« ドイツ紀行6 ボーデン湖 | トップページ | ドイツ紀行7 ロマンティック街道(南から北へ) »

2013年10月25日 (金)

信州の紅葉

ドイツ紀行はちょっとお休みして、台風を気にしながら予約していたバスツアーで信州の紅葉を見てきました。

まず最初は中央高速を茅野で降りて、メルヘン街道沿い蓼科温泉の近くの横谷渓谷と御射鹿池です。

横谷渓谷420x280
420x280_3
420x280_4

御射鹿池(みしゃかいけ
) 日本画の東山魁夷の作品「緑響く」のモチーフとして有名な池です。ため池百選に選定されています。
横谷渓谷が、酸性の冷鉱泉が流れ込んで冷害に苦しんでいたところ、1933年(昭和8年)に完成されたこの池に水を溜めたことによって水が温められて、この水を農業用水に使用できるようになったという。
水は酸性で魚は棲んでいない。湖底に酸性水を好むチャツボミゴケが繁茂し、湖面に木々がきれいに映る要因となっている。420x280_5
420x280_6
420x280_9
420x280_10
420x280_11

大峰高原・七色大カエデ

大町と安曇野の間、大峰高原にある高さ12m、樹齢250年の大カエデで、10月から11月上旬にかけて徐々に七色に変化を見せるのだそうだ。
人と比較するととにかく大きい!420x280_12
420x280_13
420x280_14
420x280_15
420x280_16


白馬大橋
からの白馬三段紅葉は曇っていてだめでした。何でもこの時期には、麓の赤い紅葉の上に雪を被った白馬岳、その上に青い空と三段に見えるとか。420x280_17

白馬樅の木ホテルのバイキングの夕食 オードブル・メイン・デザート420x280_18
420x280_19
420x280_20

奥裾花渓谷 小谷村と戸隠の間にある420x280_21
420x280_22
420x280_23

鏡池 戸隠山の中にあり、紅葉の山と湖水のコントラストが素晴らしい。420x280_24
420x280_25
420x280_26

最後は戸隠神社の中社と奥社へ。奥社へは駐車場から往復1時間、最後の上りはミニ登山の趣でした。420x280_27
420x280_28
420x280_29
420x280_30
標高1000m地帯のこれら景勝地は曇っていたのが残念でしたが、丁度見頃な紅葉狩りでした。

|

« ドイツ紀行6 ボーデン湖 | トップページ | ドイツ紀行7 ロマンティック街道(南から北へ) »

コメント

国内外に精力的に出かけられ素晴らしいです。
信州はお隣の県ですが、このあたりは知りません。
ただ、信濃大町だけば学生時代スキーに行きました。

スキーももう50年もしていません。恐らくもう
滑れないでしょう。継続していないですので・・・

投稿: matsubara | 2013年10月26日 (土) 08:36

★matsubaraさま

おはようございます。
戸隠と白馬以外は初めてです。池のことは知っていました。思い通りの水に生える紅葉でした。
信濃大町でスキーされたのですね。
私は志賀高原や蔵王ですから遠かったです。
ホント、スキーはもう絶対に出来そうにありません。

投稿: tona | 2013年10月26日 (土) 08:49

今週末八ヶ岳に行くつもりでしたが、、台風で。
戸隠・白馬、子供のころから遠足などで行ったところです。
行きたいなあ。

投稿: 佐平次 | 2013年10月26日 (土) 11:39

こんにちは
 

紅葉を見に行っていらしたのですね! わぁ~素適です。
落ち着いた秋の風情が、しっとりと気持ち良いですね。
紅葉の様々な色合いと常緑樹の緑が織り成す自然のパッチワークに
白樺の白い幹が素適なアクセントになっていますね。
湖面に映りこむ紅葉もなんと美しいこと。このように美しく
写りこむには、ご説明いただいたような自然の現象あってこそ
なのですね。人工のもの自然に対してときには悪くない作用を
もたらすことにちょっとホッともしました。
 

