« 『新島八重の茶事記』筒井紘一著 | トップページ | 山口百恵 »

2013年12月26日 (木)

東京ミチテラス

297x420昨日(25日)の朝日新聞朝刊にも載った「東京ミチテラス」に24日の初日に見に行ってきました。
丸の内駅舎前から皇居外苑の方へつながる通りに、七色に光るレールが敷かれ、その上に蒸気機関車や新幹線の車輪をモチーフにした光のオブジェがを展示されている。
皇居外苑側で高くせりあがり、天空へと続く「希望の光」となっているそうです。レールの脇も花で彩られている。

左突き当りが東京駅。線路の途中が横断道路になって車も走っているので、チラシのように正面から東京駅を見ることはできません。
色が七色にどんどん変わっていきます。スカイツリーの時のような感じでした。280x420
280x420_2
280x420_3
280x420_4
280x420_5
280x420_6

新幹線E5系の車輪。このほかに140年にわたる日本の鉄道の歴史を彩ってきた「1号機関車150系」「D51形」「EF60形」があります。420x280
420x280_2
                   天へと上がっていきます280x420_7
280x420_8
280x420_9
見ている人の中には「何だ、たったこれだけ」と係の人に文句を言っている人がいました。LED満艦飾のイルミネーションとは異なっていますが、SLを見るように楽しめました。

丸の内仲通りのイルミネーション。駅舎修復前はここで東京ミレナリオが開催されていました。280x420_10

                   男鹿のナマハゲの宣伝280x420_11
東京駅地下一階エキナカにある銀の鈴(4代目:2007年)
鈴の周りの床は江戸の古地図です280x420_12
420x280_3

                八重洲地下街のイルミネーション420x315

|

« 『新島八重の茶事記』筒井紘一著 | トップページ | 山口百恵 »

コメント

こんばんは (◎´∀`)ノ
ちょっと変わったイルミネーションですね。
車輪だけでなくミニチュアサイズでもいいから、機関車や新幹線をこのレールの上に走らせてみたいですね。
そして空から宇宙へ!
気分は『銀河鉄道999』!

投稿: 慕辺未行 | 2013年12月26日 (木) 23:59

★慕辺未行さま

おはようございます。
仕掛けがどうなのかわかりませんでしたが、一風変わったイルミネーションですね。
時々蒸気が上がりますが、その時は車輪はSLに変わっているのかもしれません。
混んでいて走って見に行くわわけにもいきません。鉄ちゃんなら走らせてみたいのがよくわかります。
まさしく銀河鉄道の雰囲気でした。

投稿: tona | 2013年12月27日 (金) 08:54

私も朝日で読みました。
早速いらしたのですね!

>「何だ、たったこれだけ」と係の人に文句を言っている人

写真で拝見する分には面白そうですが
tonaさまの感想はいかがだったのでしょう?

投稿: zooey | 2013年12月27日 (金) 10:05

写真で見ると本物のように見えますが、実際はどうなんでしょうか。

投稿: 佐平次 | 2013年12月27日 (金) 11:05

 
こんにちは
 

「東京ミチテラス」見に行かれたんですね!
通常とはちょっと異なる、東京駅らしく鉄道の歴史を表現し、
天空へと希望の光が続いていく… 想像力を刺激されるデザイン、
なかなか素適そうです。「たったこれだけ」の感想の方は
見せてくれるものからさらに自分で想像の翼を羽ばたかせられたら
もっと違う印象になることでしょうsmile
並木の白一色のイルミネーションも、地下のブルー一色の
イルミも、シンプルで美しいですねshine
 

「希望の光」本当にそうあってほしいと願います。
これまでは日本の抱える様々な社会問題を憂えていましたが、
この頃ではとんでもない方向へ向かって突っ走るのではないかと
いう気持ちが強まって不安が募るばかりなのです。

投稿: ポージィ | 2013年12月27日 (金) 11:50

★zooeyさま

見た翌日の朝刊に載っていて驚きました。
私も見終わったとき同じ感想だったのですが、「他のイルミネーションとこれは違う」と思い直したところに新聞の記事でした。
駅舎からつながるレールと車輪と蒸気、JR東日本が特別協賛に頷けました。
願わくはチラシのように見られたらなあ、です。そのためには交通ストップですから問題なのでしょうね。

投稿: tona | 2013年12月27日 (金) 15:51

★佐平次さま

大きさは同じだと思うのですが、実際のところ暗くてどんな仕掛けがあるのかさっぱりわかりませんでした。
蒸気が時々出るのですが、なかなか迫力がありましたよ。

投稿: tona | 2013年12月27日 (金) 15:54

★ポージィさま

こんにちは。
車輪は新幹線のしか見られませんでしたが、歴史をも再現しているイルミネーションだったのですね。
虹色に変化するレール色の色は美しかったです。
今までのイルミネーションの形と違っていたので戸惑いがあんな言葉になって出たのでしょう。ポージィさんの「自分で想像の翼を羽ばたかせられたら」という言葉に納得、ありがとうございます。

昨日の爆弾、今日は放送も新聞もにぎやかでした。いろいろな考えがここに渦巻いていますが、おっしゃるように何だか不安な気持ちになって心が暗くなります。年取ったせい?十数年前まではこんな気持ちにならなかったのですが。子孫がとんでもない目に遭いそうで気が気でないです。

投稿: tona | 2013年12月27日 (金) 16:06

以前の丸の内仲通のイルミネーションは何度か見に行った覚えがありますが・・・
去年から始まった「東京ミチテラス」は、今までとは形態が変わったようですね。

実際に七色に光るレールが敷かれたのですか?
その上に蒸気機関車や新幹線の車輪をモチーフにした光のオブジェがを展示され
天空へと続く「希望の光」となって舞い上がる・・・
銀河鉄道を見ているような感動を覚えそうですね。

横浜のMM21ではドッグヤードガーデンでの映像仕掛け「プロジェクションマッピング」に大勢の人々が並んだそうです。
イルミネーションの世界も変わりつつあるようですね。

投稿: nao♪ | 2013年12月27日 (金) 22:56

★nao♪さま

仲通りといえば神戸のルミナリエに似たミネラリオですね。私も以前1度だけ見まして、新しいイルミネーションに感動した覚えがあります。
ミチテラスもまた一味違ったものでした。

MM21のドッグヤードガーデン、夏に美術館に行ったとき知りました。あそこであったのですね。もう終わったようですが整理券でも並ばなくてはならず大変なのですね。
「プロジェクションマッピング」という言葉初めて知りました。東京駅や姫路城のが有名ということですが、思い返しますと、フランスのルーアン大聖堂でモネ風のをやっていまして、楽しんだのが初めてだったですね。東京駅のに匹敵するものでした。
教えていただきありがとうございました。

投稿: tona | 2013年12月28日 (土) 08:47

私も銀河鉄道999を思い出しました。
でもこういうイベント行ったことがないのです。
引きこもり症といいましょうか、
怠慢なだけですが・・・

近くでは木曽三川のイルミネーションが
有名ですが、寒いのがいやで・・・
つまり老化現象です。最大の原因は
寒がりの夫は夜車を出してくれません。

投稿: matsubara | 2013年12月29日 (日) 08:28

★matsubaraさま

夜の引きこもり症ですね。
実は私も夜出かけるのは大嫌いです。
この日は北海道に行くようなスタイルで出かけましたら、電車でのぼせそうになりました。
まあ出かけただけの価値はありました。幻想的な普通と変わった宮沢賢治の世界に入ったような感じでした。
我が家も夫が、ここ数年ものすごい寒がりになりまして、笑っていた私も今年は寒さを辛いと感じるようになってしまいました。

木曽三川の水辺のイルミネーションは素敵でしょうね。

投稿: tona | 2013年12月29日 (日) 08:44

わたしも行ってきました。すごい人でしたね。
 実際に目にしている風景以上に、限りなく想像力をかきたてられる、なかなか印象的なイルミネーションだったと思います。
 ナマハゲや地下街のイルミネーションは完全に見逃しました。残念。

 今年もいろいろお世話になりました。
 来年もよろしくお願いいたします。

投稿: Nora | 2013年12月29日 (日) 22:41

★Noraさま

おはようございます。
Noraさんの写真を拝見して、私は皇居側しか行かなかったし、車輪も1種類しか見ていませんでしたしで時間をゆっくりかけないで、早く帰ることばかり考えていて、今はとても残念に思っています。
東京駅側の方こそ見たかったのに、最初並んだところが皇居側だったのでそこで満足してしまったのがいけませんでした。

Noraさんのような行動力はなくなってしまいましたので、ブログを拝見してたくさんのことを学ばせていただいています。
ありがとうございました。
また来年を楽しみに、よろしくお願いいたします。

投稿: tona | 2013年12月30日 (月) 08:24

Its wonderful as your other articles : D, appreciate it for posting . "There's no Walter Cronkite to give you the final word each evening." by William Weld.
バイク ゴーグル http://goo.gl/4rF1sC

投稿: バイク ゴーグル | 2014年1月19日 (日) 17:33

★バイクゴーグルさま

ちょっと意味がわかりませんでした。
Thank you so much.

投稿: tona | 2014年1月19日 (日) 19:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/58823556

この記事へのトラックバック一覧です: 東京ミチテラス:

« 『新島八重の茶事記』筒井紘一著 | トップページ | 山口百恵 »