« この木なんの木 | トップページ | 京都へ(2) »

2013年12月 1日 (日)

京都へ(1)

晩秋の京都へ、28日から3日間行ってまいりました。
最後の紅葉を見ようと京都中がごった返していました。
今回はツアーの二日目が終日自由行動ということとプレミアムということで、申し込んだのですが、なんとびっくり、新幹線グリーン車に乗せられ、名古屋で下され、京都から迎えに来たバスに乗り換え2時間かけて京都に向かったのでした。新幹線なら30分なのに。おかげで2つ目の見学の三千院は日が暮れて美しい紅葉が見られないというお粗末さと、おまけに食事も貧弱でした。旅行社の悪口はめったに言わない私ですが、今回はグリーン車でなくていいのだから京都まで一直線に、値段はもう少し高くしていいから旅行用らしい食事をとアンケートに書きました。

●醍醐寺 京都の世界文化遺産17の寺社の1つ。ここの五重塔は国宝に指定されている9基のうちの1つ。真言宗醍醐派総本山で創建は弘法大師の孫弟子の理源大師。豊臣秀吉が開いた「醍醐の花見」で有名で、三宝院に太閤しだれ桜があります。

420x280
                       仁王門420x280_2
五重塔 同じく国宝の羽黒山の五重塔とともに、緑がかった渋さと安定感で大好きな塔です。この安定感は、相輪が13mもあって38mの塔の高さの三分の一を占めるからです。280x420
           三宝院の唐門(国宝) 勅使門で3年前復元された420x280_3
          弁天堂 朱塗りの弁天堂と紅葉が水面に合っている420x280_4

●三千院門跡 歌にも歌われる大原三千院は、天台宗五箇室門跡の1つで、宮門跡でもある。
               大原の里の柿が夕日に輝いていた420x280_5
420x280_6
往生極楽院 『往生要集』の著者恵心僧都源信が建立。国宝の阿弥陀三尊像が安置されている。脇の両菩薩は少し前かがみに跪く「大和坐り」です。420x280_7
                    パンフレットより
372x420_4

                 シロシキブ(クマツヅラ科)420x280_8

●ライトアップの清水寺 北法相宗大本山 
ここも遺産の1つ。延鎮上人が音羽の滝をたずねあて、坂上田村麻呂が仏殿を建立。舞台造りの本堂(国宝)は江戸時代初期に再建された。多くの長大なケヤキの柱(139本という)が「舞台」と呼ばれるせり出し部分を支えている(釘は使われていない)。このような構造を「懸造(かけづくり)」といい、何年もつのでしょうか、次に使うケヤキがもう何処かで大きくなっているという。清水寺成就院の庭園もライトアップされていて、これぞ幻想的という言葉ぴったりでした(撮影不可)
420x280_9
280x420_2
2_420x280
420x280_10
420x280_11
420x280_12
420x280_13
420x280_14
420x280_15
420x280_17
11420x280
420x280_18
3420x280
2_420x280_2

|

« この木なんの木 | トップページ | 京都へ(2) »

コメント

こんばんは (◎´∀`)ノ
東京から京都へ行くのに、なぜ名古屋で下車しバスで向かうのか、旅行会社の意図が分かりませんね。
スケジュールはもちろん確認の上で申し込まれたと思うのですが、突然の変更だったのでしょうか?
醍醐寺は訪れたことはありませんが、三千院と清水寺のライトアップは十数年前に見に行きました。
三千院の紅葉はとても見事で、赤い和傘の下でお抹茶をいただいた思い出があります。
清水寺の紅葉ライトアップ、清水の舞台が幻想的ですね。
機会あればもう一度見てみたいです。

投稿: 慕辺未行 | 2013年12月 1日 (日) 23:57

★慕辺未行さま

恥ずかしいことに名古屋で下車なんて夢にも思わないでチェックしていませんでした。添乗員に聞いたのですが、わからないけど多分経費の問題ではと言っていました。その方が安く上がるのでしょうかね。
ライトアップをもうすでにご覧になっていらっしゃったのですね。お寺のは初めてで、素晴らしいと思いました。三千院では夜のライトアップに向けて散ったモミジを大勢で掃除していました。裏方も結構大変ですね。
お抹茶のコーナーもありましたよ。
多くのお寺でライトアップしていますので、機会があったらもう1回くらい見てみたいです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2013年12月 2日 (月) 08:06

おはようございます
 

京都へ行っていらしたのですね。お帰りなさい(^^)
朝晩は冷え込みながらも日中は小春日和の日々が続いて
(京都はどうだったでしょう)、
そうだ京都へ行こう!という方もさぞや多かったろうと思います。
せっかく紅葉を見るツアーなのに、三千院は残念でしたね。
グリーン車でなくて良いから京都直行の方が良いですねぇ。
たしかに大勢の移動だとバスで高速道路のほうが安く上がるので
しょうけれど… 
 

