« 月見草 | トップページ | めざしの土光さん »

2014年7月13日 (日)

弁論大会

世界平和女性連合(WFWP)主催の女子留学生日本語弁論大会(八王子大会)に行ってきました。
八王子には大学がたくさん集まっていますが、弁士は創価大学と拓殖大学と中央大学の2~4年生9名で、全員女性だった。
世界について、日本について、平和について、ある学生は流暢な、ある学生はたどたどしい日本語で論じる。
まず趣旨がしっかりしていること、それを日本語で表現力豊かに訴えられること、それが共感を得られることなどが求められるのでしょう。もし自分が演台に立ったら頭真っ白状態になるところ、彼女たちは実に堂々と演じるのでした。

9名のうち5名が中国、3名が韓国、1名がウズベキスタンからだ。
各大学にはアジア諸国のみならず西欧諸国からの留学生もいるそうなのに、弁論大会には圧倒的にアジア、それも中国、韓国からの学生が多い。さすが中国人はこんな所でもしっかりしている。世界のどこでも何があっても逞しく住みついてしまう人たち。

今両国とは政治レベルでぎくしゃくし、普通に解釈すれば結構腹立たしい両国。それに対して卑怯にもヘイトスピーチで対している日本人もいる。
こんな情勢の中で日本へ留学を果たした彼女たちにもいろいろな思いがあるに違いない。1人の中国人学生と休み時間に話す機会を得たので、ヘイトスピーチに遭わないのか聞いてみたら、全然そんなこともなく楽しい学生生活を送っているそうだ。
中国では医学生だったのに、日本で勉強して就活、苦労してやっと決まったそうだ。

これで留学生のお話を聞くのは2回目だが、逆に日本から世界へ出ていく留学生も頑張っているのでしょうが、それが非常に減ってきているということが問題視されている。
願わくば、日本の学生もスマホに明け暮れしないで、心身鍛えて、猛勉強して活躍してほしい。気になるのが親元からの送金が減って、アルバイトに明け暮れ、勉強時間が減っているそうで、これでは卒業後も危ぶまれるというものだ。

エンターテイメントでウズベキスタン(この日唯一の白人)の学生がベリーダンスを披露。本場よりも上手だった。256x369
同じく韓国人姉妹のトークでは韓国から応援に駆け付けたお母さんもトーク出演。285x380_2


新聞に上橋菜穂子氏が「作家の口福」・・タテ飯、ヨコ飯・・を書いていました。
タテ飯とは洋風で前菜、スープ、、メイン、デザートというふうに縦型に食べること。
ヨコ飯はご飯、おかず、汁物、漬物を一緒に並べてご飯とおかずを一緒に食べること。ご飯を美味しく食べる日本人が生み出した食べ方というわけだ。ただ高級料亭や店によっては縦型です。
タテ飯で1度失敗したことがあります。あらかじめ何が出てくるかは知っていたのですが、メインのお肉を期待して、珍しく美味しかったオードブルを全部いただかないで肉のために残したところ、出てきた肉が固くて歯が立たず、これなら全部オードブルをいただいておけばよかったと悔しい思いをしたことです。

|

« 月見草 | トップページ | めざしの土光さん »

コメント

こんばんは happy01
この弁論大会、各地で開催されているのですね。
matsubara様が先日、今日岐阜で開催されるこの大会のこと、書いていました。
一度は聞いてみたいと思いつつ、認知症の母を一人にしておくと、その間に何をやらかすか分かったものではありませんので、とても出かけられません。

9名のうち8名が中国と韓国ですか?
政治や外交的に日本とはどちらも最悪に近い状態の両国ですが、留学生たちはどうなのでしょう?
歴史認識の問題や従軍慰安婦などを話題にしたりする人はいるのでしょうか?
学生たちはそのような問題より、もっと現実に即したことを考えているでしょうか?
どのような内容の弁論をされたのかとても興味あります。

投稿: 慕辺未行 | 2014年7月13日 (日) 21:58

★慕辺未行さま ありがとうございます。

おはようございますsun
この東京での弁論大会のこと、matsubaraさまが調べて教えてくださいました。
主催者のきめ細かなお仕事を見ていて、matsubaraさまがボランティアとして活動されていらっしゃるのは大変だし、偉いなあと思ったことでした。
留学生たちの多くが世界の平和について述べていました。このところの関係が危ない中、留学してこのように考えていることは思いがけなかったです。
ただどなたも両国の関係についての話はなかったです。
日本に残る人いますし、その人たちが少しでも架け橋になってくださればいいですね。
留学生のために一所懸命支援されているWFWPは他に壮大なプロジェクトを支える支援をされていることを知りました。

投稿: tona | 2014年7月14日 (月) 08:41

こんにちは
 

このような弁論大会があるのですね。世界の将来を担って行くことになる
若い学生さんたちがどんなことを思っているのか知ることができて、
ドキドキしたりほっとしたりしそうです。
演壇に立ったのがアジアの方ばかりというのはどう解釈したら
いいのでしょう?良いことのようにもそうでないようにも感じます。
海外でも、同じような発表の場はあるのでしょうか。
日本人留学生も、英語・中国語・韓国語など、その国の言葉で
堂々と考えを述べることができているといいなぁと思います。
 

