白川郷と同様に大変な保存を人々は理解して鑑賞しなくてはなりませんね。
大内宿を教えていただきありがとうございました。

投稿: tona | 2013年2月13日 (水) 08:23

こんにちは。
ご旅行に行っていらしたのですね。岐阜は高山から北陸地方へ…
愛知育ちですから高山はわりと近い方ですのに、行ったことがありません。
もちろん白川郷も。行ってみたい所の一つなのですけれど。
雪の季節ならではの様々な景観をお楽しみになれたでしょうね。
白川郷のライトアップは少ししかご鑑賞になれなかったとのことですが、
お写真から雰囲気がちゃんと伝わってきます。
飛騨の京都といわれる高山の街並みも白川郷も保存には苦労して
いらっしゃるでしょうね。でも何とか残っていって欲しいと思います。

投稿: ポージィ | 2013年2月13日 (水) 11:21

★ポージィさま

こんにちは。ありがとうございます。
朝の雪化粧もすっかり融けてしまいました。
たくさん雪の景色を見てきたのですが、あっという間になくなってしまった今朝の雪が名残惜しく感じました。
ポージィさんの故郷からは近いですね。
飛騨高山の奥の方は豪雪地帯だそうで、冬はさぞ寒く、ましてや保存をしながらの生活は不便なことも多いと思います。一時美しいと鑑賞している者にはわからない苦労があるのでしょう。
よその国にはない美しい建物と風景が残って欲しいです。

投稿: tona | 2013年2月13日 (水) 16:29

白川郷には一度行ってみたいと思っていますがなかなかその機会がありません。大変に味のある地区なんですね。
この時期だと雪で本当に冷たそうですね。
きっと夜は温泉で温もって熱燗で最高に盛り上がったことでしょう。

投稿: macchanny | 2013年2月13日 (水) 17:32

 10年前を初めに飛騨高山は、ツアーで2回、個人旅行で2回春夏秋冬と四季を通じて訪れました。

さんまち通りはいつも観光客でいっぱいでした。
格子のある古い家の続く通り。、
杉玉のある作り酒屋さんもあり、出来たての地元吟醸酒を試飲し、4合瓶を買いました。
いつも変わらない風景ですね。

 夏は暑く、冬は寒い。
夏の飛騨牛の串焼きに、地ビールの飛騨ビールは
うまかった。
 帰ってスーパーで、飛騨牛を求めてステーキで食べました。この頃はなくなった。残念。 

 陣屋近くでは冬も朝市があり、おばちゃんたちは練炭コタツに入っていました。
 近くでは氷の彫刻も置いてありました。

 白川郷は一月の末と、9月に行きました。
ライトアップはまだありませんでしたが、深々と降る雪の中の、夕暮れの和田家のほのかな灯りは
美しかった。
 家の前の木々の状態も10年前と変わりませんね。世界遺産で勝手に出来ないのでしょうね。
 
高山は、グルメとともに、思い出に残る旅の場所です。


 春の宮川にかかる赤い橋の桜は見事でした。


古い佇まいの中に、時代に押されてコンビニが出来たと聞きました。

投稿: 夢閑人 | 2013年2月13日 (水) 17:38

ようこそ、岐阜の高山へ・・・
こんな寒い時期に・・・
私はまだ冬景色を見ていないのです。
先日下呂に行った時下呂の合掌作りを見る
べきでしたのに、怠けて恥ずかしいです。
誰も行かないので心細くて・・・
若いときは冬でもスキーによく行ったのに
どうしてこんなに出不精になったのでしょうか。

高山がそんなに広くなったとは・・・
そう言えば周辺の友人も郡部が高山に
なっていました。
あんな山の中を市とは変ですね。

投稿: matsubara | 2013年2月13日 (水) 18:03

★macchannyさま

冬の雪深いこのような所もいいものですね。
確かに高山はとても寒かったです。昼間なのに氷点下のような感じでした。
温泉とお酒なら良かったのですが、この日は残念ながら白川郷でライトアップダウン10分前まで大急ぎで合掌造りの家の中で御飯だけをかきこむという状態でした。
ライトアップを長時間するということは保存上良くないことがあるのでしょうか。また電気代も大変なのでしょうか。
理由がありそうですね。ありがとうございました。

