« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月28日 (木)

東西における「かささぎ」

380x314
かささぎは、日本では福岡、長崎、佐賀、熊本に留鳥として棲息する。見たことがなくて、ブリューゲルの絵に出てくるのを知っていただけだ。図鑑で見ると尾の長い白と黒の鳥だ。
日本では鳴き声が「カチ、カチ(勝ち、勝ち)」と聞こえるので、加藤清正が連勝を確信し、以来カチガラスという別名を持ち、縁起の良い鳥と解釈する。
中国も同じで幸福のシンボルとされ、鳴き声は吉報を呼ぶとされる。韓国では国鳥。

ヨーロッパでは正反対。黒と白なので「死における生」「生における死」という両義性と取られ、「偽善」と解釈されたり、魔女や悪魔鳥と見なされた。また雑食性で、穀類や昆虫の他小さなネズミや鳥なども食べる獰猛さも嫌われるし、光りものが好きで、スプーンや指輪など人間の持ち物まで巣へ運ぶ習慣があるから「盗み」のシンボルにもされた。
「泥棒かささぎ」というロッシーニのオペラは、銀食器を盗んだと疑われ、死刑になりかける娘の話。カササギの巣の中で食器が見つかり、間一髪で無実が証明された。
フランスでの実話は銀のフォークを数本盗んだと決めつけられた哀れな小間使いは縛り首になり、半年後、フォークはすべてかささぎの巣から発見された。
また鳴き声も最悪とされ、耳障りでやかましく感じられ、ドイツ語では「かささぎのようにおしゃべり」「口やかましいかささぎ」という言い回しがある。そこから派生してこの鳥は、密告する者の譬えに使われるようにもなった。

聖アントニウス病
中世三大疫病といえば、ペスト、ハンセン病、聖アントニウス病(聖アントニウスの火)。
聖アントニウス病とは、発症地がアルプス以北に限定されていた。
これは麦角アルカロイドによる中毒が原因で起こり、細菌感染したライ麦で焼いたパンで発症した。神経をやられるので痙攣性の発作に襲われたり、四肢の末端が焼けつくように痛んでふくれあがり、進行すると壊疽になって崩れ落ち、果ては死に至る難病である。手足が変形するのは、ハンセン病の重篤な場合と似ているので、どちらに罹患しているのかわからない場合もあったようだ。
ある一人の軽症の病人が聖アントニウスの聖遺骨に祈りを捧げて健康を取り戻したという。そのことから聖アントニウスゆかりの各地へ巡礼するようになる。
とりわけストラスブール近郊イーゼンハイムの聖アントニウス修道会へ、人々が殺到した。というのもここには治療院も併設され、修道士たちが薬草を煎じてくれたり、重病人には優れた技術で四肢切断を施し、末期の場合でも信仰による慰めを与えた。・・・まるで今のホスピスのようだ。
Photo
Photo_2
4年前に、今はコルマールのウンターリンデン美術館にある有名なグリューネヴァルトの『イーゼンハイムの祭壇画』を見た。
業病に苦しむ一般庶民の癒しになるよう救いを与えるようにと、聖アントニウス修道会がグリューネヴァルトに依頼したものだったのである。病人たちは思わず絵の前に跪き、手を合わせて祈らずにはいられなかったという。・・・そんなこととはつゆ知らずただ有名だからと見ただけだった。
戦争、疫病、飢饉、天災が生み出す恐怖は人々にのしかかり、いかに人々が「救済」ということを渇望していたかがわかる一例でもある。
ちなみにペスト(黒死病)患者の守護神は聖セバスティアヌスだ。
以上中野京子著『怖い絵』から引用させていただきました。3年前から西洋絵画の絵解きを楽しんでいます。

ハツユキソウ(トウダイグサ科 ユーフォルビア属) 葉っぱのふちの部分が白っぽくなって雪がかぶったようになるので、名付けられた。
目立たない花なので、じっくり見たことがありませんでした。
420x280
420x280_2

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年8月25日 (月)

