« 映画『大いなる沈黙へ ー グランド・シャトルーズ修道院』岩波ホール | トップページ | 光源氏と源光(雑学大学で) »

2014年7月28日 (月)

新宿御苑の温室でサラソウジュの花

1回目11:30の映画を観るために岩波ホールに着いたのは11時、何とチケットは売り切れ、次回15時のを売っている行列とのこと。
もう10時半には完売とかで到着が遅すぎた。15時の回のチケットを買ったが、さあ3時までどうしよう。
思いついたのが新宿まで戻って食事をして、新宿御苑の温室に行くこと。
というわけで暑い日に、暑い温室で眺めた花です。
ところが途中でカメラの電池が切れてしまって、不慣れなスマホで撮影となりました。

                  温室手前のヤブミョウガ420x315
      アガパンサスはまだきれいに咲いているのですね
420x315_2420x315_3

サンゴシトウ(マメ科)、シドニー植物園で作られたというアメリカデイゴの交配品種。
420x315_4420x315_5

新しくなった温室は道なりに歩くとぐるっと回って出口へ。初めての花(単に以前のを忘れただけかもしれない)がたくさんで温室はいつ来ても楽しい。420x315_6
サラソウジュ(フタバガキ科)これが本当のインドの釈迦が亡くなった所にあった木のサラソウジュであり、日本では温室にしか咲かない。日本において娑羅双樹(沙羅双樹)は、ツバキ科のナツツバキのことをいう。450x600_315x420
ヤエサンユウカ(キョウチクトウ科)、夜中に香り、クチナシに花が似る。サンユウカの園芸種。420x315_7
         コガタシロアミメグサ(キツネノマゴ科) 葉の網目が凄い420x315_8
                ベニアミメグサ(キツネノマゴ科)420x315_9
               ベニマツリ(アカネ科)キューバ原産420x315_10
           ツンベルギア・マイソレンシス(キツネノマゴ科)450x600_315x420_2
                  サンゴノボタン(ノボタン科)450x600_315x420_3
     ベコニア・マソニアナ(シュウカイドウ科)=アイアンクロス・ベコニア450x600_315x420_4
                ドラゴンフルーツ(サボテン科)の蕾315x420_2
                ウツボカズラ(ウツボカズラ科)315x420_3
                       睡蓮420x315_11
420x315_13
                     庭園の池600x450_420x315

|

« 映画『大いなる沈黙へ ー グランド・シャトルーズ修道院』岩波ホール | トップページ | 光源氏と源光(雑学大学で) »

コメント

さすがの新宿御苑ですね。
こんな猛暑でも珍しい花が満載とは・・・
何度も行きましたが、春の桜めあてと、秋の
菊花展で、真夏と真冬は行ったことがありません。
この時期も見る価値がありますね。

ドラゴンフルーツは、サボテンに似ているので
蕾もまるでサボテンですね。初めて蕾を
拝見しました。

スマホでうまく撮れていますね。

投稿: matsubara | 2014年7月28日 (月) 09:43

こんにちは
 
新宿御苑のリニューアルされた温室、暑かったでしょうけれど、
15:00を待つまでの、すてきな時間の使い場所を思いつかれましたね♪
 
温室外のヤブミョウガの群生からして目を瞠りました。
もうこんなに咲いているのですね。うちの庭のはやっと1輪が
咲き始めたところです。白花のアガパンサスも美しいですね。
淡紫の花とは少し趣のことなる清涼感・清々しさを感じます。
サンゴシトウはアメリカデイゴの交配種ですか。
アメリカデイゴよりすっきり感がありますね。
 

そして温室の中のお花は… 熱帯スイレン以外は初めてのものばかり
でした。ウツボカズラも見たことあるのと種類が違うようですし…
中でも本家本物?の沙羅双樹に興味津々。沙羅双樹-花 で検索しても
ヒットするのは夏椿の方ばかり。
お写真は蕾でしょうか?ジャスミンにも似たよい香りがすると
ウィキに書かれていました。
 
