« 宮古・八重山諸島10島めぐり(1) | トップページ | 宮古・八重山諸島10島めぐり(3) »

2014年3月26日 (水)

宮古・八重山諸島10島めぐり(2)

宮古列島②
<宮古島>その2

樹木の緑とお花がきれいでした。
主な産業としては、サトウキビが終わると葉タバコ、そしてマンゴの収穫となる。トライアスロンの島でもあります。

  ベニモンアゲハ(アゲハチョウ科)は熱帯に分布し、鮮やかな赤の斑点が並ぶ。420x321
ガジュマル(クワ科)があちこちに見られた。別名:絞め殺しの木。
土台となる低木や岩に発芽して、成長した幹から気根を垂れ、徐々に幹や土台の木にからみつき、土台の木を殺す恐ろしい木。420x280
アダン(タコノキ科)の実。奄美大島に住み着いた田中一村の絵が印象的です。この実は繊維質で食べるのに適さないが、ヤシガニの好物です。
雌雄異株、この木も気根を垂らして接地し、木を安定させ、風倒を防いでいる。葉はパナマ帽や筵や籠の材料となる。420x280_2
モンパ(紋羽)の木(ムラサキ科) 樹形がなかなか良い。海岸沿いや岩場に自生。潮風に強い。
225x150225x150_2


◆熱帯植物園 植物園でありながら植物名が明記されていないのが残念420x280_3
420x280_4
                     トックリヤシ420x280_5
                トックリアブラギリ(トックリサンゴ)420x280_6
                  バナナ(バショウ科)の花420x280_7
                       キンチク280x420

◆東平安名崎(ヒガシヘンナザキ)420x280_8
                    アダンの群生420x280_9
                 イリオモテアザミ(キク科)420x280_10
                  テッポウユリ(ユリ科)420x280_11
                   ハマウド(セリ科)420x280_12
                  ハマゴウ(クマツヅラ科)420x280_13
420x280_14
420x280_15
420x280_16

宮古島の家の玄関には、この6つの突起があるスイジガイ(水字貝)が魔よけとして吊るされています。600x400_420x280
宮古島空港のターミナルは屋根が赤の漆喰で固められていて沖縄の家風です。420x280_17
毎晩、三線の演奏や島唄ライブで「芭蕉布」や「島唄」「新安里屋ユンタ」など聴きました。420x280_18
        三晩ともブッフェをチョイス、いろいろな味を楽しみました420x280_19
300x200



|

« 宮古・八重山諸島10島めぐり(1) | トップページ | 宮古・八重山諸島10島めぐり(3) »

コメント

tonaさん、ほんとにフットワークが軽い^^

宮古、八重山ですか~?
そちらはもう、アザミやユリが咲いているんですね。

私は、大きな旅はなかなかできませんが、せめて近くでも動きまわらなくちゃです^^

投稿: otayori | 2014年3月26日 (水) 20:55

★otayoriさま

おはようございます。
最果ての与那国島がすぐそこで遠いところに来たという感じの島々です。
野の花も今が満開で、本土より随分早いですね。
2月3月がお花の最盛期ですって。風の点で3月末から4月初めがいいそうです。
お元気なうちに動き回ってください。人によって違いますが、70才を超えると大変になります。

投稿: tona | 2014年3月27日 (木) 08:59

宮古島の産業は、大人気のマンゴーなどもっと盛んになるといいですね。
そっか、トライアスロンも行われるのでしたね♪
 

南国らしい植物が楽しいです。ガジュマルといったお馴染みの
ものもあれば、見るも聞くも初めてのものもありです。
もうこんなに色んな花が咲いていているのですね。
楽しいけれど、名札の無い植物園では、宮古の植物と縁遠いだけに、
調べるのも大変でいらしたと思います。ありがとうございました。

