« 田部井淳子氏講演 | トップページ | 台北 國立故宮博物院」展 東京国立博物館 »

2014年9月 7日 (日)

ボケ防止五箇条

エイジングライフ研究所の高槻絹子氏による「ボケ防止五箇条」

(1)熱中し夢中になれる趣味や遊び
(2)趣味や遊びを通じた友達との交わり
(3)生き甲斐や喜びや感動の発見
(4)精神的な張りと緊張感のある毎日
(5)定期的な運動:1日1時間の散歩

「よく学ぶ左脳」と「よく遊ぶ右脳」と「よく身体を動かす運動脳」を三位一体化する。

若年性あるいは遺伝性アルツハイマー型認知症はこれらボケ防止は当てはまらないかもしれない。
私の場合、ちょっとした体の故障が起きると(3)の生き甲斐が薄れ、また(4)の精神的張りや緊張感がすっかり薄れてしまったことがとてもマイナスだ。
さらに病気になると五箇条全部がなくなってしまい、ボケてしまかもしれない。そのことを思って緊張しなくては。

ヤナギハナガサ(クマツヅラ科)にセセリチョウ(白銀斑が一列に並んでいるのでイチモンジセセリチョウか?)がたくさんやってきていました。大きな目が可愛い。
420x280
420x280_2

|

« 田部井淳子氏講演 | トップページ | 台北 國立故宮博物院」展 東京国立博物館 »

コメント

こんばんは happy01
私の母がボケ始めたきっかけ、それはよく行くカラオケ喫茶が閉店してからでした。
以前母は毎週火曜日は必ず、それ以外の曜日もそこでの友達から電話がかかってきては出かけていました。
つまり母にとってカラオケ喫茶は(1)~(3)に当てはまることでした。
それが無くなったのです。
定期的な運動もしていませんでしたし、私の想像以上のスピードで認知症が進行していきました。
そんな母を見ての教訓、もっと趣味を持つか自宅でも気楽に続けられる趣味を探そうと思います。
PC、ブログなどはその点良いですよね。

投稿: 慕辺未行 | 2014年9月 7日 (日) 21:48

★慕辺未行さま

お母様のきっかけはそうだったのですか。
大きな痛手でしたね。
がっくりくるのもよくないですね。
趣味を堪能するのは出かけていく場合が多いですが、出かけられなくなったりした場合、家の中で一人趣味に勤しめる人は強いですね。
私も参考にさせていただき、慕辺未行さんのようにしてみます。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2014年9月 8日 (月) 08:34

おはようございます
 

>「よく学ぶ左脳」と「よく遊ぶ右脳」と「よく身体を動かす運動脳」を
 三位一体化
なるほど~ です。
様々なことに好奇心を持ち続けるとか、おしゃべりをする、
家の外へ出かける、手を使う、など以前から言われてきたことも
この三位一体の中に分類できるのですね。
ブログはやっぱりこれからも続けるべきだ~! と思いました。
早く膝治れ~~
 

そうそう、金曜夜の番組(NHK報道首都圏)で、86人の高校生と
富士山へ登った田部井さんのドキュメンタリーを放送していましたね。
tonaさんの記事を思い出しつつ感動と共に見ました。
「芙蓉の人」の最終回もちゃんと見られました♪
 

投稿: ポージィ | 2014年9月 8日 (月) 09:34

(5)以外は実行するよう努めていますが
それを実行してもボケる例がありますので
恐怖です。

従妹の姑は、謡曲の先生で100曲くらい
暗記されているほどでした。生徒もあり
生きがいもあったのにボケてしまい、
曲を徐々に忘れて認知症になってしまいました。
こういう実例を聞くと何をしてもだめかと
思うこともあります。
つまりダメなものはダメかと・・・

投稿: matsubara | 2014年9月 8日 (月) 09:34

料理をしていて皮を剥いたジャガイモをゴミ箱にいれそうになったり、熱い出し汁をすてそうになったり、駄目な日は次から次にミスしそうになります。
ほんのわずかなところで気がついて大事に至らないのですが、いつの日か、、こわいなあ。

投稿: 佐平次 | 2014年9月 8日 (月) 10:33

こんにちは~
涼しくなりました・・・・もうアキ
大変参考になりました・・・・ボケ防止5か条
あっちもこっちも動かして頑張りましょうね
もっとも、ボケてしまえば本人にはわかりませんが・・・・happy02

投稿: OB神戸家 | 2014年9月 8日 (月) 14:50

★ポージィさま ありがとうございます。

右脳と左脳と運動脳がまだ私の頭の中にちゃんとあることを信じて、これからうまく活用していきます。
ブログもいいのですよね。読者がいなくなるまで続ける気概を持ちたいです。

私も田部井さんのドキュメンタリーを見る事が出来ました。抗がん剤の後遺症がかなりきついことが見て取れましたね。もう一つ、被災した高校生は最初は田部井さんたちの御苦労を、年齢のせいと罹災した恐ろしい思い出と苦しい登山で、それほどわかっていないように見て取れましたが、登頂して初めてわかったように見えました。田部井さんの被災した人への思いは通じるし、その思いはとても強いことがわかりました。
芙蓉の人・千代子さんは忍耐強く謙虚な、素晴らしい心を持った方ですね。こちらも感激しました。

投稿: tona | 2014年9月 8日 (月) 16:04

★matsubaraさま ありがとうございます。

謡曲の先生のお話、ショックですね。
以前から先生がボケるということを聞いていました。
人に教えることは生き甲斐であるはずですが、教えるだけではだめなのでしょうか。
ということで例外もたくさんあるでしょうね。
でも五箇条に則って努力だけはしないとかなりの確率でボケそうです。


投稿: tona | 2014年9月 8日 (月) 16:11

★佐平次さま ありがとうございます。

私もそのようなことは連日たくさんあって、もう自分の頭が信じられません。
大ポカをやったら恐ろしいですね。
でもめげずに一所懸命生きていかねばなりませんね。

投稿: tona | 2014年9月 8日 (月) 16:14

★OB神戸家さま ありがとうございます。

もう28度以上にならないようですし、夜は寒いくらいになってきました。今年は秋が早いです。とても嬉しいです。

そうなんです。ボケちゃったら迷惑するのは周りの人、本人は何もわからないで幸せな気分の人もいます。正気な今、そのことが気にかかりですが仕方ないです。
でもできるだけ良いと言われることに精進していきましょう。

投稿: tona | 2014年9月 8日 (月) 16:19

ボケてはいられないですね
趣味や遊びに熱中してればボケるひまないでしょう
しかしこのごろ忘れることがよくあります
変な時思い出したりします
ボケの始まりのはじまりかな

蝶が超よく撮れてます
座布団もらえない程度の洒落です

投稿: たなちゃん | 2014年9月10日 (水) 10:06

★たなちゃんさま 

たなちゃんは大丈夫ですね。
私はこの頃ものすごく忘れっぽくなって、悲しいのは数分前に目薬をさしたかどうかが思い出されないのです。ということは他にもいっぱいあって心配になってきました。

座布団をたくさん差し上げますよ。
ありがとうござます。
写真に関してはお月様が撮れません。つまり餅つきうさぎさんなど陰影が撮れないのです。

投稿: tona | 2014年9月10日 (水) 10:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/60276121

この記事へのトラックバック一覧です: ボケ防止五箇条:

« 田部井淳子氏講演 | トップページ | 台北 國立故宮博物院」展 東京国立博物館 »