気の毒な名前

名を付けられた植物には気の毒な、ハキダメギク、ヘクソカズラ、ワルナスビが今頃元気に咲いています。牧野博士が付けたそうです。

        ハキダメギク(キク科)帰化植物 直径5mmの小さな花420x315

ヘクソカズラ(アカネ科) 花冠の長さが1cmの釣鐘状の花。もう宝石のような実がなっています。420x280
              ワルナスビ(ナス科) 花は大きく3㎝位Photo
ワルナスビによく似ているのがイヌホオズキ。でも花が1.1㎝と小さいので区別できる。もう実をつけています。花は小さいのに実は大きい。
420x315_3
420x315_4

今中国では、子に米国籍を取らせるために、米国への出産ツアーが盛んらしい。
米国に移る手段として「投資移民」もある。条件を満たせば、投資家にビザを、ゆくゆくは永住権を与える。
アメリカにとっては投資家のカネが失業者の高い町で雇用を生むという。
日本でも山を丸ごと中国人が買い、開発がさらに進んでいるところもあるというが、土砂災害のことを考慮するようになるでしょうか。

そして新大久保のコリアンタウンでは、日韓の不協和音でどんどん寂れていっているのだそうだ。その結果どうなるかというと、世界のあちこちであるように中国人に乗っ取られていくと、TBSのテレビで放送していました。どちらも恐るべし凄い中国人。

それにしてもギャンブル依存症の割合が日本はダントツというのは嫌なニュースだ。パチンコが多いせいでもあるらしい。

7月にも一度くっきり見えましたが、1昨日23日に2階から富士山が青く見えました。雨が降ったわけでもなく、風も強いというほどではなかったのに。電線が汚いです。420x280_2

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2014年8月21日 (木)

村岡花子と「赤毛のアン」の世界展

180x256テレビ「花子とアン」は翻訳生活も本格的になりラジオ放送も始まりました。今のところの視聴率は歴代5位だそうで、しっかり見ているのも「おしん」以来だ。
図書館に予約した『アンのゆりかご』ももうすぐ順番が回ってくるが、内容は脚色されたテレビとは少し違うようです。
文京区東大前の弥生美術館に村岡花子と「赤毛のアン」の世界展に行ってきました。

         弥生美術館233x350
村岡花子と言えば『赤毛のアン』シリーズで翻訳者として知らない人はいないくらい有名な人。でもその生涯を知る人は、テレビで紹介されるまで、今までほとんど知らなかったのではないか。
東洋英和女学校に給費生として編入学して、辞書丸ごと飲み込んだような英語の力をつけて、通訳(ヘレン・ケラーの通訳)や翻訳をするまでになる。

展覧会では子供の頃読んだ有名な話は殆ど村岡花子訳だったことを知りました。
『アンクルトム』『紅はこべ』『不思議の国のアリス』『小公女』『フランダースの犬』『ハックルベリー・フィンの冒険』『秘密の花園』『ジャックと豆の木』『子じか物語』『少女パレアナ』等主として少女向けの翻訳を手がけた。
その懐かしい書籍と挿絵原画などを含む資料や写真がたくさん公開されている。
あまりのたくさんの仕事に、これでは寝る間を惜しんで励んだでしょうと、テレビの花子を思い出しながら思ったことでした。

先日の東大駒場の「一二郎池」を見たので、美術館目の前の本郷東大の「三四郎池」を見に寄りました。
構内はここも夏休みなのに、見学ツアーに来た高校生だけでなく、学生や研究者らしき人々で溢れていました。

                     三四郎池420x280
420x280_2
                   安田講堂は修復中420x280_3
420x280_4
                       赤門420x280_5

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年8月17日 (日)

『本能寺の変431年目の真実』明智憲三郎著

著者明智憲三郎氏は、明智秀光の子で明智残党狩りの手を逃れた於寉丸(おづるまる)の子孫だそうだ。
これまでの光秀の謀反説、怨恨説や野望説、謀略説などが嘘であって、本当の真実がここに語られる。
当時の武家や公家の日記、『信長公記』や秀吉が書かせた『惟任退治記』、イエズス会の資料など多くの歴史資料を照らし合わせ、調べつくしている。

