« マシュー・グッドマン著「ヴェルヌの『八十日間世界一周』に挑む」 | トップページ | ロンドン見学記2 »

2014年4月12日 (土)

ロンドン見学記1

午後4時ごろ到着したヒースロー空港からロンドン市内に向けての道中、白い桜と木々の若葉の美しいこと!日本より少し寒いロンドンももう春です。
4日間見学したロンドンのホテルはハイドパークのそばのOxford streetにあり、地下鉄の駅にも近く、部屋は静かで広く照明も明るく水回りも良しといったベスト環境でした。
旅行社からのデポジットされたスイカのようなオイスターカードで、中心ゾーンからゾーン2まで地下鉄乗り放題、バスはどのゾーンでも乗り放題で大変便利になっていました。
見学の一日半だけ女性の現地日本人ガイドさんの案内で上手な詳しい説明を楽しみ、後の2日半の自由時間は添乗員さんに頼らず行動することが出来ました。

<見学1日目>
◆集合前にハイドパークを眺める
ハイドパークの北端にあるマーブルアーチは大理石でできている。後方には日比谷公園の9倍ある公園が広がる。

420x280
225x150_2 225x150_4

               白い桜は八重、ピンクの桜もあった。280x420

420x280_2
420x280_3
◆テートブリテン ターナーを中心に、社会問題を画いたホガース、肖像画と歴史画のレノルズやゲンインズバラ、風景画のコンスタブル、そして今日本に来ていて殆どなかったラファエル前派・後派のイギリス絵画が並んでいる美術館。
ヨーロッパにおいては遅咲きのイギリス絵画もここに花咲いたことのわかる美術館でした。
                    ターナーの自画像358x420
赤いバスが名物だが、特に2階建てバス(ダブルデッカー)の2階の最前列は良い眺めだ。2_420x280
◆国会議事堂とビッグベン ビッグベンは15分毎に鐘が鳴っていました280x420_2
420x280_4
280x420_3
◆ウェストミンスター寺院 11世紀に修道院として建てられたもので、エドワード5世と8世を除き、すべての君主がここで戴冠式を挙げた。またウイリアム王子とケイト妃の結婚式が行われた。シェクスピアやニュートンなど有名人のお墓が並ぶ。280x420_4
280x420_5
280x420_6

昼食:スープはとても美味しかった。ローストビーフと野菜の付け合せの一皿ですが、厚切りのローストビーフです。肉も野菜も味がなく硬く、ヨークシャープディングは大きくて、またケーキも甘すぎて途中で断念しました。420x280_5
◆テムズ川クルーズ ビッグベンからいくつかの橋をくぐってロンドン塔まで乗りました。墨田川クルーズのようなものです。420x280_6
420x280_7
420x280_8
     タワーブリッジ 美しい跳ね橋だがめったに跳ねたところが見られない420x280_9
◆ロンドン塔 ローマ時代からの要塞。その後王宮、牢獄となった。夏目漱石も丁寧に見て思いを馳せたことが『倫敦塔』で語られる。宝物館には戴冠式で使われた王冠が展示されているが、さすが大英帝国の王冠は凄い。420x280_10
420x280_11
420x280_12
420x280_13
ロンドン塔にはカラスが8羽(2羽はスペア)飼育されている。塔に多数住み着いたカラスの駆除をチャールズ2世が考えていた所、占い師に「カラスがいなくなるとロンドン塔が崩れ、ロンドン塔を失った英国が滅びる」と予言され、それ以来、ロンドン塔では、一定数のワタリガラスを飼育する風習が始まったとされる。420x280_14
夕食:パブレストランに、二人分としてサラダとフィッシュ&チップス一皿ずつを頼みましたが、かなり残しました。明日の夕食は和食にしたい。420x280_15

|

« マシュー・グッドマン著「ヴェルヌの『八十日間世界一周』に挑む」 | トップページ | ロンドン見学記2 »

コメント

365日間世界一周、秘境が入るからすごいですね^^。

投稿: 佐平次 | 2014年4月12日 (土) 10:02

★佐平次さま

秘境も少しだけ入りましたが、秘境から遠く離れてしまいました!(^^)!

投稿: tona | 2014年4月12日 (土) 10:40

イギリスからお帰りなさい。
本当にタフですね。
次はどこかしら?

