« 東京ミチテラス | トップページ | あけましておめでとうございます »

2013年12月30日 (月)

山口百恵

283x420お正月に読む本が足りなくなりそうで、読みでがありそうなので買ってきたのが『文芸春秋』新年特別号です。
特別企画として「世界が驚愕した日本人54人」と言う記事があります。
46人しか見当たらなかったですが、その中には藤原道長や葛飾北斎、吉田松陰、高杉晋作から福沢諭吉、松下幸之助、川端康成、手塚治虫、小沢征爾、北野武、中田英寿など誰でも知る著名人がずらりですが、10人近くは知らなかった人。女性は山口百恵と実在人物ではない、サンリオの女児向けキャラクター・ハローキティだけ。

世界と言っても中国だけの話ですが、「山口百恵は楊貴妃の末裔である」のだそうだ。
どうしてかは割愛するとして、百恵ちゃんは日本では歌手としての評価が高いが、中国ではドラマ、映画での人気が圧倒的。容姿の清純な美しさに見合う内面の美と、引退以来、決して人前に出ないというその姿勢が神秘化に拍車をかけているという。そして中国に反日の嵐が吹き荒れても揺るがず中国人を魅了し続けているのだそうだ。

          ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

癌であったことを最近知ったのですが、田部井淳子さんの記事も載っていました。
2007年、2009年、2012年(余命3ヶ月宣告)と3回も摘出手術を受け、放射線治療と2012年は抗がん剤投与で副作用がひどかったにもかかわらず、登山を続けていて、最近もエルサルバドルの最高峰に登ってきたそうな。今は寛解(病気の症状が、一時的あるいは継続的に軽減した状態。又は見かけ上消滅した状態)だそうだ。副作用と闘いながら癌に打ち勝ったのです。
「そうだ、騒ぐな、オタオタするな。現状を受け入れ、一番いいと思うことをやれ」と言い聞かせたとか。
こんな強い人のまねはできないけれども、自分が癌になったらこの精神で行きたいなあ。

今年もありがとうございました。良いお年をお迎えくださいませ。

|

« 東京ミチテラス | トップページ | あけましておめでとうございます »

コメント

今晩は、
文春は、芥川賞作品を読むために長く購読して
いたのですが、いつの間にか止めてしまいました。
特集はいつも面白そうですね。
山口百恵がそんなに神格化されているとは初耳
です。言われてみると本当にマスコミに出て
こられないですね。

田部井さんが癌であることも知らなかったです。
あの人はネパールの山を次々と制覇されましたが
私がネパールに行った時、アンナプルナの朝焼けに
魅了され何枚も写真を撮ったことがあるのですが
その山に登った一人が田部井さんであることを
思い出しました。

投稿: matsubara | 2013年12月30日 (月) 19:18

こんばんは (◎´∀`)ノ
田部井淳子さん、癌を患っていたとは、全く知りませんでした。
女性として世界で初めてエヴェレストに登頂された方です。
癌に対しての向き合い方も凄いですね。
精神力の強さの賜物なのでしょうね。
山口百恵さん、今や『伝説』の人でしょうか?!芸能界を引退しても数年後に復帰する人が多い中、その後一般人としてあらゆるマスコミに姿を見せない一貫性は、素晴らしいと思います。
今年からでしたでしょうか?tona様とこうしてお付き合いしていただけるようになったのは?
ありがとうございました。
どうぞ良いお年をお迎えください。

投稿: 慕辺未行 | 2013年12月30日 (月) 23:41

★matsubaraさま

おはようございます。
百恵さんはすぐ隣の市に住んでいます。
決して出てこない姿は原節子をも思い出します。しがみつかないという精神も芸能界ではなかなか貴重ですね。

田部井さんはこのことを本書では簡単にまとめていますが、本も出版されたようです。
ネパールにはとうとう行けずじまいですが、慕辺未行さまの写真を拝見して、行きそこなったのを悔やむくらいです。そこにいらしたことは良い思い出でしょう。あんな美しくも厳しい山に登られた田部井さんの強靭な精神力は、山からも与えられたものなのですね。

さあ、今日1日になりました。ありがとうございました。良いお年をお迎えください。

投稿: tona | 2013年12月31日 (火) 08:46

★慕辺未行さま

おはようございます。
田部井さんは世界の7大陸の最高峰も女性として初めて全部登頂された記録も持っていますね。
そして今年で最高峰を登頂した国は65ヶ国だそうです。
もうその精神力の強靭なことは今まで数冊読んだ本でただただ頭が下がる思いでしたが、凄いものです。癌に当然ながらその精神力で立ち向かったわけですね。

百恵さんのあり方も何だか清々しささえ覚えます。50代ですがまだあの頃の面影しか浮かびません。
こちらこそ、いろいろなことを教えていただきとても良い年になりました。
お母様お大切に、良いお年をお迎えください。

投稿: tona | 2013年12月31日 (火) 08:55

ずいぶん前に文芸春秋を隅から隅まで全部読む、という企画を読んだことがあります。
相当な力技ですよね。
いつも珍しい土地や知らないことを教えていただきありがとう。
来年もよろしくお願いします。

投稿: 佐平次 | 2013年12月31日 (火) 12:13

★佐平次さま

暇なお正月に結構惹かれる記事が多いので、この文芸春秋をたくさん読もうと思っています。

『鑑定士と顔のない依頼人』を見に行くことに
しました。

こちらこそ、先端の話題をありがとうございました。また来年もよろしくお願いいたします。

投稿: tona | 2013年12月31日 (火) 19:03

2013年も、あちらと思えば、またこちらと、大活躍されました。
その行動力には驚嘆するばかりです。
ミチテラスについては新聞で知ったのですが、
面白い企画でしたね。それにしても大混雑で途中で中止になったとか。
tonaさんの記事を拝見して、様子がよく分かりました。
文芸春秋は、本屋の店頭で目次などを見て
時々買っていますが、読みごたえがありますね。
お正月の読み物としては最適でしょう。

2013年もどうぞよろしくお付き合いの程
お願い致します。

投稿: 茂彦 | 2014年1月 1日 (水) 10:13

★茂彦さま

おめでとうございます。

ミチテラスが大混雑で中止ですか!最初の日に行って良かったです。
都内はどこもかしこも大混雑ですね。

文芸春秋はなかなか面白いです。

今年もだんだん重くなった腰を上げて、意を決して出てみたいと思います。引きこもりになったらおしまいですものね。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: tona | 2014年1月 1日 (水) 16:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/58847341

この記事へのトラックバック一覧です: 山口百恵:

« 東京ミチテラス | トップページ | あけましておめでとうございます »