« 京都へ(1) | トップページ | 京都へ(3) »

2013年12月 4日 (水)

京都へ(2)

2日目は一日フリーだったので、まず向かったのが京都駅の次の駅にある紅葉の名所通天橋で有名な東福寺です。
●東福寺 京都五山の禅宗寺院
摂政関白・九條道家造営(1236年)。開山は日本で最初に国師と称された聖一国師。

広大な境内には北谷、中谷、南谷の三つの渓谷があり中谷に架かるのが通天橋。方丈と開山堂を結んで架かるこの橋から眺める紅葉は絶景。420x280
420x280_2
420x280_4
420x280_6
420x280_7
420x280_8
420x280_9
開山堂 聖一国師を祀る。毎夜11時45分から18回、750年もここの鐘楼で鐘が鳴っているそうです。420x280_10
                                  開山堂の庭園は江戸中期のもの420x280_11
方丈庭園(八相の庭)は昭和の名作庭家・重森美玲の傑作です(昭和14年)。市松模様の庭だけ知っていました。方丈とは禅宗寺院の僧侶の住居と初めて知りました。420x280_12
420x280_13
420x280_14
420x280_15
420x280_16
                         三門 国宝で現存最古最大。室町初期の再建。420x280_17
                                   東司 室町初期の遺構の便所420x280_18
                          禅堂 最古最大の座禅道場。華頭窓が美しい。420x280_19
                                                     茶の花420x280_20

●泉涌寺 中国から請来された楊貴妃観音像があるというので、東福寺の近くの泉涌寺へ。
東山三十六峰の一嶺・月輪山の麓にたたずむ、今でも泉が涌きつづける泉涌寺は弘法大師が庵を結び、のち月輪大師により伽藍が完成した。
仏殿(重文) 謡曲「舎利」の舞台。伝運慶作の阿弥陀・釈迦・弥勒の三世仏が安置されていました。420x280_21
霊明殿 明治天皇によって再建されたもので、天智天皇以来の歴代天皇の御尊牌が奉祀されていて、皇室との御縁が深い。420x280_22
楊貴妃観音像(重文)パンフレットより 玄宗皇帝が楊貴妃を偲んで彫らせたという伝承の像を1230年に湛海律師がいただいてきた。絶世の美女を拝みました。272x420
タクシーで京都駅へ、電車で嵐山へ出る。
●清凉寺(嵯峨釈迦堂)国宝・生身の本尊釈迦如来像の御開帳ということで参拝
                                     
                                           仁王門手前の紅葉420x280_23
                                                    仁王門280x420
                                              本堂(釈迦堂)420x280_25
                       弁天堂420x280_27
420x280_28
本尊釈迦如来(パンフレットより) 三国伝来(インド~中国~日本)で日本三如来の1つ。インドから伝えられたこの像を、奈良東大寺の僧、奝然(ちょうねん)上人が模刻し日本に持ち帰った。体内に絹で作られた五臓六腑が施入されていて、これも国宝。260x420
   大覚寺そばの「一休」にて嵯峨豆腐の昼食を楽しむ
1_220x175220x147


●大覚寺(嵯峨御所) 弘法大師を宗祖と仰ぐ真言宗大覚寺派本山で門跡寺院です。
生け花発祥の花の寺で「いけばな嵯峨御流」の家元でもあり。また、時代劇・各種ドラマのロケ地として有名です。
各建物は全部渡り廊下でつながっていて、特別に嵯峨菊が展示され、廊下に沿っても並べられていました。420x280_38
420x280_29
420x280_30
420x280_31
420x280_32
                      大沢の池420x280_33

●嵐山 タクシーの運転手さんに寄れば、今年の紅葉は全然だめだそうです。確かに。420x280_34

電車とバスを乗り継いで金閣寺へ
●金閣寺 世界遺産の1つ。 日本人より圧倒的に外国人が多かった。420x280_35
420x280_36

●東寺 世界遺産の1つで五重塔は9つの国宝の1つ。朝5時過ぎには開くそうで夕方4時過ぎに到着したら、もう閉まっていました。
280x420_2
●京都駅で420x280_37
280x420_3
                       京都タワー  280x420_4

|

« 京都へ(1) | トップページ | 京都へ(3) »

コメント

こんばんは
 

ページが開いて最初に飛び込んできた真っ赤に染まった景色に
目を瞠りました。燃えるようなもみじの紅葉ですね。すごい…
川の水面や土手の斜面が落ち葉で赤く染まっているのも
風情があって素敵ですね。
 

様々なお庭、簡潔でありながら計算しつくされた美は奥が深いですね。
私にはさっぱり読めなくて、でも綺麗だなと思います。
お寺にもたくさん行かれましたね。
嵐山は酷い水害からは立ち直れていたでしょうか。
金閣寺は、以前、元々はもうひとつの建物と対で建てられて
いたのではないか、それはどんな建物だったかという考証を行った
番組を見たのを思い出しました。金閣寺の金箔の最高の技術と
輝きの秘密についても。金箔の下は漆塗りだそうですね。
 

歴史感あふれる建築物のあとには、光のアートの京都で、
現代に戻ってきましたね。

投稿: ポージィ | 2013年12月 4日 (水) 21:59

★ポージィさま

早速にありがとうございます。
写真の通り真っ赤でした。
東福寺と3日目に行った永観堂は名所なのでさすがです。
土手などを見ますと、もうかなり散っているのですね。そんなことも木は知らないかのようにまだびっしり葉をつけています。

似たような庭園が多い中、東福寺の方丈庭園は全然違っていて、一面竜安寺を思い起こすようなのがありますが、とにかく違っています。これが昭和の名園の一つなのですね。

そうそう、金閣寺の金箔そうでしたね。外国人がため息をついていました。下地が漆塗りとは考えつきませんもの。

京都駅は東京駅より中は素晴らしいです。駅舎は東京駅に敵いませんが、長いエスカレーターと階段には圧倒されます。それと並行に伊勢丹のエスカレーターが中で下から上まで一直線につながっているのですよ。そして南北を貫く連絡路がど真中にあってとても便利です。
追記:嵐山はもう洪水の爪痕は何もなかったです。川面から橋までの高さがかなりあったので信じられない増水だったのですね。

投稿: tona | 2013年12月 4日 (水) 22:15

こんばんは (◎´∀`)ノ
拝見し、私もすっかりバーチャル旅行気分です o(*^▽^*)o!
まず東福寺。通天橋、たくさんの人が写真を撮るのに夢中で、先へ進めない~!
う~ん…、この絶景だから仕方ないなぁ!
本当に色鮮やかなモミジだこと!
開山堂は…。庭を見て「……」、もうただただ唖然とするばかり。
何と素晴らしく調えられた庭なのでしょう (゚▽゚*)!
市松模様の庭にビックリ!です。
三門も立派!
泉涌寺。こちらは初めて聞きましたが、あの楊貴妃の観音様が?!まさか楊貴妃の観音様があることに驚きです。
そして嵐山方面へ。
清涼寺、お釈迦さまに弁天様、ご利益いただけますように!
大覚寺の紅葉も見事ですね。
大沢の池、まだ『鯉あげ』は行われていませんね。
そして嵐山。修学旅行のメッカ!
たしかにこの紅葉は例年に比べると劣るのかなぁ…?
さらに金閣寺へ。
相変わらずキンピカだぁ!ずいぶん前、紅葉シーズンに訪れましたが、その時もキレイでしたヨォ!
東寺、駅近くですから、またチャンスはあるでしょう。
古刹の紅葉を廻り、最後は京都駅。
これまで見た景色とは対照的で華やかですね。
京都タワーを見ながら新幹線に乗って帰った若かりし頃が懐かしいです。
丸一日、京都フリープラン、私も楽しませていただきました。
ありがとうございました。

投稿: 慕辺未行 | 2013年12月 5日 (木) 00:11

岐阜羽島から京都までは新幹線で45分ですので
東福寺はじめ清涼院まですべて行きましたが
この時期が桜のときと共によろしいですね。
泉涌寺は西国札所の一つで御朱印も頂いています。
それに友人がこのお寺の生まれで、大変誇りを
持っておられました。故あってお寺を嫌い
普通の家に嫁がれました。

一度に盛沢山行かれたのですね。私でしたら
5-6回分です。

投稿: matsubara | 2013年12月 5日 (木) 08:49

★慕辺未行さま

素敵な感想をありがとうございます。
京都奈良には由緒あるお寺がたくさんあって、修学旅行プラス数回の見物ではまだまだ未見のところがたくさんあって、これからも楽しめそうです。新幹線で3時間かからないで行かれるのですから。
東福寺の紅葉が有名というのは数年前に知りました。まだ見頃でほっとしました。
市松模様の庭いいですよね。私はセーターで編んで結構気に入っている模様です。
楊貴妃観音をいただいてきてしまったお坊さん、ぞっこんになってしまったのでしょう。おかげで楊貴妃を日本で偲ぶことができるわけです。
京都でたまたま御開帳というのは初めてです。
秘仏ですし、国宝となると厳かに拝見してしまいます。
「大沢の池の鯉あげ」知りませんでした。今ネットで調べてなぜ、どのように行われるかを知りました。12月に入ってから行われるのですね。教えてくださってありがとうございました。
嵐山近辺はひどい洪水に遭いましたが、山までさえないのはどうしたことでしょう。微妙に気象条件が作用するのでしょうか。
金閣寺の外人のお客様たち、金ぴかがお好きかしら。特にインド方面の方たち嬉しそうでした。
タワー建設には反対があったそうですが、シンボルになって愛されているようですね。ライトアップがきれいでした。

