« 宮古・八重山諸島10島めぐり(3) | トップページ | マシュー・グッドマン著「ヴェルヌの『八十日間世界一周』に挑む」 »

2014年3月31日 (月)

宮古・八重山諸島10島めぐり(4)

Y_map八重山列島② 小浜島 石垣島

<小浜島>

竹富島からいったん石垣島まで戻ってまた船で西表島のそばの小浜島まで行き、ここで島の面積の約5分の1を占める「はいむるぶし」に宿泊。
                    ホテルからの海

Photo_2
420x280
                     ハイビスカス420x280_2
420x280_3
420x280_4
ガチョウはハブを食べる。この島ではクジャクは害鳥だそうだ。
2001年度上半期NHK連続テレビ小説『ちゅらさん』の舞台になった島です。

                    シュガーロード420x280_5
420x280_6
420x280_7
                 向こうは西表島と由布島420x280_8
                   大きなカニがいました420x280_9
              展望台から。手前の木はマングローブ。420x280_10
420x280_11
420x280_12
420x280_13
八重山諸島に入ってから、どの島もバスのドライバーさんが運転しながらガイドをしてくれます。どの人もすごく面白く、途中で三線を弾いて歌ってくださったりするのだ。420x280_14

<石垣島>
◆米原のヤエヤマヤシ
西表島と石垣島だけに自生する天然記念物・ヤエヤマヤシは高さ20mもある。420x280_15
280x420
         迷彩服の柄はこの樹膚から考えられたそうだが本当か?280x420_2
             オオタニワタリ 新芽の天ぷらなどが絶品280x420_3
                      クワズイモ420x280_16
                  ニッパヤシはここが北限280x420_4
                  ドラセナの花はこんな花!280x420_5
280x420_6

◆川平湾 美しい湾にはサンゴの種類が多い。
420x280_17
420x280_18
        グラスボートに乗って沖縄しかない青いサンゴを見ました420x280_19
空港へ行く途中ドライバーさんがカンムリワシの幼鳥を発見。これはとても珍しいとのこと。日本では西表島と石垣島と与那国島しか生息しない。蛇を特に好む。420x329

美しい海と咲き乱れる花々、水牛や蝶、サンゴと南国的な自然や独特の民家を10島で堪能してきました。ご覧いただきありがとうございました。

|

« 宮古・八重山諸島10島めぐり(3) | トップページ | マシュー・グッドマン著「ヴェルヌの『八十日間世界一周』に挑む」 »

コメント

こんばんは (◎´∀`)ノ
4回にわたる宮古・八重山諸島の旅、拝見しながらバーチャル旅行させていただきました。
さすが南国!という自然と景色が随所に現れますね。
沖縄独特の民家の屋根、石垣…、とても同じ日本とは思えないほどです。
ヤエヤマヤシの樹皮、たしかに迷彩服のデザインのようです (゚o゚)ヘェーッ!
ドラセナの花は、どこかの植物園で見たことがあるような…?
カンムリワシ、その名は知っていますが当然、見たことはありません。
しかも幼鳥とのこと。
大変貴重な出会い、拝見させていただきとてもありがたく思いました。

投稿: 慕辺未行 | 2014年3月31日 (月) 23:26

★慕辺未行さま

おはようございますsun
ご一緒に旅行していただいてありがとうございました。
テレビで見る風景と実際に見るのとでは違っている面もたくさんありました。
民家の造りは厳しい台風には耐えるように思いました。毎年いくつもやってくるのですものね。こちらの家では吹っ飛んでしまいそうなほど風速があるらしいです。
迷彩服は私はジャングルの風景を写し取ったのだと思っていましたが、樹膚からとはなるほどです。
ドラセナは丈がこんなに高くなるものなのですね。花は初めてでした。
カンムリワシは聞いたことがあるのに生息地域は知りませんでしたので、貴重な出会いでした。

投稿: tona | 2014年4月 1日 (火) 08:34

自然と向き合う昔ながらの知恵の結晶である家屋や石垣、
この地方ならではの動植物、海、…
サンゴ礁の海の色はやっぱり溜息が出るほど綺麗ですね。
でも、どこでもですが、様々な要因でサンゴ礁は
いつも危機にさらされているのですよね。
人のせいで絶やしてしまうことの無いよう何とか守って
いかなくてはですね。
 

お写真を拝見していると ゆっくりと滞在したくなってきます。
あちこち歩きまわったりぼーっと海を眺めたり…
時間を持て余してしまうかしら?(^^;)
 

珍しいカンムリワシともお会いになれたとは良かったですね♪
ドラセナは色んな種類があるのですが、tonaさんが
ご覧になったののお写真を拝見して、実家に植えられていた
よく似たのが毎年花を咲かせていたのを思い出しました。
違うものかもしれませんが、暑さにも寒さにも強い品種も
あるようです。

