« めざしの土光さん | トップページ | 映画『大いなる沈黙へ ー グランド・シャトルーズ修道院』岩波ホール »

2014年7月20日 (日)

グレートトラバース:日本百名山一筆書き 

プロのアドベンチャーレーサー、田中陽希が深田久弥の「日本百名山」を陸上は徒歩で、海上は自ら漕ぐシーカヤックで歩み、100座を一筆書きで人力のみで繋ぐという試みをしている。
今年は百名山が知られてから50周年だ。4月1日に鹿児島県屋久島の宮之浦岳を出発点とし、北海道利尻島の利尻岳に10月末から11月上旬到着予定、約半年間で成就しようとしている。
既にNHKで2回ほど放映され、その時点では6月4日の南アルプスの22座目の北岳までだった。
現在は16日に富士山登頂を果たし伊豆天城山から62座目の神奈川丹沢山あたりだろうか。照れば35℃以上の炎天下のアスファルトの道路を何時間も歩くのは、想像以上の苦行だろう。私は1時間も歩いたらもうダウンだ。
泊まるのも時には自分でいつも持ち歩くテントだし、アルプス縦走は数日分の食料を担ぎ、常にリュックの重さは20㎏を超えるという。肩脱臼や筋肉痛や足の豆など痛みとの戦いだ。

田中陽希さんはプロのアドベンチャーレーサーチーム・イーストウィンドの一員として過酷なパタゴニアレースに4年連続出場とコスタリカ横断850キロに挑んだ。2011年のパタゴニアレースと2013年のコスタリカレースをテレビで見たが、言葉で言い表せない凄いレースだ。
今回のプロジェクトも最終地点までリタイアするような事故もないように、無事に終えて欲しい。(私の百名山登山は登頂を果たさなかった谷川岳を入れて26座、花の百名山は21座で終わったのでした)


                2階まで届きそうなヒマワリPhoto
                道端のオキザリス・デッペイ420x280
420x280_2
     小さな白い花が可愛い。葉がハゼノキに似るが花が全然違うようだ。
ニワナナカマドと教えていただきました。アザミの歌さんありがとうございました。420x280_3

|

« めざしの土光さん | トップページ | 映画『大いなる沈黙へ ー グランド・シャトルーズ修道院』岩波ホール »

コメント

こんばんは happy01
ヘェーッ!?そのような方がいらっしゃるのですか?全く知りませんでした。
日本百名山をすべて登るだけでも大変なことだと思いますが、南から北へと自らの足で歩き、ときにはカヤックで?!
その移動距離だけでも数千キロ!
達成されたら、スゴイことですよね。
秋に無事に利尻岳の頂上にたどり着くことを願います。

投稿: 慕辺未行 | 2014年7月20日 (日) 21:15

★慕辺未行さま

こんばんは。
凄い人でしょう!
私も凄く応援しているのです。
もしよろしかったら「日本百名山ひと筆書き」で見てください。日記やプロフィールなどいろいろ書いてあります。日記はどんどんアップされますのでリアルタイムで何処を登っているかがわかります。

投稿: tona | 2014年7月20日 (日) 21:31

こんばんは。
日本百名山を挑戦されるのもお若いからできることですね。(^^)

白いお花の木はホザキナナカマド属だと思いますが、ニワナナカマドの方ではないでしょうか。

投稿: アザミの歌 | 2014年7月20日 (日) 23:28

tonaさま
登山の趣味をお持ちでしたか。小生などは二十代に多少かじっただけです。山登りはいいですね。でも疲れます。

投稿: evergrn | 2014年7月21日 (月) 07:09

★アザミの歌さま

ニワナナカマドを教えていただきありがとうございました。これは国分寺というお寺のそばの木の下の目立たないところにありまして、まだ若いらしく地面を這うように咲いていました。
ナナカマドは赤い実が有名ですが、ニワナナカマドはそうではないようで、ネットではまだ実が探せませんでした。
これですっきりいたしました。

若さ万歳の企画です。若き日はもう戻らないけれども、若くなくてはできないことを若者がどんどん挑戦していってくれるのを見るのが好きです。

投稿: tona | 2014年7月21日 (月) 08:50

★evergrnさま

登山は67歳の時に始め、71歳で終わりました。お花観察と頂上の景色に魅せられてです。
何せ遅咲きだったので足に負担がかかって、もう枯れすすきになってしまったのが残念です。死ぬときは走馬灯のようになって山と花が出てきそうです。

