« アメリカ東海岸・美術紀行4(ワシントン) | トップページ | 神戸・瀬戸内クルーズ・九州(1) »

2013年4月16日 (火)

かわいい江戸絵画展 府中市美術館

Photo_3江戸時代に描かれた「かわいい」と言われる絵画168点を前期後期に分けて展示された絵画展で、後期のみですが行ってきました。
かわいい江戸絵画 = Cute Edo Paintings
「かわいい」と英語で言えば「pretty」ですが絵画展では「cute」と訳しています。
英語で他に「bunny」「sweet」「lovable」「lovey」「little」などと表現される。

ところが日本人が江戸時代に絵で表現した「かわいい」にはその感情が実にさまざまなのです。
それは「かわいそう」「けなげ」「いつくしみ」「おかしさ」「小さなもの」「つたなさ」などが、忘れましたがさらにタイトルも少し長くなっていきます。
丸山応挙の子犬や歌川国芳の猫、仙厓和尚の子どもや動物、与謝蕪村の擬人化した火桶などが印象的です。しかしこんな風に描かれるのが「かわいい」ということばで表されながらその奥にいろいろなニュアンスを含んでいるのだという絵にたくさん出会って、日本語の表現の豊かさを絵から学んだ絵画展でした。

Photo_7 Photo_8

「侘び」「寂び」などを外国人に訳して説明することの困難さが紹介されてきましたが、他にもいろいろありそうで国語の豊かな一面をまた学んでいくことも楽しいことです。

↓で栞を作ったり、はがきにスタンプを押せるコーナーがあって、素敵な美術館です。
Photo_10 Photo_12  


 

|

« アメリカ東海岸・美術紀行4(ワシントン) | トップページ | 神戸・瀬戸内クルーズ・九州(1) »

コメント

東京に居た20年前、大方の美術館へ訪問
したのですが、ここは知りませんでした。

町田市国際版画美術館などにも参りましたのに・・・

いろいろなテーマの決め方がありますが、
今回の企画は子供も楽しめそうな内容ですね。
日本語もいいですが、英語もいろいろ連想
できますね。
日本語では「をかし」など文語体の方が
バリエーションが広がりますね。

投稿: matsubara | 2013年4月17日 (水) 08:25

和語なんですね。漢語じゃない。
心の奥底で受けとめる言葉なのかもしれないですね。

投稿: 佐平次 | 2013年4月17日 (水) 08:47

★matsubaraさま

おはようございます。
町田市の美術館までいらして東京のおられた時は殆ど巡っておられますね。脱帽です。

言葉というのは何処の国でもいろいろ学べば、奥深いものであります。
現代の言葉だけでなく成り立ってきた過程の古文の言葉もあります。
そう、文語体の「をかし」、清少納言の物尽くしを思い起こします。
matsubaraさまは日本語だけでなく英語の言葉も勉強されていらっしゃるから、面白いことをいろいろ発見されていることでしょう。

投稿: tona | 2013年4月17日 (水) 08:50

おはようございます
 

楽しそうな絵画展にいらっしゃいましたね♪
 

かわいいの意味は「かわいそう」「けなげ」「いつくしみ」
「おかしさ」「小さなもの」「つたなさ」などなのですね。
tonaさんの記事を拝見して、へぇぇぇ! というので私も
電子辞書辞書で見てみました。 でした。
可愛いは当て字で、①に出ていた意味は「いたわしい、ふびんだ。
かわいそうだ。」
②が「愛すべきである。深い愛情を感じる。」 ③が「小さくて美しい」
普段自分が使っている「かわいい」には①の意味はほとんど
入ってなさそうです。
でも、今回これだけ色々な意味があるのだと知って、
若い女性たちが、気に入ったもの全てを「かわいい~」と
表現するのも間違いじゃないんだなと。違和感感じていた
自分の方が了見が狭かったんだと気付きました~
 

日本語、奥深しですね。

投稿: ポージィ | 2013年4月17日 (水) 08:55

★佐平次さま

目から鱗。
和語と漢語をいま調べたところです。
こんな複雑に両方が入り混じった言葉を使っているなんて凄いことです。
和語の優勢かな。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2013年4月17日 (水) 09:06

★ポージィさま

電子辞書で調べていただいてありがとうございました。
「かわいい」に「かわいそう、不憫だ」と言う意味は考えたこともありませんでした。
こうして「かわいい」一つをとっても意味がこんなに想像もつかないものがあるので、他の言葉を調べたら驚くようなことに出会いそうですね。
折に触れて調べてみたいです。
たまに辞書を読むのが好きと言う人に出会いますが、『舟を編む』の中の人たちは筆頭でしょうか。
若い人のかわいい!発言、そうなのでしょうかね。私も自分を変えなければです。

投稿: tona | 2013年4月17日 (水) 09:13

絵画は良いですね。
小さい動物は特に可愛く感じます。

キュートという響きは何ともワクワクします、小悪魔的で、そんな魅力が発散されるのでしょうか。
最近はラブリーとかよりはキュートの方がグッとくる気がします。
最近は動物がすっかり好きになってきました。

投稿: macchanny | 2013年4月19日 (金) 10:57

★macchannyさま

本当に赤ちゃんや子どもって人間だけでなく動物の可愛いこと!
動物番組も多く見るようになってそう思います。
キュートという言葉が使われるとは知りませんでした。自分でも絵にその可愛さを描ければ最高なのですが、そうはいきません。
南アフリカで見た猛獣たちの赤ちゃんも実際に見てその可愛さに感動しました。

投稿: tona | 2013年4月19日 (金) 16:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/57184800

この記事へのトラックバック一覧です: かわいい江戸絵画展 府中市美術館:

« アメリカ東海岸・美術紀行4(ワシントン) | トップページ | 神戸・瀬戸内クルーズ・九州(1) »