« 国分寺・万葉花まつり | トップページ | スティーヴンソンの「吉田寅次郎」小伝 »

2014年4月25日 (金)

漱石公園

早稲田大学オープンカレッジへ、昨年から毎週同じ時間に家を出て通っているのに、今週は間違えて1時間早く到着です。頭がどうかしちゃったみたい。
気を取り直して、夏目漱石の連載が始まったことだし、近くの晩年を過ごした家があった漱石公園へ行ってみました。
60年前まで私が住んでいた家(ずっと空き地になっていたけれど、今遂にマンションの建設が始まる)から早稲田小学校まで5分と掛からない、その道の途中にありました。
315x420_2

漱石がこの早稲田南町の「漱石山房」に住んだのは明治40(1907)年9月から大正5(1916)年12月に没するまでの9年間だ。山房は敷地340坪に60坪の和洋折衷の平屋が建っていたそうだ。昭和20年に焼け落ちたけれども、敷地の一部が昭和51年に漱石公園として開園、平成20年にルニューアルオープンした。
ここで『三四郎』『それから』『門』『こころ』『道草』などの作品が生み出された。

              漱石の胸像:富永直樹作 平成3年建立315x420_3
猫塚:漱石没後漱石が飼っていた猫・犬・小鳥のために遺族により供養塔が建てられた。戦災で焼失したが、漱石37回目の命日(昭和28年)に復元された。
私は昭和29年夏にこの地を離れたので、この猫塚を見ながら学校へ通っていました。約60年経っているので古びました。
23日NHKBSプレミアムで「猫と芸術家の物語」~夏目漱石・福を呼ぶ猫~で『吾輩は猫である』のモデルになった猫との生活をやっていました。
英国留学以来ノイローゼになって当り散らしていた漱石も、猫をモデルにこの小説を書いたら、病気も治って家の中も明るくなったので、この猫が福を呼んだということで可愛がられたとか。
漱石山房に猫と引っ越しして来て、暫くしてこの猫が死んだときに、門下生数人に猫の死亡通知書を送ったということが、テレビでも紹介され、また新聞に再掲された隣に書いてありました。
                    猫塚(供養塔)315x420_4
          公園には「道草庵」があって資料が展示されている420x315

|

« 国分寺・万葉花まつり | トップページ | スティーヴンソンの「吉田寅次郎」小伝 »

コメント

講義は面白かったですか。
好いなあ、私も何か、と思いながら怠け者です。

投稿: 佐平次 | 2014年4月26日 (土) 10:20

tonaさん 初めまして

ポージィさんのブログ経由でやってきましたglennと申します。

いつもポージィさんのブログでお名前を拝見していて読ませていただいていました。
(不精者ゆえ読み逃げですみません。)

私も漱石公園のすぐ近くに住んでいてtonaさんと同じように猫塚を通り越して、
早稲田小学校に通っていました。
tonaさんは29年に越されたのですね
私は32年に越してきたので残念ながら同時期には住んでいなかったのですが、
当時の猫塚や牛込保健所など覚えていらっしゃいますか?

去年まで姉の家がありましたので、たまに行っていましたが、
もう手放してしまい行くことはなくなってしまいました。
でも、姉の家のあった場所の二、三軒隣に草間彌生美術館を建設中ですので
また行く機会ができました。

つい懐かしく、長々と書き込んでしまい申し訳ありませんでした。

投稿: glenn | 2014年4月26日 (土) 11:10

★佐平次さま

「ブリティッシュ・デザインの歴史」です。面白くて復習までしました。残念なのは言ったばかりの大英博物館やV&A博物館で見逃してしまったことです。

投稿: tona | 2014年4月26日 (土) 17:02

★glennさま

まあ!そうだったのですか!
驚きました。
同窓生でもあるわけですね。
早稲田小学校はすっかりお化粧直しをしてきれいになっていましたが、骨格は全然変わっていませんね。地下のプールでも泳ぎましたよ。
隣の牛込2中の1学期間だけ通って茅ヶ崎に引っ越しました。
私が住んでいた家は弁天町32番地で保健所の真ん前の参議院宿舎でした。
早稲田のオープンカレッジの会員になったのが娘が在学中でしたので、もう28年前になりますがその時更地になっていたような記憶があります。数年前も通りましたがまだ建っていませんでした。
前を通ると突き当りがお寺で、左に曲がって大きな道路に出る手前の左側に友人の家がまだありました。
草間弥生美術館ができるのですか。知りませんでした。
懐かしいお話をお聞きして嬉しかったです。
この日喜久井町の夏目坂も歩いてみました。
どうもありがとうございました。

