« タバコの花 | トップページ | ハートと涙 »

2013年7月16日 (火)

まだまだ読めない・書けない漢字

同じ漢字を繰り返すときに使う「々」はこれ自体何と読むのか?
ずっと「おなじ」と思っていましたが、
「どう」仝(=同)という字が変化したから、又は
「ノマ」カタカナのノとマを組み合わせたように見える
と読むそうだ。
これは漢字ではなく「おどり字」と呼ばれる記号とのこと、知りませんでした。
Photo_2 2001年に買って一通り見てしまいこんであったこの漢字の本。また見てみるとチェックしてある字が又読めないのがあります。そして読めるけど書けない字だらけ。意味がわからないのもあり。
今月1日の『天声人語』に「何もする気が起きないとき、辞書を興味の赴くままに読みすすめば、言葉の海は広く、深い。その都度なにかしら新しいことを知る」「一つの文字から関心が広がってきりがなくなる」」と書いてありました。漢字の語源や意味を読んでいくと確かに面白い。これを極めた人が『舟を編む』に登場する人ってわけです。

         。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。

この時期の庭はオレンジの花が元気です。ギラギラの太陽光線にマッチしています。

        オニユリPhoto_3
        ノウゼンカズラPhoto_4
        ヒオウギズイセンPhoto_5
        ブルビネフルテスケンスPhoto_6
        コエビソウ(ベルペロネ)Photo_7
ゼラニウム                 モミジバゼラニウム
Photo_8 Photo_9 

|

« タバコの花 | トップページ | ハートと涙 »

コメント

「々」を「ドウ」または「ノマ」と読むとは
知りませんでした。
試しに私のパソコンでも
その読み方で入力してみたら
ちゃんと「々」が出ました!
私は今まで「くりかえし」と入力していました。
それでも「々」が出るんですよ。

投稿: zooey | 2013年7月16日 (火) 23:22

★zooeyさま

「くりかえし」なるほどね。
私は「おなじ」を入れていました。
「ノマ」では私のでは出ませんでした。読み方がわかったわけですが。
「くりかえし」はちゃんと出ます。
「くりかえし」で「ゝ」「ゞ」も出ますね。
「ゝ」はひらがなのですね。「ゞ」ひらがな濁点です。ありがとうございました。

投稿: tona | 2013年7月17日 (水) 06:42

こんにちは
 

々 や ゞ の読みかた(呼び方?)知りませんでしたが、
使いたいときに「くりかえし」と打って変換してました。
今、「どう」を変換してみましたら最後の方に
「 々 仝 〃 」が
出ていました。「のま」では変換できず。面白いですね(^^)
 

辞書を引いて、そこからどんどん関心が広がっていくというのわかります。
実際には、どこまでも続けることはしませんが、それでもいくつか
追ってみることがあります。
そういうのは、自分が記事を書く際や、皆さんのブログ記事や
いただいたコメントを拝見したときにも起こりますね。
私は知っていることがとても少ないので、これは何?どこ?どういうこと?
何と読むの?など疑問にぶつかることも多々。
そして、辞書を引いたりネット検索をしたりして…と広がっていきます。
調べたことを覚えておくのはもう無理なのですが、でも新しいことを知り、
へぇ なるほど と感じることができるのは楽しいものですね。
 
tonaさんのお庭、たくさんオレンジ色の花が揃いましたね!
夏は清涼感のある花も良いですが、太陽の熱を感じさせるような
オレンジや赤といった色も似合いますよね♪ 緑にもとてもよく映えます。
わが家でも、昨日ちょうどオニユリが開花しました。
 

投稿: ポージィ | 2013年7月17日 (水) 10:24

金々節、々の入力を今まではIMEパッドに手書きでやるのが面倒で金金節と入力しました。
金子みすずのずが々に点々なんですね。
これはどうするのかな^^。

投稿: 佐平次 | 2013年7月17日 (水) 11:04

「々」をドウと読むとは知りませんでした。
私は「おなじ」で「々」も「〃」も変換してきました。
ちなみに「ノマ」では変換できません。

オレンジの花が一杯ですね。
夏!ですね。

投稿: gaki | 2013年7月17日 (水) 12:19

★ポージィさま

こんにちは。ありがとうございます。
昨日から涼しくて感動ものです。
私も「ノマ」では出ませんでした。
ずっと今日まで読めなかったのがはや何ともです。

パソコンをいじってブログを始めて、いろいろな方のブログを拝見し、ネット検索するようになってから、それは毎日のように調べものです。
電子辞書も引きますが、殆どパソコンで調べています。それはそれで大変いいのですが、紙の上で読むのも面白いですね。絵も描いてあって楽しいです。次々と広げて調べるのも意外な発見があって嬉しくなります。
>調べたことを覚えておくのはもう無理
全くその通りですね。それで困って、また調べる羽目なります。

オレンジ色の花は日に当たった方がより輝いてきれいですから不思議です。
ポージィ家もオニユリが咲いているのですね。昨日ちょっとかすったら洋服が染まってしまいました。

投稿: tona | 2013年7月17日 (水) 13:53

★佐平次さま

「金子みすゞ」の「ゞ」は「くりかえし」と入れて変換しますと出ます。
IME手書きも良く使いますが、時々消えてしまうので、そんな時ひらがなになってしまいます。

投稿: tona | 2013年7月17日 (水) 14:13

★gakiさま

凄まじい1週間でしたが、
昨日から涼しく28℃でとても有難く感じます。
私も「おなじ」で変換していました。
「のま」ではできませんね。

夏のオレンジ色が気に入りました。
来週からまた盛夏のあの暑さがぶり返すとのこ、ご自愛ください。

投稿: tona | 2013年7月17日 (水) 14:19

々がノマと読むことは知らなかったです。
私は自分流で「どど」とか「ひび」とか打ち込み
度々、日々の前の文字を削除していました。
能率悪いですね。

私達の短歌会では、正式な文字と言えないので使う
ことはご法度です。
つまり、日日と書きます。私の発行する
短歌誌もそれに従っています。
でも無視している結社もあります。

オレンジの花は力と勇気が貰えますね。
ノウゼンカヅラもヒメヒオウギスイセンは
我が家でも満開です。

投稿: matsubara | 2013年7月17日 (水) 14:56

★matsubaraさま

「々」は漢字でなく記号だそうですね。
短歌では使えないということも初めて知りました。
無視しているところもあるとはいえ、これから気を付けて見てみます。

気温が高いとき、涼しげな水色は我が庭には似合わないことに気づきました。
高原では水色や紫、ピンクがなかなかいいのですが。
関東以西はどこでも同じ花は同じ時期に咲きますね。今もmatsubara家のお庭は賑やかにお花が咲いていることでしょう。

投稿: tona | 2013年7月17日 (水) 15:28

こんばんは (◎´∀`)ノ
この文字の読み方、以前聞いたことがあったのですが、すっかり忘れてしまいました (^_^;;アセッ!
読み方も分からないのでPCで入力するときは『等々』と入力し『等』を消していました(笑)
漢字は割と得意なほうですが、最近は私も『読めるけど書けない』漢字が多いです。
『薔薇』なんて最も分かりやすい例ですよね?!「読めるけど書けない”典型”」です。
TVの某クイズ番組をしばしば見ていますが、漢検1級クラスの漢字を易々と読むことができる女優さんに、いつも感心しています。

投稿: 慕辺未行 | 2013年7月19日 (金) 00:06

★慕辺未行さま おはようございます。

PCに向かうようになったら、字が書けないこと、呆れてしまうほどです。
指で叩くだけでは漢字を書いていないわけですから当然です。
あと文字を書くのは何時かと思ったら、数少ないはがきを書く時と、家計簿に記入などあまり書かなくなりました。
おぉ!薔薇は、これだけは書けるようになりたいと練習した漢字です。
時々道を歩きながら○○の漢字はどうだったか、書けないから帰ったら調べようと考えて、帰ったらもうなんだっけと忘れているから、頭の問題に悲しみを味わっています。
その女優さん知りませんが、歌手の方にもいましたね。忙しい身で勉強されているのには感心します。

投稿: tona | 2013年7月19日 (金) 06:39

 漢字と言えば、この頃ほとんど手書きすることがなくなって、いざ手書きとなるとよく使う漢字が、度忘れなのか出てこない。
 あらためて電子辞書を見て、そうだこんな字だったなんて思い出す。
 見れば見るほど、何度も書いてみると、字の格好が変に見えてくる。
 読めそうで読めない漢字。新聞を見てても時々読めない字が現れる。
前後の文章から多分こう読むのだろうと想像する。
いつも辞書でなるほどと納得する次第。
加齢、老化も一因であることは間違いないと
自分で慰める。

 お写真を拝見すると、随分いろんな花がきちんと整備されたお庭に咲いていますね。
 日々、お手入れをされておられることでしょう。
 こうして見ると橙色の花って沢山あるものですね。橙色の花って、どんなのがあるとかと聞かれてもすぐには答えられないのに・・・
  
 ブルビネ・フルテスケンス。
舌をかみそうな名前。検索したら別名ハナアロエとありました。
 それと、tonaさんのブログの紹介もありましたよ。
 花の名前の検索で、以前自分のブログが紹介されてるのを発見したことも歩あります。

 ヤブカンゾウ、ノカンゾウ、ニッコウキスゲ、よく似てますね。
 ただ、ヤブカンゾウは花が八重なので解ります。
 何処だったかな?川の土手にいっぱい咲いてるのを見たことがあります。
 
 薬用植物園にも行かれたのですね。
こちら来た初め、東村山に住んでた頃には
子供たちと一緒によく出かけました。
 こんな植物も薬になるんだと、頷いたものでした。
 

投稿: 夢閑人 | 2013年7月22日 (月) 11:23

★夢閑人さま 

>見れば見るほど、何度も書いてみると、字の格好が変に見えてくる
そうなんですよね。私も時々こんな状態になります。このままこの漢字は家に着く頃は書けなくなるのではと心配なったりします。
読めるのに書けないというのは困ったものです。
ところが週に1度は読めない漢字が出てきます。調べてもまた忘れたりの繰り返しで我ながらいやになります。

ブルビネ・フルテスケンスはなかなか覚えられないで、植木鉢に名札を挿しています。
よく見るとなかなかきれいな花なのです。

ノカンゾウやニッコウキスゲとそっくりのムサシノキスゲが近くの府中の浅間山に咲いているそうです。なかなか行けなくてそのままになっています。
ヤブカンゾウは狭山丘陵にたくさん咲いていました。

庭は夢閑人さんのお宅みたいにきれでありませんで、実に雑然としていて狭い所にごちゃごちゃなのですよ。恥ずかしいほどです。

薬用植物園は東村山にお住まいだった時は、我が家よりさらに近かったことでしょう。
度々行きたいところです。
コメントありがとうございました。

投稿: tona | 2013年7月22日 (月) 15:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/57803107

この記事へのトラックバック一覧です: まだまだ読めない・書けない漢字:

« タバコの花 | トップページ | ハートと涙 »