« 光源氏と源光(雑学大学で) | トップページ | 『日本の蝶』展と一二郎池 »

2014年8月 4日 (月)

読書の夏

兎に角猛暑が続く日々は、出歩くのも毎日坂を上っての駅付近の買い物だけで終わる。4500歩。
読書とテレビと掃除片づけだけが日々の行動の大半でちょっとものぐさだ。
面白かったエンタメ本、一気読みの本2冊です。

車浮世著『蔦重の教え』
人生がけっぷちの50代のサラリーマンがおしっこをかけたお稲荷さんの怒りを買い、江戸時代の蔦屋重三郎の所へ23歳の若者としてタイムスリップした。写楽や平賀源内には会わなかったものの歌麿、四方赤良(太田南畝)、北斎ら時代の寵児と親交を重ねる。
蔦重は人の才能を見抜く術を心得、優れた企画力で作家からの絶大な信頼を得ていたカリスマ出版プロデューサーだ。
その蔦重に叱咤激励され、数々の教えを受け、ものづくり、商売、人生の極意を学んでいく。あの蔦重が驚くほどの知識、行動で浮世絵の時代を牽引していったかは想像つかないほどのやり手であったように描かれてとても興味深い。
やがてサラリーマンは現代に戻って、蔦重から学んだことから意外な転身を果たすので、これまた驚きの展開。
内容はこんなふうでずっしりと重いたくさんの蔦重の教えは、実行にはなかなかに難しいのもありますが、実に面白く一気読みでありました。興味の問題ではありますが、気軽に楽しめる本としてお薦めです。

宮田玉己著『スットコランド日記』
スコットランドの風景を連想させるような景色が広がる都内のマンション一帯を、スットコランドと著者が名づける。2008年4月から2009年3月までの1年間のの日記。
家族、お金の問題、苦しい著作の生活を中心に、間に四国お遍路を始めとするあちこちの見聞が入り、著者の興味の赴くところも面白おかしく、とても楽しめた。
ふー、へーとか感心することも多かった中に
・海の家使用料1500円、シャワー800円(調べたら今年もまだこの値段)・・・昔「ハウ・マッチ」という番組が面白かったが、今も知りたいモノの値段が多い。一度も使用したことがないしこれからも使用しない海の家の値段なんてどうでもいいのだけれど。
・宮崎駿「人を喜ばせていないと、自分に生きている価値がないような気がする」・・・さすが立派です!
・インターホンで来客の対応する際、女性の声を男性の声にボイスチェンジしてくれる機能が付いているのがこの日記を書かれた2009年頃に登場していたのだ。宅配便の場合も男の声で返事してすぐ女の私が出ていくのがちょっと滑稽。
などなど面白く拝見。1億2000万人の人々が私の知らない興味深い生活をしているんだなあと偉く感心した。これが世界の人々になると想像もつかない考え方で生活しているのだ。

                  栗やブドウは涼しげだ420x280
420x315
           ガウラが群生している家の前を通るのが楽しみだ420x315_2

|

« 光源氏と源光(雑学大学で) | トップページ | 『日本の蝶』展と一二郎池 »

コメント

こんにちは
 
猛暑の中のお出かけは危険も伴う昨今、無理せず読書にいそしむのも
良いお時間の過ごし方ですよね。
2冊一気読みがおできになるとということ、羨ましいような~
かってはそんなこともしましたが、この3~4年来無理になりました。
 

どちらも興味深い内容です。お稲荷さんの怒りをかって
タイムスリップとは面白い。その先で、サラリーマンさん、
随分頑張ったのですね。戻ってきてからどんな転身をとげたのやら
興味津々です。真似は出来なくても、ちょっとは気持ちも
かきたててもらえそう♪
都内某所をスコットランドと見立てての日記も、その見立てからして
暮らし方の一つのヒントを感じます。
人様の生活や興味関心の向いている先を垣間見させていただくのも、
物語などで自分の人生とは別の人生を味わうのと共通点ありで、
楽しいものですね。
 

栗や葡萄の若いグリーンの実も、風に揺れる繊細なガウラも
涼やかさを感じさせてくれますね。
 
 