それにしても、関係者の皆さんの一生懸命の取り組み・支援が
あってこその意義深い大会ですね。

投稿: ポージィ | 2014年7月14日 (月) 09:48

★ポージィさま ありがとうございます。

自分のこんな年のころを思い出して、なんてしっかりしているのだろうと感心しました。
自宅生で何も揉まれることもなく、かといって猛勉強したこともなく、もう元に戻れないのが残念ではあります。
クラスメートになった台湾留学生は言葉はたどたどしかったですが、ご主人とともに勉学に励んでいました。
今も日本に勉強に来ている人は100%、まじめに学問と取り組んでいるようです。
その感想を弁論で訴えることは、参加していた高校生にも影響を与えたと思われます。
支える方たちのパワーも凄いと思いました。

投稿: tona | 2014年7月14日 (月) 16:13

ご報告をお待ちしていました。
やはり中国の力が大きいことは、昨日の岐阜
県大会にもトップと認めざるを得なかったです。
何しろ実力がありますから・・・
あまりうまいので呆然としてしまいました。
でも八王子のトップはウズベキスタンだったのですね。

弁論者と話せてよかったですね。
私はカメラの係もしていましたので、一人ずつ
片言を話した程度です。ほんの挨拶だけですが
スペイン語と中国語とドイツ語で・・・
メキシコ人とドイツ人がいましたので・・・

投稿: matsubara | 2014年7月14日 (月) 18:28

★matsubaraさま 

ご紹介ありがとうございました。
こちらでも中国がうまくて、私はそちらと思っていたのですが、ウズベキスタンでしたので意外でした。高校生審査員は中国でした。
2位は中国でした。
そちらでは中国がダントツなのですね。
凄いです。世界各国でこのような事情なのでしょうね。この後世界は中国に支配されるのかと思ってしまうほどです。
メキシコ人ドイツ人ですか。そういえば、ドイツはサッカーでも世界を制覇しました。経済もEUで一番、スポーツも力強いですね。

投稿: tona | 2014年7月14日 (月) 21:12

tonaさん 今晩は

弁論大会、それも外国語で!
語学力は勿論のこと、しっかりした意見をもっていないとできないことですね。

韓国ドラマの見過ぎでつい留学というは
一種のステータスシンボルと思ってしまいますが、
苦労して勉学に励んでいる方が多いのでしょうね。

出場者はほとんどがアジア、それも中国の方が多いのですね。
中国人のバイタリティには脱帽です。

日中、日韓、中韓と微妙な間柄ですが、
少なくとも学びの場には支障がないといいですね。

投稿: glenn | 2014年7月14日 (月) 22:10

★glennさま ありがとうございます。

外国人からは難しそうな日本語を(時々自分がよくこんな難しい日本語を喋って使っていると感心することがあります)留学生は流暢に話しているのです。考え方がしっかりしていて、それを自分の意見として話せるって凄いことですね。それには日々大変な努力をしているのでしょう。
日中関係が悪くなってから、中国国内のニュースにも釘づけになっていますが、何と恐るべき人たちでしょう。そして外国に出ている中国人は同じ人間かと驚くことがたくさんあります。
さはさりながら、日本における留学生に支援者や学友は温かく親切にしているのに心がほっこりしました。

投稿: tona | 2014年7月15日 (火) 07:55

結局、中国にしろ韓国にしろ、
日本に留学するような人は
政府の扇動に惑わされず、客観的に世界情勢を見つめられる人だということなのでしょうね。
そんな人がもっと増えてくれるといいのですが…

「作家の口福」私も読みました。
オーストラリアだかで、味噌汁だけ出て
次のがちっとも出てこなかったんですよね。
所変わればさもありなんと思って読みました。

投稿: zooey | 2014年7月15日 (火) 13:02

★zooeyさま

日本に留学するような方たちはその通りですね。本当にしっかりしていて頼もしいです。

作家の口福のお話、日本人が経営していればこんなトンチンカンなことはなかったですね。
先日のパリでお寿司屋さんに入ったのですが、中国人のお店でした。
味に変わりはなかったので良かったのですが、醤油が2種類あって甘いソースのような醤油があって間違えましたがすぐお皿を変えてもらえました。もちろんおつゆなど一緒に出たヨコ飯でした。

投稿: tona | 2014年7月15日 (火) 19:45

大学で弁論部に入ったというのは寮の部屋がサークル別になっていて、弁論部に同じ高校の先輩たちがたくさんいたからでした。
呑むだけでサークル活動らしきことはしなかったのに大学対抗みたいなイベントだけは逃げられなくて私も登壇しました。
体制が悪い、とわめいて降壇して来ました、情けない思い出です。

投稿: 佐平次 | 2014年7月16日 (水) 10:33

★佐平次さま ありがとうございます。

凄いですね。
そんな経緯で弁論部入部とは運が悪かったというか、大変でしたでしょう。
まさかもう夢には出てこないでしょうけれども。
でもその後の職業生活で少しは役に立ったのではないかと。

投稿: tona | 2014年7月16日 (水) 15:41

こんばんは。
韓国、中国とは厳しい状態ですが、日本にいればある程度は何が正しくて何が間違っているかはわかるかもしれませんね。

お話は変わりますが、orangepekoさんが正しいお花のお答のお返事をしてくださいましたのでご覧になってくださいませ。

投稿: アザミの歌 | 2014年7月16日 (水) 20:20

★アザミの歌さま

こんばんは。
日本に留学して学問だけでなく、いろいろなことを知って、比較して本当のことを知ってほしいですね。

もう昨日教えていただいていたのですね。
そして鋭い指摘にぼんやりと写真を写して気がつかなかったことを恥じます。
あちら原産ですが国として何も問題にしてないのでしょうか。フランス語もできなくて教えていただけないのが歯がゆいです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2014年7月16日 (水) 21:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/59979438

この記事へのトラックバック一覧です: 弁論大会:

« 月見草 | トップページ | めざしの土光さん »