« 瀬戸内海11島めぐり(3)笠岡諸島と塩飽諸島 | トップページ | 倉本一宏著『藤原道長の日常生活』 »

2013年5月29日 (水)

思い出の万博

Photo そろそろスクラップブックを捨てようかと、その前にもう一度振り返って見てみようと全12冊を眺めたのですが、、
結婚する前からこのブログを始めるまでの約40年間、ことに当初は何でもかんでも貼って感想も書いたりして、まめなことでした。昔はボーリングをやっていたことを発見したり、労音で音楽を聴きに行ったり、今は殆ど行かない喫茶店でお茶したり、勤めながら子育てもしながら、まあ、よく遊んでいること。元気だった頃を懐かしんで、またそこに子どものことを書いているので捨てるのをやめることにしました。

昭和45年の3月から9月まで半年間、大阪で日本万国博覧会が開催され、夏休み7月20日に3歳半の娘を連れて出かけています。
当時万博へ向かって日本全国から大勢の人が移動しました。約6422万人で1日平均34万人だったそうだ。
あまりに激混みでモノレールも電気タクシーも乗れず殆どの展示館は並んでいて入れず特にアメリカ(月の石を触りたかった)やソ連館は数時間待ちで、ドイツ館とフランス館のみの入館でした。
昼食はチェコ料理、空中ビュフェ、夕食はスカンジナビア・バイキングと書いてあって懐かしいですが、何のために出かけたのか、むなしい万博見学だったみたい。

一方比較することではないですが、時代は下って、東京スカイツリー展望デッキだけで1年間638万人、東京スカイツリータウンは5080万人(私は3回)で、スカイツリー騒ぎから各観光地など悲喜こもごもと言った感があったそうです。

左は娘の迷子札。迷子になった大人と子供の数は22万だったとか。
Photo_3 Photo_4

            ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

Photo_5
Photo_6
Photo_7
2013_05240008

|

« 瀬戸内海11島めぐり(3)笠岡諸島と塩飽諸島 | トップページ | 倉本一宏著『藤原道長の日常生活』 »

コメント

捨てないほうがいいですよ。
こんなに懐かしい話が出てくるのですから。

投稿: 佐平次 | 2013年5月29日 (水) 10:20

 
こんにちは
 

お写真の12冊、そんなに場所取りでもなさそうですし、
捨てないことにされて正解ではないでしょうか。
時代のこと、お子さんのこと、懐かしい記録がtonaさんの
思いと共にぎゅっと詰まっている12冊ですもの。
大阪万博は私も連れて行ってもらいましたが、新幹線で立っていたとか
あせもができたとか、どうでもいいことしか覚えていません(^^;)
当時ものすごい人出だったわけですが、現代の東京の新名所も
すごいんですね。そういえば、GW前に、国内でいちばん賑わいそうな
場所は東京と予想が出ていました。
私は、東京の新名所は、まだどこにもいちども出かけていなくて、
ニュースで紹介されたのをチラチラ見るのみです。
 

お花はお庭のものですか? もうすっかり初夏~夏ですね。
ご近所のアジサイもちょうどこのくらいに色づいてきています。
梅雨の季節が間近に迫っていますね。

投稿: ポージィ | 2013年5月29日 (水) 10:45

私も若い頃から
育児日記や十年日記など、形を変えながら
なんだかんだ書いています。
育児日記は子どもたちのことが出てくるので
やはり捨てられませんね。
結局、下手でも何でも書くことが好きなのでしょうね?
ブログを書いている今は
日記は殆ど単語と記号だけですが。

花のお写真、カルミアは金平糖のように可愛くて
ニオイバンマツリは色のグラデュエイションが綺麗で大好きです。

投稿: zooey | 2013年5月29日 (水) 17:22

★佐平次さま

ありがとうございます。
大事にして、もう1度だけ見ることになるでしょう。

投稿: tona | 2013年5月29日 (水) 20:33

★ポージィさま

ありがとうございます。
捨てないことにします。今まで一度も見なかったなんて、CDに焼き付けたブログ用写真みたいです。
あまり出歩けなくなったら見てまた思い出にふけるのだと思います。
ポージィさんも連れられて万博へ、しかも新幹線で立ってとは。もう出発の電車から混んでいたわけですね。あせもを覚えていらしたなんて、よほど痒くて辛かったのでしょうね。それも思い出の一つです。

今年の東京への人の移動で九州など観光が何割か減ったそうですね。
混んでいると言えばディズニーランドも凄かったらしいです。
混んでしかも行列は耐えがたくなりました。余ほどでない限り出かけたくないです。

今日梅雨入りしたようですね。
これは全部庭のです。カルミアだけはもう枯れました。
カシワバアジサイは去年挿し木して大きくなったのですが蕾は付きませんでした。

投稿: tona | 2013年5月29日 (水) 20:44

★zooeyさま

ありがとうございます。
書くことがお好きな方はやはり文章が良くまとまって上手ですね。
zooeyさんも映画などさらさらとまとめられて感想がとてもお上手で、文才のある人が羨ましいです。
育児日記と言えばタロウ君の日記もあるのかしらとタロウ君の顔(覚えましたよ)を思い浮かべます。
単語と記号だけでもとても貴重だと思います。それでも膨大な記録になるでしょうね。

