« 佐野洋子著『シズコさん』 | トップページ | 心和む:小倉遊亀「径」 »

2014年2月21日 (金)

江戸東京たてもの園

都立小金井公園内には江戸時代から昭和初期までの、30棟の復元建造物が建ち並んでいます。

江戸東京たてもの園は、1993年(平成5年)3月28日に開園した野外博物館です。現地保存が不可能な文化的価値の高い歴史的建造物を移築し、復元・保存・展示するとともに、貴重な文化遺産として次代に継承することを目指しています。
建物の内部ではその時代の生活用品などがを展示され、それぞれの時代の生活や商いの様子などが再現されていました。
小学生がたくさん勉強に来ていて、ボランティアガイドの説明に聞き入り、担任から渡されたプリントに熱心に調べて書き込みをしていました。彼らは一体ここで何を学べたのでしょう。
私には殆どの生活用品は目新しいものではないが、小学生は凡そ見たことがなくて大いに好奇心を満たせたのではないか。そして以前の生活に思いを馳せたのではないでしょうか。
昔の建築の、その柱の太さ、釘を使わないで建て、いつまでも地震にも耐えて立ち続ける姿に感動を覚えます。大正の家を紹介できませんでしたが、大正モダニズムといって、モダンな瀟洒な住宅の中は明るく便利で快適な空間で、材質もしっかりしたものでした。

旧自証院霊屋(おたまや)1652年(慶安5年)尾張藩主徳川光友の正室千代姫が、その母お振りの方(三代将軍家光の側室)を供養するために建立した霊屋。420x280
たてもの園では次に古い江戸時代中期の多摩川沿いにあった茅葺の農家420x280_2
    農家の中の囲炉裏で温まるようにと言葉をかけられた。煙に燻された。420x280_3
      江戸時代後期の名主の家。式台付き玄関に格式が見られる。420x280_5
                      フクジュソウ360x240
デ・ラランデ邸 明治43年頃ラランデによって3階建てとして増築された。デ・ラランデは昨年見た神戸の風見鶏の館(トーマス邸)を設計した人。420x280_6
建築の内部を見ながら、この中のレストランで食事をした。メニューはカレーライスとハヤシライスだけなのでカレーラシスにしたところ、とても美味しかった。420x280_7
三井八郎右衛門邸 明治時代 襖などは円山派の絵が描かれ、絹蔵と称される蔵は扉からして凄い厚さだ。豪商の豊かさが伝わってくる。420x280_8
420x280_9
420x280_10
高橋是清邸 明治時代 昭和11年の2.26事件の現場となった。周囲殆どガラス戸で明治のガラスは少々波打っている。420x279
420x280_11
前川國男邸 東京都美術館や都文化会館などを設計した建築家の自邸。昭和17年。外観は切り妻屋根の和風で、中は洋風の居間と書斎と寝室だけの実にシンプルな間取りであり、カーテンでなく障子。すべて作り付け。明るい家だ。420x280_12
420x280_13

最後は下町の風情を楽しむ商家や銭湯や居酒屋のゾーンです

銭湯「子宝湯」昭和4年 唐破風の屋根。湯船の背景はやはり富士山の絵です。小学生の頃通っていた銭湯と全く同じ構造でした。420x280_14
420x280_15
420x280_16
420x280_17
                居酒屋の中 1856年(安政3年)420x280_18
420x280_19
                    醤油店 昭和8年420x280_20
          文具店(昭和2年)生花店(昭和2年)荒物屋(昭和初期)420x280_21
                      荒物屋の中280x420
                    乾物屋(昭和3年)280x420_2
                  本物そっくりに作ってある420x280_23
化粧品屋(昭和3年)イオニア式の柱で当時としてはモダンだった。池之端の不忍通りに面してあった。280x420_3
          都電7500形(昭和37年) 椅子の奥行きがなく浅い7500_420x280
                   万世橋交番(明治後期)420x280_24

|

« 佐野洋子著『シズコさん』 | トップページ | 心和む:小倉遊亀「径」 »

コメント

tonaさま
貴重なコレクションですね。小金井公園にこんな素晴らしい場所があるというのは全く知りませんでした。昔、武蔵小金井に住んでいたので敏感に反応してしまいました。

投稿: evergrn | 2014年2月21日 (金) 22:56

こんばんは。
懐かしいですね~。
昭和初期の建物はまだ小さい頃に見覚えのある建物で懐かしいのと、15年ほど前に次男が小金井に住んでいたので「江戸東京たてもの園」を訪れたことがあり、これもなつかしいです。
その当時はこんなに建っていなかったように思うのですが、見たのに忘れたのかもしれません。
子宝湯だけはしっかり覚えています。
その前で記念写真を撮りましたから。(笑)

投稿: アザミの歌 | 2014年2月22日 (土) 00:19

★evergrnさま

まあ、武蔵小金井に住んでいらしたのですか。
たてもの園は1993年に出来たそうですからもう20年過ぎたのですね。
公園や玉川上水が近くていいところですね。
何て言っても桜の名所ですが、この雪で桜の枝が随分折れていました。

