« 葛飾応為ことお栄 | トップページ | 『日本人の味覚は世界一』鈴木隆一 »

2014年3月 9日 (日)

京王百草園

東京日野市にある京王百草園は今、50種500本の梅が咲いています。満開で混んでいました。

江戸時代享保年間に、小田原城主大久保候の室の寿昌院が徳川家康の長男・信康追悼のために松連寺を再建し、それに伴い百草園が造営される。
明治初期に松連寺は廃寺となり、百草園は地元出身の生糸商人が所有したが、1957年に現・京王電鉄に移管された。

             寿昌院手植えの梅、樹齢300年で巨樹だ。420x280
420x280_2
                 梅の木は、1本1本味わい深い。420x280_3
420x280_4
420x280_5
420x280_6
                       満月しだれ280x420_2
           展望台から、スカイツリーは私の目には見えない。420x280_7
            志ばらくは 花の上なる 月夜かな (芭蕉歌碑)420x280_8
                       心字池420x280_9
420x280_10
                     茶室:三擽庵420x280_11
                  今年初めての’マンサク’420x280_12
420x280_13
                      スイセン420x280_14
420x280_15
                    マメヅタ(ウラボシ科)280x420_3
                敷地の隣の百草八幡宮420x280_16



|

« 葛飾応為ことお栄 | トップページ | 『日本人の味覚は世界一』鈴木隆一 »

コメント

こんばんは (◎´∀`)ノ
観梅に出かけられたのですね。
50種もの梅…、それだけでビックリです。
紅梅・白梅・しだれ梅・・・色んな梅の花が楽しめそうですね。
梅の花も桜の花同様、古刹や古い日本家屋とのコラボが素敵ですね。
『絵』になります。
百草園とのことですから、梅の花だけでなく下を見ればたくさんの草花があるのでしょうね。

投稿: 慕辺未行 | 2014年3月 9日 (日) 23:48

★慕辺未行さま

おはようございます( ^ω^ )
近所の梅がとてもきれいに咲きそろったので、きっと百草園もと出かけました。
桜の前に、一度は観梅に出かけずにはいられません。
以前下町の有名なタンを鑑賞にボタン園に行った時もそうですが、歌謡ショーが行われていたのが興ざめでしたが、園内満開状態で良いひと時が持てました。かすかな香りがいいものですね。
春夏秋冬、名札がたくさんの花の咲くことを教えてくれています。今は枯野状態で想像もできませんでした。

投稿: tona | 2014年3月10日 (月) 08:53

おはようございます
わぁ…50種500本が満開は、見応えあるでしょうね。
木たちの、長い歴史を経てきた枝振りが味わいがあってすてきです。
背景の藁葺き屋根や庭園にもよくマッチしていい雰囲気。
4枚目の紅梅は、かなり樹高がありそうに見えます。
自然の状態に任せると樹高はどのくらいになるのでしょ。(検索してもなかなか出ていないのですが、
5~10mと書かれているものを見つけました)
あまり高くなると花を近くで愛でられませんが、木全体が染まる様子を
少し離れて見るのも綺麗でしょうね。
 

マンサクや足元を彩る水仙、オブジェのようなマメヅタも楽しく
拝見しました。
 

投稿: ポージィ | 2014年3月10日 (月) 09:01

★ポージィさま 

おはようございます。お背中が少し良くなられたそうで安心しました。ありがとうございました。
ここの梅の枝ぶりはどれも良かったです。
4枚目の写真の梅は藁ぶき屋根より高かったようですので、きっと8mはあったのかと。高さについてはいつも当たったことがありません。
この間の雪がまだ残っていましたが、古木も雪には強いものですね。
マンサクの木の数がこちらでは少ないので、見ると嬉しくなります。
水仙もこれからいろいろな種類が咲き始めますので楽しみですね。
次は桜ですね!もうあと少しで春、春、待ち遠しいです。

投稿: tona | 2014年3月10日 (月) 09:18

tonaさんのブログの内容の濃いこと驚くばかりです。
「江戸東京たてもの園」から「京王百草園」まで、
読ませていただきました。毎日、拝見すれば
いいのですが、なぜかそれが出来なくて、
ついつい、まとめて拝見しています。
江戸たてもの園、近いところへあることが
わかりましたので、近々、行ってみたいと思っております。
あちらこちらと、活動的に訪れておられるのですね。
いろいろ勉強になります。

投稿: 茂彦 | 2014年3月10日 (月) 20:02

★茂彦さま

お忙しいのにご訪問いただきありがとうございました。

江戸たてもの園は評判がいいようですよ。
両国の江戸東京博物館の別館です。
そちらからもそんなに遠くないので是非いらしてください。
百草園は我が家からは近い方に入ります。
初めてでしたが、たどり着くまでものすごい坂を登らなければなりませんでした。
歩けるのも今のうちかと思い切って出かけています。

投稿: tona | 2014年3月10日 (月) 20:21

向島百花園は東京に居たとき行きましたが
こちらはまだでした。次の目標が出来ました。
聞いてはいたのですが、大田区から遠いため
行けずじまいでした。

マンサクは我が家にもありますのでアップして
みようと思います。
マメヅタもありますがこんなに蜜に生えて
いません。

投稿: matsubara | 2014年3月12日 (水) 13:52

★matsubaraさま

毎日お忙しいでしょう?ありがとうございました。
向島百花園まで足を延ばされているのですね。
マンサクやマメヅタがお庭にあるなんていいですね。
マンサクに関しましては近所に見かけないのですよ。ですから出先で見られたらすごく嬉しくなります。

投稿: tona | 2014年3月12日 (水) 16:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/59265192

この記事へのトラックバック一覧です: 京王百草園:

« 葛飾応為ことお栄 | トップページ | 『日本人の味覚は世界一』鈴木隆一 »