白馬、戸隠 行ったことないですが、名前を聞くだけでも
憧れの念が湧き起こります。

投稿: ポージィ | 2013年10月26日 (土) 14:56

★佐平次さま

それは残念でしたね。のろのろ台風でしたからね。
戸隠、白馬が遠足のところだったのですか!
自然豊かなところで過ごされたのですね。
こんなに隠れた名所があるとは知りませんでした。信州はいいですねえ。

投稿: tona | 2013年10月26日 (土) 16:41

★ポージィさま

素敵とおっしゃっていただいて嬉しいです。ありがとうございます。
ホント、よくよく見ますと白樺が写りこんでいました。
人工の溜池が意外な役割を果たしたということと、それが昭和の初期になされてことを知って、ただ美しいだけの池ではなかったのです。
波が立たないで静かな湖面だからこそ、紅葉を映し出して、もう最高でした。30分くらい見つめていました。
白馬は八方尾根や栂池自然園もあり、乗り物でかなり上まで行きますので簡単に高山のお花たちが見られるという素敵なところです。

投稿: tona | 2013年10月26日 (土) 16:50

御射鹿池と鏡池の映り込みが素晴らしいです。
標高の違いでしょうか・・・
戸隠の方が紅葉が進んで見頃となっていますね。

私が御射鹿池に行った時は雨でしたが、tonaさんは降られずに良かったですね。
こちらで改めて御射鹿池の事を詳しく学ばさせていただきました。
撮影ツァーはガイドさんがいないので、説明が無かったのです。

大峰高原・七色大カエデのことは知りませんでした。
巨大なカエデにビックリです。

投稿: nao♪ | 2013年10月26日 (土) 22:32

こんばんは (◎´∀`)ノ
信州の紅葉、素敵ですね。
以前はこの季節、岐阜や長野県内をドライブしたものですが、tona様が行かれたところは行ったことがありません。
七色大カエデ、見事ですネェ (゚o゚)オォーッ!
大きさだけでなく形・色も素晴らしいです。
私もどこかへ紅葉を見に行きたいのですが、果たして行けるかどうか…?です (-_-)ウーン...

投稿: 慕辺未行 | 2013年10月26日 (土) 23:49

★nao♪さま

奥裾花から戸隠にかけては、確かに蓼科より紅葉が進んでいました。
それにしても、カメラや技術の違いとは言え、nao♪さんの同じ場所の写真は息をのむほどで素晴らしいです。

横谷渓谷と御射鹿池は大きなつながりがあったことに驚きました。そして湖底のコケのことにも。自然の色にもいろいろな要素が絡んでいることを学びました。
大カエデの根元の巨大さにも私もびっくりしました。こんな観光名所があったのですね!

投稿: tona | 2013年10月27日 (日) 08:22

★慕辺未行さま

おはようございます。
台風が去って良いお天気になりましたね。

我が家ではもう車はありませんので、もっぱらツアーに頼っています。
今回は聞いたこともない信州の紅葉名所を訪ねるものでした。
丁度見頃だったので良かったのですが、台風が接近しつつあって、前線の影響ですっかり曇天になってしまい、その点だけは残念でしたが出かけられたことはラッキーでした。
岐阜にも名所がたくさんありますね。
紅葉狩りが楽しめるとよいですが。

投稿: tona | 2013年10月27日 (日) 08:28

 本当に絵のように美しい風景の数々ですね。
 ドイツの景色も魅力的ですが、こうして間にはさまれていると、日本ならではの良さがしみじみと伝わってきます。
 曇って霧が出ていることも、日本的な情緒を際立たせているように思いました。
 でも、歩いてらっしゃる時は、寒くてたいへんなのでしょうね。

投稿: Nora | 2013年11月13日 (水) 10:56

★Noraさま

仰る通りです。山々に赤い色はあちらでは見られません。赤の紅葉はツタだけと言ってよいでしょう。
日本の秋はカナダのローレンシャンもなかなかですが、世界で抜きん出ていますよね。
こんな美しい国に生まれて良かったと思います。できるだけ毎年紅葉狩りを楽しみたいです。

投稿: tona | 2013年11月13日 (水) 14:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/58452398

この記事へのトラックバック一覧です: 信州の紅葉:

« ドイツ紀行6 ボーデン湖 | トップページ | ドイツ紀行7 ロマンティック街道(南から北へ) »