投稿: tona | 2014年2月22日 (土) 08:33

★アザミの歌さま

おはようございます。
ご子息様たち、中央線沿線に一時期お住まいだったのですね。
15年ほど前ですと、もしかしてもっと少なかったかもしれませんね。
デ・ラランデ邸は昨年白金からここに移築されたそうですよ。
子宝湯を見て貧しい小学生時代を思い出しました。、昭和初期から戦後も同じだったのだということにも驚きました。戦争をはさんでも高度成長期前までは、私に関してはずっと同じような生活だったのだとわかりました。

投稿: tona | 2014年2月22日 (土) 08:40

亡妻の最後が桜町病院でしたので車いすを押して公園には行きましたがここは見ずじまい。
規模が大きいのですね。
これから行くことがあるかなあ。

投稿: 佐平次 | 2014年2月22日 (土) 10:49

★佐平次さま

桜町病院は有名ですね。
バスで行きましたが病院の前を通りました。
私ももしもの時はここに入りたいと以前思っていました。
桜の時が一番ですが、大混雑ですので、お出かけには向いていませんですね。

投稿: tona | 2014年2月22日 (土) 13:17

こんにちは
 
江戸東京たてもの園 貴重であるとともに何だかとても楽しそうです。
愛知にいたころ、明治村には2度ほど行きましたが、
そこともまた全然違う建物が保存されてて、機会を作れたら
行ってみたいです。
小金井公園の中にあって玉川上水も近いのですね。
緑の多そうな地域、付近の散策共々ゆったりと歩いて
回りたくなりそうな場所ですね。
そういえば、夫が大学のとき入っていた学生寮(今はありませんが)が
小金井にあったと言っていたと思います。当時江戸東京たてもの園は
なかったでしょうけれど、公園や上水のことをあとで聞いてみます。
学生の頃は関心なく知らずにいたかもしれませんが。

投稿: ポージィ | 2014年2月22日 (土) 15:37

★ポージィさま

こんにちは。
来週は暖かくなりそうですが、今日はまだまだ雪風が冷たいです。今年も霜焼けができました。
ありがとうございます。
明治村は広いですね。この間全部回れませんでした。昭和村もあるのでしょう。
小金井公園は広いです。今は冬枯れで、雪景色でしたが、桜の咲くときは何万人が訪れます。
以前夫が迷子になったくらいです。
静かな今はあまり人もいないのでゆっくり見学できて、2時間くらい粘っていました。
玉川上水も所々桜がきれいでいいところです。
ご主人様も散歩されたのではないでしょうか。

投稿: tona | 2014年2月22日 (土) 16:42

ここは、東京に居た時見逃したところです。
次回、上京する時はぜひ拝観したいです。
先ごろ一部テレビでも紹介していました。
その時まで、あれほどあるとは知らなかった
のです。川崎の民家園のようなところと
見くびっていたのが間違いであることに
気づきました。
たくさんの写真も参考になります。
どうもありがとうございました。

投稿: matsubara | 2014年2月22日 (土) 19:27

★matsubaraさま

川崎の民家園は今度行こうと思っているところです。
そうだったのですか。
上京されるときはお知らせください。
ご一緒しますからね。
いろいろな種類がありますので楽しめます。
でも明治村は広かったですね。規模がここと違いました。
今思い出しています。

投稿: tona | 2014年2月22日 (土) 20:43

こんばんは (◎´∀`)ノ
近くだったら、ぜひ訪れてみたいところです。
自分が生まれる以前の建物がほとんどですが、それでもきっと懐かしい雰囲気を感じそうです。
東海地方には明治時代の建築物や乗り物を展示保存する『博物館・明治村』、野外民族博物館の『リトルワールド』、街の雰囲気が大正ロマンにあふれる明智町『大正村』、さらに『昭和村』もあります。
しかしこちらは時代の枠を超え、江戸から昭和初期までの建物がずらり!
大人も子供大いに楽しめそうですね。

投稿: 慕辺未行 | 2014年2月22日 (土) 23:44

★慕辺未行さま

おはようございます。
ここは私に子供の頃そのままの家々で、当時に舞い戻ったような懐かしい場所でした。
そちらの明治村はmatsubaraさまにご案内いただきました。広かったです。
昭和村は聞いたことがあるのですが、「リトルワールド」や「大正村」は初めて知りました。
東海地方にずらりなのですね。
小学生の社会科の勉強にそちらはうってつけです。
子供たちの感想を聞きたいところです。
私も2時間半も楽しんできました。

投稿: tona | 2014年2月23日 (日) 08:28

こんにちは~
数日続いた小春日和も今日から天候も気温もdown下り坂ですね
            
30棟も復元建造物のある場所、全く知りませんでした
20代のころ、東北各地の商店へ出張していて、この様な建物をたくさん目にしていました
懐かしいです
近い様で遠いのが小金井近辺です
機会をつくり観に行きたいですねhappy01

投稿: OB神戸家 | 2014年2月27日 (木) 14:27

★OB神戸家さま

朝から霧雨が降っています。
来週から又寒くなるそうですね。早く春よ来いです。
商店へ出張だったのですか。それでしたらこのようなお店と中の様子、たくさんご覧になりましたでしょうね。
藁ぶき屋根の農家や銭湯と文房具屋さんなど懐かしく思い起こしました。
私も神戸家さんの家の方はなかなか遠く感じまして、殆ど出かけたことがありません。

投稿: tona | 2014年2月27日 (木) 16:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/59174744

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸東京たてもの園:

« 佐野洋子著『シズコさん』 | トップページ | 心和む:小倉遊亀「径」 »