« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月31日 (金)

再びスイスについて

今年は日本・スイス国交樹立150周年になるそうです。
スイスでは、終末期の病人に対する医療従事者の自殺幇助が認められているそうで、世界の末期癌患者がそのサービスを受ける「自殺ツーリスト」が増えているそうで、この5年間に600人を超えたそうだ。その方法は鎮静作用のある麻酔薬の投与が殆どだという。
スイス国内でも自殺ツーリストの受け入れの是非について議論が起きているが、「外国人に対する自殺幇助の禁止」を求める住民投票が、受け入れ先が集中しているチューリッヒ州で行われたが否決されたそうだ。
そんなスイス魂を以前書いたけれども、またこの本で詳しく読んでみました。

森田安一著『物語 スイスの歴史』

美しく平和で、長生きで豊かな国スイス。
風光明媚で観光立国と言われるスイスは、一方では、国民皆兵の永世中立国である。現在、1人当たりのGDPは世界のトップクラスだ。経済フォーラムでは世界第1位。9.5%が富裕層だ。
男女平均寿命も日本の1位(84歳)に次いで2位が7ヵ国ある中の一つの国であり、世界的に見ても北欧やニュージーランドなどと並んで、まるで桃源郷のような感じを持つ国だ。
しかしここまでに至る歴史は、内部分裂の危機と侵略に晒され続けた、戦いの連続だったのである。
ずっと食料にも事欠いたため、傭兵制がしかれ、若者がかなり長く傭兵で出稼ぎ(太陽王ルイ14世も対外侵略の手足に使った)に行った。これは命を失うことも多かったが、スイス国内の大きな収入となった。
しかしこれにも弊害があって、傭兵出稼ぎの荒んだ生活を故国へ持ち帰ったり戦死・戦傷による家庭崩壊を招いたりしたそうだ。

スイスは国連やEUにも加盟していない。それは多言語・多文化の連邦国家で、各州の自治権が強く、中央集権化に対する国民の反発が根深いから。強烈な個性と独立心はすべて歴史の中で培われたもののようである。
国土の殆どが山地であるため、農耕地がなく、酪農しかない。その上資源に乏しく、食料も殆ど輸入に頼る。そのため金融業(銀行、保険)、観光業、精密機械工業(時計、光学器械)、化学薬品工業が発達している。
スイスの国民は忍耐強い。以前聞いた話で1年分のパン用小麦粉がストックされているそうで、そのため1年古い小麦粉でパンを焼くため、あまり美味しくないのだそうだ。美味しくないなんて文句言う人はいないのです。
無駄は絶対にしない。
それに引き替え、地方議員の政務活動費を使い切ろうとする(それは余らせると減額)体質が取り沙汰されてるが、これは我が国の無駄遣いのほんの入り口を覗いているに過ぎない。上はもっともっと凄い。少し襟を正して国を考えてほしい、といつもここに結論が行ってしまうのがいやになる。

川口マーン恵美さんがドイツの話に次ぎ『住んでみたヨーロッパ 9勝1敗で日本の勝ち』を出版しました。日本と違った住みにくさは、スイスだけでなく島国でないゆえのせめぎあいの歴史や、風土の厳しさ等から培われた気質など日本と違って、不便を我慢しても質実剛健に生きることと、子孫の行く末を考えているのだと実感します。

.         ..。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

赤城山頂のカルデラ湖の大沼(おの)は外輪山を抱き込んでいた。周囲4㎞のハイキングでは起伏がない。420x280
420x280_2
420x280_3
             沼に突き出た半島には赤城神社があった420x280_4
            大沼に隣接する、周囲1㎞の覚満淵の草紅葉420x280_5

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年10月26日 (日)

花の飾り巻きずし

花の飾り巻きずしは千葉県で昔から作られてきた伝統料理です。
友人が2種類できるということで教えてもらいました。
梅とタンポポの花の巻きずしです。420x280
梅の花
縦に三分の一に切った海苔にゆかりを混ぜたすし飯を載せて巻いたものを5本作る370x220
全形海苔にすし飯を載せ、巻き簀ごと持ち上げて3本を置き中央に芯になる、この日は細いごぼうを煮たものを載せ、残りの2本を上において、丸く5本をまとめる。370x269
           その上にすし飯を載せてから巻いて出来上がり370x351
タンポポ
全形海苔に普通にすし飯を載せ、その中央部分に土手を2本作る。土手を見やすくするため90度回転しています。370x231
                その上にもう1枚の海苔を載せる370x223
2本の土手の中央に卵焼きを載せ、土手の両脇にはほうれんそうの茹でた(醤油で味を付ける)のを並べる。370x251
巻き簀ごと持ち上げて丸みを作り、その上にすし飯を載せて、下におろして巻く。370x303
食品を変えればいろいろな花ができるそうですが、最初は誰が考えて作ったのでしょう。
海苔を巻く向きを変えるともっと中にいろいろな模様を作った太い巻きずしになりますね。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2014年10月22日 (水)

