« ゴーヤの花のこと、そしてジャム | トップページ | 名越健郎著『独裁者プーチン』 »

2013年9月14日 (土)

世界の国旗

朝日新聞の「しつもん!ドラえもん」で今は「こっき編」を連載中です。
世界の国旗にまつわるエピソードなどが紹介され、世界各国の国旗を眺めるきっかけになりました。国旗にはそれぞれ意味があります。
欧米(他は行ったことがなくてわかりません)では市庁舎など公の機関や銀行やホテルにまで国旗が掲げられているところがあります。それに引き替え日本では殆ど見かけませんし、旗日でも国旗を掲げる家は、近所では目に触れるだけでも一軒だけ。

Photo記事によると、世界の国旗の中で一番手が込んでいる部類に入るのがトルクメニスタンだそうです。左側の赤の縦帯は伝統産業の絨毯の模様を表してるそうで、国旗を書きなさいと言われたら、書けそうにないですね。5種類の絨毯模様は5つの部族を表しているそうだ。

一方リビアの故カダフィ政権時代の緑一色が一番単純な旗。ところが政権交代で以前のが復活で一色だけの旗はなくなった。
Photo_4250x125_3


次に簡単な模様の旗が日本やバングラデッシュやパラオで中央に○があるもの。
                      パラオの国旗Photo_5

二色のストライプも簡単模様。モナコとインドネシアは赤と白で全く同じで、ポーランドは上下反対。ウクライナが黄色と水色。

眺めていると星が入っている国が大変多い。
       
          

            ネパールの旗が長方形でなくてユニークです

Photo_6
                    バチカンは正方形ですPhoto_7

美しい旗や変わった模様や見ていて楽しいのやいろいろあって見飽きない。
スワジランド、ドミニカ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ドミニカ、アンティグア・バンブーダ、グレナダ、キリバスなど。暇人の私でないと見ていられませんね。
                      
                      キリバスの国旗Photo_8

暇人といえば、暇人で数えるのが好きといえども、とうもろこしの粒の数は数える元気はありませんでした。
とうもろこしの粒は必ず偶数なのだそうだ。とうもろこしのメス穂は成長過程で粒がどんどん二つに分裂するからだそうだ。

|

« ゴーヤの花のこと、そしてジャム | トップページ | 名越健郎著『独裁者プーチン』 »

コメント

とうもろこしの粒の数が偶数とは知らなかったです。

日の丸に似たデザインで色違いのパラオとか
バングラディシュは日本をお手本にしたいと
言うことでこのデザインになったと聞いています。

キリバスの他にも日本の日の丸の半分出ている
旗は、日本の日の丸をそのまま使うのは、
とても真似が出来そうになく、
自信がないので半分だけ使っていると
聞いたことがあります。
もう少し日本人は自信をもたねばなりませんね。

投稿: matsubara | 2013年9月15日 (日) 08:38

★matsubaraさま

今まで日の丸に似た国旗なんて知りませんでしたので、もしやデザインした人の頭に日本の国旗があったのではと思いましたが、一説にはお手本にしたというのがあるのですね。
太陽半分はほかにマラウイですね。

旗は個人や集団の意思表示でもあり、自分の意図する感情表現(栄光、勝利、信念、敬意など)でもあるそうで、おっしゃるように自信を持たねばなりません。
実家には日章旗がありましたが、家にはありません。

投稿: tona | 2013年9月15日 (日) 09:21

我が家には国旗がないです。
子供の頃からなかったなあ。
今はマンション、掲揚する場所すらないようです。

投稿: 佐平次 | 2013年9月15日 (日) 10:03

こんにちは
 

朝日新聞なのに、こんな素適な特集を素通りしていたようです。
お恥ずかしい(^^;)
祝祭日に日の丸を掲げるお宅は激減しましたね。
私が子供の頃は、ほとんどのお宅で掲げていましたが、
今うちにはありません。
そういえば、バスは今も付けているでしょうか、どうかな…?
国際的に日の丸が日本の国旗と認識されて久しいようですが、
認められないという人々が多いのもまた事実ですね。君が代共々。
 

パラオの国旗は美しい海と満月だそうで、そう聞くと同時に
南の島の美しい夜の海辺の光景が目に浮かびました。素敵ですね。
他にも、自然への愛があったり民族への敬意があったり、
すばらしいデザインや理念が表現されているのですね。
日本で日の丸が使われるようになった歴史はずい分古いようですね。

