« アメリカ東海岸・美術紀行2(ニューヨーク) | トップページ | アメリカ東海岸・美術紀行4(ワシントン) »

2013年4月10日 (水)

アメリカ東海岸・美術紀行3(フィラデルフィア)

Photo_2 フィラデルフィアは古代ギリシャ語で「兄弟愛の市」を意味する。映画『フィラデルフィア』はこのことをも指すのでしょうか。

ここは合衆国建国ゆかりの地、 Wikipediaによれば
18世紀を通じてフィラデルフィアは北米最大の都市で、アメリカの独立前にはイギリス第二位の都市だった。独立戦争時、州議事堂(現独立記念館)で大陸会議や独立宣言の起草が行われた。また1790年に合衆国の首都がニューヨーク市からフィラデルフィアに移ってくると、新都ワシントン特別区の建設が一段落する1800年までの10年間合衆国連邦政府の首都だった・・とある。議事堂の2階が上院、階下が下院だったが、今でもこの名前が残っているわけだ。
またここはフィラデルフィア管弦楽団でも有名だ。

<独立記念館(世界遺産)>
1776年7月4日に、イギリス植民地下にあった13州の代表者が、この建物の広間に集り、トーマス・ジェファーソンが起草したアメリカ独立宣言が署名された
正面が独立記念館で右側の平屋建物内に自由の鐘がある

Photo_3
Photo_4
<自由の鐘> 合衆国の歴史に大きな意味を持つ、国の象徴の一つとなっている。1753年3月に最初に鳴らされた際にひびが入ってしまった。その後の鐘には長い長いお話があります。Photo_5
                    市内を走る観光バスPhoto_6
<フィラデルフィア美術館>
映画『ロッキー』シリーズに登場する美術館。シルヴェスター・スタローン扮する主人公ロッキーがトレーニングのために駆け上る美術館正面階段は「ロッキー・ステップ」と呼ばれている。
Photo_7
Photo_8
         階段下の右手の部分にはロッキーの銅像が設置されているPhoto_10
美術館から市中心部が見える。中央突き当たりに霞む塔は市庁舎で、塔の真下で東西と南北に走る道路が交わっている。Photo_11
       その市庁舎の塔を間近から。気品のある素晴らしい建物です。Photo_12
美術館の絵
ルーベンス        グレコ          セザンヌ 
Photo_13 Photo_14 Photo_15 Photo_16

         モネ               ルノワール 
Photo_17 Photo_18 Photo_19 Photo_21

      モジリアーニ            ドガ      ゴーギャン
Photo_22 Photo_23 Photo_24 Photo_25

      ゴッホ               ピカソ       マチス
Photo_26 Photo_27 Photo_28 Photo_29

往復の機内で『愛、アムール』『ヒッチコック』『アルゴ』『リンカーン』『007スカイホール』を観ました。
Photo_31アカデミー賞外国語映画賞受賞の『愛、アムール』
パリのアパルトマンで悠々自適の老後を送る音楽家夫妻に、とうとう妻が発病で手術に失敗し麻痺が残るが、病院に戻りたくない妻を献身的に介護する夫。一見淡として見える介護だが老々介護の実体はとても厳しい。泣きじゃくる娘にも象徴されるように介護は並みのものではない。信頼、至高の愛、相手への思いやりなどなしにはできない。自分にも降りかかる問題に果たしてこの映画から何か引き出せるか、日本とは事情が違う国でありながら同じ問題を突きつけられた映画だった。

|

« アメリカ東海岸・美術紀行2(ニューヨーク) | トップページ | アメリカ東海岸・美術紀行4(ワシントン) »

コメント

こんにちは
 

フィラデルフィアは古い歴史のある都市、とだけの知識ですが、
私は映画シックス・センスを思い出します。映画の中で、
少年が見てしまう死者がフィラデルフィアの歴史と関わりがあったのが
(詳しくは忘れましたが)印象に残っています。
そっか、ロッキーの場面も!あの建物が美術館だったのですね。
美術館ではまたそうそうたる画家の絵をご覧になれましたね。
 

往復の飛行機の中でご覧になった映画も、新しくて関心のあるものばかり。
たくさんご覧になれて良かったですね。中でも「愛、アムール」は
いちばん観てみたいと思っていた映画です。
 

投稿: ポージィ | 2013年4月11日 (木) 11:12

★ポージィさま

こんにちは。
「シックス・センス」、あの怖い映画でしたが、フィラデルフィアの歴史と関わりのあったという死者がいたのですか。私は何も思い出せませんが、よくご覧になっていらっしゃいますね。
ロッキーも言われるまで気が付きませんで、またロッキーをやったらよくよく見たいと思います。
ロッキーの銅像はイベントの度に階段の上に引き上げられるそうです。

大したことないと思っていたここの美術館もたくさんの良い絵を持っていました。凄いです。

「愛、アムール」は大きな動きも静かに描写していますが、期待外れではありませんでした。
全日空でしたので日本語吹き替えのもあって、どんどん観ることができました。でもリンカーンは往復2回観たのですが、戦争場面でなく議会や議員のやりとりなので、私にはどうなっているのか?結構難しかったです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2013年4月11日 (木) 13:09

フィラデルフィアで独立の鐘が鳴ったことは
中学の時の英語の教科書に出てきましたね。

私は行っていませんが、夫がよく米国の
出張に行き、たまたま7/4の記念日に
あたる日にも米国にいたことがあり、いろいろな
イベントに感動していました。

世界中の名画が米国にあるという話は本当なのですね。
飛行機で映画を一度見たことがありますが、
時間を有益に使えますね。

投稿: matsubara | 2013年4月12日 (金) 09:02

★matsubaraさま

中学の英語の内容まで覚えていらして、本当に頭がいいです、matsubaraさまは!
ご主人さまは貴重な体験をされていらっしゃいますね。

イタリア、パリ、ロンドン、ロシアもただただ感動の絵画でしたが、アメリカもイタリアを除いて同様に写真に収めることが出来て大満足でした。
もう行くことはないこれらの都市ですが、絵のことだけを思い出すことになりそうです。

今回は全日空で機械の具合がとても良くて行き帰りともに3本、リンカーンは良く理解できなくて往復見てしまいました。本を読むより疲れないです。
こちらにもコメントありがとうございました。

投稿: tona | 2013年4月12日 (金) 16:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/57146428

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ東海岸・美術紀行3(フィラデルフィア):

« アメリカ東海岸・美術紀行2(ニューヨーク) | トップページ | アメリカ東海岸・美術紀行4(ワシントン) »