投稿: tona | 2013年12月 5日 (木) 08:51

★matsubaraさま

おはようございます。
岐阜からは京都へは日帰りで見学できそうですね。
この日、私は嵐山と金閣寺以外は、名前は聞いていても初めてでした。
泉涌寺も謂れなどとても興味深いお寺でした。
matsubaraさまのご友人がこのお寺のお生まれとはまた驚きです。
札所であることも知りませんでした。
この日は随分欲張った感じですが、比較的ゆったりと見学でき、少しながら学べたこともあって楽しかったです。それも新幹線での移動がなくて朝8時から12時間使えたからですね。

投稿: tona | 2013年12月 5日 (木) 09:14

精力的に歩かれましたね。
おととしだったかなカミサンと行った時は東福寺だけでも疲れましたよ。

投稿: 佐平次 | 2013年12月 5日 (木) 11:03

さすが京都。見どころ一杯ですね。
それにしても、真紅の紅葉には驚きます。
私、寡聞にしてよくは知らないのですが、
日本の秋の紅葉に勝る紅葉なし、と言われていますね。
外国人観光客がさぞや多かったことでしょう。
嵐山は、台風の被害が大きかったと聞きましたが、
もう修復されていたのですね。

投稿: 茂彦 | 2013年12月 5日 (木) 17:54

★佐平次さま ありがとうございます。

確かに人出で疲れますよね。
この日選んだ東福寺と金閣寺以外はそれほどでもなかったので一日体がもちました。

投稿: tona | 2013年12月 5日 (木) 18:41

★茂彦さま

ヨーロッパの紅葉ですが、モミジはほとんどなくて、赤は壁につたうツタだけです。あとは黄色ですね。
その点日本はモミジのピンク、赤、オレンジ、黄色、緑といろいろな色が入り混じって素敵ですね。それにほかの木の紅葉がいっしょに山々を飾り、日本だけです。素晴らしい日本にいるのですね。
外国人は紅葉を愛でているのでしょうか。もしかして京都の世界遺産の建物を見ているのかもしれません。でも日本の紅葉を理化して堪能していってくれれば嬉しいですね。
嵐山近辺はすっかり修復され活気がありましたよ。

投稿: tona | 2013年12月 5日 (木) 18:48

京都の紅葉はすばらしく夢のようでした
と行ってきた人は言ってました
なるほど地面も川も紅く染まってますね
まわりを紅くしてるようです
庭園の砂の模様がいい感じです

投稿: たなちゃん | 2013年12月 6日 (金) 14:47

★たなちゃんさま 

ありがとうございます。
山の紅葉と違って、モミジばかりの場所は真っ赤でした。
ご友人さまも堪能されたのでしょうね。

砂に模様を描いていく様子を以前見ましたが、私もやってみたいと思いました。

投稿: tona | 2013年12月 6日 (金) 16:36

 こんにちは。
 京都に行くのは夏が多く、青々としたカエデを見て、秋にはさぞやすごいんだろうな、といつも思っていたので、紅葉の京都の写真、ゆっくりと楽しませていただきました。
 それにしても、東福寺の写真など、あまりにもすごくて、思わず笑ってしまうほどですね。(特に通天橋の下の谷川の写真など)
 人出もピークだったようですが、紅葉も見事にピークだったのではないでしょうか。

投稿: Nora | 2013年12月12日 (木) 12:54

★Noraさま

こんにちは。
今は暇になりましたので、暑い夏は京都へ出かけません。遠い昔8月下旬に行きまして10分ごとに茶屋で飲み物を求めた思い出がよみがえるからです。蒸していたのですね。

今年はもしかしてもう全部散ってしまったかと危惧しましたが、大丈夫でした。やはりこの時より1週間前が人出がピークだったそうです。
清水寺が東京の美術館のように動けないほどでした。
奈良は行っているので、あとは紅葉と言いますと神護寺などの高尾方面です。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2013年12月12日 (木) 15:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/58697695

この記事へのトラックバック一覧です: 京都へ(2):

« 京都へ(1) | トップページ | 京都へ(3) »