普段見る事のない温室ならではのお花たちを、楽しませていただきました。
ありがとうございます。
 


投稿: ポージィ | 2014年7月28日 (月) 10:44

★matsubaraさま

温室には蘭も数種類咲いていました。
新宿御苑と言えば春の桜と秋の菊花展ですよね。私も数回ずつ足を運びました。
確かに夏は温室以外は殆ど花は咲いていませんでした。
温室が新しくなってから初めてで、今でも何か咲いていると思って出かけましたが、いろいろ咲いていましたね。
ドラゴンフルーツはサボテン特有の白い花を咲かせるのですよね。蕾も随分と大きいです。開花までまだ間があって残念です。
スマホでは色が薄く撮れて、花はまだいいのですが、景色はよく撮れません。
この頃ますますうっかりが多くて困っています。ありがとうございました。

投稿: tona | 2014年7月28日 (月) 13:20

★ポージィさま

こんにちは。今日はとても楽ですね。

はい、ここを思いついたときは映画鑑賞より嬉しくなりました。
予想に違わずたくさん咲いていたので大満足でした。

お家にヤブミョウガがあるのですか。御苑のは群生していて今まさに満開でした。
薄紫のアガパンサスは近所で何処も終わっていましたので、白花は遅いのかと知ったことでした。白いのが気に入りました。
サンゴシトウ、確かにすっきりと咲いています。マメ科らしいなあと思いました。
サラソウジュなのですが、これが花なのかと思ったのですがわかりません。検索してもこの花を見つけられませんでした。香ってもきませんでした。
このウツボカズラはかなり大きくいろいろな虫を食べそうです。
こちらこそたくさんのご感想をありがとうございました。

投稿: tona | 2014年7月28日 (月) 13:32

こんばんは happy01
新宿御苑にはこのような温室があるのですか?!知りませんでした。
と言いましても私が新宿御苑を訪れたのは、20歳ぐらいのころ、もう30年以上前です。
サラソウジュって、あのような花なのですね。全く初めて拝見しました。
沙羅双樹とは全く違うので驚きました。
ドラゴンフルーツの蕾は、クジャクサボテンの花の蕾に似ていますね。
ウツボカズラは私も以前見たことがあります。食虫植物ですよね。
他にも見たことがある花、初めて見る花、盛りだくさんの紹介、ありがとうございました。

投稿: 慕辺未行 | 2014年7月28日 (月) 21:56

スマホでも綺麗に撮れていますね。
お蔭で今はコンデジが受難の時代とか・・・
我が家の庭にもヤブミョウガがあちこちに咲いていますが、新宿御苑となると流石に凄い数ですね。

温室の中は珍しい花々がいっぱい!
アメリカデイゴは好きなお花の一つで、我が家近くでも日当たりのいいお庭で見ることができますが・・・
この交配品のサンゴシトウも見てみたいですね。
あの平家物語で詠まれているサラソウジュは、いわゆる夏椿の沙羅双樹と違うのですか?
知りませんでした。
鎌倉のあるお寺では、夏椿の横にあの詩の一節が紹介されていました。

投稿: nao♪ | 2014年7月29日 (火) 05:44

★慕辺未行さま

おはようございますsun
4年くらい閉鎖されていましたが数年前リニューアルオープンしました。前と違った花もあるようです。20年前はどうだったのでしょうね。私も昔行ったことは何も覚えていません。
サラソウジュの花がちょうど咲いていたのはラッキーでした。間違えていないか、立札のとおりに根の部分からちゃんと辿って確認しました。検索しても出てこないくらい珍しいです。
虫をとって食べてしまうウツボカズラは花の形から想像できないことをするのです。面白いですね。
こちらこそありがとうございました。

投稿: tona | 2014年7月29日 (火) 08:13

★nao♪さま

スマホでは景色がよく撮れないのはまだ全然慣れていないからですかね。観光地でもスマホで撮る人が増えましたね。
ヤブミョウガはお庭にあるのですね。増えつつあるのでしょう。我が家は茗荷がどんどん勢力を伸ばしていますが、狭いので打ち止めです。

サンゴシトウは新宿門から温室に行く道の左手にありました。冬も大丈夫なのでしょうね。

祇園精舎という平家物語の一節ですから、仏様の入滅した場所にあったこの木を指しているのでしょうね。日本ではこの本が書かれた頃、お寺にはやはり夏椿を植えてこれをイメージしていたのでしょうね。良いところを付いていただきました。京都の妙心寺でもそうでした。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2014年7月29日 (火) 08:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/60055761

この記事へのトラックバック一覧です: 新宿御苑の温室でサラソウジュの花:

« 映画『大いなる沈黙へ ー グランド・シャトルーズ修道院』岩波ホール | トップページ | 光源氏と源光(雑学大学で) »