« 日本刺繍の天井・旧岩崎邸庭園 | トップページ | 宮古・八重山諸島10島めぐり(2) »

2014年3月24日 (月)

宮古・八重山諸島10島めぐり(1)

宮古列島①

500x600東京から約2000㎞もあるという先島諸島(宮古列島・八重山列島)の10の島に3泊4日で行ってまいりました。
羽田→那覇→宮古へ2時間50分+55分のフライトでした。

宮古列島は8つの有人島、八重山諸島は10の有人島からなる。
宮古列島では宮古島とそこから橋でつながっている池間島と来間島、橋が間もなく完成するという伊良部島とこれに繋がっている下地島の5島を見学しました。

宮古島に入るとサンゴ礁の海と畑やビニールハウスが見えました。宮古島には山や川(小川が1つだけ)がなく、ハブもいない。年間雨量が多いので地下水が豊富で渇水の心配がない。420x280
どの島も周りはサンゴ礁に囲まれて美しいエメラルドグリーン色に輝き、その外の日の光が届かなくてサンゴが育たない深さの海と色が異なり、境目は波がサンゴに当たって一直線に白波が立っているのだそうだ。
この後どこに行ってもこの景色が見られてビーチ三昧でした。420x280_2
<池間島>
宮古島の北に位置する小さな島でこれは島から池間大橋と宮古島を眺めたもの。山がないのがよくわかります。420x280_3
こんな小さな島にも「さとうきび畑」があります。風が吹くとざわわ♪ ざわわ♪と鳴るそうです。これは少し前に植えられたものですが、今はさとうきびの収穫の最終段階で人々が刈っていました。凄い重労働にもかかわらず収入が少なく、高齢化が進んで減っているそうだ。420x280_4
<伊良部島>
宮古島の北西にあり船で渡る。昔大津波が押し寄せて島の巨石が海岸に押し流された風景。420x280_11

1_225x150225x150

<下地島>
伊良部島の西にあり40~100mしかなくて橋で繋がる。
1㎞の滑走路があってパイロットはここで訓練する。420x280_6
<来間島>
宮古島の南西にある小さな島 全長1690mの来間大橋は日本最長の農道橋420x280_7
420x280_8
<宮古島>その1

◆砂山ビーチ
225x150_2225x150_3

◆与那覇前浜420x280_9
2225x150_2225x150_4




|

« 日本刺繍の天井・旧岩崎邸庭園 | トップページ | 宮古・八重山諸島10島めぐり(2) »

コメント

こんばんは!
なんと、宮古・八重山地方へ旅していらしたのですね。
東京から2000キロもあるのですか、遠いです…。
しばらく前から、tonaさんの旅のテーマの一つになっている離島。
今回はグーンと南西へと飛ばれたのですね。
宮古島や伊良部島が隣り合った島と橋でつながっていることは
知りませんでした。
サンゴ礁の海も島の緑も美しいですね。ハブがいないというのは
ありがたいですね。
 

ここでも農業に従事する方たちは高齢化と離農の悩みが…。
ちょっと調べましたら、サトウキビの収穫は機械より手作業のほうが
収穫利益が高い、機械は高額だし雨の日は使えない、などと
ありました。でも、結構背丈が高くそれなりに太さもある植物、
あれを手作業でとなったら、たしかに大変な重労働と思います。
きっとよい機械も開発されているかもしれませんが、なかなか導入
できない事情もあるのかもしれませんね。
わが家ではきび砂糖を買っているのですが、少しはお役に立てている
のかどうか??原料が輸入だったら意味無いですね。
 

旅の続きでどんなものを見せていただけるか楽しみです。

 


投稿: ポージィ | 2014年3月24日 (月) 21:31

★ポージィさま

おはようございます。
コメントありがとうございます。
そうなんです。島巡りが続いていますが今回は遠かったです。
列島と言えばなんとなく連なっている印象の言葉ですが、宮古はほとんど宮古島を中心にくっついているのですね。
沖縄や八重山はハブがいるのに宮古だけはいないのだそうです。ハブはことにサトウキビの中にいるそうで、収穫時にやられることが多いそうでこの島は安全です。

サトウキビの収穫には機械を借りると数万円だそうで利益が全く上がらないそうです。
あの固くなった茎を刈るのはとても大変そうでした。サトウキビ工場も見かけましたが、3ヶ月だけ稼働して、他の月は従業員は機械の整備や他の仕事につくそうです。
きび砂糖をお使いなのですね。
私は黒糖が好きなので、黒糖や飴やあんみつなどを時々いただくことにします。

投稿: tona | 2014年3月25日 (火) 06:40

しばらく更新が途絶えていたのは、またまた
ご旅行だったのですね~
羨ましい~
私など宣言してから何か月も経ちようやく実現
ですのに、もうあれから二回も出られましたね。
その行動力が素晴らしいです。

沖縄本島に15年前行ったきりです。
島により、怖いハブもいないところがあるとは
知らなかったです。
またつづきを楽しみにしています。

投稿: matsubara | 2014年3月25日 (火) 10:12

★matsubaraさま

実は決心するまで結構いろいろ考えて大変です。3月もい医者に合間を縫ってという感じでした。
八重山諸島は一度行ったことがあるのですが、新しいことを知ることが出来よかったです。
宮古島が本命でしたが、これまた知らなかったことが多くて異国のような方言に驚きました。鹿児島弁と同じく全くわかりませんでした。
また楽しみにしてくださってありがたいです。

投稿: tona | 2014年3月25日 (火) 16:20

懐かしいなあ。
宮古島は独特の良さがありました。

投稿: 佐平次 | 2014年3月25日 (火) 18:43

★佐平次さま

行かれてたのですね。
同僚に宮古島出身の方がいまして、いろいろな話を聞いて素敵な島だと憧れていました。
観光客もあまりいなくてひなびた感じが良かったです。

投稿: tona | 2014年3月25日 (火) 19:04

こんばんは (◎´∀`)ノ
沖縄…、いや、さらにもっと南の宮古島や八重山諸島へと旅されていたのですか?!
東京から2000kmとは…遠い!
本当に綺麗な海ですね。何にも汚染されていない海の青さ…なのでしょうね。
島と島を結ぶ橋、ここをドライブしたら、最高の気分が味わえそうです。
橋の途中の傾斜は、登りでは空へ向かうような、下りでは海へ向かうようなそんな感じがしそうです。
宮古島の青い空、青い海、白い砂浜…こんなところでのんびり過ごしてみたいです。

投稿: 慕辺未行 | 2014年3月25日 (火) 23:44

★慕辺未行さま

おはようございます( ^ω^ )
宮古・八重山地方は羽田から4時間以上も飛行機に乗りますので遠いですね。
日本各地から、北海道からきている人もいました。
海はあくまで透明です。浅くサンゴがあるところはエメラルドグリーンに輝くということを今回初めて知りました。
そう、バスでしたがドライブは最高です。
橋って真っ直ぐですから前の席に当たっときはなかなかです。
こんなところでゆっくりできたら、お勤めしている方は命の洗濯ができそうです。インフラは不便ということがないようですしね。

投稿: tona | 2014年3月26日 (水) 08:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/59348570

この記事へのトラックバック一覧です: 宮古・八重山諸島10島めぐり(1):

« 日本刺繍の天井・旧岩崎邸庭園 | トップページ | 宮古・八重山諸島10島めぐり(2) »