« 上野の花と絵画と | トップページ | アメリカ東海岸・美術紀行1(ボストン) »

2013年3月23日 (土)

食べ物あれこれ

毎日のように、テレビではどこかでお料理や食べ物の話をやっています。
地方の美味しそうな野菜や肉、海辺の魚介類には思わずその地に行ってみたい気持ちになります。

一方日本人はここまでやるかというくらいに奇想天外な料理やお菓子を考える天才といってもいいくらい。
先日の 
    いなりずしの天ぷら
    いなりずしのハンバーガー

    カップヌードルのおにぎり
    チキンラーメンのおにぎり

どんな味だか想像出来るような出来ないような、唸ってしまいました。

:      ;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

かんきつ類を食べてそのままの手で、あるいは良く洗わないでリモコンを操作すると表面が溶けている可能性があるらしい。
かんきつ類の外皮にはリモネンという成分が含まれ、これがポリスチレンというスチロール系のプラスチック樹脂を溶かしてしまうから。パソコンやプリンターのプラスチック部分も御用心。

茶碗蒸しにマイタケを入れる人はいないと思いますが、入れると卵が固まらずどろどろになってしまう。マイタケの中にタンパク質分解酵素が含まれ卵のタンパク質が固まらなくなってしまう。

あらら、あの美味しいアンコウですが、生殖期のオスはメスを見つけると接近して腹部にぺったりとはりつき、次第に皮膚を癒着させ、メスと同化していく。やがては血管もメスと共有し、メスから栄養を貰って生き続けるというから驚きます。

チョコレートとガムを一緒に食べるとどうなるか?ガムが溶けはじめなくなってしまうという。それはチョコレートに含まれる油脂成分ガムペースをトロトロにしてしまうから。試してみたいけれどもガムを買ったことがない。

      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー  

      ~26日から4月2日までアメリカ東海岸へ出かけてきます~                 

      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                    1週間前の近所の花

Photo

Photo_2

Photo_5

Photo_4

|

« 上野の花と絵画と | トップページ | アメリカ東海岸・美術紀行1(ボストン) »

コメント

こんにちは
 

すっかり完成された伝統的な料理から、以前YVの番組で、
「新たな料理を生み出すのは非常に難しい」と、ある一流料理人が
言われるのを聞いたとき、本当にそうだなぁと思ったものです。
それでも、創意工夫に果敢に挑戦し続けて行くのですね。
でも…tonaさんが↑に挙げられた4種類はそういうのとはちょと違うかな。
私はあんまり食べてみたいとはおもえないです~(笑)
 

柑橘系の化学反応はうっすら知っていましたが、舞茸と卵や
チョコレートとガムのことは初めて知りました。
今うちにチョコレートもガムもありますが、試してみようかどうしよう…
 

アンコウのお話にいたってはびっくりたまげて目が点になりました。
そんなことがありうるなんて、不思議な生き物ですね!
 

いやはや、世の中知らないことの方が大多数です。
 

ご旅行楽しんでいらしてくださいね。
春の草木のお花がとても綺麗ですが、アメリカ東海岸ではどんな花が
咲いているでしょうね。いっていらっしゃいませ(^^)/~

投稿: ポージィ | 2013年3月24日 (日) 10:25

↑私も柑橘類の事は聞いていたのですが
他は知らなかったです。

食べたことのない食品には夫は決して
食べませんので、平凡な料理ばかりです。

米国美術ツアー、羨ましく存じます。
報告を待っております

18年前米国に行ったきりです。
まだ見るべきものがたくさん残っています。
どうぞ行ってらっしゃいませ。

投稿: matsubara | 2013年3月24日 (日) 12:23

★ポージィさま

新しい万人に喜ばれるお料理を創作するのは大変でしょうね。
私が創作するのは余った材料を使いきろうとするときで、調味を自己流にするので結構美味しくいただけますが、どう作ったかを書きとめていないので2度と食べることができません。
それにしても変なのを作る人がいますね。天むすも最初びっくりしましたが1度買って食べました。定着したようですね。

チョコレートとガムが揃っているのですね。ほんのちょっぴり試されては如何ですか。私も躊躇しそうですのでお勧めする柄ではないですが。
食べ物に関してもまだまだ知らないことだらけです。
アンコウのオスがくっついてしまったいる姿を見たいものです。