とはいえ、素適な晩秋の紅葉と幻想的なライトアップのお寺と紅葉が
素適でしたね。今年は紅葉は全然見ずに終りそうですし、
ライトアップの光景も見たことありませんし、楽しませていただきました。

投稿: ポージィ | 2013年12月 2日 (月) 09:25

こんにちわ。
醍醐寺は西国でまわりました。急な坂道がきつかったのが思い出されます。
大原3000禅院はまだ行ったことがありませんでその内に訪ねてみたいところです。清水寺は時々訪ねますがいつ行っても素晴らしいですね。
以前行った際に感じたのは外国語ばかりが飛び交っていて観光客の多さにびっくりで感銘しました。今回の旅は連絡もあまりよくなかったようでお疲れさまでした。
紅葉見学者が多かったということでしょうか。

投稿: macchanny | 2013年12月 2日 (月) 09:51

そろそろ冬の京都ですね。
元気だなあ!

投稿: 佐平次 | 2013年12月 2日 (月) 10:08

★ポージィさま

こんにちは。
京都は寒かったです。手袋をずっとしていました。
「そうだ京都へ行こう」効果は絶大だったようです。
ポスター写真は南禅寺天授庵だそうで、南禅寺はバスが次々と到着していました。
何とも前代未聞(ちょっとオーバー)の企画に驚きました。
旅行って選択する際にはいろいろ考えなくてはと反省ですが、お寺の選択が気に入ったので良しとしました。どこに重きを置くかですね。
お寺のライトアップは初めてですが、紅葉と対になってなかなかいいものですね。
山の紅葉とは全然趣が違って、どちらがいいとは言えません。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2013年12月 2日 (月) 12:52

★macchannyさま

こんにちは。
醍醐寺は初めてなのですが、格調の高いお寺なのですね。
札所でお遍路さんを見かけましたよ。
十数年前に三千院へ紅葉を見に行っているのですが、何と一つも覚えていませんでした。我ながら呆れ果てた次第です。
何度行ってもいいわけですね。
夜の清水寺は激混みでなかなか前進できませんでした。それなのに先週はこの時の3倍の人出だったそうです。
そう、かなり外国人がいました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2013年12月 2日 (月) 12:59

★佐平次さま

もう十分に寒い京都でした。
雪で覆われた京都に魅力を感じますが、底冷えには耐えられません。
この2年間は低空飛行だったので、そろそろすっきりしたいです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2013年12月 2日 (月) 13:01

よい時期に京都に行かれましたね。
これまでライトアップの紅葉を見たのは、
永観堂だけでした。
あちこちで今はされているのですね。
いずれのお寺も訪問済みなのですが、何度
行ってもいいところばかりですね。

名古屋乗換の京都は初めて聞くコースです。
景色も変わってよいのではないでしょうか。

今年も紅葉見物は近隣だけでした。

投稿: matsubara | 2013年12月 2日 (月) 15:58

★matsubaraさま

三千院のことがなければ名古屋からのバスは良かったのです。というのも鈴鹿を通ったのは初めてです。山の紅葉がきれいでしたから。

永観堂のライトアップですか。3日目に行きましたが、さぞや夜は素晴らしかったことでしょう。
ライトアップはかなりのお寺でなされているのですね。
京都のツアーは初めてです。自分たちが計画するのは夜はいれません。なかなかはまりそうなライトアップでした。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2013年12月 2日 (月) 16:28

こんばんは
素晴らしい京都旅行でしたね
ライトアップされた清水寺の紅葉みごとです
まさに幻想的ですね
ここでいながらにして京都の夜を楽しませていただきありがとうございました

投稿: たなちゃん | 2013年12月 2日 (月) 20:08

★たなちゃんさま

こちらこそありがとうございます。
とても混んでいましたけれども、お寺のライトアップを十分に堪能できました。
まさに幻想的という言葉がぴったりですね。

投稿: tona | 2013年12月 2日 (月) 20:21

晩秋の京都にお出かけでしたのね。
新幹線、名古屋乗換えのバスでの京都行きとは聞いたことがありませんが・・・
山の紅葉も楽しまれたようで何よりでした。
清水寺の紅葉のライトアップも幻想的でステキですね。
醍醐寺は桜の頃に、三千院は二度とも紅葉の時期に行っていますが、国宝の五重塔は見事に忘れています。