18年前に行ったロンドンが懐かしいです。
ビッグベンにウエストミンスター寺院
バッキンガム宮殿、
それから大英博物館、ロンドン大学
アルバート&ビクトリア博物館も
素晴らしかったです。
地下鉄はチューブと言われるように
本当にそういう形でしたね。

また行きたいと思いながらまだです。

投稿: matsubara | 2014年4月12日 (土) 21:25

こんばんは (◎´∀`)ノ
ロンドンからお帰りなさい (*゚▽゚)ノ!
イギリスも訪れたことがありません。しかしロンドンの名所は、いくつか耳にしています。
TVや旅行雑誌などでは、バッキンガム宮殿やビッグベンなど、古い時代の建築物を紹介していますが、タワーブリッジの上の写真のような、超近代的な建物もやっぱりあるのですね。
ところで食事…、やはり「美味しくない」のでしょうか?噂ではかなり聞いていますが…。
真っ白な桜がとてもキレイですネ!

投稿: 慕辺未行 | 2014年4月12日 (土) 23:44

★matsubaraさま

たった4日間の見学なのに結構疲れて帰ってきました。はい、次はパリ周辺を予定していますが果たして大丈夫か心配になるくらいです。
私こそ、matsubaraさまがベトナムの行き返り東京で見物、建仁寺展までいらしたのには正直仰天しました。何てお元気なのだろうと。

イギリスは3度目でロンドンは帰国前の自由時間が2回ほどあったわけですが、ロンドン塔や大英博物館など行ってないところがありましたので、美術館巡りを主として参りました。新緑の季節でとてもよかったです。
地下鉄の形、日本と違いましたね。
また行きたいお気持ちがよくわかります。スイカ形式が乗りやすくしてくれていました。

投稿: tona | 2014年4月13日 (日) 08:43

★慕辺未行さま

おはようございますsun
テレビで何度も見た景色をまた実際に見てまいりました。
今回自分で歩いてやっと地理的関係がわかりました。テムズ川下りをしていますと、両岸にはガラス張りのモダンな高層建築がたくさんありました。まるで東京湾のようでした。しかしあの合間に歴史的建造物がたくさんあるのが違ったところですね。

食事なのですが、味がないのは以前行った時と同じでした。同じジャガイモでも日本ではほくほくして美味しいのが当たり前と思っていたのですが、質が違うのですよ。調味料も塩だけという感じでした。でもスープだけはとても美味しくいつもこれを頼めば元気が出ました。

白の八重桜には感動しました。

投稿: tona | 2014年4月13日 (日) 08:50

沖縄の離島の次は春のロンドンとは、お元気でうらやましい限りです。
白やピンクの桜も咲いて、名物の霧や雨もなく良い季節を迎えていますね。
でも、お食事は言われている通りだったようで・・・
やっぱりと思って拝見しました。

私たち夫婦もパースに5年通った後の次はロンドン!と、何度か機会はありましたが、両親の病状もあり行きそびれていました。

主人の大学時代の友人がロンドンでB&Bをやっていて「イングリッシュガーデンの一角に日本庭園を造ってくれ」と言ってきたのです。
両親を看取ったのでこれからなら行けそうですが、気が付いたら主人も気力がなくなりつつあるようで慌てています。
もし行けるのなら今回のtonaさんの記事を参考にさせていただきますね。

投稿: nao♪ | 2014年4月13日 (日) 14:19

★nao♪さま

霧はなかったですが、一日のうちに晴、曇り、雨とめまぐるしい日がありました。気温の朝晩と昼の差が大きいです。ですから植物が北海道のように一斉に芽吹き花も同時に咲いて綺麗なのでしょうね。

思いがけないご依頼ですね。
今がチャンスですよ。60代ですと元気そのもの。人によりますが、これが70代に入ると途端に体力が衰え気力も萎えていきます。
ロンドンに日本庭園は珍しいでしょうね。メトロポリタン美術館にはありましたが。

お食事なのですが、過去2回行った時より現在はよくなっていると期待していたのですが、私は他の欧州諸国より味がないと思いました。しかし今回は自由食が多かったのでいろいろ探検したわけではないのです。
邪道ですが醤油を持っていった方が良いかもしれません。

投稿: tona | 2014年4月13日 (日) 16:02

お帰りなさい~!