武蔵五日市の金毘羅山

東京西部・あきる野市の武蔵五日市駅の裏手にある金毘羅山(468m)に登ってきました。小さな山で、青梅線にある御岳山から続く日の出山、この山からさらに続いている山で、五日市から見て日の出山の前山です。この尾根筋を下った所には「つるつる温泉」があるそうだ。
金毘羅山(こんぴらさん、こんぴらやま)といえば香川県。主なものが全国に7つあるそうです。頂上には琴平神社がありました。
                     
                    正面が金毘羅山

420x280
麓では
イヌサフラン(コルチカム)を久しぶりに見た。以前のニュースでギョウジャニンニクの葉と間違えて食べて中毒を起こした人がいた。
420x280_2
      ウドの花に似ている。ウドは8~9月に咲き、食べられるそうだ。
420x280_3
             お茶の花の蕾は白い玉のようだ
420x280_4

ベニバナノボロギク(キク科)、下を向いて咲き、萎びている。西および中央アフリカで食用とされているそうだ。
420x280_5

少し登っていくと
                 ヤクシソウ(キク科)
420x280_6

         タムラソウ(キク科)アザミに似ているが葉に棘がない。
420x280_7
さらに登ると
                   サザンカ
420x280_8

コウヤボウキ(キク科)の蕾と花。この枝で作った箒が高野山で使われていた。東京国立博物館にはコウヤボウキで作られた玉箒が展示されてるそうだ。
420x280_9
420x280_10

                ヤブコウジ(ヤブコウジ科)
420x280_11
           頂上からは五日市の町並みが見え、眺望がよい。
420x280_12

              頂上の琴平神社にはお賽銭箱がない
420x280_13

   神社の裏手は巨岩がたくさん連なっていた。この頃巨石を見ると感動する。
280x420
280x420_2
途中桜の木がたくさんあったので春が楽しみな山、でももうここに行くことはなさそうです。
このくらいの山ならばかろうじて足が攣らなくて登れるようになりました。眺望の楽しみや大切にしたい友人との語らい、外で食べる自家製弁当の美味しいこと、そして何より1週間ごとに変わっていく花が楽しめることであと数年は続けたいものです。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2014年10月18日 (土)

芸術の秋、あと1年で10年

●ボストン美術館『北斎展』

495x700495x700_2お馴染みの風景版画「諸国瀧廻り」「諸国名橋奇覧」と「富嶽三十六景」。「富嶽三十六景は」21枚やってきていますが、まだ見ていないのがたくさんあったのが思いがけないことでした。どの富士山も細長い。よくこれだけいろいろな所から描いたものです。
北斎は『北斎漫画』にもびっくりっですが、この世のありとあらゆるものを描ききったのではないかと思うほどに、いろいろなジャンルの版画や肉筆画を描いた。
風景画、武者絵、歌舞伎役者、物語挿絵、洋風版画、東海道五十三次、六歌仙、花鳥版画、動物、お化け、百人一首、華麗な摺物、稀観本。ボストン美術館だけしかない珍しいのも鮮やかな色彩を保って来日した。
ボストン美術館には浮世絵が5万点もある由、アメリカでの世界の100人に日本人ただ一人選ばれたのも、ボストン美術館あってのことではなかったのだろうか。19世紀のフランスの画家たちにも多大な影響を与えた偉大なる、この不撓不屈の北斎、展覧会の度に新しい発見があります。

娘の葛飾応為(お栄)の作品「三曲合奏図」が同時に来日。上のちらしにもありますが、先般太田美術館での「吉原格子先之図」同様独特の色遣いで良い絵です。

●東京合唱団に所属する友人が出演の演奏会に紀尾井ホールに行ってきました。
495x700_3
演目がドヴォルザークの『レクイエム』。殆ど2時間に渡って立ちっぱなし、歌い続ける。恐ろしく難しい歌だ。
楽譜を見せていただいて、数センチもあるびっくりの厚さ、重さ。殆どの方が団塊世代以上と思われ、その体力、気力に圧倒された。一体どのくらい練習したのでしょう。

                ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

今日は2005年に始めたブログが9周年、今日から10年目を迎えました。
いつも忘れていてブログ友の「楽餓鬼」のgakis-roomさんに教えられたものでした。
最初は一行だったけれど毎日だったブログも、最近は読んだり観たりに忙しく、怠けがちなのです。時にはもういい加減やめた方がいいのではないかと思案したりしましたが、少なくともあと1年は書いてみたいと思っています。
それもこれも読んでいただき、いろいろな感想のコメントもお寄せいただいたお蔭です。有難うございます。又、よろしくお願いいたします。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2014年10月15日 (水)

