« 武蔵五日市の金毘羅山 | トップページ | 再びスイスについて »

2014年10月26日 (日)

花の飾り巻きずし

花の飾り巻きずしは千葉県で昔から作られてきた伝統料理です。
友人が2種類できるということで教えてもらいました。
梅とタンポポの花の巻きずしです。420x280
梅の花
縦に三分の一に切った海苔にゆかりを混ぜたすし飯を載せて巻いたものを5本作る370x220
全形海苔にすし飯を載せ、巻き簀ごと持ち上げて3本を置き中央に芯になる、この日は細いごぼうを煮たものを載せ、残りの2本を上において、丸く5本をまとめる。370x269
           その上にすし飯を載せてから巻いて出来上がり370x351
タンポポ
全形海苔に普通にすし飯を載せ、その中央部分に土手を2本作る。土手を見やすくするため90度回転しています。370x231
                その上にもう1枚の海苔を載せる370x223
2本の土手の中央に卵焼きを載せ、土手の両脇にはほうれんそうの茹でた(醤油で味を付ける)のを並べる。370x251
巻き簀ごと持ち上げて丸みを作り、その上にすし飯を載せて、下におろして巻く。370x303
食品を変えればいろいろな花ができるそうですが、最初は誰が考えて作ったのでしょう。
海苔を巻く向きを変えるともっと中にいろいろな模様を作った太い巻きずしになりますね。

|

« 武蔵五日市の金毘羅山 | トップページ | 再びスイスについて »

コメント

巻きずしそのものを30年は作っていないので
恥ずかしく思いながら拝見しました。

最後に作ったのは、子供の遠足だったでしょうか~
随分怠けています。
毎年の恵方巻きも買ってすませてます。
吾ながら呆れています。
果して主婦と言えるかが問題です。

投稿: matsubara | 2014年10月27日 (月) 08:17

おはようございます♪
 

「花の飾り巻きずし」以前TVで紹介していたのをたまたま見たのが
最初でしたが、感動しました!そのときも千葉のご家庭で
受け継がれてきたものということでした。
金太郎飴にしても花の巻き寿司にしても、楽しいこと考える
ものですね。手間がかかって大変そうですが~
tonaさん、見事に梅とたんぽぽがおできになってます。可愛いです♪ 

投稿: ポージィ | 2014年10月27日 (月) 09:23

きれいですね。
沢庵でもいいかな^^。

投稿: 佐平次 | 2014年10月27日 (月) 10:52

★matsubaraさま

お子さんの遠足に作られたのですか。
いいお母さんです!
私の母たちも朝4時頃起きてお寿司を巻いてお弁当を作ってくれましたね。
確かに今はどこでも売っていまして、家では作らなくても手軽に美味しいのがいただけます。
お寿司を巻く以前に立派な主婦でもいらっしゃいますよ。
暇な日々ですのでたまには作ってみます。ピザはこねて良く焼くのですがね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2014年10月27日 (月) 15:19

★ポージィさま

これは友人宅でつくらせてもらいました。
かなり難しいです。
次は自宅にて挑戦です。忘れないうちに。
でもカメラに収めたので思い出すことができます。
テレビでもやっていたのですね。どうして千葉県なのでしょう。
このお寿司、ホント、金太郎飴と同じですね。
いろいろな花を考えることは難しいですが、できると達成感がありますね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2014年10月27日 (月) 15:30

★佐平次さま

沢庵とはGood ideaですね!
綺麗なひまわりが出来るでしょう。美味しいですしね。ありがとうございます。

投稿: tona | 2014年10月27日 (月) 15:33

こんばんは happy01
見た目も楽しく美味しそうですね。
観梅やお花見のお弁当に最適!
作ってみたいけど、すし桶も巻き簀もないし・・・。
でも昨夜はちらし寿司を作りました。
マグロにサーモン、貝柱。冷凍のシーフードミックス(エビ・イカ・アサリ)を解凍し、きゅうりに玉子にカニかま、そして海苔。
ご飯より具のほうが多かったです。
私には巻き寿司よりちらし寿司のほうが楽です (^_^;;ヘヘッ!

投稿: 慕辺未行 | 2014年10月27日 (月) 22:10

tonaさん 今晩は!

きれいな花巻き寿司ができましたね~

私もTVや雑誌で見て、一度作ってみたいと思ってましたところ
市内のガス会社の料理教室で花巻き寿司の講習会があったので参加しました。

巻いたところを想像しながら具やご飯を置いていく妙技に只々びっくり。
巻き上がって切り口がきれいな模様になっていると感動しますね~


ブログを始めてから10年目にはいられたのですね。
おめでとうございます。

tonaさんの旅行記が大好きです。
これからもお元気で旅行に登山とご活躍ください。

投稿: glenn | 2014年10月28日 (火) 00:10

★慕辺未行さま 

おはようございますsun
なるほど観梅にいいですね。梅に堪能できます。
うわー、凄いゴージャスなちらしずし!!
男の料理は凄いデラックスです。
是非UPしてほしいです。
私はもっぱら五目ずしとお稲荷さんです。たまにはちらしずしにしてみなくてはと反省です。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2014年10月28日 (火) 08:35

★glennさま

まあ、講習会に参加されたのですか。良かったですね。
そう、出来上がって切った瞬間が感動ものですね。ただ下手に出来たらがっかりでしょうけど。今度友達なしにひとりでやった時が問題です。

旅行記を気に入ってくださったのですね。嬉しい!ありがとうございます。元気なうちにもう少しで歩いてみます。

投稿: tona | 2014年10月28日 (火) 08:40

素晴らしい飾り巻き寿司ですね。
以前、アメリカ人の主婦グループに
太巻き寿司の作り方を教えたことがあるのですが…
キュウリ、卵焼き、サーモンなどを入れた只の太巻きだったのですが
どんなにも巻物にならなくて
最後はラップで包んで形造ったことを思い出しました。
こんな芸術的なお花の絵の巻き寿司なんて
彼らにとっては夢の夢です!

投稿: zooey | 2014年10月29日 (水) 18:59

★zooeyさま

まあ、アメリカの主婦の方に教えたのですね。
あちらの方も器用な人もいるでしょうに、たまたまですか、やったこともない巻きずしは面白かったでしょうが、子供が作るみたいになってしまった様子がユーモラスに伝わってきました。
千葉県のもっともっとすごい巻きずしをみたら驚くことでしょう。
愉快なお話、ありがとうございました。

投稿: tona | 2014年10月30日 (木) 22:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/60549011

この記事へのトラックバック一覧です: 花の飾り巻きずし:

« 武蔵五日市の金毘羅山 | トップページ | 再びスイスについて »