カルミアは私も金平糖のようだと咲くと可愛がります。
ニオイバンマツリは何故か、一年おきに立派に咲きます。最初の紫が濃いですね。源平菊は白から赤でしたか、反対です。

投稿: tona | 2013年5月29日 (水) 20:53

育児記録以外は、写真だけであることに今頃
気づきました。

万博は次男が生まれた年でしたので、母乳のここともあるし、
一度行ったきりです。神戸にいたのに・・・
長男は夫が連れて行きました。
娘は行かずじまいでした。まだ2歳でしたし・・・
神戸の自宅は岐阜からの万博客の宿泊所に
なりました。妹なども泊まりました。

チェリーセイジは、近日中にupしようと
準備しています。白ですが・・・

投稿: matsubara | 2013年5月30日 (木) 16:24

★matsubaraさま

ありがとうございます。
丁度万博の時は子育てでお忙しかったのですね。
娘も3歳半では何も覚えていないだろうと思います。むしろ大人の私たちが行きたかったのですね。
宿泊所になって大変でしたでしょう。
私たちも京都に転勤していた義兄の家にご厄介になりました。

チェリーセージの白と赤のホットリップスはいつの間にか赤だけに変わってしまいました。白はないです。

投稿: tona | 2013年5月30日 (木) 19:52

日記に大阪万博の記録があるのですね。嬉しいことです。
万博が3月15日に始まったと思いますが始まって直ぐに万博を覗いて3月末にザンビアの方に発ちました。
この当時のことは鮮明に覚えています。付け加えますと飛行機で発った日によど号ハイジャック事件発生でした。
2年間のザンビア滞在があって帰ってきたら年収が倍増していました・・・。
これを機に日本が世界にそれなりに認知され大きく発展する催しものでした。東京からよく来られましたね。
有難うございます。

投稿: macchanny | 2013年6月 1日 (土) 13:51

★macchannyさま

ありがとうございます。
ザンビアは今アフリカ開発会議が横浜で開催されていますが、54あるアフリカの一つですね。
柔道も教えていらしたのでしたね。普通の人が出来ない貴重な体験です。
驚きました。よど号ハイジャック事件が万博の始まったばかりの頃、しかもmacchannyさまがアフリカに飛び立った日に発生したとは。
とても忘れられないことです。ここで私もハイジャック事件の年を覚えました。

せっかくの万博なのに、2館しか見られなかったのが残念至極ですが、思い出がこうしていつまでも残るのは、万博ならではです。
太陽の塔は印象的でした。

お大事に。

投稿: tona | 2013年6月 1日 (土) 16:21

tonaさんは思い切りのいい方だと思いますが、
スクラップブック12冊はさすがに捨てられないと。
気持ちよく分かります。
大阪万博、tonaさんも出かけられていろいろ思い出があるのですね。
私も大阪万博へ行きましたが、当時は仕事として行ったのでした。
企業で、海外向けの広報を担当していたので、
万博特集の広報誌を発行することになったのです。
出版社の営業とカメラ・マンを連れて取材に行きました。
歩きすぎて、足を痛め、そのあとしばらく大変だったことを
思い出します。
6422万人、一日平均34万人が移動したのですか?
私も、当時私が出版にかかわった広報の小冊子は、
tonaさん同様捨てられないでいます。
いろいろ苦労した思い出が詰まっているものですから、
これは多分私の生前には処分出来ないことでしょう。
捨てる難しさ、痛感しています。

投稿: 茂彦 | 2013年6月 2日 (日) 18:43

★茂彦さま

お仕事で大阪万博に行かれた思い出は忘れられないことと思います。
たくさんの国のを取材されたのでしょうが、さぞやお疲れになったでしょうね。
足を痛めるくらい広かったわけですもの。
その冊子には万博について私たちが見なかったいろいろな情報が書かれているのでしょうね。大切になさってください。
お子様たちがいらっしゃるからたくさん残されても大丈夫ですね。

実は私の市では6月から燃えるゴミと燃えないゴミだけ有料になるのです。そこで燃えないゴミを慌ててたくさん出したのですが、まだ家の中には荷物がいっぱいです。
本当はもっと少ない物で生活できるのですが。
私たちがあの世に行ったら業者にお願いして処分してもらうべくお金を用意しておきます。一人の一生でさえ、随分たくさんの物に囲まれるものと呆れます。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2013年6月 2日 (日) 19:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/57478335

この記事へのトラックバック一覧です: 思い出の万博:

« 瀬戸内海11島めぐり(3)笠岡諸島と塩飽諸島 | トップページ | 倉本一宏著『藤原道長の日常生活』 »