歴史と言うのは、『日本書紀』のように藤原氏によって都合のいいように改竄・捏造されたように、この本能寺の変でも敗者の明智氏が勝者の秀吉側に都合のいいように書かれていたのも検証される。秀吉が信長の後継者としての正統性を訴えたかったのでしょう。
驚いたのは、信長が何故家臣を厳重に従わせないで本能寺に入ったのかが書かれていて、それには思ってもみなかった陰謀があったのだ。ふ~ん、全然知らなかった。
戦国時代も子孫を案じ、家系、血筋を重んじ、一族を束ねていく頭領の大きな責任感のなせる業でもあったと感じた。

千利休の切腹の原因とか、歴史上では家康の敵方とされる斎藤利三の娘である福がどうして家光の乳母に採用されたかなど興味深い史実も、資料から明かされる。

まるでミステリーの謎解きのような筆運びが面白く、そして構成がいい。前半でもう結論述べ、後半で6月2日までの流れを検証していく。
その他面白い史実がたくさん書かれていて、今までの戦国の歴史が違って見えてきて大変面白い本でした。

『屋根屋』村田喜代子著
雨漏りの修理にやってきた屋根屋さん。その家の普通の主婦はその屋根屋と自分の夢の中で落ち合って、法隆寺やシャルトルの屋根を鑑賞するために空を飛んでいく。
屋根屋は心の病のために医者から自分の見た夢を全部書くようにと薦められ、夢日記をつけるという夢のエキスパートだ。その夜見る夢が生み出したものは大きい。
池澤夏樹は「夢の仕掛けのつくり方は巧妙ですごくおもしろかった。うらやましいというか、ねたましいというか」と。
何かとても不思議な小説であった。この主婦は凄く寝つきが良く、よく寝られ、夢を見ないほどとのこと、イヤー、これがとても羨ましいというのもまた感想の一つだ。高校生の母親なので40代と思しく、まあそれなら私もそうであったような。

   1ヶ月前ですが、春咲くはずのアケビの蕾らしきものにお目にかかりました。400x267
        同じ木に出来たばかりのような青い実が付いていました400x267_2


| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年8月14日 (木)

初めての『プレミアム内覧会』

460x650460x650_2460x650_3

メトロポリタン美術館『古代エジプト展=女王と女神=』於東京都美術館 に行ってきました。
普通の入場料の4倍もする値段の内覧会ですが、購入した友人が都合が悪くなってしまっていただいたものです。
これは美術館の休館日に特別の入場が許され、じっくりとしかも作品の前の人だかりがなくて一人で独占という状態で見られます。
見終わるとエジプト産のハーブティーとドライフルーツをいただきながら「古代エジプトに学ぶ美のヒミツ」と題した3人の方のトークショーを1時間観覧しました。

説明がじっくり読めるので、最初時間をかけすぎて最後は駆け足と言う時間配分を失敗したのが残念でしたが、メトロポリタン美術館は言うに及ばず、カイロ博物館や大英博物館では見られなかった約200点を目のあたりにして、今から3500年も前の物とは信じられない思いでした。

女王と言ったらクレオパトラですが、今回は古代エジプト史で最も重要な女性ファラオになったハトシェプスト女王にまつわる品々の展示です。以前日本人添乗員がその前で殺されてしまったハトシェプスト葬祭殿の遺物が多い。義理の息子のトトメス3世が破壊したと伝えられるが、破壊によって彼女の痕跡を徹底的に消し去ってしまったらしく、像も満足なのはないという。しかしメトロポリタンにはアメリカ隊が発掘した品々が結構完全な姿でたくさん保存される。
愛と豊穣を司るハトホルをはじめとする女神たちの像やレリーフも見逃せない。
また、王家の女性たちの豪華な装身具にも目を瞠る。

ちらし1枚目のハトシェプスト女王の頭部の被り物は白と赤の二重だが、ナイルの上と下の両方を統治しているという意味があるとのこと。
2枚目、3枚目の女性の髪形、いろいろあるがすべて鬘だ。暑い地なので女性も鬘の中は断髪だったとのことだ。
葬祭の道具や装身具やスカラベなどの、細かく精緻な文様や高度のデザインにはただただ驚くばかりだ。ツタンカーメン王の遺品にも以前驚いたのではありますが。
あの巨大なピラミッドや神殿、王家の谷の墓などの大きな建造物だけでなく、細かい芸術品もたくさん生み出したエジプトにはただただ感動をし、一番感動した旅行はと聞かれればエジプトと答えるほどだ。

           道に細工されたスカラベに似ている甲虫がいた300x287

今のハーブティーの殆どはエジプトが起源だそうで、暑くて乾燥した地でこそ美味しく感じられるのではないか。しかし蒸し暑かったこの日も大変美味しく感じられた。普段家では日本茶が一番ですね。

お茶の時に同席した方は、ヒエログリフ文様のスカートをはいていました。何でも吉村作治先生と4回くらい遺跡発掘に加わったとかで、ヒエログリフも少し勉強したそうだ。出した筆箱がエジプトの棺だった。R0020159_200x300
お土産にいただいたハトシェプスト女王のクッキー。大阪の株式会社「ベリーデコ」製。300x200

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年8月11日 (月)

神社・教会・寺

茂木健一郎著『生きて死ぬ私』によると

正月には初詣に行き、結婚はキリスト教で、葬儀は仏教でやり、クリスマスを祝うという日本人の宗教習俗は、時には節操がないと批判される。
だが、そもそも既成の宗教の体系性がフィクションに過ぎないのだから、このような批判には本当は根拠がない。
初詣には、「清め」、「決意」、「祈り」といった感情が込められている。一方。キリスト教式の結婚には、「誓い」、「絆」といった思いが込められている。そして、仏教式の葬儀には、「解脱」や「極楽浄土」といったイメージが結び付いている。
日本人は、このような異なる宗教感情を、それぞれ適したフォーマットで表現しているだけだ。私には、このようなやり方は、規制の宗教のように、本当は存在しない偽りの体系性=フィクションを強制するやり方よりも、ある意味では先進的だと思われるのだ。

人にはそれぞれいろいろな考え方がありますが、このように考えると気持ちが軽くなります。
神社には初詣だけでなく、お宮参り、七五三、秋祭り、観光でお詣りと結構出かけて行きます。
キリスト教関係ではクリスマスの他、復活祭やハローウィンなど雰囲気に乗って、にぎやかに楽しんでいます。
仏教は死が訪れたときにお世話になります。日本人は無宗教の人が多いと言われます。しかしお寺を巡ると其々の御本尊への信仰心を持った方が大勢お詣りしています。仏像鑑賞や建築物や庭、紅葉観賞で巡る人の方が多いようですが。

私自身は無宗教でここまで来てしまいました。ある人に信仰心がないのはおかしいと言われたこともあります。
苦しいときの神頼みをし、仏壇のご先祖様を仏として、毎日祈ることはしていますが、信者とは言えません。
この先死が近づくと神や仏にすがっていくのかもしれません。
それにしても世界中の敬虔な信徒がそれぞれの神仏に祈る姿は、自分を振り返るきっかけを与えてくれます。

                   白いオイランソウ420x280
         ハゴロモルコウソウとマルバルコウソウ
420x280_2420x280_3




| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年8月 7日 (木)

『日本の蝶』展と一二郎池

駒場東大内の駒場博物館で開催されている『日本の蝶』展に行ってきました。

駒場東大前駅を降りて東京大駒場キャンパスの反対側には、駒場野公園がある。雑木林がこんな都心に残っていて若者がバーベキュー大会の準備に追われている。
野鳥や虫がかなりいるそうだ。420x280
420x280_2
                                        昔の井戸のようだ420x280_3

初めて入る東大駒場キャンパスには夏休みだけれども学生の姿が見られた。勉強しているのかなあ420x280_4

                                     お目当ての『日本の蝶』展420x280_5
420x280_6
167x236蝶は環境を反映する指標として重要な存在だそうだ。
旧教養学部長を歴任された毛利秀雄名誉教授の寄贈等による駒場博物館の蝶類コレクションを中心に、一部を総合研究博物館の標本で補いながら、日本産全242種のほか、海外から飛来した迷蝶や人為的に持ち込まれた外来種を加えた計275種に及ぶ東大所蔵の蝶類標本を展示している。
蝶の分類で気になるのが蛾との区別。
いくつかある中で蝶はきれいで、蛾は汚いというものがあるが、蛾の中に蝶よりも美しいと思われるものはたくさん展示されていて、これには感動した。来てよかった。
275種の展示なので見たたことのないのが殆どで、日本のどこかで今日も飛んでいるのかと思うと感動だ。

駒場のカメムシも展示されていた。121種。例の臭いカメムシ。夏になると我が家でもたまに臭う。姿を探すが見つからない。
でもこの標本を見たら納得です。1㎝くらいの姿を見つけようとしていたのが間違い。すごく小さいのがいるのですよ。1,2㎜でしょうか。目に入りません。こんな小さくてもあの臭いを出しているのですね。
昆虫少年や昆虫青年が来ていた中にメガネをかけた昆虫少女?(高校生かも)が熱心に観察しているのが印象的だ。

東京大本郷の三四郎池は昔学生時代に見に行ったのですが、ここ駒場の駒場池(愛称:一二郎池)は初めてだ。目黒川の源流にして、明治の農学部時代には養魚場であった由。このような池を見に来る酔狂なのは私1人でした。420x280_7
420x280_8
600x400

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2014年8月 4日 (月)

読書の夏

兎に角猛暑が続く日々は、出歩くのも毎日坂を上っての駅付近の買い物だけで終わる。4500歩。
読書とテレビと掃除片づけだけが日々の行動の大半でちょっとものぐさだ。
面白かったエンタメ本、一気読みの本2冊です。

車浮世著『蔦重の教え』
人生がけっぷちの50代のサラリーマンがおしっこをかけたお稲荷さんの怒りを買い、江戸時代の蔦屋重三郎の所へ23歳の若者としてタイムスリップした。写楽や平賀源内には会わなかったものの歌麿、四方赤良(太田南畝)、北斎ら時代の寵児と親交を重ねる。
蔦重は人の才能を見抜く術を心得、優れた企画力で作家からの絶大な信頼を得ていたカリスマ出版プロデューサーだ。
その蔦重に叱咤激励され、数々の教えを受け、ものづくり、商売、人生の極意を学んでいく。あの蔦重が驚くほどの知識、行動で浮世絵の時代を牽引していったかは想像つかないほどのやり手であったように描かれてとても興味深い。
やがてサラリーマンは現代に戻って、蔦重から学んだことから意外な転身を果たすので、これまた驚きの展開。
内容はこんなふうでずっしりと重いたくさんの蔦重の教えは、実行にはなかなかに難しいのもありますが、実に面白く一気読みでありました。興味の問題ではありますが、気軽に楽しめる本としてお薦めです。

宮田玉己著『スットコランド日記』
スコットランドの風景を連想させるような景色が広がる都内のマンション一帯を、スットコランドと著者が名づける。2008年4月から2009年3月までの1年間のの日記。
家族、お金の問題、苦しい著作の生活を中心に、間に四国お遍路を始めとするあちこちの見聞が入り、著者の興味の赴くところも面白おかしく、とても楽しめた。
ふー、へーとか感心することも多かった中に
・海の家使用料1500円、シャワー800円(調べたら今年もまだこの値段)・・・昔「ハウ・マッチ」という番組が面白かったが、今も知りたいモノの値段が多い。一度も使用したことがないしこれからも使用しない海の家の値段なんてどうでもいいのだけれど。
・宮崎駿「人を喜ばせていないと、自分に生きている価値がないような気がする」・・・さすが立派です!
・インターホンで来客の対応する際、女性の声を男性の声にボイスチェンジしてくれる機能が付いているのがこの日記を書かれた2009年頃に登場していたのだ。宅配便の場合も男の声で返事してすぐ女の私が出ていくのがちょっと滑稽。
などなど面白く拝見。1億2000万人の人々が私の知らない興味深い生活をしているんだなあと偉く感心した。これが世界の人々になると想像もつかない考え方で生活しているのだ。

                  栗やブドウは涼しげだ420x280
420x315
           ガウラが群生している家の前を通るのが楽しみだ420x315_2

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »