« イル・ド・フランス旅行(2) | トップページ | イル・ド・フランス旅行(3) »

2014年6月28日 (土)

恩田陸著 「『恐怖の報酬』日記」

280x420280x420_4

恩田陸著 酩酊混乱紀行「『恐怖の報酬』日記」イギリス、アイルランド
あれ、この表紙『地球の歩き方』にそっくり。出版社も違うというのに何故??

作者恩田さんは、その飛行機恐怖症が常軌を逸しているというか、超重症だ。
搭乗時間の12時間は言うに及ばず、旅が決まってから旅の準備の間もずっと飛行機に乗ることを思い出すたびに恐怖感が募り、読んだり書いたり、お酒を飲んだりして気を紛らわす。ちなみに作者はビール党の大酒豪だ。
出かける朝から搭乗前、長いフライト中の恐ろしい恐怖は、エドガ・アラン・ポー『渦』を連想させるほど。渦の主はいっぺんに髪の毛が真っ白になったと書いたあったような記憶があるが、恩田氏の美しいポートレートを拝見してもそんなことはなかったようだが。
211頁中、70頁でやっとロンドンに降り立った。帰りの体験でも全然恐怖症は治らないのに、この1年後はスペインの地に、その後南米などあちこち出かけるようになっているとか。克服出来たのであろうか。出来なくても毎回70頁もの恐怖体験に懲りないで出かけているのだろうか?

著者によれば、人間にモノを考えさせるのは恐怖の力だそうだ。受験に失敗するかもしれない、失職、資産目減り、病気などの恐怖に押されて勉強、資格取得、健康診断などするというわけだ。人間はこれだけでなくあらゆる恐怖と毎日闘っているようだ。なるほど怖いと思うことが日に何回かあるような気がする。私の多くは、老病死ね。考えることや勉強することはそのために一杯あるけれどもいまいち中途半端だ。著者はこの恐怖感でこの1冊が上梓されたわけだ。

著者はSFやホラーやミステリの大家だ。私はミステリ部門はOKだがSFなどは凄い苦手。映画で観るのは結構楽しいのに本はさっぱり。人の推薦するブライアン・オールディスの『地球の長い午後』は最初のページの半分でやめたほどだ。
再び著者のビールについて・・・1回に3パイント(1パイントは473ml)は軽くいけて、パブの2,3軒の梯子をしてしまう。機内ではビールの他、ハーフボトルのワイン2本飲んでも全然酔えないなどと書かれている。何とも羨ましく面白い人だ。

何かでもらったカスミソウの種を蒔いてみたら花が咲きました。初めてです。
現在は全然花束を手にしませんが、昔はお祝いやお見舞いなど花束を手にしたことが多かった。
その花束の中に主役を引き立てる花としてカスミソウが背後に束ねられているという印象の花、丈が短いので花瓶にさしてもうまくいかなかったです。
280x420_5
280x420_6
次回旅行記の続きですのでまたよろしく願いたします。

|

« イル・ド・フランス旅行(2) | トップページ | イル・ド・フランス旅行(3) »

コメント

こんにちは。
恩田陸さん、そんなに飛行機が怖いのですか。
まぁ、確かにあんなものが空を飛ぶのですものね。
「人間にモノを考えさせるのは恐怖の力」説には、
なるほどと思いました。そういう面は確かに大きいかもしれませんね。
 

私もSFはほとんど読んだことがありませんが、レ・ブラッドベリの
「宇は宇宙の宇」は、短編集で読みやすかった
覚えがあります。
いろんなジャンルの本をお読みになるtonaさんでも、最初のページで
ギブアップされる本があるのが意外でしたが、受け付けない
というのもありますね。(私はたくさん;)
 
カスミソウ、可愛く咲きましたね。そういう種類かも…?
お店で花束に使うようなカスミソウは、生産者さんが大きく
育てたものですね。
でも、バラとちゃんと引き立てあって可愛いです。

投稿: ポージィ | 2014年6月28日 (土) 14:52

★ポージィさま

本当にすごい恐怖症で今まで聞いたことがありません。こんななら普通の人は卒倒してしまうのではないかと思うほどです。
わー、レイ・ブラッドベリを知らなかったです。ポージィさんはいろんなジャンルを読み込まれていらっしゃるから凄いです。いつだか、読まれたことを書いていらっしゃったので私も読ませていただき面白かったです。
本当にジャンルが限られていて、殆ど不得意部門ばかりということに気が付きました。開拓すると面白さが広がるのに。