投稿: tona | 2014年4月26日 (土) 17:15

こんばんは (◎´∀`)ノ
その辺りのことは全く分からないのですが、私の旅友がずいぶん前、結婚式を早稲田大学の近くの式場で行いました。
もしかしたら、そこから近かったかなぁ…?
当時知っていたら、行けば良かった…です (^_^;;

投稿: 慕辺未行 | 2014年4月26日 (土) 23:34

★慕辺未行さま

おはようございますsun

そうですか。それは残念でしたね。
早稲田大学の大隈講堂の隣に大隈庭園がありますが、そこに隣接しているホテルが、リーガロイヤルホテル東京です。
そこで結婚式が挙げられたのですね。とても立派なホテルで、私も一度食事をしたことがあります。

投稿: tona | 2014年4月27日 (日) 06:44

1時間を有効に使われてさすがtonaさまですね。
数年前まで短歌会が神楽坂の赤城神社で開かれて
いましたので、漱石の育った所に近かったです。
でも三四郎坂?があったことくらいしか知りません。
今は会場が変わりましたので、縁がなくなりました。

投稿: matsubara | 2014年4月28日 (月) 08:27

★matsubaraさま

赤城神社、懐かしいです。
短歌会が催されるのですか
ここに住んでいたころ、お祭りに必ず行きましたから。
ウミホウズキを買っては一つも成功しなかったことを思い出しました。
三四郎坂?があるのですか。
私はこの日、大学の角のところから始まる夏目坂を歩いてきました。長い坂でした。

投稿: tona | 2014年4月28日 (月) 08:44

すみません。間違えました。
三四郎坂でなくて、夏目坂でした。
お恥ずかしい・・・
赤城神社の社務所二階が長く高嶺歌会の
会場でしたが、古くなり改築され変更となり、
今は東京ドームそばのこんぴら会館です。
新年歌会だけは、市ヶ谷の私学会館です。
(アルカディアです。)

投稿: matsubara | 2014年4月28日 (月) 16:21

★matsubaraさま

ご丁寧にありがとうございました。
赤城神社はこの間神楽坂に行ったときに寄ることが出来なくて残念です。
そこでネットの写真で見てみました。いろいろ改築されてきれいになっていて、子供の頃に見た面影がありません。
市ヶ谷の私学会館は私の最初に勤務したときと手から毎日見ていました。私学に勤めていましたので会合がいつもここだったのです。

投稿: tona | 2014年4月28日 (月) 16:36

tonaさん こんにちは

たびたび、失礼いたします。

tonaさんは32番地にお住みだったのですね~
私は30番地でした。 
牛込保健所の外苑東通りを挟んで斜め前に住んでいました。
本当に目と鼻の先!!
早稲田小学校、牛込二中が母校です。
tonaさんの後輩です^^

返す返す同じ時期に住んでいなかったのが残念ですわ。


投稿: glenn | 2014年4月30日 (水) 13:26

★glennさま

うわー、本当に目と鼻の先です。
すれ違いだったのですね。
その時お会いできなかったけれども、今こうしてネット上でお会いしてとても嬉しいです。
学校も少なくとも小学校は同じイメージがあるでしょう。
担任は川島先生と6年時は神座先生でした。
glennさんが在学していた時にもいらしたかどうかは、学年におられなければわかりませんよね。
わがブログを覗いていただいて本当にありがとうございました。

投稿: tona | 2014年4月30日 (水) 15:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/59529758

この記事へのトラックバック一覧です: 漱石公園:

« 国分寺・万葉花まつり | トップページ | スティーヴンソンの「吉田寅次郎」小伝 »