投稿: ポージィ | 2013年9月15日 (日) 10:52

★佐平次さま

家にも国旗がありません。
あるのは旧家のお蔵の中でしょうか。
鯉のぼり同様掲揚する場所にも事欠きますね。(._.)アリガト

投稿: tona | 2013年9月15日 (日) 14:42

★ポージィさま
年に数回の国旗掲揚を厭わずに親たちはやっていました。それは柏餅を作ったり、餅をついたり季節の行事を大切に行った精神と変わりないです。
時代の流れですから仕方ないですが、仰るように、国歌同様認められない人が多いのはどういった背景があるのでしょう。教育の現場で起こったのですよね。しかしそうしたことから1999年にやっと正式に国旗として定められたそうですね。

バスなど、元旦につけていますよね。誇らしげでもありいいことです。
パラオの国旗はなんだかとてもお目出度くて、素敵ですね。
どこの国でも国旗の意味を教えているでしょうか。
国旗の原型は大化の改新ころとか、それが源平合戦のころに今のようになったそうで、かなり日本の国旗は諸外国に比べたら古いのですね。
有難うございました。

投稿: tona | 2013年9月15日 (日) 15:03

国旗に寄せ書きをして平気なのは日本だけではないでしょうか。
いくつかの国では国旗侮辱罪ないしは国旗損壊罪になるようです。

投稿: gaki | 2013年9月15日 (日) 19:19

★gakiさま

国旗に寄せ書きは戦争中にたくさんあったのでしょう。最近では震災の時でしょうか。
なるほど侮辱罪、損壊罪なのですか。
日本は国旗に対してよその国と大分違うのですね。

投稿: tona | 2013年9月15日 (日) 20:56

こんばんは (◎´∀`)ノ
世界中すべての国に国旗があり、それぞれ深い意味が込められているのでしょう。
そういえば昔は祝日には玄関前に国旗を掲げる家が多かったのですが、最近はほとんど見かけなくなりましたね。
せっかく「日本のように」と、色こそ違えど日本の国旗のデザインを真似ている国もあるというのに…。
ネパール国旗は本当に唯一無二の形ですよね。マイルームにあります。ネパール土産の一つとして!

投稿: 慕辺未行 | 2013年9月15日 (日) 23:51

今日は敬老の日、普通なら国旗を掲げたものです。最近はあまり見かけませんが教育の影響でしょうね。どこでも国家、国旗を大事にするのですが日本は愛国心を育まない特殊な国になりました。それだけ平和ボケしているということでしょう。安部さんでなければ経済的に落ち込んだ日本は一気にズタズタとなっていることでしょう。日教組はほおっていたら何をしでかすやらわからない。石原さんや橋下さんがでてくるのは当然です。
じゃ、国旗に反対する極左活動家の子供達はどうなっているかと云うと親に対して牙をむくとんでもない子供に育っているという話を良く聞きました。
日本人が海外に出ていけばいくほど日本はどこかおかしいと感じているはずです。国旗に敬意を表さない国民は世界から尊敬されるどころかバカにされるだけと云うのは知っておくべきでしょう。社民党の衰退はまさにこれです。
面白いテーマですね。有難うございました。それはそうと朝日新聞は何を云いたいのですかね?台風で雨が降っていますがやんだら国旗を掲げます。日本国民としての誇りです。

投稿: macchanny | 2013年9月16日 (月) 07:14

★慕辺未行さま

今日は敬老の日、台風でとんでもない災害に見舞われていますが、国旗を掲げる日なのですね。そちらでもやはり見かけられませんか。
旧家が多い地域はそれなりに掲げているのでしょうけれど。
第一我が家にもありません。どこに売っているかも知らないしまつです。

おぉ!ネパールの国旗、やはりお持ちでしたね。世界にこんな形、他にありません。それだけでも突出していますね。

投稿: tona | 2013年9月16日 (月) 08:30

★macchannyさま

今日は敬老の日でありながら、台風に見舞われてしまいました。被害はありませんでしたか?

おっしゃるように日教組により、日の丸も君が代も否定され、そこで教育された年代はどのように考えているのでしょうか。
親に対して牙をむくなってとんでもありませんね。
先生こそ、もっと世界的観点から国を愛する精神を国旗、国歌からも育ててほしいと昔思ったものです。
よその国は国旗に誇りを持っています。日本ではそれを否定するなんてね。
macchannyさま家には国旗があって、これからちゃんと掲げるとは!お孫さん教育まで行き渡るでしょうね。素晴らしいです。

朝日新聞は「しつもん!ドラえもん」は今日でもう1306回も重ねていて、いろいろな分野の質問をしています。知らないことが多過ぎです。今日から「さかな編」になりました。今日の問題は世界で最も大きな魚は何?です。

投稿: tona | 2013年9月16日 (月) 08:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/58191629

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の国旗:

« ゴーヤの花のこと、そしてジャム | トップページ | 名越健郎著『独裁者プーチン』 »