投稿: ポージィ | 2014年4月 1日 (火) 09:22

寝ていた沖縄心を覚まされました。

投稿: 佐平次 | 2014年4月 1日 (火) 10:14

★ポージィさま ありがとうございます。

サンゴ礁がどんどん危機さらされているそうで、何とかしなくてはと随分前から話題になっていますね。壊すのは人間なのですから、今こそ立ち上がってこれ以上壊滅への道を辿らないようにしてもらいたいです。観光客も責任があるのですよね。

海の好きな人はハワイもありますが、絶対沖縄です。透明で色も七色に変わるそうで、もし潜るのがお好きなら一層良いですね。あと植物を丹念に見て歩くのも楽しそうですよ。
永住してしまう人もあるらしいです。

カンムリワシの幼鳥には感動しました。もう餌を一人で獲れるのかしら。当たりを睥睨していました。
このドラセナは3m近くあったかしら。随分高くなるのですね。ちびさんばかり見ていたので驚きました。お花を見るのも初めてです。ご実家に咲いていたのですかw(゚o゚)w

投稿: tona | 2014年4月 1日 (火) 16:28

★佐平次さま ありがとうございます。

そうですか。
遠いけれども楽しい島ですね(o^-^o)
お元気なのでまだまだお出かけになって楽しまれては。サンチ君の散歩が似合う島、でもサンチ君には遠いですね。

投稿: tona | 2014年4月 1日 (火) 16:31

4回にわたる宮古・八重山諸島の旅、いっきに読ませていただきました。
自然も文化も本土とは全く違う独特のものが感じられますね。

沖縄は本島しか知りませんが、主人がサラリーマン時代に出張で(アドマンでした)
この小浜島のホテル「はいむるぶし」に一週間滞在しています。
「いつか連れて行ってやる」と言ってもう何年になるでしょうか?

沖縄周辺のサンゴ礁は世界的に見ても貴重で珍しいものだそうですね。
このエメラルドグリーンの海はハワイもかなわないはずと聞いた覚えがあります。

私も5ヶ月に渡る父の看病から解放され、少しづつ活動を始めたいと思っていますが・・・
まずは鎌倉や横浜の先を目指すことからですね。

投稿: nao♪ | 2014年4月 1日 (火) 21:00

★nao♪さま ありがとうございます。

いろいろな花が咲き始め、少しは心を和ませてくれるのではないでしょうか。
少し落ち着かれた頃でしょうか。

沖縄は植物も珍しいのがたくさんあってそれだけでも面白いです。
まあ、ご主人様は「はいぶるむし」に滞在されたのですね。ここは「ちゅらさん」の撮影部隊も逗留したそうです。
あまりに広くて一部しか歩けません。
浴場も結構遠くて、そのお陰で貸切状態でした。海を眺めながらの入浴で絶景を堪能できます。

ハワイも敵わないと言われる色なんですね。オーストラリアのバリアリーフもサンゴ関係で美しいらしいですね。
青いサンゴは貴重な存在のようでどうやら見る事ができました。
自分自身も年取っていきますから、これからは元気を回復するためにも登山開始ですね。いろいろな所に足を延ばされてください。

投稿: tona | 2014年4月 2日 (水) 08:18

綺麗な写真をたくさん見せて頂きました
それにしても、随分アップされましたね
ありがとう

投稿: OB神戸家 | 2014年4月 9日 (水) 10:03

★OB神戸さま

こんにちはlovely
こちらこそ見ていただきありがとうございました。
空気もきれいでお花や海がきれいでついつい写真を撮ってしまいました。

投稿: tona | 2014年4月10日 (木) 14:41

一寸ブログを拝見するのを怠っている間に、
随分あちこちに足を伸ばしておられ、驚嘆
するばかりです。
見る写真、見る写真、珍しい写真ばかり。
そしてなんと美しいことやら。日本には
素晴らしい場所がまだまだ沢山あるのですね。
想像以上に美しい風景、実際に見たら感激すること間違いなし。

投稿: 茂彦 | 2014年4月14日 (月) 16:28

★茂彦さま

日本の東南のはずれ、台湾がすぐ近くなのですね。
海の色にはすっかり魅了されました。近づけば透明できれいです。サンゴ礁がよく見えます。

日本は温帯から亜熱帯で実に変化に富んだ景色が見られて、素晴らしい国と気付かされます。
残念ながら海の中に潜ることはできませんでしたが、一応山の頂上に何度か立つことが出来たのが幸いでした。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2014年4月14日 (月) 19:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/59388924

この記事へのトラックバック一覧です: 宮古・八重山諸島10島めぐり(4):

« 宮古・八重山諸島10島めぐり(3) | トップページ | マシュー・グッドマン著「ヴェルヌの『八十日間世界一周』に挑む」 »