« クラス会で「はとバス」観光 | トップページ | 壁面緑化 »

2014年5月15日 (木)

喜多川歌麿『深川の雪』・強羅公園

箱根小涌谷にある岡田美術館は昨年開館した新しい美術館です。
420x315
Rimg0013_315x420
昨日歌麿の『深川の雪』を見に行ってきました。
行方不明になっていたものが66年ぶりに公開されたそうで話題になった絵。歌麿の三部作のうち『品川の月』『吉原の花』はアメリカにある(隣りにパネル展示がされていて比較できました)。

かなり大きな画面に深川の料亭の座敷と廊下に27名の人物と1匹の猫が描かれる。
左側に雪を被る松、右側に炬燵の周り集まる女性たちで寒い雰囲気が伝わってくる。
唯一の男性である母親に抱かれた男の子は猫を追いかけている。化粧直しをしたり、柱に凭れたり、煙草を吸ったりする艶やかな姿態の遊女や、食べ物を運んだり、布団を運び込む女中たちなど、其々来ている着物の文様も興味深く見て取れる。
またヘリのある畳、ない畳、当時の建築の様子も面白く、板の種類まで細かく描き分けられていて興味尽きなく、かなり長いこと立ち尽くしてしまいました。
他の絵画、探幽、宗達、光琳、若冲、応挙、北斎などが展示されていたことに気が付かないで、1階の東洋の焼き物、工芸等しか見てこなかったのは大失敗でしたが、これはまたいつの日かです。

外に出ると平成の「風神・雷神図」である、大壁画「風・刻」-福井江太郎作がある。縦12m、横30mで巨大だ。
その前にある源泉かけ流し足湯に浸りながら鑑賞する仕掛けだ。

420x315_2
420x315_3
                                     諸井謙司作「波誘」2013.9.20315x420

このあとは強羅公園へ。残念ながらバラ園はまだでしたが、今丁度ツツジとボタンが見ごろでした。420x315_4
420x315_5
                      向こうの山のくぼんだ所は大涌谷です
420x315_6
420x315_7
      シャクナゲも今はこんな種類が咲いている。とてもいい香りでした。420x315_8
420x315_9
                        ボタン420x315_10
420x315_11
420x315_12
420x315_13
420x315_14
バスや登山電車から眺める目も覚めるような美しい新緑の中に、桐、藤、水木の花が見えます。やがて沿線にアジサイが咲く登山電車が人々で賑わうことでしょう。

|

« クラス会で「はとバス」観光 | トップページ | 壁面緑化 »

コメント

tonaさま
『深川の雪』はNHKの日曜美術館で観ました。実物はさぞかし迫力があったことでしょうね。

投稿: evergrn | 2014年5月15日 (木) 14:49

★evergrnさま

そうなのですよ。色彩もとても鮮やかで歌麿の力量に圧倒されました。

投稿: tona | 2014年5月15日 (木) 19:56

 おー、「深川の雪」、ご覧になりましたか!
 わたしは、より感動を深めるため、将来いつの日か三部作が揃って展示された時に観よう、と決めているのですが、この自然の中の美術館も、なかなかすてきですね。
 しかも、足湯に浸かりながら、巨大風神・雷神を眺める・・・・、いいですね。わたしも行ってみたくなりました。
 この春は縁あって、風神・雷神をたくさん観ましたが、こんなに巨大なものは、もちろん観たことありませんし。
 

投稿: Nora | 2014年5月15日 (木) 21:55

★Noraさま

そう、将来揃った日に見られたらいいですね。最高ですね。私はもうあの世だと思います。
わざわざ遠くまで行った甲斐がありました。

今は周りの緑がことに美しく、この美術館も良いところに建っています。入りませんでしたが、お庭も素晴らしいらしいです。

足湯が結構熱かったです。絵を見ながらのは最高でした。忘れられない体験でした。
私は昨日の今日ですが、国立博物館で風神雷神図・2作品を見てきました。もう今日は夢に出てきそうです。


投稿: tona | 2014年5月15日 (木) 22:06

こんばんは (◎´∀`)ノ
(^_^;;ヘヘッ...恥ずかしながら、喜多川歌麿の名は聞き覚えがあっても、作品までは全く知りませんでした。
江戸の地名に『雪月花』をつけられた作品なのですね。しかしそのうち2つは日本にないとは?!残念ですね。
つつじにシャクナゲ、そして牡丹。
春から初夏の季節の花ですね。
そして素敵な庭園…、箱根の新たな名所ですね。