カスミソウそうなんですか。お店のは大きいですものね。バラとカスミソウ、これでも可愛いですか。嬉しいです。ありがとうございます。

投稿: tona | 2014年6月28日 (土) 16:53

私の友人のご主人も大変な高所恐怖症で、
決して飛行機には乗られません。
この方はそれをおしてまで、乗るということが
すごいと思いました。
友人は友達や従妹と海外に行きますが
そういう場合もご主人はおとなしく留守番です。
私、SFもホラーもミステリーも読んだことが
ないです。相当偏っていますね。

カスミソウも昔作ったことがあります。
今は大輪になっていますね。

投稿: matsubara | 2014年6月28日 (土) 21:10

★matsubaraさま

ああ、高所恐怖症なのですね。
そうですね。死ぬような思いまでして乗るというのが、かなり凄いことだとかえって感心しました。
ご友人のご主人様は飛行機で出張なんていうのがなかったのでしょうね。いつも喜んでお留守番なのでしょうね。

私は海外ミステリーは一時期かなり読みまして、その後カタカナの名前が覚えられなくて、日本に変えました。

私もカスミソウ、今年は種を採ってみます。

投稿: tona | 2014年6月28日 (土) 21:36

「恐怖の報酬」、私も読みました。
確かに飛行機に乗ることの恐怖がしつっこく書かれていて話が中々先に進まないので
イライラするほどでした。
肝心の旅行記はあっさりと終わってしまって…w

レイ・ブラッドベリの「たんぽぽのお酒」なども好きでした。

投稿: zooey | 2014年6月28日 (土) 23:19

★zooeyさま

もう9年も前に出版された本でした。すでに読まれていらっしゃるのですね。
そう、全文の三分の一がイギリス到着まで占めています。
ついつい、その間に書かれている彼女のSFへの造詣の深さに感じ入ったりしました。
『たんぽぽのお酒』の続きが『さよなら僕の夏』だそうで、何れも感想文だけ読みました。
やはり私はSFは今後も1冊も読まないだろうと思います。宮部みゆきだけは読んだのですが。
『模倣犯』の頃がピークだった宮部さん、どんな作家も一時期疲れちゃうようです。関係ない話ですみません。

投稿: tona | 2014年6月29日 (日) 08:33

恩田さんほどではないですが、私もかつては大瓶のビールを毎晩五本、晩酌であけていました。

投稿: 佐平次 | 2014年6月29日 (日) 10:22

★佐平次さま

さすがです。ゆっくり?とでも、晩酌で五本、計算したら3165ml!です。ミュンヘンのオクトーバーへストでも日本人では大ジョッキ(1リットル)3杯はいませんでした。
大酒豪の佐平次さんに今晩梅酒(去年の)で乾杯したいと思います。beer

投稿: tona | 2014年6月29日 (日) 15:34

こんばんは happy01
ホントだ!『地球の歩き方』そっくりの表紙!
どれほどの飛行機恐怖症なのかわかりませんが、その後も海外へ出かけておられるとなると、克服していないとおかしいですね。
このブログ記事を拝見して私は佐藤愛子さんの著作『娘と私のアホ旅行』を思い出しました。
著者の佐藤愛子さん、「飛行機の”トイレ”が怖い」そうで、ユーモアたっぷりの旅行記だったと記憶しています。

投稿: 慕辺未行 | 2014年6月29日 (日) 21:48

★慕辺未行さま

おはようございますcloud
初めてイギリスに出てみたら、そこの魅力に取りつかれちゃったとか。だから克服できなくても出かけるようになったとしか思えません。
事実はどうなのかはわかりませんでした。
佐藤さんの『娘と私のアホ旅行』読み逃しました。この方の随筆は大笑いですね。
「飛行機のトイレ」がどのように怖いかはわかりませんが、私も好きになれなくて、気がかりな場所です。この本まだ借りられたら勢いで読んでみます。教えてくださってありがとう。

投稿: tona | 2014年6月30日 (月) 08:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/59890138

この記事へのトラックバック一覧です: 恩田陸著 「『恐怖の報酬』日記」:

« イル・ド・フランス旅行(2) | トップページ | イル・ド・フランス旅行(3) »