私も父の退院後「そうだ!京都に行こう!」と思ったのですが、諸事情で断念・・・
代わりに鎌倉巡りで心癒していますが、鎌倉の「長谷寺」もライトアップしていることを思い出しました。
カメラ抱えて行って見たいですね。

投稿: nao♪ | 2013年12月 2日 (月) 23:28

★nao♪さま

そうなんです。鈴鹿の山の紅葉がちょっぴり見られたのが良かったです。
醍醐寺はやっぱり桜の頃ですよね。でもきっとすごく混むのでしょうね。
五重塔には感動しました。さすがです。

今年は「そうだ!京都に行こう!」が大ブレークですね。それでしょうか、ますます混んでいましたよ。
しかし鎌倉もなかなかですね。nao♪さんの円覚寺の紅葉にはビックリしました。感動したことを投稿失敗でお伝えできませんでした。
長谷寺のライトアップもどんなでしょう!遠くてだめですが、nao♪さんがいつか行かれる日があったらそれを楽しみにしております。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2013年12月 3日 (火) 08:46

桜と紅葉の頃の京都の美しさは尋常じゃありませんが
混みようもまた、尋常じゃないんですよね…
なのでその時期には中々行けません。
写真を堪能させて頂き、ありがとうございます。
しかし名古屋からバスとは驚きました。
時々、格安ツアーなどで、こんなんで採算取れるの?と思ってしまう料金を見かけます。
しかしグリーン車を使うくらいですから
そういう訳でもなかったのでしょうね?
いつも贅沢旅行を楽しまれるtonaさまですし…
気をつけなければいけませんね。

投稿: zooey | 2013年12月 3日 (火) 17:58

★zooeyさま

こちらこそコメントいただきありがとうございました。
はい、年々混み具合がすごくなるようです。
こんなですと行くのがためらわれるほどです。
桜の季節にも魅力を感じていますが、あきらめムードです。
プレミアムというのはグリーン車と駅前ホテルという内容でだそうです。新幹線はグリーン車でなくてもゆったりしてきれいだから必要ないです。何だか大手旅行者なのに勘違いしているようです。
食事の内容はパンフレットから読み取れないこともあります。よくよく内容を見ないといけませんね。おっちょこちょいなのでよく失敗をします。zooeyさまのようになりたいです。

投稿: tona | 2013年12月 3日 (火) 18:37

こんばんは。
いつもご訪問有り難うございます。(^^)
京都はやはり紅葉の季節が楽しめるのかもしれませんね。
名古屋からバスとは驚きですね。
matsubara様方面の名神を通っても私方面の鈴鹿廻りでも時間的にはよく似たコースなのでしょうね。
でも御在所などをご覧になりながら鈴鹿、亀山とお近くまでいらしていたのですね。
我が家からは亀山ジャンクションまで20分ぐらいです。
もう車をやめたのでほとんど通ることもなくなってしまいました。

投稿: アザミの歌 | 2013年12月 3日 (火) 23:38

★アザミの歌さま

おはようございます。
こちらこそコメントいただきありがとうございました。
車では岐阜関ヶ原回りより鈴鹿回りの方が距離的には近いのでしょうか。在来線や新幹線が北回りに建設されたということは、鈴鹿山脈が立ちはだかっていたからですね。
最初「なばなの里」があちらにありますと紹介され、鈴鹿サーキットのあたりを通って
亀山、甲賀土山、信楽を通りました。全く初めてです。亀山のお近くなのですね。
三重県の地図を見ますと伊勢志摩と県境の瀞峡しか行ったことがないですが、名所が多いのですね。この間NHKで菰野町を紹介していました。

投稿: tona | 2013年12月 4日 (水) 08:47

晩秋の京都。聞いただけでも垂涎ものです。
名古屋から京都まではバスでしたか?
当初からそのようなルートが決まっていたのですか?
季節が季節ですから、なにか理由があったのでしょうね。
それにしても不思議なルートに思えます。
清水寺成就院庭園のライトアップ、さぞや
幻想的だったことでしょう。撮影不可で
写真が撮れなかったとか。そうなると余計見てみたいです。

投稿: 茂彦 | 2013年12月 4日 (水) 21:34

★茂彦さま

こんばんは。
全然ルートを見ないで申し込みました。
本当にいつもこんなふうなのですよ。
でもなるべく物事を良い方に見るようにしています。

特別拝観は別料金をどのお寺も取りますが、その上殆んどのところは撮影禁止です。
ですから一所懸命頭に焼き付けてきました。
結構写真に頼ってしっかり見てないことが多いですから。
コメントをありがとうございました。

投稿: tona | 2013年12月 4日 (水) 21:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/58678979

この記事へのトラックバック一覧です: 京都へ(1):

« この木なんの木 | トップページ | 京都へ(2) »