投稿: tona | 2014年7月21日 (月) 08:54

おはようございます
 

NHKの番組予告をチラと見たような…BSは見られないしで
すっかり忘れていましたが、記事で思い出させていただき、
しかも、今ちょうど神奈川辺りと知ってなんだかすごく感動しました!
自然と自分の体と、厳しい闘いを続けつつも、着々と歩を
進めていらっしゃるのですね。HPを見ましたが、
清々しくてとても応援したい気持ちになりました。
今日はちょっと涼しいので快適に歩けるかもしれませんが、
このところ不安定なお天気が気がかりですね。
北海道までまだ先は長い、でも後半分ともいえる?
怪我などなく、無事ゴールできますように!
tonaさんも百名山を26座に花百名山を21座も登られたのですから
素晴らしいです。
 

お写真、大きなヒマワリですね! コンパクト化されるものが多い中、
ここまで伸びやかなヒマワリを見るとスカッとします。

投稿: ポージィ | 2014年7月21日 (月) 09:35

★ポージィさま

こんにちは。
田中さんの日記の更新が3日ほど途絶えているのが気がかりなのですが、今頃筑波山に向けて歩いているのでしょうか。
しかし31歳となったそうですが、元気ですね。私も元気だったはずですが、忙しくては言いわけですが職場と家を往復するだけで、何だかもったいないことをしたような気分にさせられました。
それにしても山頂は涼しいけれど、街道を歩くのは地獄のようでしょうね。

ヒマワリはもう1か所完全に2階に届いたのがあります。驚いています。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2014年7月21日 (月) 11:32

恥ずかしながら登ったのは百名山のうちたった4です。
それも百名山が決まる前で、52年前のことですから
有効と言えるかどうか分かりません。
伊吹山も入っているとは知らなかったです。
一つだけ自慢できることは、乗鞍に足で登ったことです。

と言う訳でそういう番組も存じませんでした。
26もとは凄いです。

投稿: matsubara | 2014年7月21日 (月) 17:40

★matsubaraさま

伊吹山はお花がきれいですね。5~8月に毎月行きたいほどです。
私の乗鞍はバス泊でツアーで登りました。結構上の方までバスで行ったので、登山は楽でした。雄大な山でした。
この頃登れなかった百名山の様子をテレビで見ています。番組が2,3ありますので。
つくづくせめて仕事を辞めた62歳から始めるべきだったと悔やんでいます。

投稿: tona | 2014年7月21日 (月) 20:30

67歳から登山を始められたとはまた
凄いですね。
もうやめられたとはいえ、
その心意気に感服致します。
私も岐阜の生まれ育ちですので
「伊吹おろし」(伊吹山から吹く風のことです)は高校の校歌にも出て来ましたが
眺めるだけで、登ろうなんて思ったこともありません。

投稿: zooey | 2014年7月21日 (月) 22:37

★zooeyさま

韓国の登山が一番厳し科ったですが今は良い思い出です。

校歌に伊吹おろしですか!
私の高校校歌は「秀麗の富士を、高く、西に仰ぐ この丘」で富士山です。北原白秋作詞、山田耕筰作曲でなかなか素敵な曲です。
その富士山はとうとう登れませんでしたが、花のきれいな2番目に高い山に登れたので満足でした。行かれなくなって、ちょっと沈んでいた時期も脱しました。

投稿: tona | 2014年7月22日 (火) 06:52

このドキュメント、NHKの番組案内を見て観たいと思っていましたが、見逃しました。
早速検索してみましたら、この3連休は丹沢だったようです。
夏の丹沢は暑かったと思いますが、彼にとっては楽な山かもしれませんね。
半年で100名山踏破も凄いけど、移動も徒歩や手漕ぎの舟というのも凄いです。

tonaさんは僅か5~6年で百名山26座、花の百名山21座は素晴らしいです(拍手)
私は26年間で百名山も花の百名山もそれぞれが55座前後のスローペースでした。
もう諦めた山々がたくさんありますから、これからはそんなに増えないと思っています。
何事も元気な内に精一杯ですね。

田中陽希さんの冒険は見果てぬ夢を我々シニアに見せてくれるような気がします。
次回は是非録画しなくては・・・

投稿: nao♪ | 2014年7月23日 (水) 09:53

★nao♪さま

そう、丹沢でしたね。もう次の筑波山に登ったでしょうか。
すべて人力というのは初挑戦ですね。
道路は元気なときは走っているのですから驚きます。20㎏近い荷物を背負って走る。考えられません。私は高尾山を10㎏背負って一日に2度も登りましたが、背負って立ち上がる時が大変でした。

拍手をいただいてありがとうございます。
nao♪さんはお若いからまだまだたくさん登れますね。ほんと、元気なうちにですよ。
次は見ましょうね。

投稿: tona | 2014年7月23日 (水) 19:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/60014378

この記事へのトラックバック一覧です: グレートトラバース:日本百名山一筆書き :

« めざしの土光さん | トップページ | 映画『大いなる沈黙へ ー グランド・シャトルーズ修道院』岩波ホール »