アメリカ東海岸4都市の美術館巡りで植物は見られないでしょうね。ワシントンの桜は満開が4月3日過ぎでもう帰ってきてしまいますのでだめそうです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2013年3月24日 (日) 19:54

★matsubaraさま

新しい食品は、ここまで年取りますとなかなか開拓できませんね。
南アフリカではワニや虫などいろいろ雰囲気でえいやと食べてしまいました。

アメリカ本土は初めてです。ハワイは行ったのですが。
エスタとか鍵をかうなとか指紋、写真撮影、はだしになるなど厳しい検査にずっと躊躇していました。
しかし4都市の美術館巡りということで万難を排していく気になりました。
ありがとうございます。帰りましたらまたよろしくお願いいたします。

投稿: tona | 2013年3月24日 (日) 20:02

おはようございます
いろいろな料理があるもんですね
いなりずしのテンプラとは驚きました
アンコウは勉強になりました
勉強になりました

投稿: たなちゃん | 2013年3月25日 (月) 07:36

★たなちゃんさま

おはようございます。
全く想像もしていなかったような食べ物を考え出すものです。
でも日本人は私を含め熱しやすくさめやすいので、数か月の命のものも多いでしょうね。
アンコウって海の底でこんな生態だったとはびっくりですね。

投稿: tona | 2013年3月25日 (月) 08:05

世の中には奇想天外なことを考える人もいるものですね。
以前、アイスクリームのてんぷらもあると、テレビで見ましたよ。
 要するに料理と言うのはこれと決まったルールはないのだから、食べてみておいしければいいのでは?

投稿: 夢閑人 | 2013年3月25日 (月) 14:47

明日ご出発のお忙しいときにすみません~~
 
チョコレートとガム、試してみましたよ。
両方一緒に口に放りこんでもぐもぐ… そのうちガムだけ残りました。
でも、通常噛む硬さより柔らかくなって、キャラメルが融けて
なくなりそうになる直前くらいの感じで飲み込みたくなりました。
多分、量の関係で、チョコレートがもう少し多かったら、きっとガムは
融けてなくなっていたのではないかと思います~
以上実験のご報告でした(笑)

投稿: ポージィ | 2013年3月25日 (月) 16:21

★夢閑人さま

アイスクリームの天ぷらありましたね。食べてみたかったですが、出会えませんでした。自分では作れないでしょうし。何となくそう思っています。
美味しければどんな作り方でもどんな材料を使ってもいいですね。その通りだと思います。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2013年3月25日 (月) 16:27

★ポージィさま

まあ!試して下さったのですか。
そうだったのですか。
ガムが残ったとしても量の関係で、それも軟らかくなっている・・・事実だったのですね。
わざわざ実験していただいてありがとうございました。記念すべき実験で、このご報告を刻みつけ、私もチャンスがあったらやってみます。感謝感激です!

投稿: tona | 2013年3月25日 (月) 16:32

お料理も好奇心と偶然の産物が多々あると聞いていますが・・・
カップヌードルのおにぎりとは想像もできません。
でもシイタケがなくて舞茸があったら、もしかして茶碗蒸しに入れるかも・・・?

春が超特急でやってきて、白モクレンも日向ミズキもあっという間に終わってしまいました。
最速で咲いた桜はいつまで持つことでしょう・・・

いよいよアメリカ東部美術館めぐりの旅にご出発ですね。
お気をつけて・・・
tonaさんの好奇心と行動力は衰えることなく、ますます発展している感じがします。
私も刺激をいただいておりますよ。

投稿: nao♪ | 2013年3月25日 (月) 21:20

★nao♪さま

本日18時過ぎに家に帰ってきました。
コメントありがとうございました。

この他にも奇妙とも言えるのがたくさんありますよね。凄い発想だと思います。
その点アメリカなんて単純ですね。それでも美味しいらしいのですから呆れてしまいます。
今日帰ってみたら桜がまだ咲いていますね。その後気温が上がらなかったのですね。また明日も楽しみます。
美術館4つを見てきました。
アメリカって凄くたくさんの名画を持っています。殆ど寄付だそうでお金持ちがそれだけ多かったのですね。また紀行文をご覧いただけたら嬉しいです。

投稿: tona | 2013年4月 2日 (火) 20:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/57017995

この記事へのトラックバック一覧です: 食べ物あれこれ:

« 上野の花と絵画と | トップページ | アメリカ東海岸・美術紀行1(ボストン) »