投稿: 慕辺未行 | 2014年5月15日 (木) 23:53

★慕辺未行さま

おはようございますsun
この絵は版画でなくて肉筆画ですから味わいがまた異なります。
美人画家の歌麿さんらしく、男性は男の子しか描きません。
江戸から明治にかけて多くの絵画が外国に渡ったのは残念ですが、当時の日本の状況では致し方なかったのですね。

箱根は観光地としては私の人生では一番滞在日数が長いところです。山もたくさん登りました。今はどこもかしこも花に溢れたきれいなリゾート地です。たくさんの別荘もあります。

投稿: tona | 2014年5月16日 (金) 08:31

こんにちは
美術鑑賞には一向に行けていないとはいえ、多少は関心もあるのに
歌麿の肉筆画が見つかったことも、公開(しかも県内の美術館で)
されたことも、見事なまでになんにも知らずにいましたsweat01
半世紀以上もの間行方が分からなかったのですね。よくぞ国内で
見つかってくれました。修復に長い時間がかかったということは
だいぶ傷んでしまっていたのでしょうけれど。
tonaさんは隅々までよく鑑賞していらっしゃったのですね。
ほかの有名な方の展示品に気付かずに出てきてしまわれたことからして、
とても深く入り込んでご覧になったことがうかがえます。
tonaさんの記事とインターネットで紹介されているものとで、
感動の一部を味わわせていただきました。ありがとうございます。
 

美術館の周りには散策できる庭園もあるのですね。
入館料その他ちょっとハードルが高いですけれど、素適な場所ができて
箱根のためにも良かったなと思いました。

投稿: ポージィ | 2014年5月16日 (金) 10:51

★ポージィさま

この絵のこと調べていただいて、感動をともにしていただきありがとうございます。
3部作全部海外だったらがっかりですが、1つでもこうして国内で鑑賞できて良かったです。
綺麗な色で今描いたように鮮やかでした。
箱根にはたくさん美術館などがあり、自然がきれいな中で鑑賞できるというメリットがありますね。
歌麿さんもアメリカの美術館や箱根で大勢の人が見るなんて夢にも思わなかったかと思うとおかしくなったりしました。
そう、神奈川県だったのですね。箱根や海や横浜や江の島、そして丹沢山塊と神奈川県の宝ですね。
ロマンスカーに乗ったのは2度目でした。
曇ったような空だったのに往復とも富士山が見えました。

投稿: tona | 2014年5月16日 (金) 16:21

強羅に行きましたのは一昨年でしたので
まだこの美術館は出来ていなかったのですね。
次から次へと箱根には出来るのですね。
もうかなりあるはずですのに・・・

石楠花のあんな巨木はみたことがありません。
花の時期はいろいろ楽しめますね。

風神、雷神は、4/7上野の国立博物館で
見たところです。

投稿: matsubara | 2014年5月16日 (金) 20:50

★matsubaraさま

おはようございますsun
今日も快晴です。富士山がきれいに見えています。まだ雪があまり融けていません。
箱根にも随分美術館ができたものですね。
まだ全部は行っておりません。

matsubaraさまも石楠花をご覧になっているのですね。もう西洋石楠花は花期は終わっていました。まだ蕾の堅い種類もあり、種類によってこんなにも咲く時期が違うことを知りました。
私も上野で1昨日、つまり箱根の翌日見に行ってきました。堪能しました。

投稿: tona | 2014年5月17日 (土) 06:43

年々行動範囲が小さくなって今年は近辺をうろうろの五月。
箱根も行きたいけれどなあ。

投稿: 佐平次 | 2014年5月17日 (土) 10:45

★佐平次さま

こんにちはhappy01
箱根も遠く感じますが、佐平次さんの山梨、八ヶ岳あたりは自分ではなかなか遠くて行けませんです。

投稿: tona | 2014年5月17日 (土) 13:16

こんにちは~
今日も暑いですね~
この公園、花の種類も豊富で良いところですね
箱根は数十年ご無沙汰しています
基本、神戸家は海方向ですので
でも、この時期の緑も綺麗ですね

投稿: OB神戸家 | 2014年5月17日 (土) 16:19

★OB神戸家さま

こんにちは。
昨日に続き歩いているともう夏という感じです。
箱根ならずともこの時期は本当に緑が綺麗ですね。神戸家さんの富士山はもう絶句です。
箱根も少しずつ変わっているように見えました。電柱も目立たず全体的に綺麗だという印象でした。

投稿: tona | 2014年5月17日 (土) 16:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/59646428

この記事へのトラックバック一覧です: 喜多川歌麿『深川の雪』・強羅公園:

« クラス会で「はとバス」観光 | トップページ | 壁面緑化 »