月山・鳥海山麓・栗駒山へ(3)

●鳴子温泉と乳頭温泉
1日目は鳴子温泉に2日目は乳頭温泉の近くの田沢湖高原温泉に宿泊しました。
鳴子温泉には9種類の泉質があるそうだ。どれかはわらなかったが湯の花が浮かび肌がつるつるになりました。
鳴子といえばこけしが有名。東北には10系統をも伝統こけしがあるが、鳴子のこけし首が回るのが特徴。そして胴体の中ほどが細くなっている。また胴体には菊の花を描くのが通常である。
昔はどこの家にもこけしがあったが、はたして家にあったのはどこのだったのか。菊の模様があったような記憶がある。鳴子だったのだ。

              ホテルに飾ってあった鳴子のこけし

420x280
      田沢湖温泉郷に宿泊した晩は、津軽三味線の演奏を聴きました。
420x280_2
前日は宮城県の「はっと鍋」や「仙台黒和牛陶板焼き」、この日は秋田券の「きりたんぽ鍋」などを頂きました。
420x280_3
翌日宿を出てすぐの所の乳頭温泉へ入浴へ。温泉に朝からという趣味はないのでパスして足湯で温まった。乳頭と言うと何となく白い温泉かと思っていたのは間違いでオレンジがかった茶色。乳頭とは頂上が乳房の形をした乳頭山の名前からでした。
420x280_4
              外で留守番のワンちゃんが可愛い!
Photo
                     乳頭温泉付近
280x420
420x280_5
420x280_6
420x280_12
                       岩手山420x208




●栗駒山(1626m)の中腹のいわかがみ平(1113m)の紅葉
麓は晴れていたのに、いわかがみ平は霧の中。紅葉はきれいでした。420x280_13
420x280_7
420x280_8
420x280_9
420x280_10
420x280_11


         ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
映画『明日の記憶』若年性アルツハイマーの主人公と奥さんの悲哀、絶望。どんどん記憶がなくなっていき、映画の最後は奥さんも忘れてしまった。身につまされました。若年性アルツハイマーは免れたものの、時には5歳年上の夫より物忘れが激しい最近に、認知症に近づいているのではないかとおののいているからです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年10月12日 (日)

月山・鳥海山麓・栗駒山へ(2)

鳥海ブルーラインを5合目(標高1150m)まで行ったのですが、日本海の絶景は3合目までであとは霧の中でした。3合目からの景色から想像の翼を広げて絶景を眺めたのでした。鳥海山に登った知人は4回登ったけれども天候に恵まれなかったとか。

●鳥海山麓
◇獅子ヶ鼻湿原(天然記念物) ここは芭蕉の句で有名な象潟の句の象潟町にあります。

富士山の湧水同様に、鳥海山頂上溶岩にしみ込んだ水から湧き出たものだそうです。420x280
鳥海まりも
湧き水の周辺や川底には多種多様のコケ類が密生してます。特に、八ヶ岳にしかないハンデルソロイゴケと鳥海山にしかないヒラウロコゴケが絡み合って球体状になったものが俗称「鳥海まりも」と呼ばれる。
阿寒湖のまりものように波が往復してころころと毬のように形成されていくのと違って、一方的な流れに身を任せている苔は丸くはなっていませんが、緑が何とも鮮やかでした。420x280_2
420x280_3
420x280_4
420x280_5
奇形ブナ
湿原を歩いていくとブナが目に入ってきます。420x280_6
420x280_7
そして奇形ブナが。どうして奇形ブナが沢山出来たか?それは江戸時代末期から昭和の時代まで続いていた炭焼きのために伐採した枝が、芽を出し成長を続けたことが、この独特な樹形の理由だと言われています。

これは「燭台」で、幹から立ち上がった枝の形が西洋のロウソク立て似ていることから付けられた。420x280_8
420x280_9
420x280_10
こちらは「あがりこ大王」 樹齢300年・幹回り7.62mと他を圧倒する森の王様です。人と比べるとその大きさを実感します。420x280_11
420x280_12
280x420

元滝伏流水 幅約30mの岩肌一帯から湧き流れ落ちる伏流が元滝(もとだき)という名の滝になっています。斜面に張り付いた苔の緑と飛沫の白のコントラストが目に鮮やかです。420x280_13
              辺り一帯に白いキノコが生えています420x280_14
                  この樋からの水が美味しい280x420_2

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2014年10月 9日 (木)

月山・鳥海山麓・栗駒山へ(1)

