« 芸術の秋、あと1年で10年 | トップページ | 花の飾り巻きずし »

2014年10月22日 (水)

武蔵五日市の金毘羅山

東京西部・あきる野市の武蔵五日市駅の裏手にある金毘羅山(468m)に登ってきました。小さな山で、青梅線にある御岳山から続く日の出山、この山からさらに続いている山で、五日市から見て日の出山の前山です。この尾根筋を下った所には「つるつる温泉」があるそうだ。
金毘羅山(こんぴらさん、こんぴらやま)といえば香川県。主なものが全国に7つあるそうです。頂上には琴平神社がありました。
                     
                    正面が金毘羅山

420x280
麓では
イヌサフラン(コルチカム)を久しぶりに見た。以前のニュースでギョウジャニンニクの葉と間違えて食べて中毒を起こした人がいた。
420x280_2
      ウドの花に似ている。ウドは8~9月に咲き、食べられるそうだ。
420x280_3
             お茶の花の蕾は白い玉のようだ
420x280_4

ベニバナノボロギク(キク科)、下を向いて咲き、萎びている。西および中央アフリカで食用とされているそうだ。
420x280_5

少し登っていくと
                 ヤクシソウ(キク科)
420x280_6

         タムラソウ(キク科)アザミに似ているが葉に棘がない。
420x280_7
さらに登ると
                   サザンカ
420x280_8

コウヤボウキ(キク科)の蕾と花。この枝で作った箒が高野山で使われていた。東京国立博物館にはコウヤボウキで作られた玉箒が展示されてるそうだ。
420x280_9
420x280_10

                ヤブコウジ(ヤブコウジ科)
420x280_11
           頂上からは五日市の町並みが見え、眺望がよい。
420x280_12

              頂上の琴平神社にはお賽銭箱がない
420x280_13

   神社の裏手は巨岩がたくさん連なっていた。この頃巨石を見ると感動する。
280x420
280x420_2
途中桜の木がたくさんあったので春が楽しみな山、でももうここに行くことはなさそうです。
このくらいの山ならばかろうじて足が攣らなくて登れるようになりました。眺望の楽しみや大切にしたい友人との語らい、外で食べる自家製弁当の美味しいこと、そして何より1週間ごとに変わっていく花が楽しめることであと数年は続けたいものです。

|

« 芸術の秋、あと1年で10年 | トップページ | 花の飾り巻きずし »

コメント

こんばんは happy01
東京にも金毘羅山があるのですね。
あきる野市は旧秋川市ではなかったでしょうか?
20数年前、友人を訪ねて行ったことがあります。
ずいぶん長閑なところだった記憶があります。
野に咲く花を愛でながらの山登り、そして頂上で頂くお弁当、何よりのご馳走ですね。
ご自身の体力に合わせてのんびり登ればよいですし、このような趣味はとても素晴らしいと思います。

投稿: 慕辺未行 | 2014年10月22日 (水) 22:19

★慕辺未行さま

あきる野市も合併した市なのですね。
秋川渓谷もあります。隣には日の出町があり、中曽根元首相の別荘があって、当時の米大統領レーガン氏と会談しましたね。「ロンと康」です。
このような山行が退職してからの趣味になりまして、昨年足が痛くなって遠ざかっていましたので、とても大きな喜びです。
忘れていた花が記憶によみがえって楽しい山道でした。ありがとうございました。

投稿: tona | 2014年10月23日 (木) 08:18

おはようございます
 

香川県の超有名なもの以外にも金比羅山があるとは知りませんでした。
全国に7つもあるのですね!
 

また山歩きができるようになられて、本当に良かったですね♪
あまり高くない山でも、やはり山ならではの魅力はありますし、
平地では会えない植物もあって、楽しいですよね。
空気も美味しいですし。
そして外で食べるお弁当の美味しいこと! 公園でコンビニおにぎり
というのでさえ、美味しく感じました。夫が多忙になってから、
もう随分長いこと味わっていません~。
 

神社裏手の巨岩、立派ですね。巨岩・巨木・大滝 などなど、
自然界の大きなものには全て霊が宿っているように感じます。
遠く昔々の信仰は自然畏怖から来ているものが多かっただろうと
納得する思いです。

投稿: ポージィ | 2014年10月23日 (木) 09:29

★ポージィさま

コメントありがとうございます。
全国にはたくさんの山がありますから、同じ名前の山がたくさんあるようです。
でもまさかと、金毘羅山には驚きました。

登山は足が治っても怖くてなかなか挑戦できませんでした。やっと3,400m位の標高差に登ることが出来るようになりました。ポージィさんも早く治りますようにお祈りしています。
外で食べるお弁当は子供の頃の遠足や運動会が思い出されますが、美味しかったですよね。今はその時以来という感じで素朴なお弁当を楽しんでいます。
ここの巨岩はこの後ろにたくさん聳えています。その一つの石の上に、見えなかったのですが観世音菩薩像の石像があるそうです。仰るように石にも神を見てきた日本人なのですね。

投稿: tona | 2014年10月23日 (木) 19:05

test

投稿: zooey | 2014年10月25日 (土) 12:03

PCから書き込めなくなって数か月、
どうせ駄目だろうとtestを送ってみたら
反映されました!
一体どういう訳なのか、
一時的なものなのか、
この先は問題なく書き込めるのか
さーっぱり分かりませんが、とりあえず書けるうちに書いておきます。

金毘羅山が全国にそんなにあるとは私も知りませんでした。
3千メートル以上の標高差に無理なく登れるとは凄いですね。
お気をつけて楽しまれて下さい。

投稿: zooey | 2014年10月25日 (土) 12:09

★zooeyさま

ありがとうございます。
もしかしてPC直ったのでしょうか?だとすると嬉しですね。
私はもちろんPC関係でいろいろありまして、この間は夜中に、昨日も夜娘に来てもらいました。検索することと、メールの送受信とブログしかできなくて、娘がいなかったらもうアウトです。

金毘羅山がこんなにあるなんて知りませんでした。
3000m級のアルプスは、標高1000mあたりから登りますのでその差は最大で2000mです。でも足が痛くなってからはその十分の一の標高差の3,400mしか登れなくなりました。登るのは平気なのですが下るのがダメなのですよ。それでTVで日本の名峰の番組を見て慰めている状態です。

投稿: tona | 2014年10月25日 (土) 20:07

低山とはいえ気持ちが山に向いたということは、膝痛が改善されたようで嬉しいです。
山野草も出迎えてくれて良かったですね。

>眺望の楽しみや大切にしたい友人との語らい、外で食べる自家製弁当の美味しいこと
昨日今日の秋晴れの中にいると、私もそんな気持ちを味わいたくなりました。
(今日は孫たちの運動会で、グリーンの校庭でお弁当を食べてきましたが・・・)

この金毘羅山なら私もどうにか歩けそうです。
参考にないました。ありがとうございます。

投稿: nao♪ | 2014年10月25日 (土) 23:42

★nao♪さま

ありがとうございます。
山野草も2週間単位で移り変わっていき、秋がどんどん深まるのを感じました。
外で食べる食事は食欲を増進させてくれます。
お孫さんの運動会は良いお天気で良かったですね。
そうそう、運動会のお弁当ですが北九州の某私立の中学高校はそのお弁当が並みでなかったです。最初知らないで普通のを持っていったのですが、皆さん重箱づめで驚きました。もちろん友人のシートでご馳走になりました。
nao♪さんにはこのような標高差が少ない山は物足りないと思います。
一日も早い山への復帰を祈念しています。

投稿: tona | 2014年10月26日 (日) 09:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/60526057

この記事へのトラックバック一覧です: 武蔵五日市の金毘羅山:

« 芸術の秋、あと1年で10年 | トップページ | 花の飾り巻きずし »