« 富士山すそ野一周ウォーク第1回目 | トップページ | 月山・鳥海山麓・栗駒山へ(2) »

2014年10月 9日 (木)

月山・鳥海山麓・栗駒山へ(1)

残念ながら台風が来つつあった3日から5日まででしたので、殆ど曇り、山はガスがかかって全山紅葉の美しい景色と展望が見られなかった旅でした。

●月山
出羽三山の主峰月山(1984m)は山形県のほぼ真ん中で山形県を代表する名峰で、山岳修験のメッカとして栄えてきた。

8合目の弥陀ヶ原(標高1400m)はちょうど草紅葉が美しく、湿原の中に大小さまざまな沼が散らばっている。1周2㎞の木道をガイドさんの案内で回った。
420x280
420x280_2
420x280_3
420x280_4
420x280_5
420x280_6
420x280_7
420x280_8
                                           虹が出ました420x280_9
                                           ウメバチソウ420x360
                                               ミヤマリンドウ420x280_10
                                            月山中ノ宮420x280_11
420x280_12
                                                     兎 420x280_13
月山神のお使い又は月の精とされる。地上の兎は全てメスで、月に住む兎だけがオスなので、雲がなく明るい年ほど、沢山の子供が出来るのだという。
童謡の「うさぎ」は月にいるオスの兎を慕う地上のメス兎の情景を歌ったもので、月に向かって豊穣を祈る、この世に生きる全ての人々の祈りの姿でもあるのだそうだ。

                       皆既月食を、前はいつ見たのでしたっけ? 8日19:25300x197

|

« 富士山すそ野一周ウォーク第1回目 | トップページ | 月山・鳥海山麓・栗駒山へ(2) »

コメント

おはようございます。
 
活動的な秋が続いていらっしゃいますね♪
今回はお天気には恵まれなかったとのことですが、この草紅葉の湿原の
物悲しくも見える情景は、「月読之命」信仰と結びつきやすく
思えました。ここも富士山や御嶽山同様、山岳信仰があり
火山でもあるのですね。
月山神社の神の使いがうさぎ、童謡「うさぎ」の歌詞の意味…
今回も色々なことを教えていただきました。
 
昨夜の満月と皆既日食、ご覧になれたのですね。
うちの辺りは昼過ぎから雲に覆われ、ついに見られませんでした。

投稿: ポージィ | 2014年10月 9日 (木) 09:38

わわわ 皆既日食 と書いてしまいましたsweat01
皆既月食でした。失礼しました! 

投稿: ポージィ | 2014年10月 9日 (木) 09:43

お天気がよくなかったとはいえ、
写真はとっても綺麗です。
いつものことながら健脚のご様子、
感嘆するばかりです。
今回は何キロくらい歩かれたのでしょう?

投稿: zooey | 2014年10月 9日 (木) 13:30

★ポージィさま

こんにちは。
実は私も皆既日食と書いて慌てて訂正したのでした。日食は良く見ますが、月食は珍しいので皆既月食とどこにも記入したことはありません。
日本の名だたる山は火山が多いそうで月山もそうです。ふと御嶽山を思い出して、月山でも同じことが起こったら弥陀ヶ原で遭難と思って恐ろしくなりました。
秋の月山は夏と違って物悲しい感じです。森敦の『月山』も暗いお話ですね。

家の方ではずっと月が見えていましたが、9時15分過ぎくらいから雲に隠れてしまいました。赤い月はなかなか見る事の出来ないもので良かったです。写真とは全然違っていました。どうしてかこんなに変に撮れてしまいました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2014年10月 9日 (木) 15:57

★zooeyさま

下手な写真をご覧いただきありがとうございます。
夏は全然歩きませんでした。駅往復でも暑くてふうふう言っていました。
秋になったら歩き始め、この頃スピードも出るようになりました。
月山は2kmでしたが、この後の鳥海山麓は4km以上歩いたと思います。富士山裾野に比べたら半分にもなりませんですけれども。

投稿: tona | 2014年10月 9日 (木) 16:02

月山と言いますと、信仰の山で斉藤茂吉も
山形の人でしたので、慣例的に登った山で
一種のあこがれもありますが、ご縁がありません。

兎があるとは面白いですね。
旅の途中で虹を見られたとは、ラッキーでしたね。

投稿: matsubara | 2014年10月 9日 (木) 19:47

★matsubaraさま

斉藤茂吉が登ったということは知りませんでした。
7月の花が咲き乱れた時期も行ったのですが、草紅葉も素晴らしいです。池がとても目立ちます。
月の山ですから関係ある兎だったのですね。
かなり長い間見られた虹でした。太くて色がはっきり見られました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2014年10月 9日 (木) 20:09

月山の草紅葉は私が登った九月下旬より一段と進んだ様子、見事ですね。これが見られただけでも出かけた甲斐がありましたね。10月の東北の山はブナやミネカエデの黄葉紅葉に覆われ、束の間華やぎます。tonaさんの写真を見てまた仙台に帰りたくなりました。

投稿: shikamasonjinn | 2014年10月 9日 (木) 20:40

こんばんは happy01
山形へ旅されていたのですか?
月山と聞きますと、修験僧や山伏のイメージあります。
しかし8合目にこのような湿原や沼がある山だとは知りませんでした。
もっと険しい山なのかと思っていましたが、意外でした。

投稿: 慕辺未行 | 2014年10月 9日 (木) 22:12

月山に上られたのですか
頂上までまだ行ったことないです
草紅葉が素晴らしくきれいですね
ちょうどよいときに登られてよかったですね
ミヤマリンドウとてもきれいです

投稿: たなちゃん | 2014年10月10日 (金) 06:43

★shikamasonjinnさま

草紅葉は10日間に進んだのですね。ラッキーだったわけです。
花が咲いている時期にも行きましたが、ずいぶん趣が違って違うところを歩いているようでした。ミネカエデがきれいでした。ブナはもう少しと言ったところでしょうか。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2014年10月10日 (金) 07:40

★慕辺未行さま

今でも山伏が厳しい修験をしているのでしょうね。小説『月山』を思わせる暗く悲しい雰囲気が漂っていました。
8合目からは頂上は見えませんで頂上みたいに思わせる山(おもわし山)が見えていました。険しさが全然ありませんでした。もしかしてバスでここまで来ましたので、そこを登ると険しいのかしら。ずいぶん時間がかかりそうなほどバスでも長かったです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2014年10月10日 (金) 07:48

★たなちゃんさま

山形はたなちゃんの故郷でしたよね。
以前月山に行ったのと蔵王にスキーに行ったとき山形から行ったくらいしか縁がありませんでした。まだまだいろいろ歩いてみたいです。
草紅葉は丁度きれいだったので大満足でした。今までこんな草紅葉を見たことがなかったものですから。ありがとうございました。

投稿: tona | 2014年10月10日 (金) 07:51

山の風景は、いつ見てもいいものですね。
特に頂きから見下ろす風景は
その広さ、続く稜線と…大自然の真っただ中って感ぞですよね。
ちっぽけな愚痴やいら立ちなど、吹っ飛んでしまいそうです。

投稿: pochiko | 2014年10月11日 (土) 00:44

★pochikoさま

山の風景は下から上からと普段見られない別世界のもので、とても憧れます。
磐梯山のようにくっきり山姿がわかると嬉しいですが、奥深く重なっているとわからない山の方が多いですね。独立峰は素敵です。
そう、宇宙を眺めると同じで小さなこだわりがどこかへいってしまいますね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2014年10月11日 (土) 08:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/60447812

この記事へのトラックバック一覧です: 月山・鳥海山麓・栗駒山へ(1):

« 富士山すそ野一周ウォーク第1回目 | トップページ | 月山・鳥海山麓・栗駒山へ(2) »