« アメリカ西部、大自然絶景紀行(6)ブライスキャニオン国立公園、ザイオン国立公園、ラスベガス | トップページ | 夏目漱石の美術世界展 »

2013年7月 7日 (日)

阿川佐和子著『残るは食欲』

題名が面白い。初老の人に当てはまるのか。まあ、世の中には名誉欲や金欲が一生ついて回る人も多いようだけれど。

いきなり「お腹が空いているときと満腹のときと、はたしてどちらがシアワセだろうか」を考察している。
阿川さんは断然前者、お腹がすいているときだそうだ。比較の問題、個人の問題だろうけれど私もそう。時間がきてもお腹がすかないこともあり、往時の3分の2から半分くらいに量も減ってしまった現在、お腹がすいたということがとても幸せというのが実感だ。
毎週食べ物に関する原稿を書くのに苦労されたようですが、ちゃんと料理をしてきちんと食べておられる。気難しいというか食にも煩い父上に仕えている母上から伝授された珍しい食べ方も紹介されている。面白い料理や食べ方を母上は随分探求していらっしゃる。

食べものに対して好奇心がなくなったなあ、私。そんなことはないけれども、まるで美味しいものを食べつくしてしまったよう。年より早く老けて胃腸も元気でなくなってきたのも原因の一つだ。そうは言いながらお寿司だけはいつでもどこでも大歓迎であります。
アナウンサーやレポーターが、地方の野菜畑をまわって収穫したてのをその場で食べる番組をちょくちょく見る。野菜が果物のように甘いというレポートが多い。野菜の改良というより風土を生かして美味しく作るということのようだ。このような野菜と漁で釣ったばかりの魚をその場で刺身にして食べているのには食指が動く。
Photo Photo_2 今日みたいに暑いと、日本しかない各種漬物や、青梅で娘たちが買ってきてくれたわさび漬けや佃煮が食欲増進剤だ。

友人のところで見たズッキーニをカボチャと間違えました。(携帯で撮るのが苦手で白内障のように見える写真になって見にくいですね)
130623_151145
ズッキーニはウリ科カボチャ属の果菜だからカボチャの形をしているのがあるのも頷けます。
緑果種と黄果種があるそうですが、今年初めて家の前の畑で黄果種がなっているのを見ました。畑から直売所へそして我が家へ。
緑果種は加熱するが、黄色は皮が軟らかくサラダに向いている。ちょっと胡瓜のような味がするが水分が少ないのでこりこりした感じです。
Photo_4 Photo_5

Photo_6 

|

« アメリカ西部、大自然絶景紀行(6)ブライスキャニオン国立公園、ザイオン国立公園、ラスベガス | トップページ | 夏目漱石の美術世界展 »

コメント

私も空腹派です。
ウマイものを食ってる時が最高だけど^^。
今はステーキなどの映像を見てもあまりそそられません。やはり野菜と魚の新鮮さを活かしたものがいいですね。同じですねえ^^。

投稿: 佐平次 | 2013年7月 8日 (月) 10:00

こんにちは
 

阿川佐和子さんは、たくさん色んな引き出しを持っている方ですね。
著書を幾つも読んだことがあるわけではないですけどそう感じます。
空腹のときと満腹のときの幸福感…自分はどうかしら?
美味しいものあれこれを想像していられるくらいの空腹なら
同時に幸せ感も感じるけれど、たまに低血糖のような症状が
出たときは危機感のほうが強いし… うーん、お腹がいっぱいのとき
の方がシアワセ感じることが多いかもしれません(笑)
食欲が無くて食べられないということが滅多にないからかも
しれません。それぞれの人の状態・状況によって変わって
くるものでしょうね。
 
丸いズッキーニは実物を見た事がありません。私もカボチャと
間違えると思います。日本では細長いのが主ですものね。
へぇ、黄色のは生で食べられるのですね。
世の中には食べたことのない食材が山ほどありますが、
私には苦手なものが多そうな気がします。
 

投稿: ポージィ | 2013年7月 8日 (月) 10:14

★佐平次さま ありがとうございます。

若い頃洋食をよく作って食べていましたが、今は95%は和食です。
発酵学者の小泉武夫氏によると、年取るにつれ、和食のDNA回帰が起こるのだとか。頷けます。
夏野菜がいっぱい出まわってリッチな気分を味わっていますが、新鮮な魚の種類がなくて、食べたくば、お店に行くか、旅行しかないです。

投稿: tona | 2013年7月 8日 (月) 16:34

★ポージィさま ありがとうございます。

阿川佐和子さんの『聞く力』がベストセラー一位だったそうで、図書館の予約順番待ちです。壇ふみさんとの旅行記等も面白いですし、随筆も結構おっちょこちょいな所があることが披露され、笑わされています。

満腹派ということでやはりお若いと思います。
食欲がいつもあることは幸せですね。それを満たした時の満腹感はいいものですよね。同じ自分の場合でも時と場合によります。

丸いズッキーニの味はやはり同じようなのでしょうね。今度お会いしたら聞かなくては。
72年も生きてまだまだ知らない、食べたことのない食品があります。
アメリカで夫などはバッファローの肉を注文していましたが、私はそういうのは避けています。この頃苦手になってしまって。

投稿: tona | 2013年7月 8日 (月) 16:47

阿川さんのインタビューは記録的に続いている
というので、先日新聞の一面に特集されていました。
恐らく提携しているため東京新聞にも載った
はずです。これを読み、才能のようなものを
感じました。インタビューする人に逆に
インタビューするのですから・・・

ズッキーニの記事は、2006.7.6に書いて
います。その記事のコメントにドイツから
あり、黄色種もあることを知りました。
我が家の菜園では緑だけでしたので・・・
もう7年も経ち忘れかかっていました。
その後作っていません。

投稿: matsubara | 2013年7月 9日 (火) 16:14

こんばんは (◎´∀`)ノ

モデムのACアダプターが接触不良で日曜日からネットに接続できませんでした。サポートセンターに相談したところ、「モデム一式交換します」とのことで、わずか2日で届き復活できました。

たしかに『満腹』の時も幸福を感じますが、お腹が空いている時の「何を食べようかな?」という楽しみも幸福を感じます。
近所にTVでも紹介されるほどの激安スーパーがあるのですが、時として『安かろう、悪かろう』商品もあり、この季節は野菜はなるべく産直市場へ行って新鮮なものを買い求めるようにしています。

投稿: 慕辺未行 | 2013年7月 9日 (火) 23:55

★matsubaraさま

おはようございます。
阿川さんの活躍凄いですね。
そうですね。才能ですね。
父親譲りで文章も上手いし。

黄色のズッキーニは今年初めて知ったのですが、随分前に既にご存じだったのですね。
あとはカボチャ型を見つけたらチャレンジです。
菜園まで手掛けていらっしゃるのを知って、もう仰天です。

投稿: tona | 2013年7月10日 (水) 06:48

★慕辺未行さま

おはようございます。
パソコンの不具合もたちまち解決されてしまうなんて、さすがです。
とても出来ないです。娘を呼び出し大騒ぎするので、本当はパソコンに向かう資格がないです。

食べることでも幸福感を満足させるようにしたいものですね。
新鮮な野菜は産直、確かにそうですね。
同意見です。
こちらでも畑からの直売所があちこちにあるので、端境期を除いて活用しています。

投稿: tona | 2013年7月10日 (水) 06:54

猛暑お見舞い申し上げます
今日も迷い人の放送がありました
猛暑の中、危険ですね
高温注意報も出るのでしょうか
そんなこんなで、ご用心を

投稿: OB神戸家 | 2013年7月10日 (水) 09:39

★OB神戸家さま

猛暑のお見舞いを頂戴してありがとうございます。
若くないので、TVの気象予報士やアナウンサーから注意されながら、無理しないように気を付けています。
ついつい冷房の中でずっと過ごし、節電と叫ぶのがむなしいくらいです。

投稿: tona | 2013年7月10日 (水) 13:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/57741307

この記事へのトラックバック一覧です: 阿川佐和子著『残るは食欲』:

« アメリカ西部、大自然絶景紀行(6)ブライスキャニオン国立公園、ザイオン国立公園、ラスベガス | トップページ | 夏目漱石の美術世界展 »