投稿: tona | 2013年2月13日 (水) 21:06

★夢閑人さま

そうですか。春夏秋冬にいらしたなんて何て賢いでしょう。
冬に出かけるのは札幌雪まつりやかつてスキーに出かけたくらいでした。
でも今回行ってみて、冬もいいものだと思いました。春も秋もそれぞれ桜、紅葉と素晴らしいでしょうね。宮川の桜もよさそうです。
ということで季節を変えていくのが良いと初めて分かりました。
飛騨牛美味しかったです。
杉玉の出ている酒造元がいくつか見られ美味しそうなお酒が並んでいました。
格子が続くさんまちの町並みはなかなか風情があっていいですね。
和田家の前は変わりありませんか。私は以前夏に行ったのですが、何も覚えていませんでした。中の様子だけは覚えていたのですが。
中は冬は寒いのでしょうか、今回は中を見られなかったです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2013年2月13日 (水) 21:13

★matsubaraさま

お近くに行ってきました。
高山は寒いですね。
白川郷の方は夜なのにそれほど寒くありませんでした。
高山が日本で一番大きな市になったそうで、驚きました。東京都同じだなんて!
殆ど山林だそうですね。きっと奥は豪雪地帯なのでしょうね。
下呂の方にも合掌造りがあるのですね。
岐阜県はたくさんのお宝を(世界遺産)持っていますね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2013年2月13日 (水) 21:17

15年くらい前の1月に、同じ様なコースを行きましたが、白川郷は入っていなくて、代わりに能登金剛でした。
あの時行った高山が、東京都と同じくらいの大きな市になったとは驚きました。

白川郷、この日本昔話のような世界が残っている世界遺産には是非行ってみたいですね。
写真撮影的にも惹かれますが・・・
写真仲間に言わせると、人が増え、お土産屋の旗が増え、世界遺産に登録される以前の方が良かったとか・・・
tonaさんも、渋滞でライトアップの見物が間に合わずに残念でしたね。
世界遺産の功罪は色々あるようですが・・・
もっか登録に向けて動いている鎌倉はどうなるかしら?

投稿: nao♪ | 2013年2月14日 (木) 10:28

ここに載っているところは行ったことがあります。
永平寺はいかがでしたか。
未体験なので来月行こうかと思っているのですが^^。

投稿: 佐平次 | 2013年2月14日 (木) 10:37

雪明りの中、味のある綺麗な画像ですね~
この時期の雪国は、生活者も観光も大変です
天候に左右され、見たくても見えず行きたくても行けずと、自然には叶いません
環境を考え多分、人間の侵入を制限しているのではないでしょうかhappy01

投稿: OB神戸家 | 2013年2月14日 (木) 14:43

★nao♪さま

能登金剛って、清張の「ゼロの焦点」の舞台になった場所もありましたね。もう1度行ってみたいところです。
nao♪さんたちが撮影されればきっといい写真が撮れることでしょう。
そう、日本昔話のようですね。中では囲炉裏がチョロチョロと燃えて、家族が寄り添って囲んで寒い冬の夜をお話聞きながら過ごしている様子が浮かんできました。
もうすぐライトアップダウンの時間でしたので、それほど人が多くなくて、その点は良かったです。
鎌倉の渋滞は凄くて、子どもが小さい頃35年から40年以上も前でしたが、車の方が歩行者より遅かったです。今もいつ行っても人で混み合って、そう、世界遺産になった時にはさらにどんな規制がしかれるのでしょうか。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2013年2月14日 (木) 19:02

★佐平次さま

永平寺は夏に行ったときと違って、雪の中でのお寺は雰囲気が厳粛な感じでした。
吹き抜けの所はビニールが張ってあって、それほど寒くありませんでした。
長い階段も印象的でした。
殆ど撮影可能でしたので見ながら思い出すことができます。ありがとうございました。

投稿: tona | 2013年2月14日 (木) 19:07

★OB神戸家さま

本当に雪国も生活は大変ですね。
観光する人々のために雪かきをしていてくれています。
ふふふ、なるほど自然が勝手な人間の行動を制限している、、そうかもしれませんね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2013年2月14日 (木) 19:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/56752943

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の北陸方面へ(1)高山・白川郷:

« いろいろな人(3) | トップページ | 雪の北陸方面へ(2)金沢 »