ローストビーフは大きいだけで堅いし、
野菜は大概煮過ぎだし、
ヨークシャープディングに至っては
そもそも味がない食べ物ですものね。
それでも私はロンドン大好きです。
今後の展開が楽しみです。

投稿: zooey | 2014年4月13日 (日) 18:09

★zooeyさま

量も多いですね。ローストビーフを何と2切れを盛り付けようとしましたので一切れだけとお願いしたのですよ。

ロンドンは3回目なのですが、地下鉄での移動が楽になったのでとても楽しめました。
V&Aやナショナルギャラリーは2回目でしたが結構忘れていました。何回行ってもいいわけです。

投稿: tona | 2014年4月13日 (日) 18:49

お元気にお帰りで何よりです。でもお疲れでしょうね。
快適な旅だったようで良かったですね。
地下鉄乗り放題のチケットは心配りが感じられて嬉しいですね。
街並みや建物を見るとこの国は美しいし、品格を感じます。ロンドンファンが多いというのもわかる気がします。
食べ物に期待できないのはやや残念です。
日本から美味しい料理屋が進出すれば良いような気がしますが・・。
日本もイギリスのような強くて品格のある国を目指してほしいものです。

投稿: macchanny | 2014年4月14日 (月) 08:25

おはようございます。お帰りなさい♪
ロンドンの春、素適ですね。ロンドンというと、寒くいつも曇って
雨も多く…という、ちょっと暗く寒々しいイメージをもってしまって
いたのですが(イギリスの皆さんごめんなさい)、芽吹きの春は
やはりこんなにも優しく美しいのだと認識を改めました。
歴史のある建物群はどれも風格があり、周りの風景としっくり
馴染んでいて気持ちが良いですね。
あちこちに緑の広い空間が設けられているのも気持ち良いです。
カラスの命運が決まったエピソードは心温まりますね。
すてきがいっぱいなのに、お食事は今回も残念ながら…でしたか。
 

投稿: ポージィ | 2014年4月14日 (月) 09:45

★macchannyさま

ありがとうございます。
スイカと同じにロンドンもなっていて、オリンピックの時にはもう便利になっていたようですね。

国家の品格は首都からですね。昔から確かに紳士の国ですし、郊外からイギリス中、素晴らしい田園風景です。
ゴミが散らかっていなかったです。少なくとも街中には犬の糞はありませんでした。
料理の種類が豊富になって味付けを他国並みにしたらイギリスも最高ですね。
おっしゃるように強くて品のある日本へを強く希望します。

投稿: tona | 2014年4月14日 (月) 12:48

★ポージィさま

こんにちは。ありがとうございます。
おっしゃるようにイギリスはこの時期も一日の中に晴あり、曇りあり、雨ありでめまぐるしいそうです。3日目だけ少し雨に降られました。4日目は風が強くてダウンを着て寒さをしのぎました。
でも晴れると素晴らしい青空と緑が展開します。
郊外から都心へバスを乗り入れたとき、各家々の趣のある素敵なことに感動しました。
公園の大きさは大したもので、東京都心には見当たりませんね。

お食事なのですが、年取るにつれてすっかり洋食がだめになってきました。情けないですね。ブッフェ形式の朝食とスープで凌ぎ、持っていったうどんやおかゆや梅干しと、イタリアンのお店を見つけてという具合になります。今回は和食があったので助かりました。

投稿: tona | 2014年4月14日 (月) 13:18

オイスターカードなどという便利なものがあるのですね。
ロンドンという都市、駆け足で見て回るのと違って、
今回のtonaさんのように、じっくり滞在すれば、
やはり見所が多いのに驚かされます。
ロンドンへ行ったのはいつのことだったやら、
もうすっかり忘れてしまっています。
tonaさんの旅行記を拝見すると、もう一度行ってみたい、
そんな気持ちにもなります。

投稿: 茂彦 | 2014年4月18日 (金) 20:48

★茂彦さま

前2回は周遊の最後の2日間くらいロンドンでしたが、今回はロンドン滞在だけで主に美術館巡りをしました。
前のことは5年もすればすっかり忘れてしまうので、いいことなのやらもったいないことなのやら複雑ではあります。
でも年を重ねてまた新たな発見、見どころなどがあって再び訪ねることが出来て良かったし、ありがたいことだと感じました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2014年4月19日 (土) 08:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/59454383

この記事へのトラックバック一覧です: ロンドン見学記1:

« マシュー・グッドマン著「ヴェルヌの『八十日間世界一周』に挑む」 | トップページ | ロンドン見学記2 »