投稿: ポージィ | 2014年3月27日 (木) 09:55

★ポージィさま

こんにちは。
マンゴーはビニールハウスの中で花を咲かせていました。
バスガイドさんがいましたのでどんどん聞きました。
さすが島の人ですから特有の植物はご存知でした。
でも私は気に入ったのを写真撮りながらなので聞き逃しが多く、また時間など記録してないのがあったりで後でわからないのが多くなりました。
代表的なのがわかればいいですね。こちらこそありがとうございました。

投稿: tona | 2014年3月27日 (木) 10:10

東平安名崎、以前行ったのは年末から正月にかけて、ここと西平安名をめぐって夕日と朝日を楽しみました。

投稿: 佐平次 | 2014年3月27日 (木) 10:55

こんにちは~
絞め殺しの木ガジュマルはしりませんでした。
以前住んでた社宅の庭の梅の木に蔦が巻きつき、その年は実が鳴らなかった記憶があります
庭も手入れしないとねぇ~weep

投稿: OB神戸家 | 2014年3月27日 (木) 11:16

tonaさま
以前に石垣島に旅したとき宮古や与那国は沖縄とは別の国だったと聞きました。あの辺りでは那覇などに出かけることを「沖縄に行く」というそうですね。

投稿: evergrn | 2014年3月27日 (木) 11:18

★佐平次さま

まあ、何て素敵な贅沢な旅だったのでしょう。
西平安名崎の方の西は西表と同じく「イリ」と読むのだそうですね。

投稿: tona | 2014年3月27日 (木) 16:23

★OB神戸家さま

カンボジアのアンコールワットの木もそうでしょうか。遺跡を割って中に入り込んでいます。

蔦も発見したら早くに取り除かなくてはならないのですね。

投稿: tona | 2014年3月27日 (木) 16:27

★evergrnさま

なるほど、Wikipediaで歴史を調べましたらそうなのですね。
で、中国が今に沖縄の島々を尖閣諸島同様に自国のものと主張するのでしょうか。
沖縄県もこのところのいざこざに独立したいと言っています。

投稿: tona | 2014年3月27日 (木) 16:31

宮古島の方へ行っておられたのですね。

ガジュマルの木っていうか
この太いのが全部ガジュマルの木かと思ってましたが
土台の木に絡みついているのですか。
ビックリでした~ 家にも小さいガジュマルがありますけど
この写真を見たら、同じガジュマルとは思えないです。

珍しい木の実や花がアップされてて
なんだか自分も行ったような気がしてしまいました^^
あ、バナナの花は新潟に蘭展へ行った時に見ましたが
とてもあの花とバナナが同じものだとは想像も出来なかったです。

投稿: pochiko | 2014年3月27日 (木) 22:54

こんばんは (◎´∀`)ノ
宮古島どころか沖縄本土へも行ったことがありませんので、どの写真も興味津々で拝見しています。
日本でありながら日本でないような景色、動植物も含めた自然が、まるで違いますね。
それにしてもガジュマルの木の別名の恐ろしいこと。

投稿: 慕辺未行 | 2014年3月27日 (木) 23:47

★pochikoさま

ガジュマルの木があるのですか。
それは大きくなるのが楽しみですね。
気根が次々と出てくるようですね。

亜熱帯の花は鮮やかです。
それに島では風が強いから植物はその対策もしています。
私もバナナの花はちょっと信じられませんでした。色もなかなかです。

投稿: tona | 2014年3月28日 (金) 06:42

★慕辺未行さま

おはようございます(o^-^o)
植物の多くが亜熱帯性で全然違いますね。
そして本土の冬の2月にはいろいろな花が咲いていて3月には満開です。
それにのびのびした雰囲気です。
一見ハワイやカリブ海(TVで最近見ました)のようだなあと感じました。
ガジュマルの木、凄いですよね。石を割って出てきているのも見ることが出来ました。

投稿: tona | 2014年3月28日 (金) 06:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/59360008

この記事へのトラックバック一覧です: 宮古・八重山諸島10島めぐり(2):

« 宮古・八重山諸島10島めぐり(1) | トップページ | 宮古・八重山諸島10島めぐり(3) »