« 菅原道真の歌 | トップページ | 夏目漱石『吾輩は猫である』再読 »

2013年8月 3日 (土)

皇居東御苑のキッコウチク

皇居東御苑は旧江戸城の本丸・二の丸・三の丸の一部を皇居附属庭園として整備したもので,昭和43年(1968)から公開されています。

                                        大手門から入りました

Photo
さっそく警備の詰め所、「同心番所」「百人番所」「大番所」の順にあって城の奥ほど位の上の役人が詰めていました。
                                                 同心番所Photo_2                                                百人番所     Photo_3
                                                   大番所Photo_4
富士見櫓 天守閣が焼けた跡はここが代用として使われたそうで、19あった櫓のうち3つ残った中の1つで唯一の三重櫓。Photo_5
                                                松の廊下跡Photo_6
六角形の亀甲紋の珍しいキッコウチクがありました。
キッコウチク(亀甲竹)はモウソウチクの突然変異で、節間が交互に膨れて、節が斜めとなった竹で鑑賞用だ。。
テレビの「水戸黄門」に登場する水戸光圀の杖はキッコウチク製だそうだ。さっきTVで放映されていた水戸の黄門まつりでは確かにキッコウチクの杖をついていました。
亀甲駅(かめのこうえき)とか亀甲町(かめのこう、かめのこ、きっこうちょう)や亀甲(かめのこう)などという地名が全国に7か所もあるのも愉快です。Photo_8
横から見ると膨れ具合や節が斜めになっているのが良く分かる。いくら突然変異とはいえ面白い造形です。Photo_9
都道府県の木が植えられている一角 。我が東京は神奈川や大阪と同じイチョウ。Photo_10
               諏訪の茶屋 吹上から移築されたPhoto_11
                      二の丸庭園Photo_12 
Photo_13
                  池にアサザが咲いていたPhoto_15
ヒレナガニシキゴイ 今上陛下のご発案によりインドネシアのヒレナガゴイと日本のニシキゴイを交配して生まれた。本当にヒレが大きく長いです。Photo_16

|

« 菅原道真の歌 | トップページ | 夏目漱石『吾輩は猫である』再読 »

コメント

tonaさま

皇居へは何度か出かけましたが、江戸城の面影が残っているので何となく嬉しくなります。松の廊下のあったところも通りましたが、何も遺構は残っていませんでした。

投稿: evergrn | 2013年8月 3日 (土) 13:47

★evergrnさま

江戸城の面影はここだけですものね。
本丸と二の丸は汐見坂で繋がれていたのですね。
ホント、松の廊下があった場所は木だけです。想像してみたのですがだめでした。

投稿: tona | 2013年8月 3日 (土) 16:15

「百人番所」「大番所」だけ覚えていますが
後は忘れています。
20年前、三の丸収蔵館はたびたび入りましたが・・・
皇居は見るべきもが多いですね。

さすがに絶滅危惧種のアサザもここにはあるの
ですね。

投稿: matsubara | 2013年8月 3日 (土) 21:00

★matsubaraさま

よく覚えていらっしゃいますね。
記憶力が数段上ですよ!
収蔵館に入らなかったのが残念でしたが、又いつかついでに行きたいです。

アサザは薬用植物園で見たところだったのですが、ここで見ることが出来ました。あたりの池で見たことがないですから希少価値のアサザです。

投稿: tona | 2013年8月 3日 (土) 21:38

こんばんは (◎´∀`)ノ
皇居ってこんなところもあったのですね。知りませんでした。
十数年前、父が亡くなった年、かつて母が「東京へ行ったことがない」のを思い出し、母を東京へと連れて行ったことがあります。
真っ先に訪れたのは、やはり皇居でした。
母の父が近衛兵だったこともあり、ひときわ感慨深かったと思います。
しかし、有名な二重橋から見ただけでご紹介のところは初めて知りました。

そろそろ終戦記念日。戦死した亡き祖父のアルバムには皇居内部の写真も残されています。
この時期になるとどうしても見たくなります。

投稿: 慕辺未行 | 2013年8月 4日 (日) 00:23

東御苑は外国人の案内で何度か行っていますが
大抵、春か秋で
真夏に行こうとは思ってもみませんでした。
キッコウチクにもアサザにも気が付きませんでした。
色々とあるものですねえ!