残念ながら台風が来つつあった3日から5日まででしたので、殆ど曇り、山はガスがかかって全山紅葉の美しい景色と展望が見られなかった旅でした。

●月山
出羽三山の主峰月山(1984m)は山形県のほぼ真ん中で山形県を代表する名峰で、山岳修験のメッカとして栄えてきた。

8合目の弥陀ヶ原(標高1400m)はちょうど草紅葉が美しく、湿原の中に大小さまざまな沼が散らばっている。1周2㎞の木道をガイドさんの案内で回った。
420x280
420x280_2
420x280_3
420x280_4
420x280_5
420x280_6
420x280_7
420x280_8
                                           虹が出ました420x280_9
                                           ウメバチソウ420x360
                                               ミヤマリンドウ420x280_10
                                            月山中ノ宮420x280_11
420x280_12
                                                     兎 420x280_13
月山神のお使い又は月の精とされる。地上の兎は全てメスで、月に住む兎だけがオスなので、雲がなく明るい年ほど、沢山の子供が出来るのだという。
童謡の「うさぎ」は月にいるオスの兎を慕う地上のメス兎の情景を歌ったもので、月に向かって豊穣を祈る、この世に生きる全ての人々の祈りの姿でもあるのだそうだ。

                       皆既月食を、前はいつ見たのでしたっけ? 8日19:25300x197

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2014年10月 6日 (月)

富士山すそ野一周ウォーク第1回目

495x700_419x555_2「富士山すそ野ぐるり一周ウォーク」
世界文化遺産になった富士山の美や文化を意識しながら約140㎞を17回に分けて一周するツアーの、とりあえず1回目に参加してきました。
1回約8㎞ということですが、この。日歩いた歩数は家と駅往復を含めて22366歩(16.7km)でした。
1回目の行程は富士吉田・北口本宮浅間神社~忍野八海までです。途中、道の駅・富士吉田で昼食タイム

北口本宮浅間神社は吉田口富士山登山道に起点。爆発を続ける富士山の荒ぶる神(浅間の大神)の怒りを鎮めるために、木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)が祀られてる。世界文化遺産に登録されている。420x280
420x280_2
420x280_3
420x280_4
道の駅・富士吉田の富士山レーダードーム。富士山頂で35年にわたり台風監視の砦として活躍してきたレーダードームは平成12年、役目を終えて解体されここに生まれ変わった。420x280_5
420x280_7
420x280_8
御師住宅:この自宅を宿坊を兼ねて提供して、富士講の世話をする神職を「富士御師」という。祈祷によって参詣する人々と神仏との仲立ちをする宗教者でもあった。
この吉田に86軒あったそうで、そのうち2軒が世界文化遺産に登録された。420x280_9
420x280_10
                                             ゲンノショウコ420x280_11
忍野八海 昔富士山北麓に宇津湖があったが、800年の爆発で分断し山中湖と忍野湖が誕生した。その後忍野湖は涸れて忍野盆地になり、八つの地下湧水出口が池となった。出口池というのだけは離れたところある。ここも文化遺産に登録された。

                                            小さいお釜池420x280_12
                                              銚子池 420x280_13
                                         濁池 全然濁っていない420x280_14
                              湧池 円形でどんどん湧き出ている420x280_15
                                    たくさんの人で賑わう420x280_16
420x280_17
280x420
420x280_18
420x280_20
420x280_21
        この日の一日中雲がかかることのない富士山は珍しいとのこと420x280_22

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2014年10月 1日 (水)

飯盛山(めしもりやま)

野辺山高原(標高1300m)から飯盛山(標高1643m)を経て清里高原へのウォーキングに参加しました。約13000歩。
福島県会津にある飯盛山(いいもりやま・314m)とは読み方が違うが、両方とも飯を盛ったような形なので付いた名前だ。420x280_420x280
あいにくこの日は最初は青空がのぞいていたのに、山頂は曇って視界がきかず360度の大パノラマを満喫できなかったのが残念だった。

野辺山高原には電波天文学の国際的な拠点の一つである国立天文台野辺山宇宙電波観測所に、パラボラアンテナなどが並んでいます、その横から登山開始です。420x280
420x280_2
420x280_3
                      飯盛山頂280x420
秋の高原の花々がきれいに咲いていた

                この山の有名なマツムシソウ420x280_4
420x280_5
350x233
                      トリカブト420x280_6
                  セイヨウノコギリソウ420x280_7
                       ネジバナ280x420_2
                   ヤマラッキョウの蕾420x280_8
                    マツヨイグサ420x280_9
                清里の千ヶ滝 幅20m、高さ20m420x280_10
                    ヤマブドウの紅葉280x420_3
                美し森も紅葉が始まっていた420x280_11
墓参、昭和記念公園、動物園、そしてこの山、この後の富士山裾野ウォークといきなりたくさん歩いているのは、楽しみの他に来週に控えた健康診断のより良き数値を望んでいるのですがはたして効果ありや?

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »