« 新宿御苑の温室でサラソウジュの花 | トップページ | 読書の夏 »

2014年7月31日 (木)

光源氏と源光(雑学大学で)

奈良時代から平安時代中期にかけて皇子の多くは様々な姓を賜って臣籍に降下した。皇室の財政が保てなかったから。最も多く与えられたのが「源・みなもと」で2番目に多かったのが「平・たいら」であった。ちなみに皇室に残った方が親王と呼ばれる。
平安時代後期から江戸時代末までは、皇子を仏門に入れ大寺院の住職として生活を安定させる手段が用いられた。
源頼朝・平清盛のイメージが強くて、源氏や平氏は「武士の頭領」と思われがちだが大部分は宮廷の貴族として生き、武門は一部のみである。

源氏物語の主人公「光源氏」はニックネームで天皇の子に生まれ臣籍に降下したとされる架空の人物である。
しかし「源光・みなもとひかる」という本名を持つ人物が実際に存在していた。

光源氏のモデルとみられたのが
源融(嵯峨天皇皇子・河原左大臣)
源光(仁明天皇皇子・右大臣)
是忠親王(光孝天皇皇子・光中納言)
敦慶親王(宇多天皇皇子・玉光宮)
源高明(醍醐天皇皇子・太宰権の帥)
在原業平(平城天皇皇孫)
などとまあ、ずいぶんたくさんいます。

源光(846~913)は仁名天皇の皇子で、臣籍に降下し朝廷の重臣になった。醍醐天皇の時に右大臣に昇進したが、913年に狩猟に出かけて行方不明になり、遺体も発見されなかった。
疑わしい犯人は誰か?該当者は藤原忠平(菅原道真を左遷に追い込んだ藤原時平の弟)と言われる。源光が居なくなった後、トップの右大臣につき(当時太政大臣・左大臣は空席)その後長期間にわたり摂政や関白として繁栄を謳歌した。曾孫が藤原道長である。
ただ忠平は温厚で寛大な人物であったと評価されているので事件の黒幕として追及されなかったそうだ。

ミステリアスで面白い平安時代だ。
先生のレジュメ丸写しのようになってしまいました。川口順啓先生ありがとうございます。

      武蔵国分寺・七重塔跡(国分寺跡地の一番東側にあり、我が家から近い)420x280
そばで笙の笛を練習している人がいました。奈良の時代に舞い降りたような音色にしばし聞き入りました。420x280_2

|

« 新宿御苑の温室でサラソウジュの花 | トップページ | 読書の夏 »

コメント

おはようございます
 
源氏と平氏=武家 というイメージでいましたが、それ以上は
詳しいことを知らないままきていました。tonaさんの記事と、
それををきっかけに検索したものから、ほんとにざっくりですが、
へぇ~そうだったのか、と知ることができました。
どちらも元々は皇室からだったのですね。どれだけ皇子・皇女が
多かったのやら… だからこそ連綿と皇室の系図が繋がって
こられたのかもしれませんが。
源氏物語は、光源氏があまりに恋多いプレイボーイでげんなり
してきますが、実在の天皇でもむちゃくちゃお妃や皇子皇女が
たくさんいた方もあるようですから、物語の世界の話だけでは
ないのですね。
しかし、天皇家も貴族社会も、優雅さの裏では、常に気を抜けない
競争社会だったことを改めて思いました。
面白くもあり、おぞましくもあり、ミステリアスでもありますね。
 
お近くで笙の練習をされている方を見かけられましたか。
学んでこられたこととの縁を感じますね。

投稿: ポージィ | 2014年7月31日 (木) 09:39

川口順啓、どこかで聴いた覚えがある名前です。

投稿: 佐平次 | 2014年7月31日 (木) 11:04

★ポージィさま

私も調べましたら、源とつく皇族がたくさんいるのがわかりました。
例えば嵯峨天皇には皇子22人でうち9人が源姓を賜っていますし、皇女27人もいました。嵯峨天皇の子供である仁明天皇には皇子14人うち3人が源姓ですし、皇女10人おられたそうです。凄い数ですね。
徳川幕府などは家斉という将軍もいますが、直系は細々として御三家など作っておいてよかったと思うほどです。
おっしゃるように源氏物語さながらの世界が繰り広げられていたことが、これらの事実からも伺えるわけですね。
そう、今では考えられないほど、親子兄弟であっても陰謀をめぐらし、殺しあっていたのですから必ずしも幸せであったとはいえません。

笙を吹いていたのは丁度土曜日の朝でした。公園のかなり向こうから聞こえてくるのです。とても響く楽器なのですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2014年7月31日 (木) 13:28

★佐平次さま

川口順啓氏は昭和60年より日本国有鉄道常務理事として国鉄改革に従事した方です。その後、会社経営に携わるとともに日本古典文学を研究し、平成17年、金沢学院大学客員教授に就任したそうです。
多分国鉄関係でお聞きになったのではないでしょうか。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2014年7月31日 (木) 13:31

源融と業平は聞いていたのですが
こんなにモデルがあったのですか~
暑さにめげないで学ばれていますね。

笙の練習とは風雅ですね。
発表の時は正装されるのでしょうね。

投稿: matsubara | 2014年8月 1日 (金) 13:37

★matsubaraさま

源融と業平は有名ですね。
matsubaraさまはお詳しいと思います。
平安時代もいろいろな公家日記などがあって面白そうです。

あの服装を着用されたら、笙の音もさらに高々と響くでしょうね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2014年8月 1日 (金) 16:20

こんばんは happy01
『古事記』の時代の話は好きなのですが、それ以降の日本史は結構苦手でして・・・ (^_^;;
私も源氏や平家と聞きますと、やはり武家のイメージでした。
あの在原業平も皇室一族の一人だったのですね。
光源氏ならぬ、源光という人物が実在していたとは、驚きました。

投稿: 慕辺未行 | 2014年8月 1日 (金) 22:09

★慕辺未行さま

おはようございますsun
古事記の時代がお好きとはなかなかですね。
私も持統天皇を頂点とするあの辺り、黒岩重吾の書いた古代絵巻が好きです。苦手は室町や近現代です。
在原業平は顔の良さ、もてぶりが光源氏そのものですね。今の映画俳優さながら当時もたくさんいたという頃ですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2014年8月 2日 (土) 06:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/60071245

この記事へのトラックバック一覧です: 光源氏と源光(雑学大学で):

« 新宿御苑の温室でサラソウジュの花 | トップページ | 読書の夏 »