投稿: ポージィ | 2014年8月 4日 (月) 10:34

スコットランド、と頭から読んでいました。
こういうことが多いです。

投稿: 佐平次 | 2014年8月 4日 (月) 10:52

★ポージィさま

フランスから帰ってきてから都心に出かけたのは、映画の日だけです。出かけたがり屋の私が珍しく家べったりです。
今リストラで大変困難なことを強いられているサラリーマンを奮起するような内容の本でもありますね。
人間なせばなるという感じです。それに何も特徴もない、特技もない人間でも何か持っているものなのですね。そんな人間の内面からも掘り当てる蔦重の才能に驚嘆です。

スットコランド、どこなのでしょう?何でも牧場の前も通るらしいです。奥様も結構大物っぽく面白いキャラクターのようです。

真っ赤に咲いている花と違って木に付いているものは涼しそうに見えますね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2014年8月 4日 (月) 13:23

★佐平次さま

そうなんですね。
私の場合、目の悪いせいばかりでなく、頭のせいです。夫婦で毎日驚くようなことをやったり言ったりしています。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2014年8月 4日 (月) 13:26

こんばんは happy01
『読書の秋』ならぬ『読書の夏』ですか?!
こう暑いと屋外での行動は熱中症の危険がありますし、屋内にいてさえも水分をこまめに補給しないとやはり熱中症の危険が!
そんな日々、冷たい麦茶やアイスコーヒーでも飲みながら読書三昧も良いですね。
私はすっかり活字から離れてしまいました。
読むのは、新聞とインターネットのニュースぐらいでしょうか (^_^;;ハズイ!

投稿: 慕辺未行 | 2014年8月 4日 (月) 22:02

★慕辺未行さま

おはようございますsun
ずっと雨が降らなくて東京砂漠となっています。雨は8月分の3倍も降ってしまった四国や九州など、がけ崩れなどで、避難勧告が出ているそうですね。まだ家に帰られない人も多いとか、お見舞い申し上げます。
そちらは大丈夫でしょうか。
高齢では何でも熱中症になるそうですので、冷房をかなりの時間使います。電力は大丈夫かと心配にはなりますが。そうなるともう読書が一番元気に過ごせそうです。
慕辺未行さまも介護疲れで倒れないようにしてくださいね。ありがとうございました。

投稿: tona | 2014年8月 5日 (火) 06:42

いろんなジャンルの本を読まれいつも感心
しています。これに刺激されて私も後日
本をアップしたいです。
でもこれは普通の人が読んでも面白くないと
思います。
自己満足の世界です。

ガウラがあんなに咲くのも見事ですね。
栗も都内で見られるのですね。

投稿: matsubara | 2014年8月 5日 (火) 18:48

★matsubaraさま

一分野の本をずっと読んで勉強出来たらいいですね。でも限られた人生の中に、次から次へと本が出て、もう間に合いません。
そう、自己満足の本も結構あります。他の人は喜んで読まないような本です。でも楽しいですね。

家の近所には栗畑が数か所あるのですよ。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2014年8月 6日 (水) 06:26

こんにちは~
今日も暑いですね~
昨夜は久しぶりに風があったので、窓を開け天然クーラーで寝てみました。
さて、今日はどうでしょう?
ブドウがなっていますね~
お向かいさんでもブドウ棚を作り始めました
剪定次第で素晴らしい房が育つようです
ネットでも「ブドウの剪定」で検索するとたくさん出てきますよ

投稿: OB神戸家 | 2014年8月 7日 (木) 09:00

★OB神戸家さま

こんにちは。
もう6日くらい猛暑日が続いているでしょうか。昨日は2階が37度でした。もう暑くて暑くて!
私も寝る前にクーラーを入れて冷やしてからは
毎晩天然クーラーに切り替えです。

ブドウが家にあったらなあと羨ましく撮影しました。
「ブドウの剪定」をご紹介くださりありがとうございました。

投稿: tona | 2014年8月 7日 (木) 09:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/60096024

この記事へのトラックバック一覧です: 読書の夏:

« 光源氏と源光(雑学大学で) | トップページ | 『日本の蝶』展と一二郎池 »