« 『はなとゆめ』冲方丁著 | トップページ | 「大浮世絵展」江戸東京博物館 »

2014年1月29日 (水)

高尾山からの富士山

599mの山頂からの富士山です。関東富士見百景に数えられています。
420x280
420x280_2
                    アルプスも見える420x280_13

風が強くて寒かった翌日(27日)の朝、朝日に当たった富士山が美しかったので、高尾山に向かいました。
ケーブルカーに乗った到着駅から頂上へは登山道ではなく、なだらかな坂道です。
高尾山には杉が多いのですが、根が蛸の足に似ている樹齢450年の蛸杉は高さ37mあって、山中で2番目の大木だ。
420x280_3
420x280_4
このコースで山頂をめざすと、山岳信仰の飯縄大権現を奉る薬王院の諸堂が点在しています。
まず仁王門には四天王が祀られています。その一つ持国天。
420x280_5
420x280_6
420x280_7
院内いたるところ天狗様だらけ。天狗様は飯縄大権現様の眷属(随身)として、除災開運、災厄消除、招福万来など、衆生救済の利益を施す力を持ち、古来より神通力をもつとされ、神格化されているそうです。そこで高尾山は、飯縄信仰と共に天狗信仰の霊山であるのです。左が小天狗の烏天狗、右が鼻の高い大天狗
420x280_8
220x147220x147_2


198x220184x220


220x197217x220


                    飯縄権現堂御本堂
420x280_9
420x280_10
420x280_11
420x280_12
        山頂のそうじ小僧はいろいろなものが着せられていました280x420
何時も混んでいる山頂もこんな状態ですいていました。富士山はハウスの屋根の左です。420x280_14

|

« 『はなとゆめ』冲方丁著 | トップページ | 「大浮世絵展」江戸東京博物館 »

コメント

おはようございます
 

あっ 富士山! 27日に高尾山からご覧になったのですね。
実は私も、同じ27日に近所の道から富士山を撮ったんです。
もしかしたら同じ時間に別々の場所から富士山を見ていたのかも
しれませんね。
 

高尾山は、この時期少しは空いていたでしょうか。
現代は登る方の目的も様々でしょうけれど、かっては信仰や
修験のための山だったのですよね?
天狗は飯縄大権現の眷属なのですか。天狗さんたちの像、
力強く頼もしそう。その神通力でもって世の悪を一掃、
良い道へと導いていただきたいものです。

投稿: ポージィ | 2014年1月29日 (水) 09:49

体調回復ですね!
さっそく出られるところがすごいなあ。

投稿: 佐平次 | 2014年1月29日 (水) 10:46

★ポージィさま ありがとうございます。

こんにちは。
風が強い翌日は富士山を眺める絶好にの機会ですね。
行こう!と決めて出かけられる距離なので、もやってこないうちに見る事が出来ました。
はい、この時期はさすがに、混んでいる時と比べますとと人もまばらという感じでした。
一番下にその様子を追加します。

登山道を往復しますと、薬王院には行きません。登山が出来なくなったので、植物観察ではなくて、薬王院の様子を見ることが出来ました。
そう、信仰や修験のための山でもあったことがよくわかりました。修行のための滝が2つあります。
四天王も意味があったのですが今回は持国天だけ撮ってきました。

投稿: tona | 2014年1月29日 (水) 16:06

★佐平次さま

お陰様で出かける元気が出てきました。
来週の手術前のウォーミングアップです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2014年1月29日 (水) 16:14

東京に最も近い自然豊富な山。高尾山。
信仰の霊山であり、数々の歴史建造物も
ある山。
 皆が一生懸命守ってきたからこそ、わづか
600mの高さの山ではあるが、たくさんの
固有種の植物をはじめ、珍しい動植物が生き永らえているのですね。

 今頃は空気が澄んでいて、富士山をはじめ、アルプスまで見えるのですね。
 山がそこにあるから登るのもあるが、
征服した山頂からの眺め。これを求めて幾たび
登ったことか。今はもう過去のことになった。
記録に残るのみ。

投稿: 夢漢人 | 2014年1月29日 (水) 17:54

★夢閑人さま

ミシュランに載るほど、動植物など自然が豊かで、しかも信仰の霊山でもあり、山頂からの景色も優れている高尾山、こんな山は珍しいですね。
年間250万人ともいわれる登山者の数も半端ではないです。そのために登山道が荒れ、自然破壊は道路工事で進んでいますが、保持するための努力が日々なされているのですね。

雲取山や丹沢山、大山の他、雪を頂いた日本アルプスまで見えました。昼ごろになってしまってスカイツリーや江の島は見えませんでした。
私も途中に咲く花々と頂上からの景色見たさに山に登りました。
登山も今は出来なくなりましたが、高尾山だけはなだらかなこの道がありますのでこれからも登りたいと思います。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2014年1月29日 (水) 20:51

こんばんは (◎´∀`)ノ
高尾山、名古屋在住の私は訪れたことはなくとも、TVの旅番組などで何度となく拝見したところです。
雲ひとつない青空と富士山、彼方には南アルプスの峰々…絶景 w(^o^)w!
富士山もそうですが、この高尾山も山岳信仰の対象の山なのですね。
四天王や天狗に守られている”霊山”なのですね。
このような素晴らしい自然と信仰を集める山が近くにあること、素晴らしいです。

投稿: 慕辺未行 | 2014年1月30日 (木) 00:13

高尾山から富士山が見えるとは知らなかったです。
20年前一緒にケーブルで登った友人が関西から
東京の息子さんの家に遊びに来ていた人でしたし、
見える場所も分かりませんでした。

ところでご紹介の本二冊、買い求めました。
楽しい内容ですね。その内アップしたいと
思っています。

投稿: matsubara | 2014年1月30日 (木) 08:12

★慕辺未行さま

おはようございますnote
高尾山はテレビでも紹介される山だったのですね。
連休の時はすべての登山路は渋滞で前へ進まないのを目撃したことがあります。
アルプスの方まで見えたのは条件が良かったです。
いつも登山路を行っていたので、山岳信仰のこのようなメッカであることを別の道で知ることが出来ました。
あと、植物が豊富で観察するといろいろな花に出会えるのです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2014年1月30日 (木) 08:31

★matsubaraさま

そうだったのですか。残念でしたね。
頂上からは江の島も冬は見えることがあるのですよ。
本もたくさん出ている山です。

ご本買われたのですね。
清少納言の歌もたくさん載っています。
感想を楽しみにしています。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2014年1月30日 (木) 08:38

こんにちは~
日によっては高尾も結構好いてますね
これなら「いくかぁ~」て気になりますねhappy01
天気も良いし、雪を被った富士は堪りませんね

投稿: OB神戸家 | 2014年1月30日 (木) 16:45

流石に冬は空気が澄み切っていて、高尾山の頂上から素晴らしい富士山が望めましたね。南アルプスまでが見えるなんて、絶好の日和でした。

今ではミシュラン三ツ星で紹介されている「高尾山」・・・
行楽シーズンの土日は大混雑ですが、真冬は小学生の遠足もなく、静かな歩きと神社仏閣めぐりが楽しめたでしょうか?

我が家からは少々遠くて、真冬に行ったのは一丁平の北側にある「シモバシラの氷花」を見に行ったときだけですね。

投稿: nao♪ | 2014年1月30日 (木) 17:01

★OB神戸家さま

こんばんはhappy01
こんなにすいている高尾山は初めてです。
この時期だけでしょうか。
手ごろな運動になるのでこれからも朝決めて行きたいです。
富士山は雪を被っているのが最高ですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2014年1月30日 (木) 19:04

★nao♪さま

久しぶりの山頂です。
ケーブルカールートですと足に負担がかからないですね。
まさか南アルプスまで見えるとは思ってもみませんでした。ラッキーだったと思います。

そう、薬王院の方もじっくり眺めてきました。
あの2つの滝もここの信仰の修行だったのですね。
いろいろな面の高尾山が四季を通じて楽しめて、さすがミシュラン三ツ星の山です。
一丁平のシモバシラの花は有名ですね。見てないのが残念です。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2014年1月30日 (木) 19:17

高尾山から富士山が、あんなにクッキリと見えるのですね。
雪化粧の冨士山にはホレボレです。
高尾山には何コースかあって
初心者も楽の登れるコースがあると聞いていました。
だからこそ人気があるのかもしれませんね。

薬王院の諸堂の写真も感動で見せていただきました。
天狗もいろいろで、烏天狗も見られるとは思わなかったです。

投稿: pochiko | 2014年1月31日 (金) 09:47

こんにちは。
16年前までは息子が多摩御陵の傍に住んでいましたので高尾山へは良く行きました。(^^)
嫁が海外旅行に行くため孫の世話に1週間ほど滞在したとき、
孫が学校へ行っている間に一人でケーブルに乗って登ったこともあります。
今のようにカメラ遊びをしていなかったので記録が残っていなくて残念です。
こうして拝見すると又行きたくなりました。

投稿: アザミの歌 | 2014年1月31日 (金) 11:44

★pochikoさま ありがとうございます。

登山道は下からは三コース、上の方で回ったりするのが四コースあったり、お隣の山々への登山道もあってとても楽しめます。
霞んでいない日は富士山が間近に見えるのです。神奈川の湘南海岸の方まで見えますよ。

私は今回初めて大小天狗(大きさではなかった)を知りました。天狗の信仰まであるのですね。仏像の意味もほとんど覚えられません。
見られないものへの憧れは、会津磐梯山の雪化粧です。pochikoさんのところで見られるので由としています。

投稿: tona | 2014年1月31日 (金) 16:05

★アザミの歌さま ありがとうございます。

多摩御陵は高尾山の傍だそうですね。
お孫さんたちがそちらに住んでいらしたとは!
高尾山ではいろいろな植物を観察されたでしょうね。
そう16年前といえばデジカメもなくフィルムでしたね。旅行へ行くとき十数枚撮って焼き付けてもらう時代でしたね。
すべてに便利に豊かになりすぎたのでありがたみがなくなっています。反省です。

投稿: tona | 2014年1月31日 (金) 16:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/59030296

この記事へのトラックバック一覧です: 高尾山からの富士山:

« 『はなとゆめ』冲方丁著 | トップページ | 「大浮世絵展」江戸東京博物館 »