投稿: zooey | 2013年8月 4日 (日) 00:28

★慕辺未行さま

おはようございます
大手門は地下鉄の大手町から行くので、二重橋からは一駅分歩くことになりますがたいしたことはありません。
久々に近衛兵という言葉を聞きました。お母様の感慨いかばかりだったかと思います。
そしておじいさまが戦死されたとは。
今また亡き人を偲ぶ季節がやってきましたね。
皇居はそうした思いの人の所でもあることを改めて思いました。

投稿: tona | 2013年8月 4日 (日) 06:31

★zooeyさま

そういえば、外国の方がたくさん見えていました。
皆さんどんな感慨を持たれるのでしょうね。
6月に行くと二の丸庭園には菖蒲が見事に咲いてきれいだったようです。
夏は暑いので本当は春か秋がいいですが、また発見もあるのものですね。

投稿: tona | 2013年8月 4日 (日) 06:34

亀甲竹とは珍しいですね。観賞用ですか・・・
この近くまでは良く行くのですが、東御苑には中々縁が無く、
まだ入ったことがありません。
行ったら休園だったこともありますよ。

私はブログを始めてからここを知った次第で・・・
まだまだ知らない方も多いのでは?
江戸城の往時を偲ぶには一番の場所なのですね。

投稿: nao♪ | 2013年8月 4日 (日) 06:49

★nao♪さま

この竹は京都特産だそうで、この工芸品を京銘竹として京都府伝統工芸品の一つに指定しているそうです。床柱や花器などだそうですが、私はまだお目にかからないというか、気がついていません。
東御苑は月曜日と金曜日がお休みでした。
松の廊下や大奥を偲んだり、暴れん坊将軍の城では部屋と庭にいる姿を思い出したりしました。

投稿: tona | 2013年8月 4日 (日) 08:30

今度行ってみようかな、がまた増えました。

投稿: 佐平次 | 2013年8月 4日 (日) 09:46

★佐平次さま

大手町で下りるとちょっと寄れるところですね。無料ですが休みが月・金曜日です。

投稿: tona | 2013年8月 4日 (日) 16:17

こんにちは
 

皇居東御苑 前は通った事があるかもしれませんが中へは
入ったことがないです。以前別のブロガーさんの記事で
拝見したのとはまた違う視点からのご紹介で、全く別の所のような
感じでとても新鮮な気持ちで拝見しました。
江戸城が火災や震災、空襲などで消失してしまったのが残念に
思いますが、番所の建物など残っているものもあるのですね。
出かけていって歴史ロマンに浸ってみたい気持ちになりました。
緑が多くて水辺もあり、散策も気持ち良さそうですね。
亀甲竹、面白いです。何かで見た事がある気がするのですが、
TVでだったのかなんだったのか思い出せません。
黄門様の杖もこれだったとのこと、もしかするとドラマで?
でも生きているのは初めてです。
亀は縁起物として好まれていますから、この竹に亀甲模様を
見つけた人はすごく嬉しかったでしょうね。
 

ヒレナガニシキゴイというのは見るも聞くも初めてです。優雅ですね。

投稿: ポージィ | 2013年8月 5日 (月) 10:08

★ポージィさま

ありがとうございます。
同じ場所に行っても好みが違えば写す場所も違いますね。それはブログによって全然違った感じを受けることが私もありました。
十人十色ですね。
茶屋は明治に建て替えられたものですから、残っているのでは番所が古いということになりますか。
春や秋が気持ちがいいでしょうね。白鳥壕という堀が中にもありますし、庭園の池がとても素敵です。ヒレナガニシキゴイが悠々と泳いでいてなかなかですよ。

亀甲竹をどんな人が発見したのでしょう。地下茎でどんどん増えたのでしょうか。
黄門さんのドラマでは気が付きませんで、今度放送したら見てみます。
京都ではこれが花器として売られているそうですが、どんなお花でも合うでしょうか。

投稿: tona | 2013年8月 5日 (月) 15:40

「タバコの花」、「まだまだ読めない:書けない漢字の本」、
「江戸東京博物館で」、「皇居東御苑のキッコウチク」など
まとめて拝見しました。

東御苑は見どころ多いですね。これは是非行ってみたいと
思いました。

漢字について書かれた本、多いですね。友人に漢字の専門家がいるので、漢字に関する本については特に興味があります。
現役時代は全く漢字には縁がない仕事をしていたのだが、
定年後、猛勉強して漢字検定1級をとり、
その他日本語に関する資格も取り、現在10冊
以上の漢字に関する本を出版している友人がいます。
漢字というか、日本語という言語は本当に優れた
言語だと思っています。同じような漢字を使っても、
中国語とは言語としてのレベルが違うように思っています。

投稿: 茂彦 | 2013年8月 6日 (火) 21:15

★茂彦さま

明日から猛暑に近づくそうでいよいよ後半戦の暑さの始まりですね。
あと2週間、まだまだご準備は大変でしょうね。
東御苑は大手町駅からすぐですので行きやすいですね。ついでの時でもOKという場所ですので是非秋か春にいらしてください。

ご友人の漢字に対する情熱は凄いですね。こんな定年後を送っていらっしゃる方には敬服します。
移り気な私には逆立ちしても出来ないことです。書けない漢字は多いなんて言うものではありません。この頃は忘れてしまったことも多いです。また時に読めない漢字がありまして、後で調べようとして忘れてそのままになっています。日本人として恥ずかしいです。
暇そうで結構忙しいこの頃です。
コメントありがとうございました。

投稿: tona | 2013年8月 6日 (火) 21:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/57918396

この記事へのトラックバック一覧です: 皇居東御苑のキッコウチク:

« 菅原道真の歌 | トップページ | 夏目漱石『吾輩は猫である』再読 »